【声優文字起こし】さくらちゃんが演じる、ド悪役のキャラとは!? 10年経って大きいお友達に愛されることにw【月英学園が発売されるんだぜゃぁ~! #総集編】



スポンサーリンク

 

杉田:そんなことより、月英学園が発売されるんだぜェ~!
(BGM)
杉田:ww あの、収録が止まってる間の丹下さんのガサラキの話が面白くて。
マフィア:いや~、面白かった。
丹下:ww
マフィア:なんか、ポンワカしてましたから。
杉田:そう。あのー、漢字が多くて言いづらいっていうのが、可愛かったですから。
丹下:そう、右脚部破損中ww
一同:www
丹下:8文字、10文字熟語みたいな、みんな。
マフィア:ニチアサからですよ。
梶田:右脚部破損中w
丹下:ね~、あれ、日曜の朝やってたんですね~。
杉田:すべてがストイックで。
丹下:ホントw
杉田:あの時に、おれが多分18歳か19歳の頃にやったガンプラのCM。流れて。
マフィア:ほ~。ほぇぇー。
杉田:バンダイのプラモデル、ってやつがね。
マフィア:ほぅ。
杉田:あれ、18歳くらい、おれ。
マフィア:杉田さんがやってたんですか。
杉田:うん。
丹下:そうでしたか~
マフィア:バンダイのプラモデル、って言ってたんですか。
杉田:ガンプラのCMが来たよ~、って言われて、マジですか!?って。
マフィア:マジで!
マフィア:スゲェ。
杉田:スゲェがんばってとったな~。
丹下:うーん、うん。
杉田:思い出した。
丹下:そんなことより、月英学園の話しようよ。
一同:www
杉田:はい!
マフィア:ヒュゥ~。
杉田:ありがとうございます!先生ありがとうございます!
丹下:タイトル通りw
杉田:はい、という訳でですね。いよいよ10月10日にPlaystation Vitaで出ます。
Playstation Vitaの新型も10月10日に出るというミラクル。
マフィア:ミラクルですね~。ローンチタイトルローンチタイトル。うぇい。
杉田:はいー。そんな中でですね、なぜ丹下さんなんだと。ゲストが。
マフィア:ふんふん。
丹下:はい。
杉田:あのー。兼城いずみちゃんってね。あの、月英の中ではわりと重要な位置。
マフィア:意外とねー、それは知らなかったんですけど。
丹下:はー。
マフィア:だってね、特に表立って言ってないですもんね。
杉田:言ってない。
丹下:うーん。
杉田:とんだ伏兵なんだよ。これはね、ゲームするとわかるわ。
丹下:はー。
マフィア:ふんふんふん。
杉田:遠山浩くんに入れ込んでるプレイヤーほど、いずみが好きになります。
マフィア:声、丹下さんって、これがヒットしない訳が無いぇ。
杉田:ww何を言ってるんだ。でも、キャスティングはけっこう後ろのほうで決まった子だよ。
丹下:はー。
マフィア:だからね、おれね、知らなかったんだよ。
杉田:ごめんなマフィア。
マフィア:もうねぇ、口惜しいってもんじゃないですよ。
丹下:口惜しいww
マフィア:知ってたら…当然、むしろ丹下さんのシナリオになってますけど、朝倉どこいったの?てなりますよ。
杉田:おいおいおいw
なんで朝倉今日呼んだんだよ。
丹下:はにゃ~ん
はやぁ。
や~、でもね。発売前だから、あんまり言えませんが。
杉田&マフィア:うんうん。
丹下:いずみちゃんはちょっとー、色々ひみつがね、ありますね。
マフィア:ひみつ。
杉田:さぁ、どんなひみつかなー、なんてね。
マフィア:どんなひみつがあるんだ~?
