【銀魂文字起こし】あの都市伝説の真意を聞いてみた! 石田さんをご飯を食べに誘う→断る「僕これからご飯なんで」【リスナーから石田さんに質問です #総集編】






スポンサーリンク

文字起こし

杉田:坂田のまんま!えぼりゅ~しょ~ん!

阪口:このコーナーにも、なぜかエボリューションが付いちゃってるんですね~。

杉田:か~かっかっかっかっか~!

阪口:は~!アシュラマンね!ついに、アシュラマンね!

杉田:「こんにちは。」

阪口:wwwうわ~クオリティ微妙www

杉田:「趣味は1人じゃんけんです。」

阪口:www

スタッフ:www

阪口:ほんとさ~クオリティ高ぇんだか、低いんだか

杉田:「か~かっかっかっか~!」

阪口:わかった!もうわかった!ね。

杉田:「え~特技は、え~異次元あやとりです。」

阪口:wwwだからさ…www

杉田:「足も使います!」

阪口:うるさいよ!もう!

杉田:「ふぉふぉふぉ!」

阪口:最終的にごーりさんでまとめるのやめてくれよ!

杉田:www

阪口:さ~!

~♪ピンポ~ン♪ピンポ~ン♪~

阪口:お!何かほら!ゲスト来てるよ!ゲスト!

杉田:おい!サンシャインお前が出てこい!

阪口:ぉふ…サンシャイン…無理だから!無茶ぶりだろ!

杉田:か~かっかっかっか~!

阪口:笑ってごまかすのやめろ!ゲスト困るから!はい!

杉田:じゃ~…では、じゃ~…ドア開けてくるからね?これね。

阪口:はい、開けて、開けて。

杉田:はい、ヌチャ!

石田:エボリューション…!の突っ張りは、いらんです!銀魂、桂小太郎役の石田彰です。

阪口:www

杉田:石田さん。

石田:わ~、あのね、入りづらいわ!!

阪口:wwwあのね~。

石田:そんなに、そんなにキン肉マン、詳しくないからwww

杉田:www

阪口:www

杉田:すみませんwww

阪口:大概、ここにきたゲスト、入りづらいとか、帰りたいっていう…一言残す…。

杉田:えぇ。

阪口:大抵そうだね。

石田:www

杉田:釘宮さんは、釘宮さんは、帰ろうとしましたからね。

石田:あ~。わかるwww

阪口:鈴村くんは、「帰りたい」って、言い続けてるwww

石田:www

杉田:誰かこの小屋に火をつけろ!って、

石田:www

阪口:www

石田:ほんと、無いなぁ…もうwwwずぅ~。

阪口:もうね!あの~例のまんま形式でいくんで!

杉田:そうですね!

石田:はい。

阪口:とりあえず、あの、石田さん、何か飲み物は?

杉田:はい。

石田:あ!じゃ~ビールでも、とりあえずもらっておきますね~。

杉田:www

阪口:www

杉田:酒!?

阪口:完全に、一杯ひっかける気じゃんwww

杉田:酒!?www

石田:もう…なんか…飲まなきゃやってられないよ~的なね。

杉田:www

阪口:www

杉田:ちょ!ぶ!ちょ!飲酒する石田さんって、僕、見たことないんですけど?

石田:えぇ、えへっwww

阪口:確かにね~。

石田:僕も、飲んだことないですねぇwww

杉田:www

阪口:wwwもう、ほんとねぇ、ぐったりしてるよ!

杉田:えぇ。

阪口:大丈夫?

杉田:軽く疲れてますよね?

阪口:まだ始まったばっかりなのにwww

杉田:すいません。よろしくお願いしま~す。

石田:wwwよろしくお願いしますwww

杉田:さて、石田彰さんの演じる役は、桂小太郎でございますが!

石田:はい!

杉田:え~、

阪口:うん。

杉田:割と、銀魂初期から、登場しているキャラクターです。

石田:そうですね!

