【声優文字起こし】杉田が沢城みゆきと初めて会った時の思い出を語る! 中村悠一と梶裕貴と杉田が旅行に行った際の面白エピソードw【ヲタ恋ラジオ】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

伊達:ヲタ恋ラジオ!
伊東:ラジオは専門外ですけど頑張ります。
伊達・伊東:第5回〜!

杉田:皆さんこんばんは
伊達:ちょっと待ってくださいwww
伊東:wwwww
伊達:ちょっと待ってくださいww
杉田:ヲタクに恋は難しい、桃瀬成海役の伊達臣人です。
伊達:ちゃいますwwそれww
伊東:あれー
伊達:あれ?wwなんでしょうね?w
杉田:しねぇぇぇい!
伊達:あっははははwwwww
伊東:声が渋くなったなぁ伊達さん。あ、いい声ですね今日ね、伊達さんねぇ
伊達:すいませんありがとうございます
杉田:任せておけ。
伊達:ありがとうございます
杉田:おぅ

伊達:はい、改めまして、皆さんこんばんは!テレビアニメ、「ヲタクに恋は難しい」桃瀬成海役の伊達朱里紗です!
杉田:臣人です。
伊達:www
伊東:あれ?あれ、2人?伊達さんが2人?
伊達・杉田:www
伊東:まぁいいや、えー、同じく二藤宏嵩役の伊東健人でーす
伊達:はい、えーこの番g…え、いいの?続けて?wこの番組は、フジテレビノイタミナ他にて放送中のテレビアニメ
伊東:はい
杉田:魁!男塾の魅力を
伊達:ヲタwwヲタクに恋は難しい!の魅力と情報をお届けしていくラジオ番組です!
伊東:wwwww
伊達:ということで……あっ、もう挨拶されますか…?
伊東:っということで今日はスペシャルゲストの登場ですっ!どうぞ!
伊達:ようこそ!
杉田:よろしく、お願いします。よろしくお願いしますっ。魁‼男塾の、伊達臣人です。
伊達:あっ、違う、違いますねっ?違いますねっ?樺倉太郎役の杉田智和さんがお越し下さいました〜
伊東:www
杉田:伊達さん、ラジオだとなんか優しいね
伊東:wwwwww
杉田:アニメの現場だと全然俺の話拾ってくれないのに
伊達:えっ、いや、やめて下さいwやめてくださいwちゃ、ちゃんとします、ちゃんとします。
伊達・伊東:よろしくお願いしますw
伊達:はい
杉田:ほんといい加減だもんね、いつもね
伊東:僕はもういつも通りです、もう嘘つけないんで人間、ハッ
伊達:はい、あのー、すいません。せっかく杉田さんいらっしゃってるんですが
杉田:樺倉太郎役の杉田です
伊達:はい!
伊東:よろしくお願いします。
杉田:ホントの出番は、だいぶ後です
伊東:そんなこと…w
伊達:そんなことないです。えー、ちなみにですね、
伊東:はいっ。
伊達:今日5月3日が、えー、
伊東:そうですね、まずは、えぇ。
伊達:はいっ。わたくし演じる桃瀬成海ちゃんの誕生日だそうで…
伊東:はいっ!おめでとうごさまいますなるみーん!
伊達:ありがとうございます
伊東:5月3日
杉田:成海の誕生日?
伊達:成海の誕生日です、そうなんです!どうもありがとうございます。
伊東:いやはやはや、こう、ラジオがその日にあるとは
伊達:えぇ、嬉しいですね
伊東:えぇ。
杉田:プレゼント何贈るんだろうね?
伊達:な、な、宏髙が?
杉田:何あげたい?伊達さんだったら。
伊達:え?成海に?
杉田:うん。
伊達:いやぁ…iTunesカードとか…
伊東:www実益なwww
杉田:悠木さん方式だ
伊達:悠木さんwww
杉田:「杉田さん誕生日だったんでしょ〜」って言ってAmazonカードくれる
伊東:声が…ww
伊達:まちがいない、まちがいないですね
伊東:Ama…wwww
杉田:うれしいよ。
伊東:まちがいないww
杉田:好きなもん買うから
伊達:間違いない…。ではではせっかく杉田さんいらっしゃってますので、この後もよろしくお願いしますっ!
杉田:お願いします!
伊達:「ヲタ恋ラジオ、ラジオは専門外ですけど頑張ります」スタートですっ

伊達・伊東:ヲタ恋ラジオ!ラジオは専門外ですけど頑張ります!

伊達:改めまして、伊達朱里紗です。
伊東:伊東健人です、そして!
杉田:伊達臣人です
伊達・伊東:wwww
伊達:あの…ww
伊東:wwww
杉田:臣人はもういいよ、臣人は。もういいっすww
伊達:すごい覚えてるんですよ
杉田:もういいっす
伊達:しょ、初対面のPV撮る時に
伊東:はい
伊達:なんか伊達臣人の話されたんですよ杉田さんに。
杉田:えぇ、そうねw
伊達:wwなんの話ですか?って言ったらw
伊東:伊達だから?
伊達:そう、その時に、なんか伊達臣人は、なんとかかんとか所属か…なんか…なんかおっしゃって、教えてくださったんですよ。
杉田:えぇ?!上級生だね。
伊達:で、そのあとに、なんかどうやらその知識が間違ってたらしくって、杉田さんがなんでもなく「すまん伊達臣人はなんとかかんとかだったわ」って呟いてて………wwww
伊東:あぁ!呟いてた!
伊達:そうそうそう!
伊東:あの時か!
伊達:そう!あ、私への指針や!って思ったw
伊東:www
伊達:わぁ!って思って…w
伊東:やばいw
伊達:そう!でもそのときまだ杉田さんが樺倉太郎役って発表になってなかったから
伊東:えぇ
伊達:絡んでいいのかな、まぁいっか、って思ってw
伊東:なるほどね、あぁ言えばこれ…あれですよ、今からTwitterのこう、過去を辿る作業がはじまりますよそれ
伊達:ね、辿る人たちがきっと…
杉田:俺でも覚えてないよそれ
伊達:wwwww
伊東:何年前くらいでしたっけあれは
杉田:覚えてないな…
伊東:んー、2年かぁ
伊達:えぇ、多分ほんとに、2年半とか…
伊東:それぐらいは前って考えると…はや、早いなぁぁぁぁ
杉田:うん
伊東:あー…でもこうやってこう、多分、公の場でこう…トークするのは初めてじゃないですか。
伊達:そうなんです
杉田:うん、そうだね
伊東:あぁいやもうもう…
伊達:杉田さんどうぞぶっ壊していってくれても

