【銀魂文字起こし】クラナドとアマガミの押しキャラの話に逸れ続ける万事屋w シャアのモノマネ大会が始まるw【中村悠一登場前の万事屋】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

杉田:おーい、帰ったぞー。この番組のパーソナリティの銀さんが帰って来たっつってんだろーが!出迎えぐらい出来ねーのか、馬鹿野郎!んだ?不愛想なやつだなー。しばらくラジオがなかったから、ふてくされてんのか?ったく、ガキはちょっとかまってやらねーとこれだからよー。はあーい☆新ちゃんおひさ!元気にしてた?長い間ラジオやんなくてめんごめんご~。ほら、これ土産にリスナーからのメールたっくさん持ってきたから。機嫌直し…
阪口:もおー、何やってるんですか?遅いですよ?
杉田:っおお、悪ぃ悪ぃ。
阪口:早く早く!金さん!
杉田:金さ…。
中村:おお、悪ぃ悪ぃ。昨日ちょっと飲み過ぎちまって頭が痛くてよー。すいませーん、ゲストさん。お見苦しいところをお見せして。俺がこの番組のメインパーソナリティ、坂田金時です。
杉田:ラジオも金魂に変わってんのーーー!?

杉田:銀魂ラジオCD
阪口:銀魂放送局
杉田・阪口:延長戦

杉田:銀魂、坂田銀時役の杉田智和です。
阪口:志村新八役の阪口大助です。
杉田:いやー、ねえ、このまま金魂放送局ってゆーのが始まって
阪口:うん。
杉田:僕ではなく、あのー、中村君が挨拶してたらどうしようかなって。
阪口:ああー、それは多分ね、別のラジオになるんだよねー
杉田:僕、普通にやると思ってましたよ?それ。
阪口:wwwああ、その手をね。
杉田:俺だけ入り時間が2時間後とかで。
阪口:ああー
杉田:終わるぐらいにお前何いまさら来てんの?みたいな。
阪口:www
杉田:うん。
阪口:うーん。そうだね。
杉田:みたいな、そういう事をやるのかなと思ってましたけどねえ。
阪口:あの…
杉田:案外、普通に始まりましたね。
阪口:そうそう。某京アニ系のアニメでもやりましたし。
杉田:やりましたよね。
阪口:はい。某あの…ね。
杉田:いやでも、なかなかほら、あのー、中村が出なかったんであのラジオ。
阪口:ああー
杉田:あれ出た回、聞きました。
阪口:www4人でやったやつ?
杉田:はい。
阪口:はいはいはいはい。
杉田:すごいなんかドキドキしました。
阪口:なんかねー
杉田:はい。
阪口:本当にね。いろんな意味でドキドキするね。
杉田:ドキドキしました。
阪口:www
杉田:いろんなとこが私、気になりました。 ←氷菓
阪口:www私、気にならないで。
杉田:はい。
阪口:うーん。可愛いな。みんな可愛いんだよ。さっ!そんなこんなでね。
杉田:はい!
阪口:えー、これは銀魂のラジオでございますからね。
杉田:はい!
阪口:銀魂の話をしていきましょうね。えー、2012年10月からアニメ銀魂再開いたしまして、久しぶりに銀魂放送局も再開というくだりになりましたよ。
杉田:本当にみんな不安に思ってますよ?これ。
阪口:あ?
杉田:新聞のラテ欄も
阪口:うん。
杉田:ロゴとか公式サイトも全部金魂に
阪口:そう。
杉田:塗り変わっていましたからね。
阪口:金魂になったwww
杉田:でもそう。ほら地デジとかのあのラテ欄ですか?
阪口:うんうん。
杉田:なんかあの、番組表みたいなのに。
阪口:はいはいはい。
杉田:キャストまで書いちゃうと
阪口:おお。
杉田:ネタバレになるらしく。
阪口:ああ、そうだね。
杉田:中村がやるっていうのが。
阪口:うんうんうん。
杉田:それはさすがに伏せていたみたいでねw
阪口:上手い事ね。
杉田:うん。
阪口:だから2話からか。
杉田:うん。
阪口:2話以降、あのー、声:中村悠一っていうのが頭にくる。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:wwwうーん。
杉田:いやなんか俺、初期のカミーユ・ビダンになった気分ですよ。 ←Zガンダム
阪口:wwwそうだね。
杉田:はい。
阪口:1番上、シャア・アズナブルだからね。
杉田:ええ。
阪口:うーん。知ってる人は笑えwww
杉田:はい。
阪口:Zガンダムの話だ。
杉田:はいっ!
