【声優文字起こし】さくらちゃんに萌えボイスを言ってもらおう!!【丹下さん、だぁ~い好き!! #総集編】



スポンサーリンク

 

丹下:智和。あなたのLOVEちょ~だい♡

杉田:はい。え~ここは、梶裕貴くんばりに、空に浮いてしまいそうです。

内田:はははwww

丹下:www

田中:憎たらしい。

内田:あはははwww

杉田:あ…アクエリオンEVOLだって、俺はチェック済みなんだぜ。

丹下:ほんとですか?www

田中:浮いちゃう!浮いちゃうwww

丹下:アマタくん!www

内田:はははwww

杉田:どうしたんだよ、この企画。

田中:え~これはですね。あの~事前にTwitterで、

丹下:はい。

杉田:うん。

田中:丹下さんに、言ってほしいセリフを

杉田:うん。

田中:募集してたんですよ。

杉田:ほうほう。

丹下:ありがとうございます。

田中:はい。これを…これをですね、俺のナビゲートで、

杉田:あ~リンかけならぬ凛彼ね。

丹下:ふふwww

田中:wwwああ、リンかけじゃないですね。凛彼ですね。

杉田:はい。

丹下:はい。

田中:凛彼じゃない杉田さんにどんどん浴びせていこうという趣旨で。

丹下:ほう!

杉田:お~。

丹下:杉田さんに浴びせていくんですね。

田中:そう。

丹下:はい。

田中:うわぉ~

杉田:僕の彼女は高嶺愛花さんです。

丹下:ふふふwww

内田:ははははwww

田中:何か自分に言い聞かせてますよ。ロボのように。

丹下:そうですよね。そうですよね。

田中:まぁ、終わる頃には、杉田さんも、もう凛彼ですよ。染まってますよ。

杉田:俺、凛彼…。何、黒ファントムがあの~脳に直接、ば~んってくる感じだよ?これ。

田中:わかりました。もう、じゃ~じゃ~じゃ~じゃ~、丹下さん、よろしくお願いします。

丹下:はい。

 

 

丹下:え~ディドゥーーンネーム・深夜に鯖缶を買う高校生さんからいただきました。

杉田:まともな名前でよかった。

田中:ふふ。

丹下:あのオリジナルのセリフは、この最初にご紹介しますね。「やはり『あなたのハートに ときめきLOVE』でしょうか。」ということで、

田中:お…おう。

丹下:このテンションで、参ります。「智和のハートに、ときめきLOVE♡」

田中:スゥ…。おおお~。

丹下:これで最後にエコーがかかるんだwww本当、ラブ…ラブ…ラブ…って。

杉田:懐かしいな。

田中:どこのセリフだこれ。

丹下:だって、聞いててくださって

杉田:聞きましたよ。

丹下:投稿までしてくださったんですよね?

田中:夢、叶ったんじゃないですか?

杉田:丹下さんが、最終回で泣くの、すげ~覚えてますよ。

丹下:いや~!!

内田:はははwww

丹下:さ、最終回はそうだけど!!

田中:有名だね、それ、うん。

内田:コナミ貢献してるなぁ。

丹下:もうほ~んとに、コナミさんに、私、本当にお世話になりっぱなしですね。

内田:こちらこそ。

杉田:高校の文化祭とかで、「あなたの恋のサポーター、たん…」って言った瞬間に、後輩バンって叩いてやるコントとかやりましたもんね。

丹下:wwwそんなwww。

田中:はいはい!丹下さん、俺にも言ってください!!

丹下:wwwwww

杉田:企画の意図が違うでしょ!

田中:お願いします!

丹下:wwwそうだよね…企画の…www

杉田:どんどん来いよ。

丹下:はい。じゃ~次…

杉田:学生みたいな気分になってきた。

丹下:行きますかwww

 

 

丹下:え~、ラジオネームでよろしいでしょうかね。

田中:うん。

丹下:える…ネーム…!え~Rネームだ!!!Rネーム・駅長さん!え~「Fate/EXTRA」のセイバーのセリフですね。

田中:お!

杉田:あら。

田中:赤セイバー!

丹下:赤セイバーなんです。え~「そなたが余の奏者(マスター)か?」。これを、行きます。

田中:名言だ…。

丹下:「智和!そなた…余の奏者(マスター)か?」

杉田:そうだよ。散歩手伝えよ。

田中:スゥ~。

内田:はははwww

丹下:ふふふwww

田中:ダメですよ!

杉田:あ?

田中:杉田さん、皇帝ですからね。赤セイバー。

杉田:さ…埼玉の家で、一緒に住むんだ!

