【声優文字起こし】相談すると100%恋愛を成功させる驚異の友人とは… 朴さんとくぎゅのタイプの人とは!?【ハガレンラジオ 3回目】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

朴:ペンネーム 釈迦さんから頂きました。『私の友人に、恋愛相談すると好きな子と100%付き合えるようになる子がいます。私もその子に相談した結果、初めて彼氏が出来ました。えー私の他にも三人が相談して三人とも今付き合ってます!』
…ということで、では行きます!
鋼の錬金術師ラジオFA宣言の名において、汝、釈迦さんの友達に二つ名を授ける!
釘宮:君が背負うその名は?
朴:愛の!錬金術師!!

朴:鋼の錬金術師ラジオFA宣言!

朴:エドワード・エルリック役の朴璐美でーす。
釘宮:アルフォンス・エルリック役の釘宮理恵でーす。
朴:真似すんなよ
釘宮:してないですよ?
朴:若干、エドゥワードってなっちゃったけど真似すんなよぉ
釘宮:wwwww
朴:つーことで、すごくね!?この人!
釘宮:すごーい!!知り合いたい
朴:釈迦さんの友達。知り合いたいよね~
釘宮:ね~
朴:じゃあさ、あたしがさ
釘宮:うんうんうん
朴:ちょっと松潤に恋しちゃって~
釘宮:あ~うん
朴:松潤とどうしても付き合いたいんだけどって相談したらあたしが松潤と付き合えるってことだよね!
釘宮:うんうん。うん。おお~おおおおw
朴:え、若干ちょっと今言って
釘宮:うん
朴:後悔なんですけど…
釘宮:wwwww
朴:そんなんなっちゃったらもう死んじゃうよね自分ね。
釘宮:なにw恥ずかしくなっちゃってwww
朴:いや、ほんとに…一分でも一緒にいたら多分もう本当に死にますね。完全に。
釘宮:うん。うん。wwww
朴:心臓がもたない感じですよ
釘宮:うん。心臓がねぇ、うん
朴:そういう人います?
釘宮:え~?前はジョニーデップでしたけど~
朴:ふざけんなよ
釘宮:なんで?w
朴:www
釘宮:www
朴:もうちょっとさあ!国内で行こうよ国内で!せめて
釘宮:うん。国内~?
朴:国内
釘宮:ん~そうだなあ~国内だと誰がいいかなあ…
朴:いないの!?
釘宮:あんまり~
朴:wwwww
釘宮:渡辺謙さん!かっこよくないですか?
朴:いやまあかっこいいんですけど…
釘宮:うんうん
朴:まあ、うちの事務所の‥に元居た‥ね、先輩ですけれども
釘宮:あ!wほんとだ!そうですね!あ、そうでした‥
朴:ええ、ええ、ええ、ええ、ええ。
釘宮:とかね~
朴:はぁ‥とか‥割と渋好みなんですね。
釘宮:そうですね~
朴:はぁ‥てことは
釘宮:でもやっぱり今、心の中にはジョニーが久々に‥あははw
朴:久々ってことは別にそんなにいなかったわけでしょ、別に
釘宮:そんなに、物凄いかっかかっかしてた時期もあったんですけど~
朴:あ~‥wwww
釘宮:wwwwジョニーに対してw
朴:wwwwジョニーとか、ジョニーとか呼んじゃってんだw
釘宮:あ、ジョニーさんに対してwあ、はい。うんうん。
朴:あ~。そうですか。私も松潤さんに対して。なんかね~
釘宮:wwww長いですよね
朴:割と長いですよ!もう、きみはペットの頃からですからね
釘宮:ww一途
朴:きみはペットの一途ですよ。
釘宮:wwはい
朴:でも私、あれは見れなかったんですよ。
釘宮:ん?
朴:花より団子は。
釘宮:あwそうなんですか。
朴:爆死しそうで。
釘宮:あ~
朴:でも一瞬だけ見ちゃったんですよ
釘宮:あぁ、はい。
朴:ええ。
釘宮:うん。
朴:あの、なんだっけ。こけしじゃなくて。
釘宮:うーん?
朴:あの主人公の女の子。なんだったっけ。
釘宮:あ~、つくし!
朴:えーと。あ、つくし!
釘宮:wwww
朴:wwww
釘宮:ひどおい!!ww
朴:ww似たようなもんじゃん!w三文字でこけし、つくしってw
釘宮:wwあ、うん。互換がね?うん。
朴:そうそう。つくしの手を取って
釘宮:うん
朴:「行くな!」っていうシーンを見ちゃって。
釘宮:うん。たまたま。
朴:たまたま見ちゃって!うわ、もうほんとにだめだ!って思ったんですよ。
釘宮:わあ~。うん
朴:まあね。
釘宮:はい!
朴:あの。そんな二つ名選定委員会に皆さん、メールをください~
釘宮:wwはい!はい!あなたの周りのお友達や家族などに面白い二つ名を付けてくださいね~。というわけでさてこの番組はMBS、TBS系全国ネットで毎週日曜日午後五時から、大好評放送中のテレビアニメ!鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTの情報や、楽しさをバンバン!伝えていく番組です。
朴:はい!FA宣言のFAは FULLMETAL ALCHEMIST、 FULLMETAL ALCHEMISTの略で、もう覚えましたよね!
釘宮:はーい!
朴:ということで、皆さん。一緒に言ってみましょう。せーの!
釘宮:ふるめたぁ‥www言わないのww言おうよww
朴:うわあ~恥ずかしい‥これ多分リスナーの人達は皆分かってたと思うよ。
釘宮:www嘘w分かんないよw
朴:皆分かってたと思うよ。
釘宮:ほんと?
朴:うん
釘宮:ふるめたぁる、あるけみぃす
朴:あるけみぃす。
釘宮:うわー!wというわけで!これから暫く、私達と一緒に素敵な時間を錬成しましょう!
朴:この番組は鋼の錬金術師製作委員会の提供でお送りします。