阪口:ねー、いろいろ大人が頑張りましたよ。
杉田:はい。そうですねえ。
阪口:ということであの。
杉田:渡辺Pは今ふむスピっていうのであの ←バトスピ(バトルスピリッツ)
阪口:はいはい。
杉田:よくお会いするんですけども。
阪口:うん。
杉田:はい。
阪口:あのー、楽しくやってますよw
杉田:いやー、バトスピは本当いい番組ですよ。
阪口:バトスピって言っちゃったよ、もうwww
杉田:本当、僕お隣さんになる事がよく多いんですけど、スタジオで。
阪口:はいはいはい。
杉田:いや、本当いい番組ですね。
阪口:ほのぼのしてるでしょ?
杉田:だって他所の番組で来てる杉田君にすら差し入れをおすそ分けしてくれたりとかですね。
阪口:今日はサンドイッチだよ?とかね。
杉田:そう。
阪口:ああ。
杉田:マジっすか!?って言って。
阪口:うん。ケーキ食べてく?とかね。
杉田:そう。
阪口:そうそうそうそう。
杉田:分けてくれる。しまいにはバトスピをもらいました、僕。
阪口:wwwカードね?
杉田:はい。
阪口:さあ、始めろとばかりに。
杉田:甥っ子、超喜んでましたよ。
阪口:うーん。
杉田:最新のやつじゃーん!って言って。
阪口:www
杉田:えっ?マジ?良かった?って言ったら、当たり前だよ!って言っててね。
阪口:すごい。すごいね。
杉田:いやでも子供好きだな、やっぱ。
阪口:子供好きでしょ?
杉田:好きですよ。はい。
阪口:子供好きだけど
杉田:はい。
阪口:えー、30代40代があのスタジオでwww
杉田:そうですねえ。
阪口:子供以外がねバトルしてます。
杉田:そうですよねえ。
阪口:はい。
杉田:いや、ゆーてもカードダス世代としてはですね、あれは本当、なんかーねえ?でも同時にアーケードカードゲームもやってるんで。
阪口:おお。
杉田:あれ以上広げたら僕はいろんなものが崩壊しそうです。
阪口:まあーねー。たしかにねー。でも。
杉田:はい。
阪口:今スタジオでは堀江由衣ちゃんもやってるぞ?
杉田:おっと、すごいぞ?
阪口:www
杉田:やっぱもう、本人カードにしましょうよ。
阪口:www
杉田:遠藤さんみたいにもう。
阪口:ああー
杉田:ええ。
阪口:まあーね、綾ちゃんのあのバカなカードwww
杉田:なんで実写の本人のカードがあるんだよっていうね。
阪口:www
杉田:いやー、もうやる気出すぎますわ。
阪口:ああー
杉田:本当あのゾナーグミみたいなもんで。 ←怪人ゾナーのことだろうけどグミは出てない。出てるのは「怪人ゾナーのなぞなぞバトルキャンデー」。公式サイトには「嫌いな食べ物はグミ」とある。
阪口:うんうんうん。
杉田:www
阪口:なんかね、すごいでしょ?
杉田:すごいですよね。
阪口:すごいでしょ、あれ。
杉田:知ってる人がなんか商品になってるって面白いですね、なんか。
阪口:www
杉田:うーん。
阪口:あーあ、どんどん銀魂から離れてく。
杉田:はい。
阪口:まー、とりあえず渡辺Pがいい人だということでね。
杉田:そうですね。
阪口:まいど!つって。つーことでね、えー、もうあれなんで。ふつおたの方。
杉田:早速ふつおた行きましょうか?
阪口:行っちゃいましょうかね。
杉田:はいっ。じゃあ、大助さん。
阪口:えー、ますはですね、福岡県みわさんからですね。
杉田:どうも。
阪口:アニメ銀魂再開おめでとうございます。
杉田:ありがとうございます。
阪口:DJCDも再開おめでとうございますー
杉田:はい、ありがとうございます。
阪口:杉田さん、阪口さんに質問です。
杉田:はい。
阪口:久しぶりの万事屋はどうでしたか?と。アフレコ現場の事ですねー
杉田:アフレコ現場の事かー
阪口:うーん。
杉田:うーん。どうです?