杉田:はい!え~桂は~、銀魂における何担当といったらいいんでしょうか?っていうところで。

石田:う~ん…担当って言ったら、もう~攘夷担当でしかないよ。桂は。

阪口:いえ~い!攘夷ですね~。

杉田:初期は、そうなんですよ。

石田:そう。

杉田:そう。

石田:だって~?

杉田:ね~?

阪口:もう攘夷だか、何だか、天人(あまんと)最近見てないんだけどさ~!

石田:www

杉田:あれ~??

石田:www

阪口:www天人(あまんと)いんの?この国?

杉田:いや…いるはずですよ。

石田:最近、ハタ皇子とかも出てないんですか?

阪口:ハタ皇子も、あんまり見てない。

石田:あ!そ~なんだ~。

杉田:確かにそんなに見かけない。

阪口:見かけないんでね~。攘夷って言われてもね~。

杉田:う~ん。

阪口:排除するにも、天人見かけないんだけど。

石田:www

杉田:何か、性格が変わりましたよね。ホントにね~。

阪口:そうだね!

杉田:うん。

阪口:桂は…。

杉田:最初もっと過激だったはずなんですよ。

石田:あ~…そうだね。

杉田:モビルスーツが

石田:一緒に剣を取らんかって言ってたもんね。

杉田:そう。

阪口:うん。

杉田:モビルスーツの親戚みたいのに乗って~。

阪口:うん。

杉田:あの~江戸を火事にしようとしたりとか…。

石田:www

阪口:www

杉田:やったじゃないですか!初期は!

石田:やってました。

杉田:初期の頃は!

阪口:う~ん。

石田:は~い。やってましたね~。初期っていうか、何か、テレビシリーズ始まる前に、それやってましたね。

阪口:まさにね!

杉田:いつからか、何か丸くなっちゃってですね。

石田:www

杉田:まるで何か変なトレーナーとキャップを被って、何かこう…教習所に行くピッコロさんみたいになって。

石田:www

阪口:www

杉田:お前、そんな…大魔王だよね!?みたいな。

石田:www

阪口:ピッコロな、ほんとなぁ!GTになってピッコロもおかしくなっちゃたんだよ。

杉田:うん。

阪口:GTって言っちゃダメだろ!

杉田:はい。すいません。

阪口:はい!ピッコロの話は、それくらいにして!

杉田:はい。すいません。

阪口:小太郎の話に戻しましょう。

杉田:はい。桂は…。

石田:桂ね~。まぁ、でも朱に交われb…交わればってとこなんじゃないんですか?

杉田:う~ん。

石田:何か~、あの~桂としては~。

杉田:うん。

石田:何だろう…銀時をこっちの攘夷の世界に

杉田:うん。うん。

石田:引き戻そうとして頑張ってんだけど…。

杉田:うん。

石田:逆になんか、銀時の方に引っ張られて何か…。

阪口:www

杉田:えぇ。

石田:ね~?ゆかい…いいかな?別に…見たいな。毎日楽しければみたいに。

杉田:そうですね~。

阪口:wwwそうですねwwwそうですねって!

杉田:ね~。だからまぁ、結果として、キャラも成長していく、変わっていくっていうことなんじゃないかなぁ…なんて。

阪口:あ~。

石田:それを成長と言うならね!

杉田:ね~いうなら。

阪口:いいよ、成長っていうことにしようよ!

杉田:うん。

阪口:何か、いいもん今の桂の方が、いいもん!

杉田:そうですよね!

阪口:うん。なんか…うん…すごく、輝いてるよ!桂!

石田:www

阪口:www

杉田:まぁ、色んなことしますからね。

阪口:wwwいろ…色んなこと。

杉田:トレーナーは着ないけど、教習所には行きますから。

阪口:教習所にもいるし。

石田:教習所行ったね~!

阪口:ラップもやるし。なんだってやるよ!