丹下:でもなんか、セリフにもありますけど、女の人はいろんなひみつがあるから。
マフィア:うん。
丹下:それを、こう、つついちゃいけませんよ、みたいのがあるんですよね。
マフィア:ほーぅ。
杉田:ありますあります。
丹下:そうそう。
マフィア:惹かれるわ~。ミステリアスだわ。
丹下:そうなんですよー、ちょっとミステリアスなんですよー。
杉田:一見すると、ね、内気なクラスメイトの女の子っていう感じなんですよね。
マフィア:年齢が、なになに、17歳、身長155cm、体重がひみつ。
杉田:ほら、ひみつが多い。
丹下;あー、ひみつ。
マフィア:ここを突っついていきたい。
丹下:あっ、あっ。ここつつけない―、つつけないー。うん。
杉田:多分軽いよw
マフィア:引っ込み思案だが優しい。
杉田:最初、だから、役を決める時に、多分、キャスティングマネージャー、うちの森永なんだけども。
いずみどうする?ってなって、ほんと悩んで。
マフィア:うん。
杉田:でも設定上、そういうふしぎな雰囲気の出る人がいい、って。
丹下:うーん。
マフィア:うんうんうん。
杉田:丹下さん。だから、当時SKET DANCEやってたから。
マフィア:はい。
杉田:丹下さんは??って言ったら、森永が、えぅっ、受けてもらえますかね??って言ってて。
でもそのイメージが、逆に良くないみたいで。
マフィア:ほぅ。
杉田:その通り丹下さんに言ったら、逆にそれで遠慮されてる方が多くて、って。
マフィア:ほー。
杉田:私やるよ?普通に、っていう。
マフィア:ほんとですか。
丹下:あー、そうですよ、そうそうw
マフィア:いやーだって、丹下さんだもんな―。
丹下:いやーwもう。
マフィア:まあほら、世代的に、今仕事お願いしようとしてる人たちも、
丹下さんのなんかもう、信者なわけじゃないですか。
杉田:だから、勝手にベテラン扱いしないでくれ、ってことを当時SKETでいわれて。
丹下:そうそうそう。
マフィア:そう、そういうイメージがやっぱあるんすかねー。
杉田:そしたら、本気でオファーするからな!って言ったら、ホントに受けてもらえて。
マフィア:あー。
杉田:マジで!?ってなって。
丹下:はいー、もう嬉しかったですし。こういうモジモジ系のキャラはほんとに久しぶりですね。
マフィア:ホントですか。へー。
丹下:結構ねー、小キックしちゃったり。
マフィア:あーwwそうっすね。
丹下:あの、強い子が多かったんですけど。
杉田:そっか、最近はやっぱり、凛子のイメージなんだな。
マフィア:ちょっと引っ張られてるよね、やっぱ。
丹下:そうですねー、つんつんした子とか、小悪魔系が多いんですけど。
マフィア:あーそっか、セイバーもそうですもんね。
丹下:セイバーもそうですね。
杉田:だから、内気な子。トゥルーラブストーリーとかが俺のイメージの中にあって。
丹下:あー、あ! そうー、トゥルーラブ!
杉田:だから、先輩の妹になりたい!って神がかった発言して。何を言ってるんだお前は!ってなったし。
マフィア:すげぇ、すばらしい、すばらしい。
杉田:そうすれば転校先でも一緒に行ける!って、なんでこんなことになろうとする、っていうねw
マフィア:すばらしい。
丹下:あれ、ほんと好きな人はホントずっと好きなんですよね。
マフィア:そうそうそうそう。
杉田:つり球の監督の中村健治監督も、トゥルラーだった過去をおれにカミングアウトしてくれて。
マフィア:トゥルラー。トゥルラーだったんだ。
丹下:あっ、そっか。あのー、あれで、今あの、ガッチャマンでご一緒させていただいてるんですけども。トゥルラー
杉田:健治は健治はトゥルラーですよ。
丹下:そうでしたか。
杉田:一日一回クリアする、っていうのをかかさなかったらしく。
丹下:w
マフィア:日課やべー、日課やべー。
杉田:そうそうそう。健治ー!って言って、抱き合いながらこう、分かり合えた瞬間だった、つり球の時に。
マフィア:www
丹下:なるほどーw
杉田:そうなんですよ。ガッチャマンの時、いたら突っつくといいと思いますね。
丹下:あっ、もう、最初に。おっしゃってくださって。
杉田:あっはっはwいきなりかwww
マフィア:おぉー、やっぱり。
丹下:でもあの、作品名は言ってなかったんですけど、ああああ、丹下さんだー!みたいなww
杉田&マフィア:www
杉田:健治!