阪口:wwwいや、なんも変わらんよ。
杉田:あの、スタジオの近くに
阪口:うん。
杉田:美味しいカレーがあるのを
阪口:うん。
杉田:あんな銀魂5年ぐらい録ってんのに初めて知るみたいなのありましたね。
阪口:カレーとあとあれでしょ?チキンライスでしょ?
杉田:そこ。
阪口:うん。
杉田:うん。
阪口:あのー、海南チキンライスっていうね。
杉田:うん。
阪口:シンガポールのあの。
杉田:うん。
阪口:シンガポール風のチキンライスのお店を見つけて。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:そこにね。
杉田:うん。
阪口:行くようになっちゃって。
杉田:行ったら、すっげぇ美味かったですよね。
阪口:美味しかったね。
杉田:なんで…
阪口:あんなに銀魂やってるのにね。
杉田:なんでこんなに気付かなかったんだろうって。
阪口:www
杉田:そのくらいあの辺が激戦区だったんじゃないですか?
阪口:すごい激戦区だからしょうがないよ。
杉田:そう、夜お高くても昼だったら手届くんですよ。
阪口:届く。
杉田:うん。
阪口:届いて美味しい。
杉田:そして美味しいっていう。
阪口:うーん。素晴らしいよ。
杉田:実は密かな楽しみだったりするんですよね。
阪口:そうですよ?
杉田:はい。
阪口:昼食がね。
杉田:はい。
阪口:全然現場の話じゃねーしな。
杉田:まあ、現場の話ですよ。
阪口:ただね、あれですよ?
杉田:はい。
阪口:終わった後みんなでね、相変わらずご飯行ってますよ。
杉田:行きますねえ。
阪口:うんうんうん。そういった意味ではもう何も変わらんです。
杉田:うん。そうです。
阪口:うん。
杉田:はいっ
阪口:はいっ。続きまして神奈川県のえりりんさん行きましょうか。
杉田:はいっ
阪口:えー、アニメ銀魂再々開おめでとうございますー
杉田:はい!
阪口:再開第1話から金魂篇でめちゃくちゃテンションが上がりましたー。ラテ欄やホームページまで金魂仕様にしてしまったスタッフ様、初回から気合の入ったキャストの皆様の演技、本当に脱帽です、と。えー、ですが、銀時が徹底的に主役の座から降ろされてしまったということで、杉田さんはどんなお気持ちになりましたか?と。
杉田:はい。
阪口:うん。
杉田:いやでもこれは本当にあのキャスティングがあのー、聞かされた時に。
阪口:うんうん。
杉田:わっ、本気であの僕の感性をすべて奪ってく男の声が来たぞっていう。
阪口:www
杉田:ええ。
阪口:ああー
杉田:いや、仕上がってますよ。
阪口:なるほどね。
杉田:なんか台本チェックしてても声が聞こえてくるんですよね。
阪口:ふんふんふん。
杉田:うん。んでなんか夜やって落ち込み始めて。これはこのまんま…でもこの人が主役をやった方がいいと思うんだって。
阪口:いやいやいやいやいや。積み上げてきたものがありますよ。
杉田:うん。でもそれぐらいやっぱりあの金魂っていう意味が出てくるんですよ。
阪口:なるほどね。
杉田:うん。それぐらいリアルな心境になるんで。
阪口:危機感を感じるわけね。
杉田:そうですそうです。
阪口:うんうんうんうん。
杉田:でもまあ、これも演出の一環なんですよ。
阪口:よく出来てますね。そういった意味ではね。
杉田:うん。だからこそ、その周りが見えてくるじゃないですか。
阪口:うんうんうん。
杉田:ちゃんとたまも定春も協力的で。
阪口:ね!