杉田:ね~。

阪口:桂は、それでいいんだよ!

杉田:wwwかもしれない運転で…

阪口:www

石田:www

阪口:かもしれない運転はね、ほんとに、僕の中では、もう最上級ですよ!

杉田:うん。屈指の名言。

阪口:屈指の名言だよ!

石田:www

杉田:あれ、すごかったですよね。あれね。

石田:すごかったね~。

杉田:www

石田:いや~すごいよ~あれだけ妄想できれば、強いよ。

杉田:うんうん。

阪口:強い、強い。うん。ほんと、かもしれない運転は、ほんとベスト5に入るもんね、銀時は。

杉田:やばいですね、あの話ね。えへへへwww

石田:ホントすごいよね。

阪口:びっくり…っていうか、ヅラの妄想話、全体的にひどい!

杉田:www

石田:www

阪口:あの脱獄の話とか酷いもん!

杉田:あ~。来てましたね~。あれも。

阪口:大体、妄想でz…

杉田:そうですよ?

阪口:妄想長いからね。

石田:www

杉田:夢オチじゃなきゃなんでもいいのかよ!

石田:www

杉田:妄想オチじゃね?っていうね。

石田:そうそうそう。

杉田:大変だ~。

阪口:そんなかんだで、え~…ではではここからですね、石田さんと一緒にリスナーから届いたメッセージを紹介していきますよ!

石田:はい!

杉田:はい!

阪口:まず、ラジオネーム・ぴ~さ~ん!

杉田:はい。

阪口:「杉田さん、阪口さん、石田さん、こんにちは!」

杉田:こんにちは!

石田:こんにちは!

阪口:「アニメ銀魂では、毎週元気をいただいております!さて、石田さんに質問なのですが。」

石田:はい。

阪口:「登場する度に、攘夷活動から遠のいていってる気がする桂ですが。」

石田:wwwここのところねwww

阪口:「彼の中で、一番占めている物は何だと思いますか?」

石田:あ~今、一番大きいのは何だろうね~。

杉田:う~ん。

石田:う~ん。エリザベスの食費を稼ぐことかな?

阪口:www

杉田:あ~。あれ維持費かかりますからね~。

石田:う~ん。多分ね~。

阪口:wwwエリザベスwww…って

杉田:その時々によって、結構変わりますよね。彼の固執するものみたいなものが。あの~弁天堂の「Owee」だったりとか。

石田:www

阪口:www

石田:そう、何か流行に踊らされやすい。

杉田:そうすね!割と流行りもの好きなんだな~みたいなね。

阪口:サインだって、平気でもらいに行くしね。

杉田:そうそう!

阪口:wwwそういうところが、好きでね~。

杉田:う~ん。

石田:割と俗人。

阪口:割と俗人wwwいやいやカッコイイ!桂は、それでもいい!

杉田:うん。

阪口:なるほど。

杉田:じゃ~次にいきましょうか!こちら、え~と…大助ネーム・きのさん!

阪口:大助ネーム、辞めろ!いい加減!

石田:www

杉田:え~と「石田さんが知っている」え~「阪口大助さん」え~「杉田智和さんの裏話ってありますか?教えてください。」

石田:裏話~?

阪口:裏~。

石田:裏、そんな知らないですよ!僕。

杉田:え?

石田:基本的に、あの~お2人の裏だけじゃなくって、

杉田:うん。

石田:他人の裏って、そんなに知らない。

杉田:wwwえ~?

石田:ですよ~。

杉田:えぇ。

石田:あの~まぁね、お2人はわかってるかもしれませんけど、僕、人と接触あんまりもたないじゃないですか。

杉田:www…そう…そうですか?

石田:すぐ帰るじゃないですか。

杉田:そうですか?いや、でも、結構普通に来るじゃないですか!空いてると!

石田:wwwあ~あの~それは…

杉田:うん。

石田:ほんとにね、たまにのことでしょ~。

杉田:うん。

石田:なので~。

杉田:う~ん。

石田:で、そうね~…。2人の裏!?