伊東:ぶっ壊しは…
杉田:アフレコ中はもう、2人もう集中してるし、俺もあの、ほら、相棒が割とやる気勢だからさ。あいつ全然優しくないからさ。
伊達・伊東:www
杉田:ガンガンセリフ被ってくるしガンガン変えてくるしガンガン早口でやるんだよね
伊達:いやぁ…でも沢城さんとの、やっぱ掛け合い…やっぱす、すごいですよね喧嘩のシーンとかほんとに
伊東:うん、そうですね
杉田:でも可愛いもんだよ
伊達:可愛いもん…ww
杉田:俺は嬉しいよ?一生懸命こっちに向かってきてくれるんだもん。って言葉を振ってくれるし。試す、っていい意味でね?
伊達:うんうん
杉田:わかってて振ってくるから。沢城のいいところだよね。
伊東:でもここあぁ、いいなぁって思いながらこう、大体後ろで聴いてます。または一緒にまぁ参加したりとか、宏髙が。こう、やっぱスピード感が違うじゃないですか。宏髙、成海の会話のテンポと。
伊達:あーそうだね、うんうん。
伊東:やっぱそれよりはだいぶ速いから。こう、2人が。
伊達:速い。
杉田:子供がじゃれついてくるみたいなもんだよな。沢城って最初会った時ってあっちも十代だし。
伊達・伊東:ひえぇぇぇぇ?!
杉田:それくらいの感覚がやっぱ抜けないのよ。
伊達:えっ、えっ、えっ、?あっ?え、じゃあう、えっ、なん…おいくつさん…?
杉田:レッスンを、あの同じ養成所で受けてて
伊達:えっ、そうなんですか?!
伊東:へぇぇー!
杉田:最初の事務所の養成所にいて、そしたらなんか、デ・ジ・キャラットの子が勉強に来るって説明を受けて、ふーんって言ったら制服の子が現れた。
伊東:へぇ…
伊達:そうですね、沢城さん中学生のとき…
杉田:そうそうそう
伊東:15年…か…いやもうちょっと前…って感じですかね
杉田:そういう説明を受けて、あぁーそうなんですかって言って。うん。
伊達:しゅごい…
杉田:その感覚がやっぱ抜けないから子供っていうね。**(05.27)。いくつになったのかなわかんねぇや。
伊東:いやはや…僕のでも、なんすか、少し上ぐらいなんですよ。年齢的には。
杉田:ほうほう、そうなんだ
伊東:芸歴は全然違うんですけれども。
杉田:なるほどなぁ。最初の感覚ってやっぱ抜けないんだね。未だにやっぱりそういう。あの例えば梶くんとかも、「梶くん」…で。
杉田:可愛い梶くんのままだから。うん。
伊達:私沢城さんと梶さんが同い年って聞いてビックリしました。
杉田:あ、そうなんだ!へー!
伊達:うん。あの最初のヲタ恋のアフレコ前に、なんかちょっと集まったんですよ。なんか杉田さん確か来れなかったんですけど、お仕事で。
杉田:そうだね
伊東:そうですね
伊達:その時に、すごい、ね。仲良さげに同級生トークみたいなことを…
杉田:そういうイメージ
伊東:まぁちょっとばっちりだったからさ
杉田:北海道に、あの、イベントかなんかの動画で使う撮影に「プライベートで行こうぜ!」って言った時に、「僕も行きます!」って言ってきて
伊達:梶さんがですか?
杉田:来て
伊達:うわぁぁ!
伊東;はぁぁ
杉田:俺と中村とマフィア梶田で、梶も付いてきて
伊東:濃いんだなぁ
伊達:あぁいいねぇ
杉田:中村くんの肩にてんとう虫がプッて止まったのね
伊達:可愛い!
杉田:そしたら急に中村が「うわぁ!てんとう虫だぁ!」
伊達・伊東:wwwww
杉田:少年みたいなこと言い始めたら梶がソフトクリーム『ブゥゥッ』って吐いたのね
伊達:wwwww
杉田:あれが今も覚えてる光景だよ
伊達:てんとう虫が…w
杉田:そう。「てんとう虫だぁ!」っていって
伊達:はい…はいww
伊東:そりゃブゥッってなりますねw
杉田:『ブゥゥッ』って吐いたよ、面白かったね
伊東:wwwww
伊達:はいwwそうですねwwまぁ真面目な話も…ちょっとしますか?
伊東:そう、キャラクターの話を
杉田:そうだね、そう、樺倉さん
伊達:はい、樺倉さんっていうのが、えー、設定が、一般人以上オタク未満なライトオタっという絶妙な
杉田:ガバガバだな
伊達:ガバガバ…www
伊東:ガバ倉じゃないの
杉田:いやもうガバ倉さん
伊達:え、その我々たまにラジオで話すのが
杉田:うん
伊達:その樺倉さんがメインの4人の中だと一番ライトオタ的な設定なのに、あの、杉田さんが一番色々教えてくださるっていう…
伊東:まぁそう…ですね。
杉田:なんかこだわりが、そんな特定のものにすごい特別入れ込んでるっていうのがないのよ。
伊達:あぁー、そうですね。
杉田:なんか流行ってるとか、街角で見て、ちょっと好きになったみたいな。
伊達:うんうんうん
杉田:でもキャラの名前はよくわからないみたいな。
伊達:うんうんうん
杉田:そういう人いるから。うん。まぁライトオタ…なんだろ、ライトボウガンみたいなもんかな
伊達:なんですかwwあ、あの、か、か、考えてしまってますかw
伊東:ライトボウガンちょっと意味違うねww
杉田:ちょっと用途が違うのかな
伊東:用途が違うw
杉田:用途、ヘビィとライト違うから
伊達:ライトボウガンってなに…?
伊東:ライトボウガン、モンハンの武器です。
伊達:あぁ!またきたモンハン!
伊東:それはただのあの、物理的な軽さ…ですよ、ほぼ。
伊達:重い、重いボウガンもあるんだ?
伊東:まぁヘビィボウガン
杉田:ヘビィボウガンだな。そっちのがDPS、あーえっと威力を稼ぐほうで、ライトボウガンのがサポート、サポート的に回って… ※DPS…Damage Per Second「1秒間で与えるダメージ量」
伊達:速い、速いんですか?速いってこと…?
伊東:速い…スピードがきく
杉田:小回りが効く。と見せかけて実は接近戦で殴るスタン値がハンマーと同じだったっていうのが発覚した時が一番面白かった ※スタン値…上限に達するとスタン(気絶)となる
伊東:強いなw
伊達:すごい全然わかんない
杉田:「うわライトボウガンなのに、顔面殴ってんだからあれなーに?!」「杉田さん知らないんですかぁ」
伊東:ははははwwww
杉田:「スタン値が高いんですよ」って言って
伊達:ねぇねぇ、ごめん、ほんとにわかんない、なんの話?
伊東:え、多分今はそんなことない…
杉田:あの多分あれ直ったよな
伊東:直って…w