朴:『鋼の錬金術師ラジオFA宣言』

朴:改めまして、朴璐美です
釘宮:改めまして釘宮理恵です
朴:はーい。つーことでね
釘宮:うん
朴:結構ふつーおた、普通のお便り結構頂いてるんですよね
釘宮:はい!はい~
朴:じゃあまずは一通目読んでみちゃいましょうかね。
釘宮:はい!
朴:どっちからいく?
釘宮:じゃあ行きます。
朴:おう
釘宮:え~と、ビビさんから頂きました。
朴:ありがとうございま~す
釘宮:『初めまして』
朴:初めまして~
釘宮:えー、『私は』
朴:うん
釘宮:『最初のハガレンを放送終了後に知り、ファンになったので』
朴:うん、うん。
釘宮:『色々な面でリアルタイムにハガレンに関わることが出来なかったので』
朴:うん
釘宮:『大変悔しい思いをしました。』
朴:おお~
釘宮:『が、今回鋼の錬金術師FAが始まって』
朴:うん
釘宮:『本当に嬉しいです!』
朴:ふふ
釘宮:『原作も最終に向け、加速を始め、アニメでもエドとアルの幸せな未来を最後まで描いてもらえるであろう期待を込めて応援したいと思います!』
朴:www
釘宮:『ただ、まさか小学生の息子と二人で嬉々としてこのアニメを見ることになるとは思いませんでした。』
朴:wwwwわぁ、うれしいね!
釘宮:ね!
朴:親子そろって見てもらえるなんてね~

釘宮:そうなんです~!うん~
朴:でも、どうでしょうね。幸せな未来になるんでしょうか。
釘宮:うんうん。ね。
朴:前ね
釘宮:うん
朴:あの~荒川先生のお宅に
釘宮:うん
朴:あの~とある企画でお邪魔したときに
釘宮:はい
朴:この子達は
釘宮:うん
朴:罪を犯したんで
釘宮:うん
朴:罪をきっちり背負って
釘宮:うんうん
朴:あの、償ってもらいますって言ってたのでw
釘宮:おおwぎょっぎょぎょぎょぎょ。おっぎょ~
朴:大丈夫かしら~みたいな。
釘宮:うん
朴:でもドキドキですね
釘宮:うんうん
朴:うん。素敵な結末にwなるといいですね
釘宮:なるといいな~。はい。
朴:はい、次行きます。虎の子もどきの錬金術師さんから頂きました。
釘宮:はい!
朴:『朴さん釘宮さんこんにちは』 こんにちは。
釘宮:こんにちは!
朴:『アニメ鋼錬新シリーズそして、ハガレンのラジオ始動おめでとうございます。』
釘宮:ありがとうございます。
朴:『この嬉しさは言葉では表しきれませんね!』
釘宮:うん
朴:『とにかく、おめでとうございます!』
釘宮:ういっ
朴:さ、二回も言われてね。
釘宮:www
朴:『早速ですが、前回のハガレンのラジオでは挨拶がパローでしたが』
釘宮:うんうん
朴:『今回のハガレンのラジオでの挨拶はどうなるんでしょうか。パロー継続ですか?それとも新たな挨拶がまた生まれるんでしょうか。ぜひ、教えてください。』
釘宮:あー
朴:つーことでですね、
釘宮:はい
朴:結構ね、こういうお便り頂いたんですよ
釘宮:そうですね!
朴:うーん。
釘宮:うん
朴:どう思います?
釘宮:どうしましょうか~
朴:うーん
釘宮:なんか~あの、パローもグッパーも
朴:うん
釘宮:凄く言いやすくて
朴:はあ
釘宮:シンプルで良い挨拶だと思うんですけど~
朴:へえ
釘宮:これを機会に変えてもいいし~
朴:へえww
釘宮:どっちがいいんですかね~?
朴:なんとなく私思うんですけど
釘宮:うん。うん。
朴:あの~まあ、
釘宮:うん
朴:新期 FULLMETAL ALCHEMISTということなので~
釘宮:うんうん
朴:変えてもいいかな~とも思うんですけども
釘宮:うんうん
朴:新しい案も浮かばないので~
釘宮:うんうん
朴:当分、何かにつけ、パロー・グッパー言っていきーの
釘宮:うん、あ、うんうんうん。
朴:あの、皆さんからも何か~
釘宮:うん
朴:こんな挨拶どうよ!みたいな。
釘宮:うんうんうんうん
朴:にょっき~とか。
釘宮:にょっきー?
朴:なに?
釘宮:www
朴:何か問題が?
釘宮:wwwなんでもないですよw
朴:今出てきたのがにょっきーしかなかったの
釘宮:www
朴;いや、なんかなんかないんですか。なんか
釘宮:wwwうん。パロー‥ファー
朴:wwwww
釘宮:wwwだってFAでしょ?wファーですよ普通に読んだら
朴:www
釘宮:www
朴:wwでもいいじゃん、あなたはファーでいってくださいよw私これからにょっきーでいきますから。あなたはファーでいってくださいよw
釘宮:wwwwわかった、じゃあ何かにつけ
朴:もう一回。じゃあせーので言ってみましょうか
釘宮:あ、ファーッスにしてもいいんですか?なんかちーっすみたいな感じで言い易いかなって思ってwwファーだと息抜けちゃうからwファーッスっつってw
朴:www
釘宮:呼吸のね、間合い的なところも考えながらwファーッス
朴:www
釘宮:wwwwほら、せーので言うんじゃないんすかw
朴:えーやる?せーのって言ってくださいよじゃあ。
釘宮:せーの
朴:せーの
釘宮:ファーッス。www朴さん?w
朴:なんですか?なにか。
釘宮:うん‥うん‥えっと
朴:ええ
釘宮:じゃあ気が向いたらにょっきーって‥言うね。
朴:いや別にいいっすよww
釘宮:wwwww
朴:いやまじでいやまじで!これからまじで!皆さん、今日決まりました今。ファーッスにwwまじで~?w
釘宮:言いづらい!やめて、あのなんていうのちょっと言ってみただけですから。多分もうリスナーの皆さんがすっごい言い易くて、すっごいキャッチーなやつをバンバン送ってきてくれるんじゃないかな~ってww
朴:うん。wwww振るよね~振るよねえ~ほんとに。
釘宮:ww振りだよ、皆、これ振りだよ!ww
朴:はい、ということで皆さんじゃんじゃかじゃんじゃか送ってきてくだっさい~。
釘宮:はい!はい~。

