【声優文字起こし】杉田が中村悠一のかっこいいプロ声優としての決意を語る…!花澤さんも思わず関心してしまう…【いぬぼくラジオ 杉田智和 & 花澤香菜】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

杉田:さて、えークライマックスを迎えています「妖狐×僕SS」四字熟語トーナメント
花澤:はい
杉田:実に応募は2万エントリー以上
花澤:すごい
杉田:2万ですよこれ、大変なことになっております
花澤:はい〜
杉田:決勝戦は「酒池肉林」と「八相発破」どっちが決まっても今日の収録大変なことになりそうですね
花澤:www
杉田:はい
花澤:そうですね
杉田:えー、解説の杉田さんいかがですか
杉田:あーのねこれを花澤香菜さんにやらせるなんて大変なことが起きますよ
花澤:なにwww
杉田:あ、決まりました
杉田:おっ、おっ、勝ち残ったのは「花澤香菜」だー!
花澤:ちょっとwww
花澤:意味、意味がわかんない
杉田:四字熟語なんだったんでしょうか
花澤:www

杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
花澤:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」

杉田:はい、じゃああのこの、連打するマシンで秒数を測ってもらおうか
花澤:www
杉田:こんにちは、杉田智和です
花澤:すみませんwww
花澤:その節はお世話になりました、花澤香菜です。こんにちは。
杉田:はい
杉田:はい、よろしくお願いします
花澤:お願いしまーす
杉田:始まりました、ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
花澤:www
杉田:このねぇ、サブタイトルにしてしまえば公然と呼び捨てにできる

花澤:www
スタッフ:www
杉田:そんなバカな
花澤:おかしいですよね
杉田:そうですね
花澤:これ四字熟語考えてくださいって言われたんですよ
杉田:確かに
杉田:でも人の名前でも四字に、こう成立するならいいんじゃないか
花澤:そうなんですけど
杉田:僕の名前でも良かったんですけど
花澤:そうですよ、杉田さんでも良かったじゃないですか
杉田:いや、ここ花澤さんにしないと
花澤:www
花澤:なぜ・・・?
杉田:そっちの方が見栄えがいいと言うか
花澤:そんなことないです
杉田:その〜仕上がったものに対してあの攻撃ができないっていう
花澤:www
スタッフ:www

杉田:はい
花澤:はいwww
杉田:この番組は、テレビアニメ「妖狐×僕SS」のシークレットな部分を
花澤:はい
杉田:毎回いろんな出演者がお伝えするサービスてんこ盛りなラジオ番組です
花澤:お〜
杉田:と、ありますが
花澤:はい
杉田:えー、特に出演者は分かっていません
花澤:www
杉田:さて今回はメゾン・ド・章樫2号室、
花澤:はい
杉田:青鬼院蜻蛉役の杉田智和と
花澤:はい、蜻様のSSである髏々宮カルタ役・花澤香菜がお届けします
杉田:はい
花澤:お願いします
杉田:よく日高さんが髏々宮さんってのが言いづらそうだなって思ってますけど
花澤:髏々宮と凛々蝶は言いづらいですよ〜
杉田:うん
杉田:でも自分の名前もなんだよなって
花澤:www
杉田:そうそう
花澤:そうなんです
杉田:そういう名前の役をやると大変なんですよ
花澤:www
杉田:昔あの〜競艇のアニメで ←モンキーターン
花澤:はい
杉田:あの船でレースするアニメで
花澤:はい
杉田:僕の役が松里繁夫って役だったの
花澤:はい
杉田:主人公の人がずっと松里さんって言ってんだけど
花澤:ああ〜、つらい〜
杉田:すっげえ言いづらそうで
花澤:そうですね・・・
杉田:全国の松里さん申し訳ございませんみたいな
花澤:www
杉田:そして僕もすいませんみたいな
花澤:あ〜
杉田:そうなんだよ、なんか自分が申し訳ない気持ちになってくる
花澤:そうですね

杉田:えーとですね
花澤:はい
杉田:さて、花澤香菜さんとえーこのゴミクズ杉田がですね、えー
花澤:なんでwww
杉田:いぬぼくで共演しているわけでございますけども
花澤:そうですね
杉田:この、役柄的にはですね、あのー実は蜻蛉とカルタ
花澤:はい
杉田:あまり会話がないっていうね
花澤:そうなんです

花澤:あのーカルタから蜻様〜ってなんかリアクションはあるんですけど
杉田:うん
花澤:それ以降あまり繋がらないんですよ、話が
杉田:そうそうそうそう、ね
花澤:んー、うまくいってるんですかねぇ
杉田:でもねえ?あの〜
花澤:うん
杉田:互いが互いをもう分かりきってるような間柄っていうかね
花澤:www
花澤:そうですね
杉田:別にあの同じ空間にいて常に会話してないと維持できない仲とかじゃなくて
花澤:はい
杉田:ね?
花澤:確かに、そうですね
杉田:うん
花澤:なんかこう蜻様がカルタを食事に連れて行ってあげたりとかもしてたので
杉田:うん
花澤:うん、なんか仲はいい気がしますね
杉田:そうだよ、確かに
花澤:うん
杉田:北京ダック食いにね
花澤:www
杉田:連れてったり
花澤:行ってましたよね
杉田:そっか、それ考えればケアはしてるんだね
花澤:そうですね
杉田:うん
花澤:はい
杉田:そうSSがカルタなんだ
花澤:そう、そうなんです
杉田:www
杉田:これもまた勘違いしちゃいけないところだね