杉田:んで新八や神楽もこう、記憶の片隅にある銀時の記憶を呼び覚ますわけですから。
阪口:ああー、たしかにね。
杉田:あそこ、あそこ超面白かったじゃないですか。あの、さっちゃんが飛び降りようとしてw
阪口:wwwもうね。
杉田:うーん。
阪口:シリアスなんだけどね。
杉田:ええ。
阪口:でもなんとなくこう、ちょこちょこ面白いよね、やっぱりね。
杉田:あそこおかしかったですねえ。
阪口:うーん。
杉田:うん。
阪口:全体的にね、あのー、2話はね。
杉田:うん。
阪口:面白かったです。
杉田:はい。
阪口:はい。えー、続きましてふつおた。
杉田:はいっ
阪口:埼玉県みなっちさんですね。
杉田:はいっ
阪口:アニメ放送開始&ラジオCD再開おめでとうございますー
杉田:はいっ
阪口:私には姉がおり、姉も銀魂が好きで再開の知らせを喜んでおりました。そして放送再開当日、テレビの…えー、新聞のテレビ欄を見た姉からこれってなんて読むの?金魂?とメールが来たので、そうだよーと返すと、わーい金魂金魂!とテンション高めな返事が来ました。私はスルーしてしまったのですが、この場合なんと返事をするのがベストだったのでしょうか?ちなみに姉は天然で昔マギー司郎さんのハンカチの縦縞が横縞になる手品にマジで引っかかった事があります、と。
杉田:へー
阪口:うーん。
杉田:天然ねえ。
阪口:うーん。
杉田:すごいこれあのPCゲームとかだと
阪口:うん。
杉田:急にあのw(ズキューンズキューン)が旺盛になってこう。
阪口:やめなさい?どうした?銀魂だぞ?
杉田:すいません。すいません。
阪口:まあ、銀魂だからってところもあるんですけど銀魂だぞ?落ち着け?1回落ち着け?
杉田:すいません。
阪口:天然キャラは可愛かろう?
杉田:いや、僕は好きですよ?あの、ラブリー先輩とか好きですよ。 ←「アマガミ」森島はるか
阪口:おおー
杉田:ええ。
阪口:おおー
杉田:一番好きなの薫ですけど。ごめんなさい。 ←「アマガミ」棚町薫
阪口:えー、僕はことみです、と。 ←「クラナド」一ノ瀬 ことみ
杉田:はいっ、えーwww
阪口:www
杉田:なんの話をしてるんですかw
阪口:わかりません。
杉田:僕が(ズキューン)の話をして、なんで大助さんが(ズキューン)の話をするんですか。 ←(アマガミ)と(クラナド)が入ると思われる
阪口:ああ。しょうがない、もう。
杉田:(ズキューン)はもうぶっちぎりで智代ですよ、本当に。 ←「クラナド」坂上智代
阪口:ああーっ、ぶっちぎりで智代か。じゃあしょうがない。
杉田:ぶっちぎりバトルハッカーズですよ、本当に。 ←マシンロボぶっちぎりバトルハッカーズ
阪口:これからくるからね。
杉田:wwwばばっ!ばばっ!ばばっ!ですよ。
阪口:www懐かしいw
杉田:www俺たちはアウトサイダーですよ、本当に。
阪口:ああー、バカじゃないのか君は!
杉田:うん。
阪口:えー、ちなみにこれどうしたらいいと思いますか?
杉田:これですか?
阪口:別に…いいよね?
杉田:うん。そのまんまでいいですよ。
阪口:だって間違ってないもんね。
杉田:そうそうそう。
阪口:うん。全然問題ない。
杉田:姉は可愛いんですか?画像を送ってきてください。
阪口:wwwバカですね、結局。
杉田:はい。
阪口:えー、続きまして神奈川県ウルトラソウルさんからですね。
杉田:はいっ
阪口:えー、映画化おめでとうございます。アニメも再開し、銀魂も盛り上がっていますね。
杉田:はいっ
阪口:映画ということでテレビアニメと違うところも多いと思いますが、決定した時どう思われましたか?と。
杉田:はいー
阪口:うん。
杉田:今回ですね、あのー
阪口:うん。
杉田:同じ劇場版でもですね、あのー、空知先生の描き下ろし。
阪口:そうですね。
杉田:完全…新作というかオリジナル。
阪口:オリジナルですね。うんうん。
杉田:それ、でかいですよ?
阪口:でかいね。だって何もわかんないんだもん。
杉田:はい。
阪口:www
杉田:本当にやんのかな?って。
阪口:うーん。空知さん大丈夫なのかね?
杉田:ね。これでまたテコ入れで銀時の声が大泉洋さんとかになったら。
阪口:おー、やめろやめろやめろー。劇場版こえーなー
杉田:うん。
阪口:そいういうのこえーなー。どうしよう。
杉田:どういう事!?って。ある日急に週刊誌で発表されて。
阪口:www
杉田:ええ。
阪口:あるぞ?