朴:もう一通いってみたいと思います。
釘宮:はい!
朴:あのですね、なんとですね。
釘宮:うん
朴:メキシコのリスナーさんから頂きました。
釘宮:おおぉ~
朴:『お姉さま方、ごきげんよう』
釘宮:ごきげんよう
朴:www『錬金術は、ダ、ダチのアメリカほとんどのオタクに人気があります。』
釘宮:うん、うん。www
朴:ww『こちらのアニメのイベントとかでエドのコスプレをする人をいっぱい見ます。』
釘宮:うん。へえ~
朴:『アルジンチンにいる姉も』、あ、アルゼンチンですねww
釘宮;うん。wwwうん。
朴:『アルゼンチンにいる姉も、錬金‥え~ハガ錬金が』ww
釘宮:うん。www
朴:www『大好きだと言っていました。』
釘宮;うん
朴:『スペイン語のエドは日本語版と違い、シリアスで落ち着いてる雰囲気なので』
釘宮:うん。へえ~
朴:『日本語版をお二人が演じているほうが好きです。』 おお~
釘宮:おお~
朴:『そしてスペイン語のアルは、鎧の中から喋っている音のエフェクトが、無いように聞こえます』www
釘宮:うん、うん。wwwwwそうなんだ
朴:これwじゃ、聞いてみたいよねww逆にねえw
釘宮:www
朴:『子供のころ、日本に住んでいてまだ日本語が分かるのが嬉しいです。』
釘宮:おお~
朴:『また日本で暮らしたいです。』
釘宮:うん
朴:え~、『あたら‥しい‥あた、あたらシリーズ、たのし‥あ、新しいシリーズ楽しみです。』
釘宮:うん
朴:『それでは、アスターラ‥プロクシマ‥ミスケルダース‥エイマラス‥マイヨレンス。』
釘宮:wwwwなっげえ、それさよなら~的なやつなのかなw
朴:wwとてもなんかすごく、ね、こう、親身になって、さよならって言ってくださってるんで‥すよね。
釘宮:うん、うんうん。wwwありがとうございます~。
朴:いやでも、凄いですね、日本語お上手ですね~。
釘宮:うん~
朴:うん~。凄い、鋼は何処まで行くんでしょうかねえ~。
釘宮:ね~。なんか、お姉さま方ですって。ちょっと、キュンと来ますね~。
朴:ごきげんようですよ
釘宮:ごきげんようです~
朴:ごきげんよう
釘宮:ごきげんよう
朴:応援よろちくび~
釘宮:あぁ‥
朴:www
釘宮:www
朴:ということで、最初のコーナーいってみたいと思います。
釘宮:はいはい~。