杉田:裏。

阪口:裏。

石田:裏~…。裏って…裏って、ど…あの~自分で発表してもらう?この際だから。

杉田:え~。

阪口:え?何を?裏を?

石田:今まで、なんか、ラジオ番組だったりとか、何か取材とかで喋ったことないけど、「こんな癖があります」みたいな。

杉田:癖!?

石田:www

阪口:癖!?

杉田:癖!?

阪口:癖!?

杉田:あ~…。

石田:だって、あのみんな…このリスナーの人たちが、知ってること以上に、僕は知らないと思うもん。

杉田:www

阪口:あぁ…。なるほどね。

石田:みんなに教えてもらいたいから、この2人の事をっていう。

杉田:阪口さんって、昔からこんな阪口さんでした?

阪口:でも、僕と石田さんの接点も、そんなにないのよ。

杉田:あらら…。

阪口:デビューして~…あの~。

杉田:うん。

阪口:2本目のレギュラーで、石田さんが~。

杉田:うん。

阪口:何週か、ゲストで入られた作品があって。

杉田:うん。

石田:う~ん。

阪口:それで、石田さんを、一方的にこう…うぅ~って見てたくらいで。

杉田:でも、何年前ですか?それ?

阪口:1…6年前くらい。

杉田:16!?

阪口:うん。

杉田:はぁ…。

石田:はぁ…。僕、阪口くんは、あの~…何か色々動物が好きだっていうことくらいしか、掘れないもの!

阪口:wwwう~ん。

石田:そこより深いとこ知らないから~

杉田:wwwあ~。

阪口:そうそうそう。

石田:う~ん。

阪口:僕もだから、ほら、石田さんみたいに人間と接点を、あまり持たないんでwww

石田:www

杉田:う~ん。

阪口:www動物と接点持ってるから。

石田:あとは~…何か他の声優さんが、阪口くんの事を評して言ってたのが、あいつは、こうガンダム…

阪口:www

石田:に憧れて、この世界に入ってきて、ガンダムに乗るのが最終目標だったのに

阪口:あ~…

石田:デビューして、一番最初にガンダム乗っちゃって、この先どうすんだろうねって。

阪口:余生です!

杉田:余生…余生!?

石田:www

阪口:余生だって言われたもん!余生じゃないから、まだ全然、余生じゃないよ!

杉田:そうですよね。

阪口:まだ全然!

杉田:えぇ。

阪口:まだ、だって俺、ズゴック乗ってねぇもん!

石田:www

杉田:え~?某ねぇ、ゲーム情報誌のコメントに書いてありましたからねぇ。

阪口:そうそうそう。

杉田:でも、僕は、ガンダムよりズゴックが好きですって。

石田:www

阪口:しょうがない!もう…。しょうがない。

杉田:好きだなぁ…。何で…何でズゴックなんすか?

阪口:禁断のスキル…。

杉田:頭から出るミサイルが。

阪口:え~もう、ズゴック良くねぇ?俺には、ゴッグよりこっちのが向いてるぜみたいなこと、カラハに言われてぇじゃん。

杉田:あ~。

阪口:あ!あとカラハやりてぇじゃん!

杉田:あ~確かにバランスがいいですよね。

阪口:wwwそれで、ベルファストにガ~って上陸してぇじゃん!

杉田:えぇ。陸に上がるとゴックとか遅いですけど、ズゴは、それなりに動きますからね。

阪口:ベベベベベベベ!

杉田:俊敏に動きますからね。

阪口:そうそう。

石田:www

杉田:あの赤い彗星もシャア専用ゴッグじゃなくて、ズゴックにしましたからね。

阪口:ズゴックです。

杉田:そうそうそう。

阪口:あくまでもズゴックですよ。

杉田:そうですよwww

阪口:ジャブローに降下したいわけですよ。何これ?何のトーク?石田さんじゃね~じゃん!これ。

杉田:石田さんから、何でズゴックの話になったんでしたっけ。

石田:わかんないけど。

阪口:わかんない!どうしたらズゴックになっちゃうんだ。

杉田:あ~い。

阪口:石田さんの裏ですよ!じゃ~石田さんの裏を僕らで。

石田:www

杉田:石田さんの裏?