花澤:あの私も
杉田:うん
花澤:あの渡狸とカルタがペアっていう風になんか思ってたら
杉田:そうそうそうそう
花澤:違かったですね
杉田:すっかりね、渡狸くんはあのー、カルタのキャラクター性を成立させるだけのその〜
花澤:そんなことないですよwww
杉田:なりつつあったのにね
花澤:www
杉田:また江口くんが向こうで泣いてるよ
花澤:www
杉田:そんなバカなって
花澤:www
花澤:なんなんすか、そんなバカなってwww
杉田:いやいや
杉田:いや自分で自己完結しないとあの次に行けないっていう
花澤:www
スタッフ:www
杉田:30代迎えて新たなステージに
花澤:そういうwww
杉田:そんなバカな
杉田:はい、というわけでですね
花澤:はい
杉田:そろそろ本編参りましょうか
花澤:はい〜
杉田:はい〜
杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
杉田:この私が自らめくるめくSとMの世界にお前を導いてくれよう!

杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
花澤:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」

花澤:世の中には、2つの種類しかない。それは…「S」か「M」!「何秒〇〇できるか、耐久ゲーム」!いえ~い!!
杉田:お~!!
スタッフ:www
花澤:すいません。ぬるっと始めてしまいました。
杉田:始まったんですね、これでね。
花澤:そうなんです。これで始まりました。え~これから出される3つのお題に、何秒耐えられるかチャレンジ!
杉田:お!
花澤:3回達成した秒数の合計によって、豪華賞品がGETできるそうなので、ここはひとつ、私達で力を合わせて…
杉田:よし。
花澤:頑張っていきましょうw
杉田:でも、ラジオ番組のね、豪華賞品たって、そんな限度…う~わ!
花澤:いやぁ~。
スタッフ:www
杉田:まて!
花澤:すごいんですよ、ちょっと。賞品を紹介しますね!
杉田:はい。
花澤:10秒クリアだと
杉田:うん。
花澤:「お寿司」か「焼肉」食べ放題。
杉田:おっと…
花澤:里菜ちゃんたちが、獲得したそうですよ。
杉田:中村もね、獲得して。
花澤:うん。
杉田:ほんとにもらえると思ってなかったんだって。
花澤:はははwww
スタッフ:www
花澤:そりゃそうですよね。
杉田:ね~。
花澤:はい。で、30秒クリアで、
杉田:うん。
花澤:「杉田さんがガチでほしいもの」を!
杉田:www
花澤:(できれば50万円以下でお願いします)
杉田:50万円以下ってのが、すごいな。
花澤:wwwすごいですね~!結構、許容範囲広いですね~!え~60秒クリアで、「花澤さんが本当に欲しいもの」。
杉田:www
花澤:これも、50万円以下。え~、で、90秒クリアで、「現金100万円」をペア…で?
杉田:すごいなぁ…。
花澤:え~!!!
杉田:とっぱらい非課税。
花澤:ふふふwwwはははwww
杉田:すごい、皆さんのおかげですよも、こんなん昔あったけどね。
スタッフ:www
杉田:10万円位が限度だったのにね…。
スタッフ:www
花澤:すごいですね…。
杉田:うん。
花澤:え~ではでは、
杉田:はい。
花澤:ちょっとこんな豪華賞品を…ただ、私達が欲しいものが何か、
杉田:そうだね。
花澤:決めなければ。
杉田:決めとこう。むしろ、だから30秒で、花澤さんでいいよ。
花澤:あ!ほんとですか?
杉田:うん。俺、考えたんだけど、
花澤:はい。
杉田:特に思いつかなくって。
スタッフ:www
花澤:はぁ…あたしも物欲がないんですよね…。
杉田:え?そうなの?
花澤:そうなんです。
杉田:いきなり言われても、わかんないじゃない。
花澤:はい。
杉田:何、ほしい?って、言われて、え?あ…う…う…
花澤:うふふふwww
杉田:そう。
花澤:ね~。
杉田:モテ期みたいなもんで。
花澤:はい。
杉田:「モテねぇなぁ。モテねぇなぁ。」って言ったら、恋が押し寄せてきたみたいなね。
花澤:あはははwww
杉田:どうしていいかわからないねみたいな。
花澤:あはははwww
杉田:案外そうなのよ。急な幸せって、人、ひいちゃうんですよ。
花澤:あはははwww
スタッフ:www
花澤:そんな深い事、考えなくていいんじゃないですか?杉田さん。
杉田:なんだ、もっと単純でいいのかな?
花澤:そうですね!
杉田:うん。パ~っと思いついたものでいいのかな?
花澤:うんと~、何なんですかね?
杉田:何だろうね。50万でしょ?同じ某声優さんが
花澤:はい。
杉田:宝くじが大好きで。宝くじ。
花澤:あ~はいはい。
杉田:あのね、これ、当たる神社の袋みたいの大好きで、
花澤:はい。
杉田:宝くじ当たる神社の袋とか、持ってきたりとか、もらってきてね。
花澤:へ~。
杉田:それ入れて飾っとくんだって。
花澤:ふふふwww
杉田:で、一度に割とすごい単位で買うみたい。
花澤:はははwww
杉田:じゃあ、それを凌駕する額っていうことで、
花澤:あ!そうですね。50万円は、さすがに自分じゃ買わないですもんね。
杉田:自分じゃね。そう、宝くじを50万。
花澤:はい。え~じゃあ私、別荘が欲しいので、
杉田:うん。
花澤:別荘の足しにします。
杉田:いやいやいや、あの50万で買えるのはね、プレハブ小屋がある。