朴:前回までの鋼の錬金術師FAは!…各週で配信しているこの番組ですが、このコーナーではその間にですね
釘宮:うん
朴:放送されたテレビアニメ二回分を振り返りたいと思います
釘宮:はい!
朴:ではまず第六話!希望の道。
朴:壊れた機械鎧を直すため、アームストロングと共に故郷、リゼンブールへ向かうエドとアル。途中休憩した駅で、アームストロングが偶然一人の男を見かける。
その男の名は、ドクター・マルコー。かつて軍の研究所で錬金術を医療に応用する研究をし、イシュヴァール内乱後、突如行方をくらました人物である。マルコーの元を訪れたエド達は、そこで彼が軍の命令で賢者の石について研究していたという驚愕の事実を知る。
朴:ねえ~ドクター・マルコーさん現れましたね~。
釘宮:ましたね~。
朴:ね~。
釘宮:なんかあのー、もうこれオンエア後なんですよね?
朴:そうですね。
釘宮:ドクターマルコーの、あのー、ところで~
朴:うん。はい。
釘宮:なんか、ラストと出会うというか
朴:出会いますね
釘宮:そうなんです。もうそのシーンが、はぁぁっサスペンスッ!みたいなwwかんじでw
朴:うん。wwww
釘宮:あれ、ドキッとしちゃうんですよねw
朴:www
釘宮:ラストさん!?みたいなw
朴:www
釘宮:なんですかww
朴:wwなに、ごめん、わかんないそれwそのリアクションw
釘宮:え、ほんと~?ほんとに?だってマルコーさん‥
朴:もう一回やってもう一回やって、うん、もう一回やったら分かってもらえるかも。うん、もう一回やって?
釘宮:ラストさんがね?
朴:うん
釘宮:急に現れるんです
朴:うんうんうんうんうん。
釘宮:はぁっ!サスペンスゥゥ~!ですよ~ww
朴:ww
釘宮:いやあ~そこのシーンはほんと、びっくりします‥
朴:割と二時間ドラマ好きなタイプなんですか?
釘宮:うん。そうでもないんですけど、そういうのすっごい楽しんで見ちゃうほうですw
朴:うんうん。wwww
釘宮:良いお客さんというかww
朴:www
釘宮:wwww
朴:私はあんまりサスペンスとは思わなかったんですけど~
釘宮:ほんとですかww
朴:ええ~w
釘宮:はいw
朴:まあ、若干汚れた心なんでねえ。ええ。
釘宮:wwええ、ピュアなんです。www
朴:www今、視線が下がりましたよねえ。それは若干自分は汚れてるんですけどピュアって言ったような、もう。腹黒さん!
釘宮:wwいや~w
朴:黒宮理恵さん!w
釘宮:やめてくださいww
朴:音響監督の三間さんに言われてるじゃないですかw黒宮理恵ってwほんとにw
釘宮:wwなんですか、パー黒美さんww
朴:パーって言うな、パーって伸ばすなよ。
釘宮:wwww
朴:朴璐美でいいじゃないですかwパー黒美で。あ、パーwwwwww
釘宮:wwwww
朴:やだあ~!!wwこれやだあwパー黒美はちょっとやだw黒美だけだったらいいんですけど。パー黒美はちょっと‥ううん‥若干残念。
釘宮:www
朴:まあ、そういうんどうでもいいんですけど~
釘宮:いいんですね~ww六話ですよ。
朴:はい~。六話ですねえ
釘宮:はい~w
朴:www
釘宮:www
朴:六話‥ですよねw
釘宮:www
朴:はいー
釘宮:うんうん~
朴:でもね
釘宮:うん
朴:あの~まあ、右腕を破壊されたエドはもう錬金術が使えなくてアルを直すことも出来ず
釘宮:うん~
朴:アルはひつz、羊達にね
釘宮;うん
朴;とり、かかか、取り囲まれて荷物扱いでいるわけですけれども
釘宮:うん。うん。うんうん。
朴:あれ、どうでした?羊達に囲まれてる気分は。
釘宮;なんかね~
朴:うん
釘宮:もうほんと‥和みます。
朴:…あ‥そうですか。
釘宮:うん。あーのー‥皆さんよろしくね?みたいな。www
朴:www羊たちにですか。
釘宮;はい、はい。うん。
朴:あー‥へえー‥
釘宮;いい、いいね~。うんう~んみたいな。
朴:そういうバッグボーンが自分の中にあったわけですね~
釘宮:はい
朴:そのころ、あたしたちは~
釘宮;はい
朴:あのー、ドクター・マルコーを追っかけようと思って
釘宮;うんうん
朴:あなたを羊達の中から救い出したっていうていだったんですけど
釘宮;wwwああ、ありがとうございますw
朴:あれ別に救い出したわけじゃない、エド的には心配してたんですけど。
釘宮:うん、うん。
朴:あんな荷物にされちゃって大丈夫かなあ。的な。
釘宮:うんうん。結構この分だと楽しんでたと思います。
