【声優文字起こし】イケメン俳優誕生の裏にはさくらちゃんの存在があった…!【丹下桜さんに質問です #6】



スポンサーリンク

 

杉田:はいはいはい。なるほどな~。
丹下:懐かしい~。
杉田:「今は、まだ遠いラブソング」名曲ですって!
梶田:あ~。はいはいはい。
丹下:あ~。私、ときメモは、他の方はみんな
杉田:うん。
丹下:キャラクターから入るんですけど、
杉田:うん、うんうん。
丹下:ラジオから入って、
杉田:そう!
丹下:唯一、
杉田:そう!
梶田:そうですよね。
丹下:そうなんです、だから、その後に、キャラクターをいただいたから、すごい嬉しかったんですよね。
杉田:う~ん。
梶田:う~ん。
丹下:そうそう。
杉田:そうそうそう!そのときメモのラジオ、杉田少年は聞いていて、
丹下:あっ!
杉田:で、「月英学園」で、朝倉を演じてる俳優に山本匠馬くんっているんですけど
梶田:あ~。
丹下:はい!
杉田:匠馬くん、ずっと聞いてたみたいで、逆に、「カードキャプターさくら」と丹下さんのラジオ好きで、どうやったら声優になれるんだろうって
梶田:あ~。
丹下:あ~。
杉田:で、芝居の世界に飛び込んだら俳優になっちゃったっていう。かっこよかったんだね。
丹下:俳優。
梶田:そういう話、言ってましたね~。
丹下:でも、ほんと、女の子の声優さんが言ってくれるのは、すごいわかるんですけど、男の子の声優さんで、ほんとに、ときメモとカードキャプター見てたって人、すっごい多いんですよ!
梶田:ま~そうでしょうね。
杉田:ま~、多いですよ。
丹下:その当時は、カミングアウトできなくて、やっと大人になって言えるみたいな!
梶田:できないよね~。
梶田:あれ?でも、匠馬さん、文集に書いてたんじゃなかったですか?
杉田:うん。
丹下:あっ、本当に?
杉田:山本匠馬少年は、中3の時の卒業文集の表紙を任されて、
丹下:はい。
杉田:校門の前で佇むさくらちゃんを描いて提出したら
丹下:うわ~!
杉田:クラスメイトが「山本くん?」ってなってたって。
丹下:そんな多感な少年時代に!
梶田:山本くん?って
杉田:うそ!みたいな感じになって、そんなイメージがなかったらしく、
丹下:は~。
杉田:見た目いい男なんで、
丹下:えぇ。
杉田:絶対そんな要素は無いと思ってたら、斜め上な絵を描いてきて…。しかも、上手いらしいんですね。すごく。
丹下:うま~い。それは…
梶田:ときメモの丹下さんのキャラって、攻略対象じゃなかったんですか? その当時は
杉田:うんとね、えっと、
丹下:あっ。でも、というか、プレーヤーさんと、唯一最初敵対しちゃうような~。
杉田:なんか、サブキャラだよ。
梶田:サブキャラ。
杉田:サブキャラ。
丹下:感じなんですけど、でも段々付き合っていくうちに
梶田:ほうほう。
丹下:プレーヤーさんのいい所を見て、
梶田:へ~。
丹下:コロッと。
梶田:ころっと?
丹下:何か、いいやつじゃない…いい先輩じゃないかみたいな。
梶田:ほうほう。
杉田:でも、基本的にはドラマシリーズって、ヒロインがもう決まってるから。
梶田:あ~そうか~。
杉田:だから、逆に人気出るんだよ。
梶田:やっ。
杉田:少女漫画とかでもそうだろ?基本、ヒロインの事が好きで振られる男が人気投票で1位になっちゃうんだよ。
梶田:あ~!あるあるある!
丹下:あ~。
杉田:だから、多分、「月英学園」も、あのアーク内社内で、大河より後堂先輩が人気なんだよね。
丹下:へ~。
杉田:英理に無視され続けて、
梶田:は~は~は~。
杉田:言ってみれば、振られる男の位置だから。逆に人気が出ちゃって。
梶田:あ~でもね、やっぱ男としてはね、感情移入しちゃいますよね。そういう男の悲哀的な部分にね~。
杉田:ね~。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)