花澤:え?あ…でもプレハブはちょっと…。
杉田:スーパーハウスってのがあって、
花澤:ふ…。ふふふwww何ですか、それ。
杉田:プレハブ小屋だよ、要するに。
花澤:プレハブ小屋。
杉田:そう。む…昔、うちの近所にプレハブに住んでる人がいて、
花澤:はい。
杉田:そう、発電機が、家の前にぶ~って置いてあって。
花澤:ええぇぇ~~!!
杉田:大変そうだったよ。
花澤:wwwそりゃそうですよ!
杉田:大変そうだったよ。
花澤:え?お風呂とかあるんですかね?
杉田:お風呂?…知らんな。
花澤:www
杉田:www
花澤:銭湯とか行ってたのかな…。す~ごいですねそれ。
杉田:じゃ~あの~別荘の足しにしてください。
花澤:はい!足しにしま~す。
杉田:うん。
花澤:それではですね!「何秒〇〇できるか、耐久ゲーム」一つ目のお題はこちら!
杉田:さぁ、やってみよう!
花澤:いきます!
杉田:うん。
花澤:第1問!「お互いに見つめ合って、巻き笛を吹きなさい。一息で、2人揃って何秒間吹けるかな?」
杉田:うん。
花澤:え?巻き笛?
杉田:どれどれ~できるかな!
花澤:はははwww
杉田:えっと?
花澤:あ~こういう奴か!あの、子どもの頃に、なんか駄菓子屋さんとかに売ってたやつですね。
杉田:うん。
花澤:ぴ~って鳴る。
杉田:あ~。
花澤:え~。
杉田:(咥えながら)これを、こうやって、
花澤:はい。
杉田:え?2人
花澤:吹く。
杉田:同時にせ~のでやる?
花澤:そうなんです。
杉田:はい。
花澤:でも、見つめ合うと書いてあります。
杉田:はいはい。
花澤:はい。
杉田:人の目を見ると…
花澤:www
杉田:よく、昔、神谷浩史さんに…
花澤:はい。はい。
杉田:「(神谷浩史の声真似)杉田くんは、目線や表情が邪悪だからさ~!」
花澤:うふふふwww
杉田:って、眼鏡貰った事あるんだよ。
花澤:はははwww
杉田:今日、かけてきたのは、タダの花粉除けだけど、
花澤:あ!そうなんですねwww
杉田:それ持ってこようと思ったのに、見つかんなくって…。
花澤:はははwww
杉田:多分、実家だな。
花澤:その理由もすごいですねwwwじゃ~ちょっと行きますか?
杉田:行きますよ!
花澤:はい!
杉田:じゃ~あの、作家さん、せ~のって言ってください。
花澤:はい。
スタッフ:せ~の!
~♪巻き笛の音♪~
~♪カーン♪~
花澤:www
スタッフ:5秒だね。
杉田:5秒だね~。
スタッフ:5秒ですね!
花澤:あの、これ…面白いですね!
スタッフ:www
杉田:強いね。
花澤:wwwお互いを、見合って、こう笛を吹くっていうことで、
杉田:え~花澤さんが思い切り吹いた
花澤:はい。
杉田:この紙笛ですか?
花澤:はい。
杉田:はい~こちら、
スタッフ:巻き笛です。
杉田:こ…こちらの巻き笛、こちらの宛先まで
花澤:!!!???ダメです!何を言ってるんですか?
スタッフ:www
杉田:ラジオだから見えないから。
スタッフ:www
花澤:www
杉田:宛先何かわかんないから。
花澤:そうかwww
杉田:送れるもんなら、送ってみろよ!
花澤:www
スタッフ:www
花澤:ちょっと動揺しましたwww
杉田:こちらの宛先まで!
花澤:はい。あ~ちょっと残念でしたね。5秒という事で、
杉田:はい。
花澤:じゃ~次行きましょう!
杉田:うい。
花澤:はい、次のチャレンジはこちら!「お互いに見つめ合って、水笛を吹きなさい。一吹きで、2人そろって何秒吹けるかな。」
杉田:はい。
花澤:水笛?
杉田:水を入れて、この竹筒みたいなやつに。
花澤:はい。
杉田:逆さになって、ちょっとこぼしたけど。
花澤:www
杉田:(若本規夫のマネで)こぼれた水は~。またすくえばいい。
スタッフ:www
花澤:www
杉田:割とね、これ…
花澤:あ!みっかったwww
杉田:割とこぼれるな。
花澤:割とこれ、早く吹かないとこぼれてしまうんですね。水笛って、みなさんやったことないですよね?
スタッフ:www
花澤:あ!なんかいい音する!
杉田:うん。
~♪水笛の音♪~
スタッフ:www
花澤:あはははwww
~♪水笛の音♪~
花澤:ちょっと面白いwwwマイクが壊れる!え?杉田さん、どうやって吹いてるんですか?
~♪水笛の音♪~
スタッフ:www
花澤:杉田さんwwwあの、私、上手く吹けないんですけど…
杉田:吹ける?今、テストですけど。試しにやってみたら、花澤さんの方が、泡立って。
花澤:www
スタッフ:www
花澤:何か、すごくブクブクいうんですけど。
杉田:盛大にボコボコボコって、今すごかったからね。
スタッフ:www
花澤:www
杉田:今の音、今の音、録れました?
花澤:マイクが心配なんですけど!
杉田:いや、超絶に面白かったよ。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:あのね、多分、そ~っと吹いた方が、多分。
花澤:あ!
~♪水笛の音♪~
杉田:そ~っと吹いた方が多分鳴るかも。
~♪水笛の音♪~
花澤:あ…。
杉田:そうそう。
スタッフ:www
花澤:wwwほんとだwww
杉田:じゃ~行きますよ!
花澤:吹いたんですね!
杉田:次、本番行きましょう!
花澤:はい!
杉田:はい。す~…
~♪水笛の音♪~
スタッフ:www
~♪カーン♪~
花澤:長いッ!?
杉田:うん。
花澤:21秒!