朴:あ、そうですか。
釘宮:はい。
朴:はい。
釘宮:www
朴:そんな六話でした!www
釘宮:www
朴:www
釘宮:そして!
朴:はい。
釘宮:第七話w隠された真実。
釘宮:マルコーの研究資料を探しに、国立中央図書館第一分館へやってきたエドとアル。
朴;うん
釘宮:だが彼らが見たものは、すっかり全焼した分館の痕だった。
朴:うん
釘宮:マルコーの資料が本当に分館にあったかを確認する為、エド達はマリア・ロス少尉の手配により、分館の資料に精通しているという少女、シェスカの元を訪れる。
朴:うん
釘宮:けど、そこで判明したのは資料はやはり、焼け落ちた分館にあったという残念な事実。
朴:う~ん
釘宮:落ち込むエド達だったが、それを見たシェスカは思わぬ奇策を提案する。
朴:はあ~い。
釘宮:はい
朴:ということでシェスカ、すごいですよねえ~
釘宮:シェスカの能力ね~
朴:う~ん
釘宮:ほんと、普通に欲しいです。これ。
朴:ね~。本の虫、シェスカはなんと一度読んだ本は全部覚える!
釘宮:うん、うん。
朴;だから、マルコーの資料も複写できる!ということでね~。
釘宮:うん
朴:すっかり落ち込んでいたエドとアルに希望の光が見えてきたわけなんですが~
釘宮:うん、うんうんうん。
朴:そのなんと
釘宮:うん
朴:複写された
釘宮;うん
朴:資料は
釘宮:はい
朴;マルコーの資料はww
釘宮:マルコーの資産の資料は、今日の献立1000種で
朴:ありえなくね!!?みたいなw
釘宮:www
朴:びっくりwマルコーさあんていう。
釘宮:wwwねえ~
朴:どげんこつ?っつー
釘宮:ねえ~
朴:う~ん。
釘宮:でも、実際にどういう献立が入ってたのか見たいですよね!マルコーさんが自分の暗号をどういう料理に託したのかな?みたいなw…なんですか?w
朴:ww
釘宮:wwなんですか?私は楽しく番組を送りたいだけなんですけど‥ww
朴:wwww
釘宮:www
朴:いや、送られて、いいんじゃないですか?wええ。
釘宮:うん、はい、はい。
朴:あーそうですね‥どんな献立だったら嬉しかったですか?
釘宮:うん。うーん‥どんなんか‥でも煮込みとか多そう。
朴:‥はあい。
釘宮:ん?なんですか?ww
朴:www
釘宮:www
朴:あのwそれはマルコーっていう人柄的に、煮込みが多そうなんですか?
釘宮:うん、うん。うん。うん。
朴:それとも、このー‥なんかそのー‥なんかこ、献立の暗号解き明かす為のこんだと…ての内容的に具材が多いほうが良いから‥煮込みなんですか?
釘宮:うん。うんうん。あ、うんうん、そうですそうです。だって刺身だと切って終わりじゃないですかあ。
朴:刺身は献立に載らないと思います~。
釘宮:wwww
朴:あんまりー。
釘宮:wwwはいw
朴:ええ。そんなにたくさん。1000種ですからね。献立ー1000種類あるんですよ。1000種類。
釘宮:www
朴:まあ、1種類くらい刺身、刺身の切り方みたいなねー
釘宮:うんw
朴:マグロの切り方みたいなあったかもしれませんけれどもぉ。
釘宮:wwはい。
朴:はい。
釘宮:でもそこに何か材料の切り方とか隠されたww
朴:じゃ刺身でいいじゃないですか!煮物じゃなくていいじゃないですか。何言ってるんすか、釘宮さんw
釘宮:wwwすみませぇん
朴:まあwいいんだけどねw
釘宮:www
朴:まあ、ということで
釘宮:はい
朴:その献立1000種暗号を解き始めた結果
釘宮:うん
朴:その謎は~
釘宮:うん
朴:賢者の石の材料は生きた人間だったという‥
釘宮:う~ん。
朴:なんとも残酷な結果に‥ぶち当たり
釘宮:はい
朴;再び落ち込む二人なんですけれどもお~
釘宮:うう~んw
朴:マルコーさんの
釘宮:うん
朴:真実の奥のさらなる真実を思い出し
釘宮:うん
朴:こう、今は使っていない第五研究所を調べるという
釘宮:うんうんうん。
朴:きっとなんか真実が!これじゃない真実があるに違いないと
釘宮:うんうんうんうん。
朴:えー、探しに行くわけなんですけれどもお!そこで出会った人が居ましたね‥‥
釘宮:という‥
朴:はいww
釘宮:wwwというww
朴:お話でしたあw
釘宮:お話でしたあw
朴:はいw
釘宮:はいw
朴:以上、あの‥ぜん、前回じゃない。また次回お楽しみにしてってくださいww
釘宮:はい~
朴:はい、てことで
釘宮:はい
朴:前回までの鋼の錬金術師FAは!でしたぁ。