内田:はははwww

丹下:ふふふwww

田中:杉田さん。散歩とか手伝わないですからね、絶対に。

丹下:は…は…www

杉田:直司の散歩、一緒に行くんだ。

田中:はははwww

丹下:色々…方向性に行きましたが、

田中:絶対やるせないわ~。

杉田:一緒に梅干し干したりとか、

丹下:www

杉田:浅漬けを作るんだ。

田中:いや、いや、もうこれ、せっかくなんでちょっと、丹下さん、内Pにも言ってあげてくださいよ。

内田:あ~いや~あはははwww

丹下:wwwここで~www

内田:ほんとね、あの~このガラス越しで、いつもお仕事するんで、

丹下:えぇ。

内田:隣でアフレコしていただくと

丹下:え?違いますか?

内田:違うっていうか、何か

杉田:すげ~破壊力じゃないですか?

内田:そうですね。

丹下:ふふふwwwな…何言ってるんですかwww

内田:隣でね、やろうかなと思って。

丹下:もう…きっついほんとにwww

内田:もう隣に座って収録しようかなと、思いましたよ。

杉田:じゃ~次、あの明理に変えてください。

田中:プレッシャー…明理…

 

 

丹下:そうですか。じゃ~次、行きますね。

田中:お願いします。

丹下:ディドゥーーンネーム・妖獣ペンギン・ポテトさんからいただきました。

田中:お。

丹下:カードキャプターさくらで、雪兎さんを呼ぶ時の、雪兎さんのテンションで、名前を呼んでください、ということで。

田中:あ、これ羨ましい。

丹下:行きます。じゃ~まずは。「智和さん!そして、明理さん。」

田中:スゥ…。げほ!げほ!

丹下:お父…!?

杉田:げほ!ごほ!

田中:ふぅ~!!!

内田:あははwww う~ん。これね~多分ずるいかなって。

田中:げほ!何で?何で、俺だけ呼ばれてないの?

丹下:あはははwwwあはははwww

内田:あはははwww

田中:ね~何で?

杉田:企画の、企画の意図思い出せ~!

田中:不公平じゃね?

丹下:もっと、もっと、ほら!

杉田:いや~。

丹下:い~や~。

杉田:ちょっとね、あた…頭痛くなってきた。

丹下:大丈夫ですか?

田中:俺も、頭痛くなってきた。酸欠になってきた。

杉田:これはまずいな。こ…こんなんじゃ…。

田中:ちょっと、じゃ…じゃぁ、ちょっとラス1…ラス1。ぜひ。

丹下:wwwはい。わかりました。

杉田:うわぁ~、なんだこれ?

丹下:お?

AGRS:きゃる~ん☆

丹下:お~。ディドゥーーンネーム・ハサ兄さんからいただきました。

杉田:さあこい!

丹下:同じく、カードキャプターさくらの木之本桜ちゃんの無敵の呪文をお願いします!ということで、行きます!「智和!絶対、大丈夫だよ!」

杉田:スゥ~…だ~い好き!

内田:はははwww

丹下:www

杉田:あの、劇場版のラストで、あの、ぱ~って小狼に飛ぶ時の、あれ、俺だよ。

田中:えぇぇぇ~!?ずるい~!

丹下:あはははwwwあれ~?

杉田:届けて~♪ってなるんだ。

田中:ずるい~。

杉田:お前が歌うんかい!

田中:俺も、さくらちゃん、盗撮したい!

丹下:wwwwww

杉田:やめろ!そういうゲーム出たね!

丹下:こら~。

杉田:そういうゲーム出た!ね、あの知世ちゃんがひたすらビデオカメラをかけるゲームね

田中:そう!

丹下:あ!ありましたね~。

田中:あのゲーム。うふふふwww

杉田:出たね。そんなゲームね。

田中:正気かと思ったぁ。

杉田:正気じゃね~よ!バカ野郎!俺、テトリスも買ったよ!

丹下:www

田中:www

杉田:うん、買ったね、う~ん。昔、対戦ゲームであったのね。さくらの。

丹下:はい。

田中:う~ん。

杉田:うわ!どうすりゃいいんだこれ。

丹下:わ~。

田中:あ~。

丹下:確かに…

杉田:何かりん…

丹下:インパクトあるセリフばっかりでしたね~。

杉田:何か、凛子がどうとか言うより、さくら持ってこられちゃうとね~。は~これきっついわ~。どうしたらいいかわかんなくなるわ。

丹下:は~。

田中:はぁ。まぁ、という事で、

丹下:はい。

田中:杉田さんの心は、揺るぎましたか?

杉田:いや~あの~まぁ、高嶺愛花の彼氏ではあるが、丹下桜さんは好きです。

田中:はははwwwこじらせてるやないか!