杉田:うん。
花澤:あ!ということは!
杉田:ほい。やりました!
花澤:「焼肉」「お寿司」食べ放題!ありがとうございます!
杉田:ま~す。
花澤:わ~い!
杉田:やったぞ!花澤さん、これ。
花澤:はい。
杉田:「肉」と「寿司」、どっちがいい?
花澤:え~…。「寿司」ですかね!
杉田:「寿司!」あ~いいね。
花澤:は~い!
杉田:「寿司」何好き?
花澤:「寿司」は、ウニが好きです。
杉田:ウニね!
スタッフ:www
花澤:はははwww何が好きですか?
杉田:うん?…俺は、えんがわかな。
花澤:あ~。…あはははwww
スタッフ:www
花澤:いいですね~。
杉田:あと、こはだかな。
花澤:あ…。なるほど~。
杉田:こはだは、あの~そのお店の味が出てくるからさ。
花澤:へ~…。
杉田:好きなんだ。
花澤:そうなんですか~。何かあんまりお寿司屋さんに…。だってこれ…
杉田:うん。
花澤:きっと結構、高いお寿司食べていいわけですよね。
杉田:まぁ、この画像から見るに
花澤:ですよね。これでも、ちょっとね~。あの~…。
杉田:まぁ、でもこの近所の寿司屋って事にすりゃあいいんじゃねぇかな?このスタジオで。
スタッフ:うんうん。
花澤:や~。絶対高いですよ!
杉田:www
花澤:ね~。
杉田:いいんじゃないかな?
花澤:嬉しい!
杉田:でも、花澤さん、細身だし、あの~そんなに、食い放題言うてもあんまり…
スタッフ:www
花澤:wwwいやいやいや。
杉田:そんなに食わないだろう?っていう。
花澤:いやいやいや。www
杉田:と、言いながらね!これが壮大な前振りでね。
スタッフ:www
花澤:www
杉田:実は、あの~TVチャンピオンの予選に、ジャイアント白田の横に花澤さんがいたんだよ。
スタッフ:www
花澤:www
杉田:テレテレッテッテッテ~♪って言いながらね。
スタッフ:www
花澤:wwwぽいですね。
杉田:あれ、実は、サイバーコップのサントラのCDだからね。あれ。
花澤:www
杉田:ジングルの曲ね。TVチャンピオンのね。
花澤:wwwそうなんだ…。
杉田:で、一応3つ目のチャレンジ?
花澤:はい!
杉田:が、ございますわね。
花澤:ん?はい!何かですね、ドSチャンスと書いてあります。
杉田:はいはい。
花澤:はい。次のお題で、たったの30秒クリアすれば、何と!全部の商品をGET!
杉田:あ?
花澤:逆に、クリアできないと~、今までにGETした商品は、全て没収になります。
杉田:おっとっとっと!?
花澤:え~!ぬか喜びでしたね。
杉田:今までの事は、何だったんだゲーム。
スタッフ:www
花澤:ほんとですね~!今までの笛達は…
杉田:一体、何だったんだ!今までの事は~!
スタッフ:www
花澤:ほんとですよ!え~ではでは、じゃ~最後のお題を紹介しますね。
(ジングル:杉田?)ドSチャンス!
花澤:wwwありがとうございます。ジングル的な。え~「お互いに見つめ合って、横笛を吹きなさい!」
杉田:横笛?
花澤:横笛?「一息で2人揃って何秒間できるか。」
杉田:あ!あの、なんか虚無僧が持ってるやつ?あれは違うか。
花澤:www
杉田:虚無僧は尺八だよ。
花澤:え?これ、また、吹くの難しそうな…。
杉田:よく、源義経が吹いてた。
花澤:www
スタッフ:www
花澤:見たことあるんですか??
杉田:よく、あの~俺、「修羅の刻」とかで、これ見たことあるんだよ。
スタッフ:www
花澤:え?待ってください。はい。え?
スタッフ:www
杉田:これ…。これはやばいね。
花澤:これ、吸っても吐いても、わかんないですよ。…え?じゃ~ちょっと、チャレンジいきますか?
スタッフ:もっと吐いた方がいいのかな。
花澤:ドSチャレンジ!
杉田:はい。行きますよ!せ~
~♪かすれた横笛の音♪~
スタッフ:www
杉田:ブ~♪
スタッフ:www
杉田:う~ん♪う~♪
スタッフ:www
花澤:杉田さん!?
~♪カ~ン♪~
杉田:音が出ないよ。
花澤:wwwざんね~ん!
杉田:はい。
花澤:というわけで、
杉田:ボッシュートで~す。
花澤:は~い。何だか、とんだ茶番ですよ~。これ。www
杉田:何か、でも水笛は結構頑張ればいけると思ったんだけどなぁ。これね。
花澤:そうですね~!
~♪水笛の音♪~
花澤:wwwこれ、でも、何回やっても、私ちゃんと吹けないんですよね。
杉田:最初、泡立つくらいだから。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:水の…
花澤:笛の才能無いですね~www
杉田:水の量じゃないかな~?
花澤:あっ、量が少ないんですかね?
杉田:少ないんじゃないかな~?
花澤:でも、多すぎて泡立った気がするんですけど。
スタッフ:そうですね。
杉田:え~今回使用したこの水笛、
花澤:はい。
杉田:このこぼれた水を顔面で受け止めてもらっているM奴隷の皆様へ、こちらの宛先まで。
花澤:はははwww。ほんと、好き勝手言ってますね!!杉田さん!
杉田:どこに応募していいかわかんないじゃないか!だって。
花澤:wwwほんとです。はい、というわけでですね、何だったんだろう、え~、「耐えるって意外と楽しいものですね。」って台本に書いてありますね。
杉田:そうですね。
花澤:wwwそうですかね?はい。
杉田:はい。
花澤:以上!「何秒〇〇できるか?耐久ゲーム」でした!
杉田:はい。

杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」

杉田:ここで、えー「妖狐×僕SS」のとっておきの情報が満載の
メゾン・ド・章樫 くるくる回覧板からのお知らせです
花澤:はい。えー、いよいよクライマックス、テレビアニメ「妖狐×僕SS」MBS・TBS・他にて好評放送中。
杉田:はい、原作コミックス「妖狐×僕SS」1巻から6巻絶賛発売中です。
「妖狐×僕SS」は、えー、月刊ガンガンJOKERにて好評連載中です。
花澤:「妖狐×僕SS」オフィシャルガイド0巻が好評発売中です。
藤原ここあ先生による30ページを超える各キャラクターラフスケッチ集や初公開設定、年表、さらに幻のネームを多数掲載。藤原ここあ先生ロングインタビュー、書き下ろしコミックも収録された内容盛りだくさんでお送りするファンブックです。
杉田:はい、えー、テレビアニメ「妖狐×僕SS」Blu-ray & DVD、えっとこの第1巻も好評発売中です
花澤:はい
杉田:そして続いて第2巻、4月25日発売です。
花澤:お〜
杉田:別冊ブックレット、えー、キャストインタビュー集vol1、特典CD「妖狐×僕SS」サウンドトラックvol1、着せ替え凜々蝶ペーパークラフト
花澤:www
杉田:だと?ん?
花澤:www
杉田:なんだ・・・?
杉田:の、え〜、着せ替えパーツ
杉田:これつまり、えっと凜々蝶様のペーパークラフトがあって
花澤:もともとあって
杉田:あって
花澤:それの着せ替えパーツがついてる
杉田:する
杉田:ちょっと待て、ってことは今凜々蝶様は服を着ていないということになる
花澤:はぁー
杉田:大変だこれ
花澤:ちょっ、着せてください早く
杉田:なんてことしてんだ、おい
花澤:www
杉田:ど、どうすんだよ今んとこ他のものなんか着せとかないといけないじゃん
花澤:あははwww
花澤:なに動揺しているんですか杉田さん
杉田:だって大変じゃないか、服を着てないっていうんだぜ
花澤:www
杉田:なんかねえのか、他にペーパークラフトをやってたやつとか
花澤:ちょっと、ちょっとwww
花澤:告知に戻ってくださいwww
杉田:分かりました
杉田:すみません、取り乱してしまって
花澤:www
杉田:そしてイベントチケット優先販売申込券などなど豪華特典満載の完全生産限定盤も同時発売です。
花澤:はい〜、はい〜
杉田:えー、いかがでございましょうか。
花澤:うん〜
杉田:えー、そうですね、やっとこの1巻が出てね
花澤:そうなんですね
杉田:これからシリーズリリースしていく形になりますけど
花澤:はい〜
杉田:はい
杉田:あ〜、さて、僕が今何を考えているか花澤さんは当てられるかな?
杉田:俺の気持ちも伝わればいいと思っている
花澤:www
杉田:以上、メゾン・ド・章樫 くるくる回覧板でした。

杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」
杉田:ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」

花澤:さて!こんなおたよりが届きましたぁ!
杉田:うん。
花澤:下僕ネーム「あまなつ」さんからのお便りです。
杉田:はい
花澤:えー、こんにちは
花澤:こんにちは
杉田:こんにちは
花澤:アニメ「妖狐×僕SS」キャストが豪華でびっくりしています。
杉田:うーん
花澤:アフレコ現場も楽しそうで興奮します。
杉田:ん?
花澤:興奮する・・・?
杉田:うん
花澤:えー、ところで皆さんは自分がSSならどのキャラクターを守ってあげたいですか?
杉田:うん
花澤:どのキャラクターに守られたいですか?
杉田:あー
花澤:ですって
杉田:はい
花澤:どうですかね
杉田:うん
花澤:うーん、まあキャラが濃すぎて
杉田:ねえ?
花澤:こうあんまりそっとしておいてくれる人達がいないんですよね
杉田:すっごい手かかるか逆に守る必要がないくらいしっかりしてるか
花澤:www
花澤:あ、そうですね
杉田:うん、ねえ?
杉田:蜻蛉さんとかってねえ、逆にカルタちゃんみたいな子だから
花澤:はい
杉田:成り立ってるような関係だし
花澤:www
花澤:そうですね
杉田:ねえ?
花澤:あーどうなんだろう
杉田:すごい色んなところ行っちゃうから蜻蛉さん
花澤:www
杉田:好き勝手にね、すぐ沖縄とか
花澤:はい
杉田:色んなとこ
花澤:行っちゃいそうですね
杉田:うん
花澤:放っといて、でもまも・・・うーん
杉田:なんだろうなあ
花澤:私、凛々蝶ちゃんがやっぱ一番可愛くて守りたいですね
杉田:ま、普通の人に一番、最も近いというかね
花澤:はい、そうです、そうです
杉田:うん、コミュニケーションは頑張れば取れる
花澤:はい
杉田:でもね、凛々蝶は本心じゃなかったりするからね
花澤:そうなんですよね
杉田:どうしてもそういう態度を取ってしまうっていうね
花澤:うーん、そこが見抜けるようになったら接しやすいですけどね
杉田:我々は最初から知ってるじゃない?
花澤:はい
杉田:凛々蝶ってそういう子っていうの
花澤:うん。うん。
杉田:そこはまあ気遣ってね、うん
花澤:ですね
杉田:むしろだからそれを僕が凛々蝶のSSになるとしたら
花澤:はい
杉田:それをもう罵声を言わせるだけ言わせて
花澤:はい
杉田:ずっと黙ってるのね
花澤:はあ
杉田:怒ってる人ってああいう恥ずかしがっていくうちに
花澤:はい
杉田:もう耐えられなくなってくるの、怒ってる自分が恥ずかしくなってきて
花澤:はいはい
杉田:しまいには泣くのね
花澤:はい
杉田:泣くまで俺は聞く
花澤:www
杉田:うん
花澤:全部受け止めると
杉田:そう、聞いた上で、で?って言って終わりにする
花澤:www
花澤:なんか優しいんだか厳しいんだかわかんないですね
杉田:まあその泣いたあとぐらいが本音が出てきてからかなぁ、じゃあどうしてほしい?っていうことになるんで
花澤:うーん
杉田:逆にそれを自分でさせて、次こうしましょうか?とか、
花澤:はいはい
杉田:これはどうしましょうかっていうことを言ってっていう
花澤:なるほど
杉田:多分SSってほんと何手先を読まないといけないと思うんで
花澤:うーん、そうですね
杉田:難しいと思うなぁ
花澤:難しいですね
杉田:ね、守られたいわむしろもう
花澤:そうですねwww