杉田:あれ直ったよな、絶対な。
伊東:直ってないと思うw
杉田:本当にモンハンの話
伊達:モンハンの話?
伊東:そうモンハンの話です。
伊達:ふぇ〜
伊東:っていうライトじゃない。
伊達:っていうライトじゃないw
伊東:か、軽めというかその意味はおなじだけど
杉田:ええまぁでも、あぁ〜まぁ。
伊達:あ、原作って最初に読まれたりしました…?
杉田:なんかねすごい注目されたでしょ?この漫画がすごい、みたいな。
伊達:そうなんですそうなんです
杉田:でタイトルだけ見たときに、あぁまた、あのー、題材をこう、軽々しく扱われて、おちょくられるだけだったらやだなぁって
伊達:うんうん
杉田:ちょっと悲しい目で見てたのね
伊達:はいはいはいはい
杉田:オタクっていうのをステータスにした人達が、自己顕示欲をね?出して
伊東:そうですね
杉田:俺らを見てくれよ、私たちってオシャレでしょ?みたいな漫画だったら辛いなって思って。
伊東:うん。
伊達:あ、それは、作品知ったときってまだ出演される前ってこと…
杉田:前だよ
伊達:あっ、じゃあ普通に知ってらっしゃったってことで…
杉田:うん
伊達:うぉい
杉田:だからそういうのだったらやだなぁって思ってたの。違った。温かかったんだキャラクターたちが。
伊達:うん…わかります。優しい…
杉田:いや、基本美男美女なんだけど、その時点でおい悩んでんじゃねぇよって思うんだけど
伊達・伊東:wwwww
伊東:美男美女は、それはそれでやっぱ悩みがありますから。
伊達:まぁまぁ
杉田:どんなかっこいいやつだって悩みあるから。
伊達:それは間違い無いです
杉田:でもいいところはね、だからその性欲で悩まないところ。
伊達・伊東:www
杉田:そういうところやっぱファンタジーだから
伊東:ファンタジーwwそうファンタジーだよ
杉田:樺倉さんくらいだったら普通にね、だって、そういうアニメとかに興味持っちゃうんじゃないかなぁとかね。うん。
伊達:でももう、多分、性の悩みも…
杉田:おいよせよせ
伊達:www
伊東:まぁまぁまぁ、一通りクリアはしてるんじゃないですかね
杉田:おい待て待て待て
伊達:逆に一周回った後の話だよね
伊東:そうそうそうそう
伊達:一周回った後の…ww
杉田:じゃあ番外編で、秋葉原にあの、ヘッドマウントディスプレイ、VRのヘッドセットを、PC向けのやつを買いに行く話やろうぜ
伊東:あぁなるほどね
伊達:それなんですか?何ができるんですか?
杉田:この…この…
杉田:悪いこの、すいません店員さん、この、V…あ(自主規制)ですか?(自主規制)一つ!って言って
伊達・伊東:wwwwww
伊達:えっ、えっ、それVRで、やれるんですか?
杉田:えっ、何言ってんの
伊東:何言ってんの
伊達:えっ?えっ?
伊東:何言ってんの
伊達:ちょ待って、今なんの話ですか?
杉田:ヘッドマウントディスプレイの商品名が(自主規制)っていう。
伊達:えっ?!あぁ!あぁ、なんだなんだそういうことかぁ
杉田:うん、そう。
伊達:あの、ごめんなさい私、VRで擬似体験できる…
伊東:あ、そういうのもあるよでも。
伊達:あ、でも絶対あるよね?
杉田:あるあるある
伊達:へぇ〜
杉田:自分の居場所がないよそれ。
伊達:自分の居場所がない…?
杉田:うん。周りすっごい盛り上がってんのに俺だけなんでいるんだろう今…っていう…
伊東:wwwww
杉田:この空間はなんだろうみたいな…
伊達:なんの話なんの話?
伊東:いやまぁオープニングでも成海、やってましたよね。あの、VRの背負って
伊達:あぁそうそう!VRのやつやってたやってた
伊東:背負ってじゃねぇや、あの被って。
伊達:被ってやってた
伊東:あぁもうあぁいうことですよ。あそこの空間がじゃあどうなのか、っていう話はじゃあまだ原作でも描かれていないので、まぁゆくゆくはあったら、樺倉さんで
杉田:リアルで、いいよあの世界は。
伊東:いいんですか?
杉田:落下してるところとかってほんとに落ちてるみたいな気になるから
伊東:怖いなぁ…
杉田:高所恐怖症の人、大変かもよ
伊達:あぁ、私ダメかもしれん…
伊東:今ってあの、VRを経験できる場所ってたくさんある
杉田:あるねぇ
伊東:結構あるじゃないっすか
杉田:あるね
伊達:外で?
伊東:そう。
伊達:へぇ〜
伊東:あるある。ゲームセンターとか、に付いてたりするから。僕もやったことはないんすよ。なんでこ、今度行きますか
伊達:杉田さん持ってます?
杉田:あるよ
伊達:持ってるって。
伊東:待ってないあ、え
伊達:え、持ってるって。
伊東:持ってる?っていうか、借りろと?!
伊達:wwwい、いや、行ったら?
杉田:結構環境が、いるから。
伊東:ねぇ?
杉田:うん、周り広くスペース取らないと、壁とか殴っちゃったりとかするんだよね
伊東:えぇえぇえぇ
杉田:ほんとにびっくりして
伊東:なかなかそう、買うのはちょっとどう、なんかそんなにこう
杉田:ジジイババアとサマーレッスンできるバイオハザードっていう
伊東:ジジイババアとサマーレッwwwサマーレッスン違うゲームですよww
伊達:wwww
杉田:バイオの最新作VR対応だったんだけど
伊東:ありますねぇ
杉田:急になんかあの、ゾンビババアがこっちに選択肢を投げかけてくるのね
伊東:ゾンビババアww
杉田:おぉ、これサマーレッスンじゃねぇかよ、って。
伊東:あっははははwwwww
杉田:ラブプラスみたいなのを、このババアとしろってのかこの野郎、っていって
伊達:wwwww
伊東:増えますよね多分、そういうゲームが。
杉田:ホラーって何周か回るとすごい究極のギャグになるから。バイオ超面白かったもん
伊達:wwwww
伊東:VRでやってないんだよなぁ…
杉田:VRのホラーはマジで怖い。ほんと、一番相性がいいかも。
伊達:なんか…揺れるんですよね?
杉田:もちろんもちろん。
伊東:揺れもするんですか
伊達:揺れたはず。なんか…コントローラー?
伊東:おうおうおうおう
杉田:詳しいじゃねぇか
伊達:あの、実況動画みた。
伊東:あぁ実況動画ね
伊達:うん。うん。
杉田:あぁそういうのがあるんだね、若い子はね。