杉田:うん。

田中:ま…まぁ、色々と丹下さん、ありがとうざいました。

丹下:wwwありがとうございました。

 

 

杉田:私が町長です!このコーナーでは、リスナーさんの人生に、多大な影響を与えた、またはあまりにインパクトが強くて、未だに記憶に残っている、そんなアニメ・マンガ・ゲームのセリフを募集しています。僕が印象に残っているセリフは、あの~、トゥルー・ラブストーリーの丹下さんのキャラが、

田中:うん。

丹下:はい。

杉田:「あたし、先輩の妹になりたい。」って。

田中:うん?

杉田:告白の直前に、こう言い始めるっていう。

丹下:あ~後輩ちゃん!

田中:むは~。

杉田:「セーブ中です!」「メモリーカードを抜かないでください。」って、あの~。

田中:おぉぉ!

杉田:「セーブ中です。」の音が、すげ~耳にガシャーンって来て、

田中:はははwww

杉田:どうにかなっちゃいそうだよ。

田中:wwwガチンコやないですか、杉田さん。

丹下:www

杉田:すげ~覚えてるよ、だって。あと…お前、

丹下:wwwはい。

杉田:あのゴエモンの話しようよ。

田中:お~そうそうそう。これがまた。

杉田:がんばれゴエモン大好きなんですよ。

内田:はい。途中からだと、アコギングで。

杉田:そうです。

田中:プレステ版の。

内田:はい。

丹下:うん。

田中:これ、何か、内Pさんがプログラムを。

内田:あ!はい。僕がプログラムをやってて。

丹下:なんとぉ!

田中:これ、びっくり。

内田:プレイヤーとか、ボスキャラとか、

丹下:うんうん。

内田:作ったの、実は、僕です。

田中:あの、これビックリなんですけど。

杉田:梶田、お前、あの、田中、お前が初めて買ったプレステのゲームだろ?

田中:そう。初めて買ったプレステのゲーム、アコキングなんです。

内田:わ~!も~嬉しいなぁ。

丹下:あ~、ほぉ~。

田中:超やりましたよ。

杉田:うん。

内田:ほ~んと、や~、ね~。

田中:えぇ。

内田:あの時、小学生ぐらい?

田中:そうですね!もうほんとにゲーム買ってもらったばっかくらいの頃ですね。

内田:ですよね~。

杉田:やだ、小学生?

田中:これがプレステか~って。

内田:う~ん。

田中:すげ~ゴエモン超おもしれ~!って、俺、ゴエモンが初めてやったプレステのゲームなんで。

内田:いや~嬉しいなぁ。初めてですよ。あの~、だから、当時プログラマーだったから。

田中:はい。

丹下:ええ。

内田:別にあの~、お客様と直接お話する機会ってなかったんで~。

田中:はい。

丹下:うん。

内田:この10数年して。

田中:いやぁ、人生って面白いっすね~。

内田:面白いっすね~。

田中:まさかこんな。

丹下:うん。すごいですね。

田中:いや、だって~俺、アコキングクリアして、親父に、「ゴエモン面白いから、別の買ってきてよ!」っていったら、またもう1本アコキング買ってきましたからね。

丹下:wwwwww

田中:何で、2本目買ってくるんだよ!

内田:お父さん。お父さん、お買い上げありがとうございます。

丹下:ありがとうございます。

田中:俺、2本分、貢献してますからね。

内田:wwwwww

杉田:その後、丹下さんは、アニメのゴエモンに、

丹下:そうなんですよ!

内田:そうですよね。

丹下:えぇ。おみっちゃんで。

内田:おみっちゃん。

田中:あぁ。おみっちゃん♡

丹下:町娘の~。

杉田:その頃から、割と、コナミ結構出てますよね。丹下さん。

田中:う~ん。

丹下:そうですね。

内田:そうですね。

丹下:本当に、あのCDも

杉田:うん。

丹下:コナミさんから出させていただいたりとかで。

杉田:そうだ。

内田:そうですね。

丹下:もう、本当に、ね~あたしずっと10年間、休業してて、再始動作が、本当に「ラブプラス」なので~。

杉田:すごいあるわ~。

田中:う~ん。

丹下:すごい、ほんと~に。ね~。

田中:ね~。え~。

 

 