丹下:すごい、こんなリアクションされる監督も新鮮、みたいな。
杉田:そうそうそう、いい人なんですよ。そうやって。
朝倉:言っちゃいますねw
丹下:でも、すごいお話が長くて。最初、顔合わせで行ったときに、監督の話が1時間7分w
杉田:あー、そう。
マフィア:1時間7分w
杉田:健治、健治熱意がありすぎて、話が長いんだ、いつも。
マフィア:おー。
杉田:そうそうそう。
マフィア:でも、それだけやる気があるのすばらしいです。
杉田:そう。
丹下:すごいです、もう。こだわりどころが満載で。
マフィア:丹下さん、意外といろんな役受けてくれるとおっしゃってる。いろんな役見たいっすね。
丹下:いろんなw
杉田:そうだね。やってない役ってあるのかな。
マフィア:いろんなパターンみたいですね。
杉田:でもいずみは結構いろんなのが見れるよ、丹下さんの。
マフィア:ド悪役っていうのやったことない。
杉田:あ、ほんとの敵。
丹下:あー、悪役。そうですねー。
マフィア:絶対悪みたいなのw
杉田:絶対悪w
丹下:絶対悪wあ、だから、最初に、それこそガッチャマンで総裁Xて役をいただいてるんですけど。
杉田:ふんふん。
丹下:あの、まったくオリジナルみたいに、あ、リニューアルみたいになったので。
杉田:ほう。
丹下:で、私の役はシステムボイスの役なんですね。
マフィア:ほーう。
杉田:うん。
丹下:だから、新規の役だと思っていたら、昔のガッチャマンにも総裁Xって出てたんですよね。
マフィア:ああー。
杉田:そうそう出てた。
丹下:そう、それで、私は見てなくて。どんな総裁Xでした?て言ったら、怖いおじさんだよ、って言われてw
マフィア:怖いおじさんww
杉田:そうそうそう。
丹下:だから、あたしの知らないところでみんなが、丹下さんラスボス、丹下さんラスボスみたいなかんじで言われていましたね、そういえば。
マフィア:なるほど。
杉田:ガッチャマンクラウズはまとめて観たいんだよなー。
マフィア:おー。おれも。
杉田:そんな中ですね、そうだな、いずみ。そんな中決まってね。
丹下:いずみちゃん
杉田:収録現場って、おれ行けなかったんですよね。ちゃんとしてました、みんな?