杉田:うん。
阪口:wwwないけどな?
杉田:勘弁してよ、そういうのっていう。
阪口:うん。そういう…そいういうドッキリいらないから。
杉田:うん。そう…だったら事前に言ってほしいかなって。
阪口:www
杉田:うん。
阪口:事前に言われてもね
杉田:うん。
阪口:嫌かな。
杉田:ええ。
阪口:結構嫌かな。
杉田:結構落ち込みますよ。
阪口:うーん。
杉田:www
阪口:だからね、本当に僕らは内容もなにもまだなにも聞かされてないんですよね。
杉田:はい。
阪口:うんうんうん。あのー
杉田:本当、マジで知らないので。
阪口:そうそう。
杉田:一体どこがどうなってんのかっていう。
阪口:空知さんはどれぐらい頑張ってるのかとか。
杉田:んで僕ら空知先生と連絡とる術ないじゃないですか。
阪口:ないよ、ないよー
杉田:ええ。
阪口:年に1回会うか会わないかでしょ?だって。
杉田:そう。ねえ、ネタにされるぐらいですもん、だってジャンフェスの手紙で。
阪口:www
杉田:今まで杉田さんと話したなんかこう総時間は1時間も満たないって。
阪口:wwwねえ。
杉田:うん。
阪口:何をおっしゃりますかって。
杉田:うん。
阪口:ああ、でもそうかもしんないね。
杉田:たしかに。
阪口:たしかにね。
杉田:面と向かって話したことあんまないっす。
阪口:面と向かって話す…キャラじゃないじゃん。空知さんも。
杉田:まあ、基本的にそうですよね。
阪口:うん。TOO SHY SHY BOYだから。 ←観月ありさの曲…らしい
杉田:まあwそれに加えてあの週間連載がありますから。
阪口:そうだよね。
杉田:うん。
阪口:忙しい人だからね。うーんうんうんうん。
杉田:ねえー
阪口:まあ1回ね、騙されてスタジオに来て、もう二度とスタジオ行くかって言ってましたね。
杉田:ああー、ありましたありました。
阪口:うーん。そういう事が。
杉田:アフレコしてたまるかって。
阪口:www
杉田:ゴリラの声やらされてました。
阪口:ね、そういう事もあるしなかなか会う機会ないんでね。
杉田:じゃあ、次行きましょうかね。
阪口:今度会ったら聞いてみたいものです。はーい。
杉田:はいー。熊本県機動戦士グラサン。さんですー
阪口:はいはいー
杉田:このラジオCD、9回目ですね。
阪口:おお!もうそんなんなりますか。
杉田:おおー。んで質問なんですが、本編のアニメで金時に居場所を奪われた銀さんが橋の上でたまさんと金時に立ち向かう意志を固めるシーンがありました。
阪口:うん。
杉田:その時のたまさんの口説き文句のような優しい言葉に私はラストシューティングされてしまったのですが、お二人は決め台詞や口説き文句は言える人種ですか?
阪口:完全にジオングやられた感じだね。
杉田:そうですねえ。
阪口:ラストシューティングですか。
杉田:でもあのたま、だってキャサリンの影響の韓流ドラマですよね?
阪口:そうですよ?
杉田:うん。
阪口:まあー、まあー、まあーまあ、照れ隠しかもしれませんけどもね。
杉田:うん。けれどもですよね。
阪口:うーん。まあwからくりが照れ隠しっていうのもおかしな話なんですが。うーん。
杉田:もう高度すぎますよ、そんなの。
阪口:www
杉田:いやでも、ありゃー、でもたまならあり得るんじゃないっすか?