杉田:じゃ~ちょっと、リスナーからのメール行きましょうか。

丹下:はい。

杉田:はい、ディドゥーーンネーム・かいとうびさん。はい。「杉田さん、SP田中さん、ゲストの丹下さん、内田プロデューサー、こんばんは!」

丹下:こんばんは。

田中:う~っす。

内田:こんばんは。

杉田:「僕は、丹下さんが演じたキャラで印象的に残っているセリフですが、

丹下:はい。

杉田:『SKET DANCE』の。」

丹下:はい。

杉田:「美空レミ先生の、『お母さん、呼ぶ?』です。」

丹下:お~。

田中:はははwww

丹下:冷静のwww

杉田:そうそうそうそう。

田中:あった、あった。

杉田:あの、なんか、あの~譲治さんのね。

田中:はい。酒飲んじゃった。

杉田:酒飲んで。

丹下:あ!お酒って言っちゃった。うふふふwww

田中:あ!そうか。あれって。

杉田:アニメ的な表現に…。

田中:アニメ的な表現では、謎の薬って。

杉田:謎の薬。

丹下:謎の薬。

杉田:うん。で、Sっ気のある…あのぉレミ先生になっちゃってね。

田中:はいはいはいはい。

杉田:性格が、逆転したんですな。

田中:あれ、たまんなかったわ、あれ。

丹下:今、自分のラジオでもよく似た、あのラジアラドリンクを飲んで、リスナーさんの悩みに、答えるって言うのがあって。

杉田:はっはっは。

田中:素晴らしい。

杉田:素晴らしい。

丹下:「冷静」出ましたねwwwはい。

田中:素晴らしい。

杉田:お~素晴らしい。

丹下:そうなんですよ~。

田中:ドリンク、ガンガン呑んでほしい。

杉田:何言ってんだ、お前は。

田中:へへへwww乱れ桜ガンガン呑んでほしい。

杉田:うるさい。

丹下:あはははwww

杉田:そう、名前も、そんな名前なんだよ。

丹下:wwwそうなんですよ!

杉田:何でやねん!

丹下:お米と米こうじでできたドリンク。

田中:そうそうそう。

杉田:そういうことです。

丹下:はい。

田中:乱れ桜を呑むと、なんかこう、っおぅ~な感じになるんですね。

杉田:う~んじゃね~よ。バカ。

田中:う~んな感じになるんですよね。

杉田:お前は引っ込んでろ。

田中:wwwwww

杉田:お前は、引っ込んでろ。あの「DEAD OR ALIVE」並みに、お前はいいから引っ込んでろよ。

丹下:そんwww

内田:はははwww

田中:あれも丹下さんだ!www

丹下:wwwそうなんですよwwwはい。

田中:あれも丹下さんだったwww

 

 

杉田:はい。ディドゥーーンネーム・肉のはらわたさん。

丹下:はい。

杉田:ハナマサね、はいはい。「杉田さん、SPの皆さん、え~ゲストの丹下さん、内Pさん、みんなハートときめいてる?」って、懐かしいな。

田中:う~!

杉田:はいはい。え~。

杉田:「ラジオときめきメモリアルの、『みんな、ハートときめいてる?あなたのハートにときめきLOVE』って、これが印象に残ってる。」って。

丹下:は~い。

杉田:ま~。

田中:か~。

杉田:CDで、月刊ときめきメモリアルに収録されていた、

丹下:うん。

杉田:あの~丹下さんのおたよりコーナーでも使われていた。このセリフを聞き、

丹下:はい。

杉田:あ~なるほどなぁ。癒されていた。あ~生まれて初めて萌というものに実感しました。

丹下:あ!

田中:ほう!目覚め!

杉田:あ~僕とそんなに年変わんね~な、こいつ。

田中:ははははwwwこいつって。

内田:こいつってwww

杉田:なるほどな~。

丹下:そうか。当時は萌というね。

内田:そうですよね。

杉田:うん。

田中:うん。

丹下:単語すらもなく。

杉田:なかった。

田中:微妙に…まだ無かった。

内田:う~ん。

丹下:あと、ツンデレも無かったから、

内田:無かったですね~。

丹下:私、ラブプラスの凛子で、凛子は厳密には、あの、わかりやすいツンデレでは無いんですけど~。

内田:無いですね~。

田中:はいはいはい。

丹下:まぁジャンル的に。

田中:はいはいはい。

内田:うん。

丹下:カテゴライズしたら、

田中:うん。

内田:うん。

丹下:ツンデレも初めてでしたね。

田中:なるほど~。

杉田:へ~へ~。凛子が。

丹下:それから、ツンデレをよくいただきます。

内田:そうですよね~。あっそっかwwwよくいただきますね~www

杉田:あははwww

田中:あははwww

内田:新しい…その…ですね~。

丹下:新しい引き出しを開けていただきました!はい。

杉田:へ~。中村くんが、阿部隆也やった後に、めっちゃツンデレ役が来たみたいなもんだよ。ほんと。

田中:あ~。あはははwwww

丹下:あ~www

杉田:当たり役ってすげ~なっていう。

田中:あれは、すごかった。

丹下:うんうん。

杉田:俺が一杯しゃべる役が、あのめっちゃ来た時の、あれと一緒だよ。

田中:うん。確かに確かに。

丹下:うんうん。

杉田:説明役とね。なるほどね。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)