朴:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST。8月26日に第1巻、ブルーレイディスクとDVDが同時発売!初回仕様限定盤には第1巻、リミテッド映像特典として荒川弘先生の名作!盲目の錬金術師を初収録!その他、特典は先生描きおろしの4コマ漫画をアニメ化した、荒川弘4コマ劇場。4巻が収納できるボックスも、なんと先生の描きおろしだ!それに合わせて、菅野宏紀さんによるジャケット、イラストカード、設定資料が見られるブックレットも。詳しくは公式ホームページを!予約は始まってるから、お店へ急げ!

朴:鋼の錬金術師ラジオFA宣言!

朴:発見!これが錬金術!

釘宮:世の中にはきっと、色んな錬金術があるはずです。
朴:うん
釘宮:このコーナーでは、あなたが思う錬金術っぽいものや何かを手に入れる為の裏技を大募集していま~す。
朴:はい!
釘宮:うん
朴:ということで早速
釘宮:はい!
朴:ご紹介していきましょう~
釘宮:はい~
朴:え~、シンさんから頂きました~。
釘宮:はい!
朴:『私は8歳年下の妹が生まれるとき、傍で見ていたのですが』
釘宮:うん
朴:『その時の母の顔はとても苦しそうで』
釘宮:うん
朴:『痛そうで』
釘宮:うん
朴:『思わず目と耳を塞ぎたくなる程でした。』
釘宮:うーん‥
朴:『ここで等価交換発見です!』
釘宮:お!
朴:『女の人は気を失ってしまいそうな程の痛みと交換に、大切な自分の子供を産みます。赤ちゃんは、お母さんの痛みを代価に産まれてきます。これって立派な等価交換ですよね。きっと自分の痛みを代価にして産んだ子供だからこそ何より強い愛情、絆が生まれるんだと思います。この等価交換。私達が生きていく中ですっごく大切なものですよね。』
釘宮:う~ん。
朴:というなんか‥
釘宮:うん
朴:ちょっと…この番組に‥相応しくないぐらい素晴らしいメールを頂いてしまったんですけれども‥
釘宮:ww‥はいw
朴:はい。‥そこらへんは相応しいって言ってくださいよ‥
釘宮:えwいや、え、相応しいですう。
朴:wwww
釘宮:そういった方向で‥取り上げて‥
朴:そう‥ですね。
釘宮:はい‥
朴:ええ。
釘宮:いきましょう‥
朴:いきたい‥ですね。
釘宮:は、はい。
朴:はい‥はい。
釘宮:はい‥はい。
朴:ということで、でもこれ凄いですねえ~!
釘宮:ねえ~!8歳年下の…
朴:これ、シンさんはいくつなんだろう~?8歳年下の妹が産まれる時って話ですからねえ。もし、十代でこんなことに気づいているんだったら凄いことですねえ~
釘宮:うん~
朴:うん~
釘宮:すごい経験ですよねえ~
朴:ねえ~。凄いね、傍で見ていたっていうのはね
釘宮:うん~うん。
朴:お母さんも凄いお母さんですね。
釘宮:う~ん
朴:傍で見せてあげるなんてねえ~
釘宮:うんうんうん~
朴:うん~。素敵な親子ですね。
釘宮:はい。じゃあ次行きます。
朴:うん
釘宮:えー、弱小問題さんから頂きました。
朴:へい
釘宮:『英語力を錬成。その方法は、外国人の恋人と付き合うこと。付き合えたらいいな~。』
釘宮:ですって。
朴:wwwwえ、もう一回言ってください?wなんですって?
釘宮:英語力です。
朴:あ~~。でも、これ良く言いますよねえ。
釘宮:言いますよねえ!
朴:私の先輩とかもー、皆そう言いますよ。
釘宮:うん、へえ~そうなんですかやっぱり‥
朴:うん~うん。
釘宮:うんうんうん
朴:やっぱねえ
釘宮:うん
朴:外人はいいよぉって。
釘宮:へえ~~~。
朴:はあい。
釘宮:うん
朴:何がいいんだろうーって。思うんですけど。
釘宮:うん~。
朴:やっぱり英語力だけじゃなく、凄く良いよ優しいよおとか。聞きますよねえ。
釘宮:うん。あ~。ジェントルマンな感じが。
朴:はあい、ジェントルマンらしいですねえ。
釘宮:う~~ん。
朴:ちょっともう、その経験が無いのでわかんないんですが
釘宮:わかりませんがw
朴:はあいw
釘宮:はいw
朴:えー、一ノ瀬さゆきさんから頂きました。
釘宮:はい
朴:『朴さん釘宮さん、こんにちは。』
釘宮:こんにちは
朴:こんにちは。
朴:『えー、観光地とか高速道路関連とかでは』
釘宮:うん
朴:『スタンプラリーで、観光気分でスタンプを集めれば豪華景品も手に入る!』
釘宮:おお。
朴:『なんて、これはさすがに錬金術じゃないですかね~。』ww
釘宮:ww
朴:えーー!豪華景品も手に入るんですか、今のスタンプラリーって。
釘宮:へええ~~そうなんだあ。
朴:すご~い、これはちょっと行ってみたいですねえ。
釘宮:うん~、楽しそう~~
朴:今、高速道路ねえ
釘宮:うん
朴:あの~土日祝日は、1000円で乗り放題になってますからねえ。
釘宮:うんうん。うん~。
朴:あの~、パーキン、パーキングじゃないやなんでしたっけあの。
釘宮:www
朴:サービスエリア?
釘宮:うんうん
朴:凄いですもんねえ~、今賑わっちゃってね。
釘宮:うんうん。うんうん。
朴:ドッグランとかがあるとこあるんですよ。
釘宮:ええ?!そうなんだあ~!
朴:ホテルもあるとこあるし~うん。
釘宮:へえ~。確かにずっと車の中に居たらねえ
朴:ねえ
釘宮:ちょっと足伸ばしたくもなりますよねえ。
朴:はあ~い。
釘宮:じゃあもう一つ紹介します~。
朴:はい
釘宮:えーラジオネーム眼鏡大明神さんから頂きました~。
朴:ありがとうございます
釘宮:『錬金術を見つけました!』
朴:はい
釘宮:『休日に爆睡して、午後四時ぐらいに起きると、なんか凄い時間を無駄にした感が錬成出来ます。』
朴:うん
釘宮:『二人はそんな経験ありませんか?』
朴:www
釘宮:あります。
朴:めちゃくちゃあります
釘宮:超あります。
朴:ほんとにあります。
釘宮:はい
朴:ありすぎちゃって‥
釘宮:ww
朴:若干へこむぐらいです。
釘宮:はい~‥