阪口:石田さんの裏を。

石田:裏!

杉田:裏!?

阪口:裏石田さんを

石田:いや~裏はドロドロしてるよぉ!

阪口:えぇ!?

杉田:こ~れヒドイwww昔、石田さんに、真剣なテンションで、「石田さんって、稼いだお金、何に使うんですか?」って聞いたら、「あ~先物取引に手を出してね…」ってはぐらかされた事があって。

阪口:www

石田:そんなこと言ったんだ…俺www

杉田:えぇ。

阪口:小豆相場か、小豆相場なのか?

杉田:うん。

阪口:あぁ。

杉田:そうやって、はぐらかされたことがありましたねぇ。

阪口:基本的に石田さん、はぐらかしますからね。

杉田:wwwそうですねwww

石田:www

阪口:ご飯食べに誘っても、あの~。

杉田:えぇ、えぇ。

阪口:僕、これからお昼ご飯を食べるんでって言って、断ったって話を聞きましたからね。

石田:www

杉田:都市伝説じゃねぇすか!それ!

石田:いや、でもそれは、事実♡

杉田:あ~あ!

阪口:wwwお昼ご飯誘って、「いや、僕は、これからお昼ごはん食べるんで」って、断られたって…。

杉田:うんうん。あ~。

石田:いや、1人で食べた方が気楽でいいじゃないですか。

杉田:まぁ、確かにそうですね。

石田:ね!

阪口:え!?確かにそう、とか言うな!

杉田:あれ?俺も、何だこれ?

阪口:ダメだよ!人嫌い3人って、マズいだろ!

杉田:マズイですね。

石田:www

阪口:これ、なんか…もぅ。

石田:www

阪口:つながり!この…この寒いコンクリートジャングルみんなで、繋がってこ。

石田:wwwコンクリートジャングルwww

杉田:コンクリートジャングル。

阪口:つながっていこうよ!

杉田:勝手なイメージですけど、

石田:はい。

杉田:石田さんの、住んでる部屋って~。

石田:はい。

杉田:あの~何にもないか…あの綾波レイみたいに何にもないか~。

阪口:何もないか…。

杉田:か、すっごい汚いかの2択だと思うんですけど。どっちなんですか?

石田:あぁ~…すっごい汚い方!

杉田:マジすか!

石田:奇しくも~。

杉田:はい。

石田:夕べって言うか、昨日1日、

杉田:うん。

石田:かけて~、

杉田:うん。

石田:今朝、もうほんとに明け方近くまで、「これじゃいけない!」と思って~。

杉田:www

石田:片付けをしていたんだけど…

杉田:www

石田:全然変わってない!

阪口:やった!

杉田:あららら。

阪口:裏、引き出した!

杉田:あ~そうだったんですね~!

石田:そうですよ~。

阪口:ほ~。

杉田:私生活が見えない人なんで。やっぱり。

阪口:まったく!

杉田:う~ん。

石田:僕も、私生活で、中々床が見えません!

杉田:www

石田:部屋の床が見えなくて大変!

阪口:しまった~!しまった!

杉田:ね~、ね~!僕ら、この仕事ですからぁ。じゃ~アニメのレギュラーが週何本かあったとしたら…。

石田:うん。

杉田:それだけで、1週で台本がこれだけたまるわけですよ。

石田:そうだね。

杉田:それが1か月たつと、こうなるわけですよ。

石田:wwwそうだね~!邪魔だよね~!これだけあるとね~。

阪口:www

杉田:どうすりゃいいいんだろうなみたいな。

石田:wwwほんとにね~。

阪口:ほんとにね!