花澤:じゃ、次行きましょう。
花澤:え~、下僕ネーム「アンリエッタです」さんからいただきました。
杉田:はい。
花澤:ありがとうございます。
杉田:ありがとうございます。
花澤:え~「お2人がなってみたい妖怪は何ですか?」
杉田:妖怪?
花澤:妖怪?
杉田:妖怪…って、子どもの頃から身近なテーマだったりした?
花澤:wwwあ~…。い~やぁ。
杉田:僕の時は、あの~某髪の毛を飛ばしたり~ ←鬼太郎
花澤:あっ、はい!あっ、でも私も見てました!
杉田:あっ、でも世代を経て、やっぱ、あれは見てるんだね、みんな。
花澤:見てます。見てます。
杉田:あの妖怪アニメは。
花澤:はい。
杉田:うん。
花澤:え~…。
杉田:あれを、あれ見てると、何か妖怪、色々いるわけじゃない。
花澤:はい。
杉田:う~ん。何だろうなぁと思って。
花澤:何でしょうね。砂かけ婆とか。
杉田:www
花澤:www何か楽しそうですけど。
杉田:そんな可愛い声の砂かけ婆がいるか!
花澤:いや…www
スタッフ:www
杉田:それは、あの何回目かのリメイクの猫娘が泣いて逃げるわ!
花澤:www
杉田:やっべリアルヒロイン来たし!ってんじゃない?
花澤:何を言ってるんですかwww
杉田:次の鬼太郎のリメイクでは、砂かけ婆も美少女版に!
花澤:www
スタッフ:www
杉田:声は、花澤さんだよっていうの。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:でも、あの~、見た目可愛いけど、ほんとはあの300歳みたいな。
花澤:あ~なるほど。
杉田:需要あるぞ、そのキャラ!どうすりゃいいんだ。
花澤:www
杉田:俺、その後ろで、ぬりかべになる。
花澤:ぬりかべwww
スタッフ:www
花澤:何故、ぬりかべを選んだんですか?
杉田:え?ぬりかべ~。って、(若本規夫風に)ぬりかべ~っていって。
花澤:言いたいwww
杉田:でも、あれ、兼ね役で一反木綿とかやるからね。
スタッフ:www
花澤:wwwなるほどぉ。
杉田:そうね~。
花澤:楽しいですね~。何か。
杉田:はい。すっかり何か、あの~鬼太郎トークになりましたが。
花澤:そうですね。
杉田:はい!え~次は、え~こちら。下僕ネーム「セミ男GX」さんですかね。
花澤:はい。ありがとうございます。
杉田:え~「杉田さん、花澤さん。ごきげん妖狐!」
花澤:wwwごきげん妖狐wwwえ?何?どこかで流行ってるんですかね?
スタッフ:www
杉田:わかんないね~。これ多分、前~、
花澤:ほんとだwww
杉田:うっかり中村くんが言ったか、
スタッフ:www
杉田:こう今回あることを想定して送られてきたか…さぁ、どっちかなっていう。
花澤:www
杉田:はい。「杉田さんは、穴子さんのモノマネが、得意だそうですが。」
花澤:www
スタッフ:www
杉田:「それに負けず劣らず、花澤さんも」
花澤:え?
杉田:「花沢さんのモノマネが得意だそうです。」
花澤:待って、待って。www
杉田:「ちょっと、掛け合ってみてください。」
花澤:誰が?www
杉田:「それでは、エンガップ!」←未来日記(画像参照)
花澤:www
杉田:あ~…知ってんなぁ。こいつ。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:知ってんなぁ。
花澤:ちょっと~。
杉田:未来日記ネタまで入れてくるとは。あ~。あのね、若本さんは。
花澤:はい。
杉田:あの~穴子さん役がメインなんですよ。兼ね役で~、あの~、口ひげのある、泥棒とか、
花澤:はい。
杉田:あと~花沢さんの…ね!
花澤:うふふふwww
杉田:お父さんやってる。
花澤:はい。やってますねぇ~。
スタッフ:www
杉田:そう、だ~Aパートで、あの~。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:なんだっけな。「(増岡弘のモノマネで)おおおお義父さんwwwお義父さんと飲みに行くんでw」って言って、波平じゃなくて…えっと、マスオにフラれた穴子が、
花澤:はい。
杉田:「(若本規夫のマネで)ウウウウ。」って、こう、恨みがたまって~、
スタッフ:www
花澤:www
杉田:で、波平と合流したマスオが、居酒屋にガラガラっていくと、「(若本規夫のマネで)いらっしゃい!」って、あ!兼ね役だぁ!って。
花澤:www
スタッフ:そうそうそうそうwww
杉田:あ!兼ね役がいる!みたいな。
スタッフ:www
杉田:で、Bパートでは、
花澤:ふふwww
杉田:今度、お父さんが出てくるんですよね。「(若本規夫のマネで)ん~というわけで、花子~!」
花澤:あ~すごい~!
杉田:「(若本規夫のマネで)最近、お前、学校ではどうなんだぁ~?」
花澤:あはははwwwすご~い!
杉田:はい、花沢さん。
花澤:「(花沢さんのマネで)い~そ~の~くぅぅぅん!!」
スタッフ:www
杉田:「(若本規夫のマネで)え~そのへんにしないとぉ~。」
花澤:wwwwww
スタッフ:wwwwww
杉田:「(若本規夫のマネで)あ~声帯に、負担がぁ。」
花澤:ひぃ~~www
スタッフ:www
杉田:「(若本規夫のマネで)花沢さんの、役者さん。」
花澤:wwwwww
杉田:「(若本規夫のマネで)最初から、ああいう声質だかるぁ~できるぅ~。」
花澤:wwwwww
スタッフ:wwwwww
杉田:素人が真似すると、のどを壊すぞぉ。みたいな。
花澤:www
杉田:そうじゃなくてさ!すいませんでした。
花澤:www
杉田:貴重ななんか、神(ゴッド)☆ヴォイスをね…。
花澤:www
杉田:すり減らしてしまって…
花澤:何を、言ってるんですかwwwでも、ほんとにからかわれるんですよぉ!私、花澤だから~。
杉田:あ~あ~あ~!
花澤:花沢さん…。
杉田:うん。
花澤:そこの磯野くんの、お友達、答えてみようかwみたいな。
杉田:はいはい。
花澤:先生とかいて~。本当に、舌打ちしようかと思いました。
杉田:そんな馬鹿な!
花澤:www
スタッフ:www
杉田:いやでも、ほんと、あのサ〇エさんの花沢さんが~、この~花澤香菜さんみたいなヴィジュアルと声だったら~、カツオ大変だぜ?
花澤:wwwいやぁ…www
杉田:カツオ大変だぜ?
花澤:な~にを言ってるんすかwww
杉田:もう、気が気がじゃないと思う。
花澤:www
スタッフ:www
杉田:うん。ず~っと、こう…家帰った後も、「(カツオのマネで)花沢さんの事が、忘れられないよぉ!」
花澤:www
スタッフ:www
杉田:「(カツオのマネで)僕は、どうすればいいんだぁ!!」
花澤:www
杉田:「(カツオのマネで)どうすればいいんだぁ…どうすればいいんだぁ…どうすればいいんだぁ…」
花澤:なんで、エコーかかってるんすかwww
杉田:うん。
花澤:すごいwww
杉田:大変だぁ!もう…