丹下:あ、もちろんですよー。
杉田:ああ、よかったよかった。
丹下:あのー、脚本の。
杉田:あー、熊川がね。ディレクターで。
マフィア:ほうほう。
丹下:はい、熊川さん、いらっしゃって。
杉田:うん。うん。
丹下:でも、ほとんどおまかせしていただいて。アフレコもわりとサクサクすすみましたね。
杉田:完成したデバッグと演出ですごいやったんだけども。正直言ってごめん、おれいずみのルートめっちゃやったわ。
一同:ww
マフィア:めっちゃやった。
杉田:うん、めっちゃやった。
丹下:あ、そうだ、それに、ほんとはいずみのルートってなかったんですよね。
杉田:そうですよ。
丹下:で、でもなんか書いてるうちに、あの、単体のルートにしていただいたって聞いてすごい嬉しかった。
マフィア:いやー、英断ですよ。むしろなかったら、暴動が起きてたとこですから。
杉田:本来仮ののタイトルは、久遠院ルートってなってて。
丹下:あ、そう。台本にもそうなってましたね。
マフィア:久遠院ルート。
杉田:久遠院家の謎を追う展開だと、いずみちゃんがよく出てくるんだよ。
マフィア:あーなるほどなるほど。
杉田:だから実質でもこれは、兼城いずみルートでいいよね、って。
マフィア:まあそうですよね。
杉田:うん、そうそうそう。だから、まあ、いずみのルートに行きたい人は、たぶん久遠院の謎を追うような
選択肢をとるといいんじゃないかな。
マフィア:頼む。後味のいい終わり方であってくれ。
杉田:ww
丹下:あー!ふふふw
マフィア:頼む。
杉田:まあでも、そういう意味で、好きになるっていう理由はね、多分そこだと思うよ。
マフィア:ほんと、ほんとですか。
丹下:うーん。なんかキュンとくる感じで。
杉田:そうそうそう。
マフィア:おれは、杉田さんは祁答院さん級に、あの、プレイヤーを裏切ってくると思ってるんで。
杉田:何を言ってるんだよ。何を言ってるんだよ。
丹下:w でもひみつがあるから、そのへんもちょっと、はい。
杉田:あの、急にあのデートに行くシーンは本当に見てほしいなあ。
マフィア:おっと~。おっと~。
丹下:あははw
マフィア:何やら気になるぞ。
丹下:そうですね。
杉田:超おもしろいぞ。脚本家のその、頭のスパークっぷりがね、ほんとすごくて。
マフィア:スパークしちゃってたんだw
杉田:そうw まじかよ。これ最初、没にするかもしれなかったのよ。
丹下:おー。
マフィア:没すれすれのネタ。
杉田:そう、だからカップルしか入っちゃいけない喫茶、ってのが出てくるのよ。
丹下:www
マフィア:ええええ。
丹下:そうw
杉田:ギリギリだろ!?ギリだろ!?
マフィア:おおお??
丹下:いずみちゃん、急にはじけすぎ、みたいなw
杉田:そうそうそう。愛し合ってるカップルしか入っちゃいけない、っていう。
マフィア:おー。それはもう、一部の人の反感を買いそうな喫茶店ですね。
杉田:そう。めちゃくちゃだぞ。おれ最初、没!って言ったもん、正直。
マフィア&丹下:www
杉田:バカいうなお前、って言って。なんでこれを出すんだよって言ったら。あ、そういうことかー、って。
丹下:そうだったんだ~。
マフィア:でも採用したってことはつまり、おもしろくシフトしたんだ。
杉田:あの、意味がある意味がある意味がある。
マフィア:楽しみだなー。
杉田:でもそんなカップル喫茶みたいななんて、とんだ80年代後半から90年代の話だよ、ほんとに。
というわけで月英学園-kou-、気になった方。いずみは間違いなくいいキャラです。
マフィア:うん。
杉田:はい、よろしくお願いします。
丹下:よろしくお願いします。
杉田:そんなことより、月英学園が発売されるんだぜェ~!でした。ではここでトラチョコのエンディングかけようぜ。
丹下:おおー。
マフィア:やったぜ。
杉田:氷上さんとの、あの、デュエットのやつ。
丹下:あ!

(台詞&BGM)
丹下:はじめまして。10月10日にPlaystation Vitaで発売する、月英学園-kou-で入学を考えている皆さん。兼城いずみです。
うちのクラスは、個性の強い人たちばかりですが、みんなとっても優しいですよ。
なにか分からないことがありましたら、なんでも聞いてくださいね。
マフィア:うん!?なんでも?今なんでもって言ったよな。
丹下:ふぇえ~、田中君。なんか様子が。
マフィア:兼城のひみつが知りたいなぁ~。ふぇっへっへっへっへっ。
丹下:ひ、ひみつなんてないですよ~。私の専用ルートならありますが…。
マフィア:マジで!?どんな?