伊達:あります。若い子は、あ、そうなんです。
杉田:楽しんでるね。
伊東:私もちょっとあまり見ないので、実況動画。
伊達:なるほどね
伊東:詳しくないわ
伊達:さてさてさて、ということで、アニメまだ始まったばっかりで、今日は何話のオンエアだ?3…
伊東:4話!
伊達:4話?4話!あ、4話のオンエアなんですって。
伊東:そう、だから杉田さんがゲストなんですよ、だから。
伊達:だから。
伊東:そう。
伊達:4話。
伊東:4話ですから。
伊達:伊東くん、4話何が起こるんですか?
伊東:4話はですね、えーと、小柳と樺倉のコスプレをめぐる攻防が、あります。
伊達:なにぃ!?
伊東:なんと。
伊達:なにぃ!?w
伊東:さぁネタバレここまでOKって書いてあるんでね。
伊達:はい。
伊東:小柳からの誘いを頑なに拒む、樺倉。しかし・・・・
伊達:あぁ…
伊東:そして、しかし。
杉田:最終的に女装に目覚めちゃうんだよね
伊東:ねぇ〜。ww目覚めるかどうかは
杉田:でブラジャーをつけるかどうかで
伊東:wwwww
杉田:最後の、ブレーキが、どうするか、みたいな。
伊東:そう、どうするか。
杉田:山さんとそういう話したことあんのよ。「杉田、どんなことがあっても、ブラだけはつけないようにな」って
伊東:wwwww
杉田:「俺もです」って言ってたんだけど、ちょっと興味が湧いた時に、どうしようかなって思ったんだけど、俺は最後まで着けなかったよ。
伊東:おぉ。樺倉は果たして着けるのか着けないのか。
伊達:wwwww
伊東:えーと、でも
杉田:ごめん、擬似胸は入れた。
伊東:wwwwwで、後半ではですね。4人でまぁ、居酒屋にこう…行ったりして。で、そこでまたちょっと本音が出てきたり。
杉田:居酒屋なぁ。よくほら…ゲームとコラボするじゃない。
伊東:しますね。
伊達:あぁしますね
杉田:薄桜鬼っていうのが、女性向けでやるようなのが好きで、あれと池袋の居酒屋がコラボしたのね。好きじゃん?行きたいじゃん?ねぇ。客全部女の人なんだよ。
伊達:あぁ…
伊東:行き辛い!
杉田:中年のおじさんの4,5人の集団が、「薄桜鬼フェア行こうぜ」って
伊達:wwwwww
伊東:それ池袋でしかやってなかったんですか?
杉田:そう。
伊達:池袋、女性の街だもんね
伊東:そう…池袋に杉田さん行ったらだってバレるでしょ
杉田:普通に「なんで男いんの」ぐらいのテンションで、もう最初からアウェイアウェイだよ。
伊達:え、なんか、言われ、言われませんでした?
杉田:全然?
伊達:うぅぇぇ
伊東:それはじゃあみんなマナーがいいから多分気使ってるんでしょうね
杉田:なんで男がいんの?くらいで逆に罵倒されたよ
伊東:そんなことないでしょうよ
伊達:wwww
杉田:されたよ!
伊達・伊東:wwwwww
杉田:すごい怖かったの!
伊達:wwwww
伊東:これ怖…いや、えぇぇー?
杉田:いや、好きなアニメが、じゃあ次はコラボしますっていったら、プリンセスカフェって書いてあって
伊達:へぇ
杉田:まじ行き辛いんだけどっていって
伊達:プリンセス?なんのプリンセス…
杉田:なんかそういうコンセプトカフェだね。女性向けのやつなんだな。
伊達:ふーん、あぁー
杉田:好きなアニメがコラボするからよぉ、あぁ行くしかねぇわぁ!って思ったら、うっわ、Princess Cafe…
伊達:wwwww
伊東:ヲタ恋…ヲタ恋やんねぇかな?
杉田:中年のおじさんにはつらかった
伊達:すごいピンクピンクな感じで
杉田:ちょっ、つらかったなほんとに…入り口で逃げたよ。
伊達:wwww
伊東:じゃ、ヲタ恋カフェやったら行きましょ、みんなで。
杉田:どれとコラボするかだよなぁ
伊東:ヲタ恋カフェならこう、みんなで行きやすいというか、もう、
杉田:ヲタ恋かぁ…何と組んでくれれば……
伊達:え!
杉田:あ!あ、ヲタ恋する?
伊達:すいません、い、今、今入った情報によると
伊東:はい!
杉田:あ、する?
伊達:プリンセスカフェ
杉田:あぁする!
伊達:プリンセスカフェとヲタ恋コラボする…
杉田:あぁジュリエットの次あたりにやる
伊東:よーしじゃあいきましょうプリンセスカフェ
伊達:プリンセスカフェ…
杉田:プリンセスカフェ童貞を捨てる時が来たようだぁ
伊達:wwwww
伊東:wwwww
杉田:木を隠すなら森ってな!
伊達:はいっ。
伊東:森へ行こう
伊達:ありがとうございます
杉田:じゃあ女の格好していくか
伊東:えぇ
杉田:樺倉の格好していくかどっちがバレないかな
伊達:wwwww
伊東:いやちょ、その2択しかないんすかそれ
杉田:いやだっていぬぼくの時は、青鬼院蜻蛉の衣装で行こうと思ったんだけど
伊達:えぇぇぇ!
伊東:それ…
杉田:さすがにバレないだろうと思ったら、行くまでが大変だっていう
伊達:いや、ってか目立つから、目立つから一回見て、「ん?」ってなりますよ
杉田:だよな
伊東:土日とかのあの、こうコスプレのこう…なんていうの、街全体が祭りになってる時だったら紛れる
杉田:どさくさに紛れてな、よしっ。
伊達:いやぁw
杉田:よしっ
伊東:そこだっ
杉田:よしっ。行こう。
伊達:はい。ということで。
杉田:僕はあのファイナルファイトのソドムの格好で行くと思うから
伊東:えぇぇぇぇ
杉田:そうすりゃ俺だってわかんないから
伊東:えぇぇぇぇ、どうしよっかな
杉田:鎧兜にあの赤いTシャツに『死』って書いてある
伊東:えぇじゃあ誰がハガーやります?
杉田:ははははwww
杉田:伊東くん…伊東くん
伊東:ちょっと体格足りないw
杉田:伊東くんコーディーかガイか。それかあのナイフ投げて来る敵。あのP(15:19)じゃないほう。
伊東:敵wでかいでかい
杉田:オレンジ色の方。オレンジ色のナイフ使い。
伊東:基本敵キャラ200cm超えてるんですよねあれね
杉田:そうww基本みんなデカいからね
伊東:そうなんですよね
杉田:伊達さんは伊達臣人で
伊達:はい?!
伊東:wwwww
杉田:あの変形する槍作って来るから
伊達:はい、はい、わかりましたぁ
伊達:ね、はい、では、この後もアニメ4話もお楽しみに!杉田さんっ、この後も引き続きお付き合いよろしくお願いしますっ!
杉田:はーい