朴:では!次のコーナーです!!
釘宮:wwはいっ
朴:賢者の石、見~つけた~!
釘宮:等価交換の原則を無視して、凄い力を発揮できるという賢者の石。このコーナーでは、あなたにとっての賢者の石、自分だけの賢者の石にまつわるエピソードを募集しています!
朴:はい
釘宮:はあい~
朴:ということで早速読んでみたいと思いま~す~。
釘宮:はい!はあい~。
朴:漆黒の錬金術師さんから頂きました。
釘宮:はい!
朴:『璐美姉さん、理恵ちゃんパロ~。』
釘宮:パロ~
朴:パロ~。ファーッス。
釘宮:www
朴:『第0回から聞かせてもらってます。』
釘宮:はい
朴:『さて、私の賢者の石。それは』
釘宮:うん
朴:『璐美姉さんと理恵ちゃんの声!』
釘宮:おお~
朴:『お二人の声を聴くと、どんなに疲れていようと、どんなに体調が悪くとも、どんなつらいことがあろうとも、一発で回復出来ます。』
釘宮:う~ん
朴:『二人の声は私の賢者の石!』
釘宮:う~ん!
朴:これ、嬉しいこと言ってくれますねえ~
釘宮:嬉しいですねえ~ほんとに~。
朴:んっん。あっあー。んっ、んっ。
釘宮:んー?あれ、おっほん、うんうんっ。あー。
朴:漆黒の錬金術師さん。
釘宮:wwwありがとうございました。
朴:次行ってみましょうか。
釘宮:あい
朴:はいw
釘宮:えー、エイカさんから頂きました!
朴:は。
釘宮:『私と好きな男子で二人で帰っていた帰り道。』
朴:うん
釘宮:『私が躓いて』
朴:うん
釘宮:『男子の前で転んでしまい』
朴:うん
釘宮:『足を捻ってしまいました。』
朴:はっ…
釘宮:『私が、足を引きずって歩くのを見て』
朴:うん
釘宮:『男子が私の前に来て』
朴:うん
釘宮:『ほら、背負ってやる。と言ってくれました~。』
朴:ウィ~~~↑↑
釘宮:『そして、男子はそのまま私を背負って家まで送ってくれました~~~』
朴:ンウィ~~~ウィ~~~~~~↑↑
釘宮:『この記憶が私のとても大切な賢者の石です。それがきっかけで私は男子に告白してOKしてくれました~~』
朴:イエ~~~!!惚気かよぉ~~~!!
釘宮:そうなんです、『今では凄く幸せな毎日を送っています!』 だってwンフッ↑
朴:wwwフ~~~!!↑↑
釘宮:ん~~~、いいですねえ~
朴:惚気の錬金術師さんですねえ。
釘宮:ですねぇwwwいやあ~
朴:う~ん いや、いいですねえ~青春ですねえ~
釘宮:そうなんですよ、この記憶が!
朴:うん
釘宮:私のとても大切な賢者の石です。だって。
朴:あぁ、いいねえ‥
釘宮:ねえ~
朴:それを80になっても持っていてほしいねえー
釘宮:うん~
朴:うん、その賢者の石私も欲しいなー
釘宮:私もこければいいのかなあw
朴:そっかあ。こけるっつう
釘宮:wwあいった!っつってw
朴:ん、だからそこらへんがー
釘宮:うん、うん。
朴:あのー黒宮理恵さんって呼ばれる所以なんじゃないんですかねw
釘宮:wwやだーパー黒美さんw
朴:だから、パーのばすなっつーのww
釘宮:www
朴:はいw次行きたいと思いま~すw
釘宮:はあーいw
朴:泥酔の錬金術師さんから頂きました。
釘宮:はい。
朴:『数年前に、幹部の昇任試験に見事合格し、幹部となりました。』
釘宮:うん~!うんぅ~!
朴:『夜遅く帰宅し、子供たちも寝た後の一杯のビールと妻の笑顔が私の毎日の賢者の石です』
釘宮:おわ~‥
朴:『毎日賢者の石、使い過ぎ?』
釘宮:www
朴:なんだよ、こいつもかあw
釘宮:www
朴:『飲み過ぎると妻が、真理の扉(冷蔵庫)を開きます。』
釘宮:www
朴:『もっていかれたああ~~~!!』
釘宮:www
朴:超いいんだけどお~~~w
釘宮:www可愛い~~~w
朴:すごお~~~い!w素敵!泥酔の錬金術師さあん!
釘宮:も~~wwねえ~wなんかしかもすっごいうまく出来てるって感じするう~
朴:うまく出来てるよねえ~!真理の扉が冷蔵庫ってw冷蔵庫開くの怖くね?w若干ww
釘宮:う~んwwww
朴:え~素敵なメール~
釘宮:え~なんかいいですよねえ~
朴:ねえ~和みますなあ~
釘宮:うん~
朴:これからもその賢者の石をまあw使い過ぎってwほんとにww
釘宮:うん~。wwww
朴:大丈夫ですwこの賢者の石は本物の石だと思うのでね!
釘宮:うん、うんうん~。
朴:使い過ぎてリバウンドすることはないと思いますので!
釘宮:うん~
朴:えー、毎日毎日、使ってあげてくださ~い。
釘宮:は~い
朴:というわけで以上、賢者の石、見~つけた!のコーナーでした。
釘宮;はい。発見!これが錬金術。賢者の石、見つけた!そしてその他のお便りなどなど、どんどんメールをくださ~い。待ってま~す!
朴:待ってま~す!