丹下:二人だけで、ひみつの…デートとか…。あっ、これ以上はだめです~。
マフィア:ぶべらぁっ!
丹下:キャー!田中君~!!はぁ…こんな私たちが気になるあなた。
ぜひ、新型Playstation Vitaと一緒に、いかがですか?ふふっ。

マフィア:噂のケンミン情報局。
杉田:このコーナーは、東京以外の知識を全く知らないマフィア梶田君が、他の県についてリスナーさんに教えてもらい、
最終的になんか日本地図が書けるようになるまでがんばるコーナーです。
丹下:w
マフィア:いやー、おれ今でも十分だと思ってるんすけどね。
杉田:だめだ。
マフィア:だめかなー。
杉田:丹下さん、愛知県出身。
丹下:そう。愛知県入ってますか?
マフィア:え、愛知県入ってないです…w
丹下:あーーーw
杉田:しっかりしろ!
マフィア:愛知県、えっ、てんてんてん…。
丹下:愛知県、愛知県。
マフィア:愛知県、えっ、あ、ヒントくださいあの、寒いっすか、暑いっすか愛知県って。
杉田:暑い。
丹下:夏は暑い、冬は寒いw
杉田:うーーーん。ヒントにならない!
一同:www
マフィア:と、東京と同じ。愛知県…。
杉田:ヒントにならない!
杉田:まあ書いてないですね。
丹下:ま、まんなか。
マフィア:ま、まんなか!
丹下:そうそう。
杉田:じゃあさっそく。
丹下:そこ、岐阜とか…w
一同:w
杉田:まあそんな中でですね、朝倉君よ。
朝倉:はい。
マフィア:ここ、岐阜、岐阜…
杉田:朝倉、出身どこだっけ。
朝倉:ぼくは一応出身は神奈川なんですけども、0歳くらいから埼玉に。
杉田:あー。そうやね。
丹下:あ、なるほど。
杉田:で、今日はですね、えー、丹下さんゲストに来るの、直前に決まったので、わりと。
丹下:はい。はい。
杉田:なので本来はですね、僕のアニゲラボディコンバットっていうタイトルで、
あの、体を鍛えるってよく分からないコーナーをやる予定で、
急遽月英になってよかったんですけどもね。
マフィア:ダブルブッキングだったわけだ。
一同:w
杉田:うん。だから、それ用にね…おい…。
丹下:愛知…岐阜…あははw岐阜w
マフィア:どうです?
杉田:なんか、天下二分の計のなんか真ん中に、愛知県がいるんだって。
マフィア:千葉の上が岐阜で、岐阜の上が愛知。
杉田:うーん。
朝倉:うーん。
マフィア:うーん。カオス。
丹下:カオスwこれたぶん、南半球が上の地図みたいな感じですかねw
杉田:おぉぉぇっ?
マフィア:そっすねー。真ん中あたりっていうから、
杉田;ひどいよぅ~、うわあああ。
マフィア:日本列島の心臓なのかなと思って、愛知県。
丹下:おー。
杉田:そんな中おれの体操の先生を今日呼んでたからさ、冒頭でほら、明日のジョーネタをやった時に、
トレーナーがしゃべってたろ。
マフィア:まあまあ、しゃべってましたね。
杉田:あー、体操の先生です、はい。
先生:よろしくお願いします。体操の先生です。
一同:www
丹下:体操の先生w
マフィア:だから一度、デュクシwアイテテwwって番組に出てるから。知ってる人もいると思う。
杉田:あの、バク宙したり、東映の敷地内で、あの、こいのぼりになってたw
丹下:あー、すごい!そうですか。
先生:すごい今、場違い感がやばいので。
杉田:うん。でも世代的には丹下さんは通過してきてるよねみんな。
丹下:なるほど、じゃあその棒でこいのぼりを?