杉田:さて、えー、お送りしてまいりました。ラジオ・ド・章樫「花澤香菜」今回はここでお別れの時間です
花澤:www
杉田:この番組ではみなさんのお便りをお待ちしております
花澤:はい
杉田:お便り募集のバナーをクリックして番組メールフォームからお願いいたします
花澤:はーい
花澤:何だか違う作品の話ばっかりしていたような気がするんですが
杉田:ダメだって言ってんのにね
花澤:www
杉田:引き合いに出すのがそれかよって
花澤:www
杉田:いぬぼくの話あんまりしなかったな
花澤:あ、まあでも、うん、してましたよね
杉田:僕、途中からの参加だったんで
花澤:はい、はい
花澤:あ、確かに
杉田:蜻蛉が出るまでの現場って
花澤:はい
杉田:どんな雰囲気だった?
花澤:現場、いやほんとに
杉田:うん
花澤:なんだろ、すごい盛り上がるでもなく
杉田:はいはい
花澤:あのみんなローテーションでもなく
杉田:うん

花澤:なんかいい感じの
杉田:あー、いい現場だ
花澤:そうなんですよ。あの話しやすい、あのーなんだろ台本のこととかでも
杉田:うん
花澤:相談しやすいような
杉田:うん
花澤:雰囲気の、あのー現場に結構最初からなってて
杉田:中村が静かに決意しているのをすごい覚えてて、始まる前に
花澤:あー、はいはい
杉田:おそらく主役の子はすごい若いから
花澤:はい
杉田:俺がちゃんとやんないと、真ん中に立たないとなって
花澤:あっ
杉田:主役の務めってそういうもんだって思ってるって言って
花澤:はい
杉田:静かに決意している中村が
花澤:あー、素敵だな
杉田:すごい印象的でね
花澤:はい
杉田:でも確かに僕行った時は
花澤:うん
杉田:入りやすかったの
花澤:うん
花澤:そうなんです、中村さんがほんとにみんなにこう・・・なんとなく話しかけてくれたりとか
杉田:い、いつも、ね?ああいうの苦手なくせにね
花澤:そうなんですよ〜
杉田:うん
花澤:そう
杉田:まあ〜でも良かった
花澤:うん、いい現場でしたね〜
杉田:そういった意味でいい現場です。収録は真剣に録ってるんですけど
花澤:はい
杉田:で、このラジオでございますけど
花澤:はい
杉田:まあ一瞬ね、あの寿司と焼肉の夢が見えた気がしましたけど
花澤:なんでしょうね
杉田:そんなもの幻だったんだ
花澤:www
花澤:私たちただ笛吹いてモノマネしただけですよね、今のところ
スタッフ:www
花澤:www
杉田:そうだね
花澤:www
杉田:まあ前の中村たちだって多分そんなようなもんなんだろう多分
花澤:あ、ほんとですか
スタッフ:www
杉田:ぬか喜びだったんだよ
スタッフ:www
花澤:あ、でもあのみんなでいけるって行ってたじゃないですか、里菜ちゃんが
杉田:あ、そっか
花澤:で、しきりにこうwwwみんなで行こうと
杉田:しきりにみんなでね
花澤:www
杉田:それ、あれは空気読んで僕は断るべきだと
花澤:www
杉田:邪推しちゃったんだけど
花澤:www
杉田:そういうことじゃないんだね
花澤:いえ、みんなで行きたいんですちゃんと
杉田:ちゃんと番組の企画で
花澤:うん
杉田:アニプレックス様の
花澤:はい
杉田:宣伝費で食いにいけるっていうことですよね、はい
花澤:素敵じゃないですか、みんなで行きましょうご飯
杉田:そうだね
花澤:ねえ
杉田:うん
杉田:行こう行こう
花澤:はい
花澤:www
杉田:というわけでですね、
花澤:はい
杉田:えーまたどこかでお会いできる時がきっとあると
花澤:そうですね
杉田:僕は信じて疑いません
花澤:はい
杉田:お届けは青鬼院蜻蛉役の杉田智和と
花澤:髏々宮カルタ役、花澤香菜でした

杉田:はいせーの
杉田:ばいばーい
花澤:ばいばーい

 



スポンサーリンク