伊達・伊東:ヲタ恋ラジオ!ラジオは専門外ですけど頑張ります!

伊東:ヲタバレ上等スペシャル!
伊達:このコーナーでは、腐女子であることを隠し通そうとする成海にちなんで
杉田:隠せてないけどな
伊達:wwリスナーの皆さんがほんとうは隠し通したいと思っている秘密を紹介していきますっ
杉田:性癖か、うん。
伊達:はいっ。今夜はスペシャル版として、杉田さんにもお付き合いいただきます!
伊東:よっしゃぁぁぁ
杉田:おぉ性癖か。
伊達:はい、性癖の話をしていきましょう
杉田:わかった
伊達:ところで杉田さんは隠したい秘密ってありますか…?
伊東:wwwww
杉田:隠したい秘密?あのね、女性向けコンテンツのヒロインとか女子キャラが可愛いんだけど
伊達:はいはいはいはい
杉田:最近あんまり好きって言わないようにしてる
伊達:あっ、はぁ。
杉田:お客さんたちが、なんかわりと男が入って来るの嫌がるから、うん。
伊東:うん。
伊達:あぁー
杉田:ほら、SideMのキャラとかで欲情したら俺とマフィア梶田すごい叩かれたことがあったのね。
伊東:え、そうなwww
伊達:wwwwど、どの子で欲情したんですか…?
杉田:言えないよねぇw
伊達:さ、咲ちゃんですか?
杉田:言えないよねぇ
伊東:じゃあ後でこっそり教えてください
杉田:言わないよ
伊達:後で聞く。後で話しましょ?じゃあメール見してくださいww