一同:www
杉田:いやこの棒はw棒は壊れるからw丹下さん無茶言わないでくださいww
丹下:お~w
マフィア:やろうとしてるw
杉田:棒が壊れちゃうから。
先生:ここでだったら倒立とかできる。
丹下:あー、すごい!
杉田:朝倉くん、好きな丹下さんのキャラは?
朝倉:やっぱり、さくらですよね。
丹下:あー、ありがとうございます。
マフィア:やっぱりそこはずせないよな。
丹下:うーん。
朝倉:ちょうど、もう、道を分かつ。
マフィア:あー。
丹下:分かつw
マフィア:そうだ思い出した、おれあの、学校の講師やってるじゃないですか。
杉田:うん。
丹下:はい。
マフィア:それで、一度課題で、自分がこの道、
つまりゲーム業界とかオタクの道に足を踏み込んだきっかけはなんだったのかっていうことを、
記憶をサルベージして、それをあらためて再確認しようって課題をしたんですよ。
そしたらあの、まあ、プレゼンテーション、スクリーンにあの、パワーポイントで資料を映したんですね。
そしたらカードキャプターさくらで作ってきたやつがいて。
杉田:はいはいはい。
マフィア:ww
丹下:はぁ~。
マフィア:すげぇもう、熱意のこもったスライドを作ってきたやつがいて。
杉田:あー、でも、そういう世代が大人になってきてんだよな。
マフィア:そうそうそうそう。
丹下:そうなんですよね。なんかカードキャプターってもともとは、
なかよしっていう女の子向けの雑誌で連載されてたから、
ほんとに女の子向けのマンガではあったんですね。
杉田:うん。
マフィア:そうなんですよねー。
丹下:だから、私たちのさくらちゃん、みたいな感じが、こう10年たって、
おれたちの妹、みたいな感じになってるからw
一同:ww
杉田:わりと当時からそんな感じでしたよ。
丹下:そうそうwそうですか。
杉田:やっぱCLAMP先生なんで。
丹下:あー。たしかにw
杉田:CLAMP好きの女の子、逆に女子とかと話す機会ってそれなんですよ。
丹下:うーん。
杉田:うん。
丹下:そっかそっか。
杉田:バビロンとかXとか。そんななか、カードキャプターさくらはなかよし、少女漫画誌で。
丹下:そうそう、そうです。
杉田:子供向けだったはずが!っていう。意外な客を呼ぶっていう。
丹下:そうそうw
マフィア:意外な効果も発揮してますよ。あの、カードキャプターさくらから、ローラーブレードにはまるとか。
杉田:あー、おれそうだった。
マフィア:あ、杉田さんもそうなんですかw
丹下:あー、そうなんですか。
杉田:おれ、インラインローラー、量販店で。それこそあの、ホームセンターみたいなとこ行ってたのよ。
これちょっと、極めるかなって。
一同:www
丹下:そうだ、ローラーブレードでね、通学してました。
杉田:近所に回覧板持ってく時に、装着して、ブ~って。
丹下:あははw
マフィア:うまく乗りこなせました?
杉田:うん。
マフィア:おれだめでした。
朝倉:おれもだめでした。
杉田:ほんと?
