【文字起こし】もしもミサトさんが学校の先生だったら【葛城ミサト 声真似】



スポンサーリンク

イラスト:ももも様

スポンサーリンク

台本

3年8組のみなさん、卒業おめでとうございます。
とうとうこの日が来ましたね。先生はもう感無量です。

卒業アルバムに写っている、1年生の頃のみんなは
とってもあどけない、可愛い顔をしていて、
どうしてこんな風に生意気になっちゃったんだろうって、
すごく不思議な気持ちになります。
いやーね、冗談冗談。みんな立派な大人の顔になりました。

長いようで短い3年間だったと思います。
それも全部、みんなが勉強して、部活して、バイトして、恋をして、
充実した毎日を送ってきた証拠です。

ちなみに私は、ずっと彼氏もできず仕事詰めでしたが、
この3年間はあっという間でした。
気がついたら30代突入です。イエーイ。

バッカヤロー!!

…みんな、先生がいいことを教えてあげましょう。
大人になると、時間はもっとあっと今に過ぎていきます。
今の若さがいつまでも続くなんて、勘違いをしないように。

まあ、脅しはこれくらいにして。
本当にみんな今日で卒業なんだね。
このクラスも、本当に色々なことがありました。

体育祭のクラス対抗リレーで優勝したり、
東京遠足で、シンジくんたちのグループが集合場所に来てないと思ったら、
何を思ったのか学校に集合してたり、
洞木さんが鈴原くんにお弁当渡したり
合唱祭では、みんな緊張してすごく早く歌っちゃって
指揮者のアスカが暴走して追い付けなくなったり、
シンジくんがレイにふられたり、渚くんにふられたり、
アスカにふられたり、渚くんにふられたり。

最初はバラバラだったけど、たくさんのことをみんなで一緒に経験して、
とっても仲がいいクラスになったわ。
みなさんと過ごした時間は、先生にとってもかけがえのない宝物です。
でも、仲がいいのはいいんだけど…

(教室のドアが開き、別の先生が入ってくる)
あ、ゲンドウ先生。お疲れ様です。
はい。とっても仲がいい、素晴らしいクラスでした。
私も生徒たちからたくさんのことを勉強させてもらいました。

でも、いくら仲がいいからって、
最後の日まで仲良く全員インフルエンザで
欠席することないんじゃない?って思って…。
あーあ、最後の最後まで締まらないんだから。

この動画はユリスのお部屋の提供でお送りしました。

今回のお話ももちろん、サービスサービス!



スポンサーリンク