杉田:定期的に何かね、あの~段ボールに入れて、物置とかに置けばいいんでしょうけども。

石田:うん。うん。

杉田:中々、そん…だって、まとめるもの、何か大変だったりするんですよね。

石田:そう。それでね、都会で暮らしてるとね物置って持てないんだよ!www

杉田:そうですね。

石田:庭がないからね!

阪口:庭がないからね。

杉田:そうなんですよね。

阪口:イナバ的な物置をね~。

石田:www

杉田:www

阪口:建てることができないわけですよ。

杉田:う~ん。

石田:あ~なるほどなぁ。

杉田:いかがでしょうか。大体見えてきたんじゃないですか?

阪口:石田さんの裏が見えてきたんじゃないですかぁ?www本当に??

石田:こんなことでいいの?

阪口:ゴミ屋敷っていうの??

杉田:そんなことはないと思うんですけど。じゃ~続いていきますよ。

阪口:はい。

杉田:はい。ラジオネーム・みるさん。

阪口:うん!

杉田:「石田さんに質問です。」

石田:はい。

杉田:「普段、え~、真面目にボケる場合が多い桂ですが、『あっ!こいつ意外とカッコイイ!』と、思うシーンはありますか?良ければ、杉田と阪口さんの意見も聞きたいです。」

阪口:うん。

石田:あ~。いや、あの~基本的に最後はカッコイイじゃないですか?

杉田:う~ん。

阪口:何かね。うん。

石田:何か、散々、何でしょうピントのずれた言動をして、こう…。

阪口:www

石田:話を混ぜっ返したりとか~。

杉田:うん。

石田:してても~、最後決めるところは決めるっていうパターン多くないですか?ね~桂。

阪口:多いですね~桂は。うん。

杉田:う~ん。確かにキャラが変わり始めたのって、幾松さんが出てきた位に~あの~蕎麦屋だかうどん屋だかの~。

阪口:うんうん。

杉田:あの辺から、ちょっと何か、あ!意外なその~あったかい1面がみたいなね。

石田:あ~。

杉田:あれも大概でしたけども。

石田:www

阪口:www

石田:あ~そうだね~。サンタだよって言われてもね~。

杉田:そう!

石田:www

阪口:www

杉田:あの辺りぐらいからかな?みたいなね。

石田:あ~。

杉田:ちょっとずつ気持ちの変化が表れ始めてるっていうのが。

石田:う~ん。

杉田:う~ん。

阪口:桂、かっこいいわ!

杉田:カッコイイですよね。

阪口:僕、だって紅桜編、めさめさ、ヅラ、カッケェって思ったもん。

杉田:う~ん。基本的にまともなことは言ってるはずなんですよね。でも、その場に合うか合わないかっってレベルになってくるんで。

石田:www

阪口:TPOだねwwwTPOは大事だねwwwやっぱりねwww

石田:www

杉田:本来ならば、すごい常識的な正しい事言ってるんですよ。この人は、多分。桂は。

阪口:うん。うん。

杉田:う~ん。

石田:www

阪口:www

杉田:ただ、場所と人が、すごく選ぶっていうだけで。

石田:www

阪口:www

石田:ってか、そこに、その場に合ってなきゃ、そりゃ間違いなんじゃないのかって気もするけどねwww

阪口:www

杉田:う~ん。そうですね。

阪口:あれ?認めちゃうの!?

石田:www

杉田:そ…そっすね~。

阪口:あ~あ~あ~認めちゃった。

杉田:えぇ。

阪口:でも、まぁまぁまぁまぁ、ね~。桂、何だかんだでカッコイイと。

杉田:うん。

阪口:そういうことですよ。

杉田:うん。

阪口:うん。ということで、皆さん、たくさんのメッセージ、ありがとうございました!

杉田:ありがとうございました。

石田:ありがとうございました。



スポンサーリンク