【女性向けボイス】彼からの贈り物「どうせドキドキしてんだろ? ここまで心臓の音が聞こえてきそう」



スポンサーリンク

 

(部屋のチャイム音:ピンポーン→扉の開く音:ガチャッ)

 

おー、ただいまー。今帰った。

 

……って、ちょ、待てよ。どうした? 顔が固まってるって。俺、なんか変なこと言ったか?

 

え、「ただいまー」ってコレ? ははは、愛する妻の元へ帰る夫って設定で、一回「ただいまー」って言ってみたかったんだよな。

 

どう? ビックリした?

 

なんだよ、そんな驚くことでもないだろ? ま、彼女の家に遊びに来るのに「ただいま」はまだ早いってか。悪い、悪い。

 

てかさ、今のお前、なかなかいい反応してたぞ。

 

もっといじわるして、お前の反応を見て楽しみたくなるーって感じの顔……って、イッテ! いきなり叩くことないだろ? はいはい、おふざけが過ぎました。俺が悪かったですよ。

 

あぁー、にしても、最近仕事で残業続きだったから疲れたわ。

 

……でもさ、今日は久しぶりにお前の部屋に行くんだって思ったら、メチャクチャ仕事頑張れた。お前に早く会えるーって思ったら、ビックリするくらい仕事はかどったのもホントの話。

 

……で、俺たちこうやって会うの、いつぶりだっけ?

 

連絡は毎日してたとはいえ……ごめんな、なかなか会えなくて。寂しくなかったか?

 

(チュッ)

 

俺は……寂しかったよ。お前にメチャクチャ会いたかった。だからごめん……先にちょっとだけ抱きしめさせて。

 

(ディープキス)

 

……あ、久しぶりにお前の顔見たら、なんか抑えられないんだけど……でも、久しぶりに会えたんだから、もっといろんな話したいよな。

 

っとその前に、今日営業で外回りしてたから汗かいた。シャワー貸して。

 

(シャワー音)

 

――ふー、すっきりした。シャワー浴びたらなんか腹減ったな……ん?

 

おい、スゲーいい匂い。もしかして、お前、晩飯作ってくれてんの?

 

これ、俺の好きなオムライスじゃないかよ……! なんだよ、お前、俺の好物覚えててくれたわけ? マジ嬉しい!

 

ん、お前、顔が赤いぞ……どうした?

 

お、おい、ちょっと待て。せっかくお前が作ってくれてるのに、今から外食行こうだなんて。行くわけないだろ!

 

あ、そっか、悪い。俺、ちょっと嬉しくてはしゃぎ過ぎたかも。引いたか?

 

お前が俺のために料理作ってくれてるって思ったら、ちょっとヤバいくらい感動した。

 

……なんて言っていいか、俺のために晩飯作ってくれるの、マジで嬉しい。ありがとう。

 

(チュッ)

 

さて、俺もなんか手伝うわ。お前も仕事で疲れてんだから。お前にばかりやらせるわけにかいかないし。

 

じゃあ、この皿とコップ、テーブルに並べておけばいいか? ……いいって、俺にも手伝わせろよ。俺だって、ちょっとは役に立つんだぜ。

 

 

 

ふー食った食った。

 

付き合って1年経つけど、お前の手料理って初めて食べたかも。お前、すげー料理うまいんだな。

 

は? お世辞なんかじゃないって。俺の腹も心も満たされたって感じ。お前が作ってくれた料理のおかげで、仕事の疲れがふっとんだ。

 

……はは、お前、また顔赤い。てか、スゲー嬉しそうな顔してる。俺、お前のその顔……好きだ。

 

(チュッ)

 

あ、そうだそうだ。俺さ、お前に渡したいもんがあるんだった。

 

えっと……あぁ、あった。コレコレ。

 

はい、どうぞ。

 

何これって、見ればわかるだろ? プレゼントだよ。

 

いいから、とりあえず開けてみて。

 

……どう? 気に入った?

 

このネックレスさ、お前に似合いそうだと思ったから。もし、気に入ったなら身に着けて欲しいとなーと思って、思い切って買った。言っとくけど、これ買うときメチャクチャ緊張したんだからな。

 

え、なんでプレゼントって……

 

あのなー、決まってるだろ。今日は、俺たちが付き合って1年目の記念日。だから……お前にプレゼントしたって思ってさ。記念日に彼女にプレゼントを贈るのは当然だろう?

 

は、そりゃ……お前と付き合った日くらい覚えてるよ。

 

確かに、俺たちの出会いは合コンだったかもしれねーけど……俺は、お前のことを軽く考えたことなんて一度もねーよ。

 

初めてお前のこと見たときから、俺はきっとこいつとずっと一緒に居るんだろうなーなんて漠然と感じてた。だから……合コンの後に、勇気を振り絞ってお前の連絡先を聞いたんだよ。

 

とか言えばかっこよく聞こえるけど、実際は俺の一目惚れだったってわけなんだけどな。それは認める。

 

だから……俺とお前が付き合った日は、俺にとったらメチャクチャ特別な日だってわけ。分かってくれた?

 

はは、お前顔が真っ赤。……今日のお前、マジでかわいいし。

 

ほら、それかして。俺が着けてあげる。

 

はい、後ろ向いて。あー……ちょっと髪が邪魔だな。髪、持って。首筋……出して。

 

うーん、もっと髪かき上げて。じゃなきゃネックレスが着けられない。

 

そうそう、いつ見ても綺麗なうなじ、なんてな……首元くすぐったかったらごめん。

 

あ、えっと、そうか。こうして、と。

 

――よし、着けられた。いいよ、こっち向いて。

 

……っ、うん、いいね。すげー似合ってる。……綺麗だよ。

 

え、なんだよ。改まって。

 

そんなしおらしく「ありがとう」……なんて言われたら、こっちのほうが照れるって。

 

なあ、それよりもっと近くでお前の姿よく見せて。

 

うん、そう、もっと。俺の傍に寄って。

 

(キス)

 

はは、ふいうちだって? お前、顔赤いぞ。どうせドキドキしてんだろ? ここまで心臓の音が聞こえてきそう。

 

……あ、逃げるなよ。俺が贈ったネックレスを着けてるお前の姿、もっとよく見たい。そう、もっとこっちおいで。

 

うん、やっぱりこのネックレス、お前にすげー似合ってる。かわいい。

 

(ディープキス)

 

ネックレスも良いけど……本当は、今度、ココに合うのをプレゼントしたいんだよな……。

 

そうココ、今度はお前の左手の薬指に合う指輪を贈るから……そしたら、俺と結婚して。

 

 

 

おわり

 

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)