朴:鋼の錬金術師ラジオFA宣言!

朴:あっという間にもうお別れの時間です!
釘宮:うん
朴:ということで、ですね。
釘宮:はい
朴:どうでした、今日
釘宮:うん
朴:楽しかったですねえ
釘宮:楽しかったですねえ~
朴:和むメールを沢山頂き、私たちも癒されましたな。
釘宮:うん、うん。そうですねえ~
朴:うん~。やっぱり鋼は内容が重いだけにね
釘宮:うん
朴:こういう和み系のメール沢山いただくとなんか、それも励みになりますな。
釘宮:うんうん~。ねー、こういうところでね、ちょっとこう、息も抜きつつ~でも世界観も忘れず~みたいな感じでー。
朴:うん。そうですねえ~。素敵な~。
釘宮:皆さん、ねえ、ありがたいです~。
朴:はい。ほんと、ありがとうございま~す。
釘宮:うん~
朴:つーことでですね
釘宮:うん!
朴:色んなコーナーがありますので、皆さんメールをじゃんじゃかじゃんじゃか送ってきてください~。
釘宮:はい。えー、二つ名選定委員会
朴:うん
釘宮:発見!これが錬金術。
朴:うん
釘宮:賢者の石、見つけた!
朴:うん
釘宮:などなど、メールは番組配信サイトのメール投稿フォームから送ってきてください!
朴:はい!では、おしまいにお知らせで~す。
釘宮:はい!シドの歌うエンディングテーマ「嘘」の鋼版の緊急リリースが決定しました。
朴:うん
釘宮:5月27日発売です。
朴:うん
釘宮:描きおろしの見開き紙ジャケットや
朴:うん
釘宮:アルの血印ステッカーなどが特典についてきます。
朴:おおお~~
釘宮;是非、ご予約ください!
朴:はあい!そしてですね、少年ガンガン6月号が好評発売中です!
釘宮:うん
朴:えー、鋼FAの情報ページが毎月、毎月、掲載されてますのでお見逃しなく!
釘宮:うん
朴:また、鋼FAの私達、えーっと、朴と釘宮の取材記事や
釘宮:うん。うん。うん。
朴:ボンズのスタジオ記事、えー取材記事も掲載されていますフレッシュガンガンも好評発売中です!
釘宮:うん
朴:是非チェックしてみてください~。
釘宮:はい!鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTのDVDとブルーレイが8月26日に発売!
朴:おう!
釘宮:OVA、盲目の錬金術師が映像特典として収録され
朴:うん
釘宮:荒川先生描きおろしイラストの、DVD4巻分が収納できるボックスなどが特典でついてきます。
朴:うん
釘宮:まだの方は今すぐご予約を!
朴:はい!
釘宮;詳しい情報は公式ホームページまで~
朴:はい!ということで、そろそろほんとにお別れで~す。
釘宮:うん
朴:また次回までね~。
釘宮:うん
朴:お相手は朴璐美と~
釘宮:釘宮理恵でした~。
朴:そ~れで~はね~
釘宮:ばいば~い
朴:ばいば~い
釘宮:この番組は鋼の錬金術師製作委員会の提供でお送りしました。

 



スポンサーリンク