伊達:えーとっ、ラジオネームアンスケさんからいただきましたー。
伊達・伊東:ありがとうございます
伊達:『私は、女でありながら足フェチなんです(笑)これは…
伊東:あー
杉田:いるいるいる
伊達:『これは男女関係なく見てしまう癖があり、すれ違いざまに、あの人膝下短いな、や、今の人細いけど筋肉のつき方がいまいち!など好みにもこだわりがあります。』
伊東:はいはいはい
伊達:『この足フェチは高校の時自覚して、自覚した時は自分キモいなぁと思いましたが、今は大いに受け入れて楽しんでいます。』
杉田:女子でよかったね
伊達:wwwwwということで、え、でも足って…別にフェチ、フェチじゃなくても…
杉田:うん
伊達:わりと見るポイントじゃないですか?
伊東:これ前に話したんですけど、こう…やっぱり、またおっぱいの話になっちゃうんですけどね?
杉田:おけおけ
伊達:続けてください
伊東:あのぉ…まぁ電車とかでだからこう、まぁ見てしまうのは、それは下心は必ずしもないんだと。いう話をしてて
杉田:そうなの?
伊東:そうそうそう。えっwwwやべっww
伊達:おいおいおいおいw
杉田:え、伊東くん何、(自主規制)なの?
伊東:え?違う違う違う違う、こうパッと目に入ってしまうと一回見ちゃいますよね?っていう話をしてる…
杉田:なるほど、うん。
伊達:杉田さんちなみに、電車で、胸の大きい女性がいたら、見てしまいます?
伊東:またぁ?まだ?
杉田:だから、電車の中ってほら、あっち訴えたらこっち捕まるから、なるだけ避けるようにしてる。
伊達:避け…あぁ…
伊東:まぁそ、そうですよね
杉田:危険回避っていう。危機回避、ウサギばりの危機回避能力
伊達:wwwウサギちゃんなみのww
杉田:そうそうそう。
伊東:そういう気の使い方…
伊達:杉田さんちなみに…うん。
杉田:学生さんとかがガタンってなった時にこっち倒れてきた時に、
伊達:避ける?
杉田:受け止めるか避けるかって言ったら俺避けるもん。
伊東:あぁ避ける避ける。避けます。避けます。
杉田:うん。
伊達:へぇぇ…そっかぁ…
杉田:一回なんかちょっとあずにゃんみたいな髪型の女の子が、ガタンッて飛び込んできた時に、俺人生終わったと思った
伊達・伊東:wwwwww
伊東:それは…
伊達:訴えられww
杉田:でもあずにゃんはいい子だったから、俺は訴えられずに済んだの。
伊東:よかったぁ…
杉田:すっごい恥ずかしそうにしてたよ
伊達:あ、可愛い。恋に落ちそうに…
杉田:そんなことないよ。
伊達:www
杉田:こっちは気が気じゃないからね。「大丈夫?」って言って。すごい声怖かっただろうな俺。「大丈夫?」
伊達:wwww
伊東:やっぱ満員電車とかだと両手上げ、上げるもん。
杉田:「訴えないでね」
伊達:wwww
伊東:両手上げる。電車とか、満員電車だと。
杉田:そうそうそう。
伊達:あー、つり革両手で掴んで
杉田:そう
伊達:へー
杉田:私は無害ですっていうポーズを取らないと
伊達:まあ男性大変だよね、ほんとに
杉田:せやせや。
伊東:ですよねー。世知辛い時代ですけれども
伊達:はい、ということで。じゃあ杉田さん、これを良ければシュレッダーに
杉田:あっ、シュレッダーだ。なんかDVDとかメディアもシュレッダーできるやつあるじゃない。
伊達:へぇー!
杉田:あれ嬉しくなって、自分のその持ってるDVD処分するのにやったら
伊東:なんでwww
杉田:処分しすぎてちゃってすぐ壊れちゃった。
伊達・伊東:wwww
杉田:うん。ね。
伊東:あー
伊達:怖ーい
杉田:おい桃瀬、これは自分でやるんだ。
伊達:すみません樺倉先輩。すいません、近かったんで先輩がw
伊東:まぁ足フェチもほどほどにということで。
杉田:しょうがねぇな、別にいいよ
伊達:はい
伊東:もう一通行きますか?
伊達:はい、おなしゃす
伊東:はい、えー、ラジオネーム、起き上がりこぼしさん。
伊達:こぼすぞー?
伊東:ありがとうございます。私の秘密は、漫画で好きな場面などを見つけてアテレコすることです。
杉田:ほぉー
伊達:ほぉ
伊東:女の子キャラではなく、熱血スポ根漫画の男の子キャラをアテレコしまくっているので、「ぐはぁ!」や、「なん…だと…!」のようなセリフをよく読んでしまいます。キャラクターも力んでいるので私も力んで声が大きくなってしまうので、一度妹にバレました。
杉田:はいはいはい
伊東:みなさんも職業柄、漫画を読んでキャラにアテレコしてしまうことはありますか?よければお聞かせくださいっ。
杉田:あんまねぇなぁ
伊東:そしてっ、処理お願いしますっ!
伊達:これは…
杉田:だって自分のね、漫画読んでてどこに投影するかって人柄って結構出るよね
伊東:うーん
伊達:おぉー
杉田:あの、襲ってる方じゃなくて、虫に襲われてる女の子に自己投影する人いたけど
伊東:それ…それあのビムスの人でしょ?
杉田:そう
伊東:ww
伊達:やめろやめろ
伊東:それビムスの人ですから
杉田:そっちなんだっていう危機的状況がたまらなく好きなんだなぁっていうのが伝わってきたよ。
伊東:wwww
杉田:なるほどなぁ。
伊東:そう、まぁでもどこに感情移入するかもぉ…ね、こぼしさんもね