丹下:そっかー、ぜひキャンディキャッチまでやってほしかった。
マフィア:キャンディキャッチww
杉田:なんでやねん。
マフィア:うーん、むりだなー。
杉田:ほんとだよ。そんななかでですね、えー、前回ガンダム理容室みたいな、理容院か。話題になりました。青森県の。
マフィア:あー、うん。
丹下:はい。
杉田:まあ、理容師の店長のおっさんが、あの、ガンダムをつくるんですね。
丹下:ガンダムw
杉田:それも立体で、巨大な。
丹下:あ、お客さんの髪で、じゃなく。
杉田:いや、ではなく。ではなく。
一同:ww
丹下:よかったw
マフィア:お客さんの髪でwなんだろうw
杉田:ところがですね、
丹下:アムロカットとかw
杉田:ガンダムカットっていうのがあるらしいです。
杉田:1500円でやってくれるらしいです。
マフィア:1500円
丹下:へー。
一同:w
マフィア:微妙な値段だなw1500円。
杉田:しかもこの作ってる御主人は、別にガンダムに対して別に思い入れがないそうです。
一同:w
杉田:でも、クオリティが毎回上がっていって、最新のズゴックは冗談抜きでマスターグレード級。
マフィア:うーん。
杉田:モノアイって、あの、びゅわーんって点灯するんだって。
マフィア:なんで理容院やってるんですかね。
杉田:わかんない。
マフィア:うーん。
杉田:でもなんか、趣味なんだって。手先が器用な。
丹下:へー、画像が見たいですね。
杉田:前回あったんですけどね。
丹下:あっ、ありましたか前回。
杉田:ひどかったですよ。
丹下:ひどかったですかw
杉田:すごい、普通にあの、町の中にある理髪店なのに、
ガンダムが、ボコンボコン!っていってザクといっしょにこう、なんでだよ!っていうねw
丹下:はい、はいw
杉田:そんななかきました、えー、ディドゥーンネーム、ジュッテイさんです。
丹下:はい。
杉田:はい。名古屋の予備校の夏期講習へ行ったとき見つけました。
丹下:うん。
杉田:名古屋のとらのあなから出たとこに見えます。中村さんって麻雀しますか? 麻雀ハウス中村くん、って。
一同:w
杉田:その下の、バーネルフっていうとこがまずいんだよな。
マフィア:この並びはおかしいよな。
丹下:ほんとだw
杉田:どっちかっていうと中村くんよりもバーネルフのほうがおかしいだろ。確信犯だろこれだから。
マフィア:ほんとだ、完全にネルフだもんな。
杉田:ねー。行ったら清川元夢さんが飲んでんのかなこれ。
マフィア:それより中村さん麻雀やるんすか。
杉田:やんないだろー。
マフィア:聞いたことないっすよね。
杉田:できるとは思うけどねー。
マフィア:できるかなー。
丹下:うーん。
杉田:おれと一緒で、ゲーム麻雀勢なんじゃねえかな。
マフィア:あー、そうか。
杉田:うん。はい、えー、山形県の、あ、あの、あろみさんの地元だそうです。←?
マフィア:山形なんだ。
杉田:はいはい、あー、なるほどな、ゲームショップで、こんな名前入りのものが置いてあったって。江口拓也。ばかやろう。
一同:www
マフィア:本人かな?
杉田:えぐぅの出身は山形じゃねえ。
マフィア:でもよくある名前だしな。
杉田:えー、福島県出身の、えー、アイダノスベリさんです。
白河市の萌えキャラ、小峰シロが、えー、けいおん!のあずにゃん似です。ツインテってだけじゃねえかよ。
一同:w
マフィア:きわどい。実にきわどい。
杉田:これ、丹下さん、やりそうな顔ですよね。これ。
丹下:あー、でもかわいいかわいい…w
マフィア:ww
丹下:へー、白河市…
杉田:白河ね、これでも丹下さんでしゃべったらやばいよな。多分な。
マフィア:白河要素はちなみにどこに。
杉田:どの辺なの?なんかこの辺の。
マフィア:髪のとこのなんだこの、耳みたいなやつかなー。
杉田:うーん。この髪型つくんのは大変だよねー。
マフィア:うーん。どうなってんだろな。
杉田:え、なんでこれ作ったんだろうな白河市。大丈夫かな。
丹下:うーん。
杉田:えー、というわけで、噂のケンミン情報局でした。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)