【声優文字起こし】さくらちゃんが3期OP 坂本真綾の「プラチナ」をカバーした時の面白エピソード! 【丹下桜さんに質問です #7】



スポンサーリンク

 

杉田:はい。というわけで、
丹下:はい。
杉田:懐かしいな~。
丹下:懐かしいですね~。
杉田:あと、2番目に多かったのは、おにあいの秋子ちゃんですね。あの来年の1月に、えっと、秋子のフィギュアが出るのよ。
梶田:お~お~お~。よくチェックしてますね。
杉田:来年の1月だぜ。アニメ終了から1年後とかだよ。本当に。
梶田:人気あるんだな~。
杉田:うん。
梶田:ね~。
杉田:買うわ。
梶田:wwwwww
丹下:wwwwww
梶田:杉田さんが、あのアニメを好きだってことを知った瞬間が、一番の驚きだったんで
杉田:何で?
梶田:意外と見てるってわかんなかった。
杉田:いやいやいやいや。
梶田:杉田さんが、何のアニメ見てるかって、実は、結構カオスで、ほら、あの~何でしたっけ、CD買って、俺のところに内輪飲みに持ってきたやつ。
杉田:あ~っと、「猫神やおよろず」
梶田:そうそうそう!「猫神やおよろず」!とか、見てるんですよね。それ知らなくて。
杉田:CDまで買ってるからな。
梶田:いつのまに見てたん…
杉田:俺の目覚ましは、いまだに、「なんてったって許嫁」だぞ!
梶田:wwwwww
杉田:言わなかったっけ?エグーとか逢坂と急に温泉に行きたいぜって言って、その日の目覚ましが、明日の目覚ましが、まさか「そうだ!俺の目覚まし、いつもあれじゃねーか!」って
梶田:やべ~!
丹下:wwwwww
杉田:イントロ、てて♪ってかかった時、歌いだしから始まるんだよ、これって。その瞬間、ばーって止めて、その瞬間のエグーのニヤッ~て顔で。
梶田:にや~って顔で。
杉田:なぜか酔ったテンションで、うちの小野友樹が、いきなり堀江さんの歌を歌い始めたら、全員が空で歌えたっていう。有名な事件があるんだよ。
梶田:いや~。
杉田:ほんと、ビデオを回しとけばよかった。それから若手の男たち…達の中でも、
丹下:はい。
杉田:やっぱり、そういう、あの頃見てたアニメっていうのが、すごい重要なポジション。
梶田:魂がね~。
杉田:あれ見て、声優になりたいって思った子、やっぱ多いんですよね。
丹下:は~。
杉田:早見さんも。
丹下:はい。
杉田:ゲスト来た時に、曲、何かけますか?って聞いたら、「プラチナ」かけてました。
丹下:あ~!「プラチナ」!
杉田:やっぱり見てて、3期目のオープニング。「カードキャプターさくら」の。
丹下:う~ん。
杉田:それくらい、やっぱ、みんな言うんだよな~。
丹下:ね~「プラチナ」いい曲で、色んな方がカバーしたりね。
梶田:ほんとですよ。
丹下:してますしね。私も、さしていただきました。
梶田:そうそうそう。丹下さんバージョンが、本当にいいんだ…。
杉田:wwwwww
梶田:ヘビーローテーションしてる。
杉田:ま~俺も、CD持ってっけどよ。
丹下:なんだろう。坂本真綾ちゃんじゃないですか。オリジナルが。菅野よう子さんと、真綾ちゃんの、もう神コンビは、どうしたって越えられないから、もうさくらで、跳ねて歌うしかない!
梶田:跳ねて。跳ねて歌う。
丹下:そう。弾けて歌ってましたね。
杉田:いいじゃない。この辺が跳ねまくって。
梶田:ほんとだ~!
杉田:ふ~ってきて。
丹下:そう!
梶田:さくらが歌ってる~!ドキドキ!
杉田:あの埼玉にいる親友がね、恥ずかしがりながら、当時ね「杉田。あっどうもどうも。あのさ。あの『Catch You Catch Me』はさくらバージョンの方がいいな。」
梶田:wwwwww
丹下:wwwwww
杉田:「いいな。」って、俺の目を見ないで、こそって言ってて。
梶田:ガチな会話。
杉田:ガチな会話じゃね~か、お前って。そう。その親友と良く、丹下さんアニメをね。丹下さんのCD貸してくれたのも、そいつだもん。だって。
梶田:丹下さんアニメと言えば、杉田さん。さっき話題に出た、あれ。
杉田:うるせ~よ。「トラブルチョコレート」の話すんな。
梶田:「トラブルチョコレート」
丹下:トラチョコ!はいはい。
杉田:トラチョコ。今日、曲をかけようかなって思ってて。
丹下:あ!ありがとうございます。
杉田:うちのマフィアが知らないって言うから。
梶田:そう。
丹下:あっ、ほんとですか?
杉田:こんなアニメだよってことを言ったら、俄然興味を湧いてて。
丹下:お!「わっちゃ」っていう、奴です。
杉田:聞けた~!
梶田:聞けた!
杉田:はいは~い「じゅうぶんです」って。
丹下:そうそう!「じゅうぶんです」そうそう。
梶田:さっき調べて、口癖が、なんか「じゅうぶんです」と「わっちゃ」って。
丹下:そう!
梶田:俺、「わっちゃ」っての見て、これ、どうやって言うんだろうって思ってて。
杉田:まさか振る前から、丹下さんが、言ってくれると思わなかったから。
丹下:そっか!そっか!
杉田:ありがとうございます!俺、すごい汗かいてるぞ!今。
梶田:俺のイメージでは、洋画とかで黒人が、「わっちゃ」って言ってるのと、同じ意味かと。
杉田:「What’s up?」じゃね~か。「What’s up?」じゃね~よ。
梶田:「What’s up?」じゃないんでしょ?「わっちゃ」って、そういう意味じゃないんですか?
丹下:何か、アラレちゃんの「んちゃ!」みたいな感じ。
梶田:「んちゃ」みたいな感じなんですね。
丹下:そうですね。
杉田:ありがとうございました。思いがけず飛び出したわ。
丹下:私も、トラチョコを聞けるとはw
杉田:いやいや、役者になった頃にやってたアニメなんで。
丹下:あっ!そうですよね。
杉田:99年とかなんで。
丹下:そうだ。そうだ。
杉田:俺、98年位にデビューしてるはずなんで。
丹下:あの~深夜枠のアニメが、その頃、出始めて
杉田:そうそうそう。
丹下:で、トラチョコも、その枠だったんですよね。
梶田:ある意味、戦国時代。
丹下:そう。恭ちゃんとのデュエットとか、すごい好きで。
杉田:ありました。
丹下:ありがとうございます。
杉田:というわけで、メッセージありがとうございました。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)