杉田:低いから、なんか自分でアフレコするとかこのキャラ俺合ってるよとか言えないなぁ。言わないというか。
伊達:杉田さん最初、声優さんになろう…みたいに思った時、練習とかで読んだりしま…?
杉田:練習?
伊達:うん
杉田:どっちかって言うと1人でコントやったり
伊達:コント?!
杉田:あの、不良に殴られるのが嫌だったから、面白いことするとあいつら許してくれんのよ。
伊達:www
杉田:だからネタを溜めとかなきゃいけないからテープに入れといたのね。それで練習になったかな。
伊達:あぁー
伊東:はえぇー
伊達:漫画の朗読っていうよりそういうことを…
杉田:だから漫画あるあるみたいな。
伊達:漫画あるある
杉田:もしこれ少女漫画だけど全員声の低い俺でやったらこうなる、みたいな。
伊東:あぁぁー
伊達:えぇー
杉田:あいつら面白いことやると許してくれるから。
伊達:へぇ
伊東:やった、なぁ、あの、ゲームとかで、こう、所謂こうなんていうんすか、こういうテキストが流れていく系のゲームって最近だとボイスついたりするじゃないですか。
杉田:そうだね
伊東:で、こうボイスオフに出来たりするじゃないっすか
杉田:あぁ、はい
伊東:練習だって思ってオフにしてやった後にオンにしてもう一回再生とかやりましたね
杉田:あぁ
伊達:へぇー
伊東:でこれは本職の声優さんはどうやってじゃあ実際読んでるのかみたいな。
杉田:いやぁ、サスペンスものとかだとさ
伊東:はい
杉田:声優さんで結構犯人わかっちゃったりとかするから
伊達:wwww
伊東:そうなんですよね?いや、芳忠さんの声が、犯人じゃないわけないでしょうみたいなw
伊達:wwww
杉田:そうだよ、こんな冒頭で喋る冴えない男の役でそんないい人使わないよぉ
伊達:wwwwwある、あると思う。
伊東:絶対ここか!この花澤香菜さんの役かどっちかが犯人だよ、みたいなのを。そしたらこっちだったぁ!みたいなのを
伊達:それはあるかもしれないですね。
伊東:そう。合ってたねぇ。Fateとかでやってましたねだから僕は。
杉田:うん、なるほど。
伊達:うん。うん。じゃあ、伊東くん、おなしゃす。
杉田:でもなぁ、ボイス化になってないものって自分じゃなくて違う人を当てちゃうんだよね。
伊東:そうですねぇ
杉田:この声すごい細谷に合うなぁとかね
伊東:あぁー
伊達:うん…w
杉田:これも細谷だ、みたいな
伊達:wwww
伊東:はい。じゃあえーと、まぁ、こう、周りのご家族とかに怒られないようにほどほどに。
伊達:あぁもう全然処理してないね・全然処理してなかった
伊東:はい、バオーン。あー。
杉田:伊東君にやってほしい役はね、マザコンの役。
伊東:マザコンの役…www
杉田:そうそうそう。
伊東:何でですかw
伊達:あぁー
杉田:かっこいい人かと思ったら超マザコンで、で女の子がどうしようみたいになるやつ。
伊東:どうしよう…こんなつもりじゃ
伊達:まぁでも確かに伊東さん、あま、甘え属性ありそう。ありそう。
伊東:僕が?
杉田:マザコンで泣きながら怒る。「いい加減にしてくれよ!」みたいな。
伊東:wwww
杉田:で、女側がちょっと引いちゃうっていう。
伊達:いいですね
杉田:会社とかだとかっこいいんだけど
伊達:うん
伊東:うん
杉田:いざ二人きりになった時にちょっとそのマザコン要素が出ちゃって
伊達:うん。
伊東:女性を引かせる役確かにやりたいですね
杉田:そうそうそう
伊達:あぁーいいと思う。合うと思う。なんか
杉田:俺ちょっと聞いてみたいなそれ今興味がある。伊達さんは、臣人かな。
伊達・伊東:wwwww
伊達:ちょ、私、実際わかってないですからね?伊達臣人を。わかってないですからね。
伊東:あくまで臣人。政宗ではない。
伊達:はい、もう一通。ペンネームラビットさんからいただきました。ありがとうございます。
伊東:ありがとうございます。
伊達:私は、鼻、オタクです。咲いているかわいらしい花ではありません。
杉田:あぁそっちか
伊達:顔についてる鼻、です。テレビや雑誌などを見ると
伊東:あぁそっちか!
伊達:まず初めに鼻を見てしまいます。世間ではイケメンや美人と呼ばれている芸能人の顔をまずは鼻で評価してしまう癖があります。
杉田:はぁ
伊達:私の好きな鼻は高めで膨らみすぎず、だからと言って鼻の穴は細すぎたり小さすぎるとダメという言葉で説明すr
杉田:ちょっと中略
伊達:はいっ
伊東:結局イケメンの鼻ってことじゃねぇか!
伊達:はい!はーい!はい!えー、性格がとても優しくて、鼻がきれいな人に出会えるように頑張りたいです。
伊東:はい。優しいのも、大事なのね
杉田:自分の話じゃねぇか、とっとと処分だなこれは
伊達:wwwww
伊東:結局イケメンがいいってことでしょこれwwwあぁ早いw
伊達:はい
杉田:自分語りはサブ垢でやれ
伊達・伊東:wwwwwww
杉田:次。
伊達:はいwwwということでwwwはい、ありがとうございます、杉田さんありがとうございますwww
伊東:ここまでです今日は。
杉田:うん
伊達:はい、ということで、引き続き皆さんの秘密を番組宛てに思い切って送ってみてくださいね。以上、ヲタバレ上等!でした!

伊達・伊東:ヲタ恋ラジオ、ラジオは専門外ですけど頑張ります

伊達:ここで、ヲタクに恋は難しいからのお知らせです。
杉田:はい
伊東:はいっBlu-ray&DVDのご予約を受け付け中です。第一話、第二話を収録の第一巻は、7月25日に発売。完全生産限定盤には、藤田先生描きおろし漫画を収録した、特製ブックレット等々、特典が盛りだくさんです。店舗ごとの購入特典もご用意しておりますので、詳細はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
伊達:はいっ。本日5月3日は、桃瀬成海の誕生日!
伊東:おめでとう!
杉田:うぃ
伊達:ありがとうございます!ということで、宏嵩、尚哉に続き、あ、なおちゃんのも出てるんだ!ほぇ。成海のスペシャルイラストが登場!
伊東:ふふぅーー!
伊達:ごめんなさい、ごめんなさいw成海のスペシャルイラストが登場!
杉田:おぉー!
伊達:はい、こちらも今日から一週間コンビニのプリンターでブロマイド印刷ができます!
杉田:なるほど。
伊達:詳細は公式サイト、公式Twitterをご確認ください。以上、ヲタクに恋は難しいからのお知らせでした。
杉田:はい。

伊達:ヲタ恋ラジオ、ラジオは専門外ですけど頑張ります。あっという間にエンディングのお時間です。
伊東:番組では、リスナーの皆さんからのお便りをお待ちしています。「ヲタバレ上等!」では、皆さんが隠している秘密を、「みんなの恋は難しい…?」では、恋愛に関する相談を送ってください。えーその他、ふつヲタや、テレビアニメ「ヲタクに恋は難しい」を見た感想もお待ちしています!
伊達:メッセージの宛先は、お葉書の場合、郵便番号105-8002、文化放送ヲタ恋ラジオ、ラジオは専門外ですけど頑張ります各コーナーまで。メールの場合全て小文字で、wotakoi@joqr.net。wotakoi@joqr.net。ヲタ恋のスペルは、wotakoiでーす!ということで!
杉田:えっ
伊達:杉田さん
杉田:なに?
伊達:wwww
杉田:怒られんの?俺。
伊達:怒りませんよww
杉田:怒られんの?
伊達:怒りませんよ
伊達:成海ちゃんにあげるプレゼント何がいいかなって思ったけど、ずっとブラジャーって単語が頭から離れない
伊東:wwwwうわぁ…
伊達:成海、ブラジャーしてんのかな…
伊東:いやしてるだろwwww
杉田:色で悩んだことあるぞ
伊東:大人やぞww
杉田:宏嵩が急にきて
伊達:あっ!あっ!あっ!あっ!
杉田:せめてピンクの日がいいみたいな
伊達:そうだそうだ!なんかスポーツブラのイメージだった成海は。
杉田:そんなことねぇだろ
伊東:そんなことないでしょ
杉田:エロ下着だよ
伊東:そこは夢見させてくださいよ
杉田:エロ下着だよ
伊達:エロ下着か…
伊東:あーでもー、樺倉さんと花子ならちょっと悪ふざけ含めて買いそうですね。ちょっと。
杉田:そうだな
伊達:あぁー買いそう!
伊東:「あなたたちまだでしょー」みたいなあははははははwwwww
伊達:大丈夫かー?伊東伊東、大丈夫か?
伊東:えぇ、あなたたちほらキスもまだですからね
伊達:は?
杉田:スペルがダブルオーって一瞬聞こえて、おっ ←ガンダム00
伊東:ダブルオーってそっちじゃない
杉田:楽しみだなと思って
伊東:モビルスーツのじゃないです。
杉田:ワレ生きとったんかい!って
伊東:www
杉田:あんだけブレイクで派手に爆発しといてなんだよみたいな。 ←ブレイク・ピラー事件のことと思われる
伊東:wwwwwww
杉田:だがそれがいい。
伊東:ダブリューオー。そう、ダブリューが付くんです。
杉田:そうだね
伊東:そう。間違えないように。未だに結構言われるんですよ、ヲタ恋。ヲタ恋見たよーっていうのをこう、そうそう、普通のあいうえおの「お」になる時が多いんですけど、最初は「を」です。決して今の日本語では最初の一文字目に使われないやつ。
杉田:ハセヲの「を」ね。ハセヲの。
伊東:ハセヲの「を」です。
伊達:はせを?
伊東:そう。「.hack」ね。
伊達:んー!
杉田:櫻井さん
伊達:んー!
伊東:「.hack」もね、ヲタ恋とちょっと相性よさそうな感じもしますけどね。
伊達:そうね。
伊達:なんで?
伊東:え、ネトゲの話だから。
伊達:あぁー!
杉田:そうそうそう。普通に遊んでそうだしな
伊達:そうだねぇ、確かに成海たちに遊んでほしいゲームとか。見てほしいアニメとか
杉田:あー、ほんとに連動したら笑えるよな
伊達:あ、あり、ありますよね
伊東:結構無限大ですからヲタ恋。そこらへんは。
伊達:ほんと、モンハンも取ってきたしね
伊東:そうそうそう
杉田:そう、許諾をな
伊達:wwww
杉田:ほんとに取ってるから。うん。許諾取る担当の人大変なんだっていつもあれ
伊東:大変ですよ
伊達:wwww
伊東:もう取れなかったものから取れたものまでたくさんあるんで。
杉田:せやせや
伊達:これは取れませんでしたwwww
杉田:新横浜の会社だったらすぐ取れそうだぞ
伊東:wwwww
杉田:あそこプロデューサーが優しいから。「あっ、面白いからいいよ」
伊達:wwww
伊東:そうはいかないのが大人の世界。
杉田:ね。
伊東:えぇ
杉田:案外そうじゃないかもしれないぞ
伊達:そう結構でもやっぱヲタ恋…の作品って、なに、版権の?実際にある言葉が登場するじゃないですか。
杉田:まぁそうだよね
伊達:で結構杉田さんとかも、「これほんとに言っていいんですね、言いますよ、言いますからね」と
杉田:いや、扱いを、そんな馬鹿にしてる感じとか、軽く扱いたくないのね。
伊達:間違いないです
伊東:そうそうそうそう
杉田:ちゃんと敬意を示さないといけないから。だから慎重にやりましょって。パロディーもブラックジョークも、やっぱセンスが命だから。信頼関係って重要なのよ。
伊東:出てきますよね、この今日のお話も。
伊達:まさに今日の
伊東:あれが。今日はあれが登場します。
伊達:wwwww
杉田:あーねぇー
伊東:あれが。
伊達:あれ、杉田さん覚えてないかもしれないんですけど
杉田:なんだい?
伊達:ドラマCD録った時に
杉田:おう
伊達:原作だと、ちゃん付けしたんですよ。杉田さんがアドリブで。めっちゃ笑った…です。
杉田:あぁー
伊東:よく覚えてんね
杉田:俺ほんと一番空気読めないから。(自主規制)で揉めてて、杉田は(自主規制)
伊東:wwww
杉田:もうお前には話しかけない。空気読めよ。(自主規制)でもないのかよみたいな。僕は(自主規制)ですよ。
伊東:wwwwww
杉田:すまない、大統領に代わってお礼を言おう。
伊東:wwwwwwww
伊達:はい、ということで、そろそろお別れのお時間ですっ。
伊東:えっ、もう!?
伊達:はいっ。この時間のお相手は、テレビアニメ「ヲタクに恋は難しい」桃瀬成海役の伊達朱里紗と
伊東:二藤宏嵩役の伊東健人と
杉田:樺倉太郎役の杉田智和でした。

伊達・伊東・杉田:ばいばーい!

 



スポンサーリンク