阪口:なー。うーん。
杉田:うん。まさか人工知能が進化してるとはっていうね。
阪口:やるな。 ←↓この辺シャア
杉田:やるな。
阪口:やるな。
杉田:さらに出来るようになった。
阪口:さらに出来るようになった。たま。
杉田:ほらー、日常的に僕ら決め台詞を使うじゃないですか。
阪口:ねー。これですよ、決め台詞。www
杉田:ね。口説き文句はこれでしょ?ララァは賢いなって。
阪口:www私を導いてくれ。
杉田:そらー、もう。
阪口:ほらな。
杉田:日常的に言えますよ。
阪口:日常的に言えますよ。
杉田:赤い彗星をリスペクトしている我々は
阪口:うーん。
杉田:決め台詞や口説き文句は日常的に言う人種です。はいっ
阪口:はいっ。www
杉田:決まりました。みなさん、たくさんのメッセージありがとうございましたー
阪口:ありがとうございましたー

阪口:ラジオネームバルムンクシュナイダーさんからいただきました。
杉田:はいっ
阪口:画期的なスマホを開発した杉田さんに質問です。今までのスマホと何が違うんですか?
杉田:醤油が出る。

杉田:銀魂あるあるランキング!
阪口:前回に引き続きお届けするこのコーナー。銀魂の世界のあるあるネタ、お約束事を募集~。そちらを紹介してどれくらいあるあるが共感できるのかを杉田君が持ってるあるあるボタンで判定していきたいと思いますー
杉田:あるあるー
阪口:なるほど。これ、こちら0あるあるから最大10あるあるまで判定できるようになっております。
杉田:あるあるーあるあるーあるあるー
阪口:うるさーい!
杉田:あるあるあるあるあるあるー
阪口:おーい、うるさーい!ちょっとお便り紹介した後に共感できる分だけあるあるボタンを押してください。頼んだよ、杉田君。
杉田:(ズキューン)
阪口:やめろぉ!www
杉田:行きましょうか。
阪口:しょうがいないな。
杉田:はいはい。
阪口:えーwまずはですね、福岡県ファルタンさんですねー
杉田:はい。
阪口:本誌でガンダムネタを扱うとアニメでさらにグレードアップ。
杉田:あるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあああるあるー
阪口:止まんねーな、おい。
杉田:まあ。
阪口:まあね、しょうがないよ。
杉田:うん。しょうがない。
阪口:サン…サンライズさんの本気が出るんでね。つい。
杉田:そらまあ、10あるある確定ですよ、こんなん。10以上です。
阪口:うーん。10以上ですよ。
杉田:はい。
阪口:本当にね、大人の本気ってすごい。
杉田:いやでも本当に。でもカイエーンっていたじゃないですか。
阪口:カイエーンいたね。
杉田:あれ本当に、今こそもうやる…やるべきなんじゃないかって。
阪口:やったらいいんじゃないかな。
杉田:ええ。
阪口:もう1回ぐらいやっていいんじゃないかな。
杉田:そうそうそう。すーっごいやる気勢なんでめっちゃ面白かったっすよ。
阪口:CG全盛のこの中ね。
杉田:そうそうそう。
阪口:手描きで行こうぜ。
杉田:手描きのね。
阪口:かっこいいもの。
杉田:めちゃくちゃすごかったですよね、あれ本当に。
阪口:www
杉田:そうか、考えてみりゃ高松監督っていう。
阪口:そうだよ。
杉田:勇者シリーズでお馴染みですよ。
阪口:お馴染みの人だからね。
杉田:うーん。
阪口:本気を出したらあんなもんです。
杉田:ああー!そういえばってなってwww
阪口:うーん。さすがだね。
杉田:ええ。じゃあ次行きましょうか。
阪口:徳島県すだちさんからいただきましたね。しばらく原作に出ていなかったのに、アニメで出演したキャラがしばらくして本誌に出てくる。空知先生が明らかにアニメを見て思い出した節がある。
杉田:あるあるーあるあるーあるあるーあるあるーあるあるー。うーん。
阪口:うーん。
杉田:わりとありますよね、これ。
阪口:わりとありますね。
杉田:うーん。
阪口:あーのー、いつまたカーナビとしてブルー霊子ちゃんが出てくるのか。
杉田:ああー、ブルー霊子いいですねー
阪口:うーん。
杉田:あれ出てくるともう本当にずーっと叫びっぱなしですからね。
阪口:www
杉田:大変やで。
阪口:うーん。早く出てきてほしいんですけどね。
杉田:なんか金時とかも同時に搭載したらどうなるかなーとか。
阪口:もうわけがわからないw
杉田:ブルー霊子と金時で喧嘩が始まるっていう。
阪口:ああー、もうわけがわからないよ。
杉田:そう。このwこのバ…スクーターに乗っけらんない、1個だからっていう。
阪口:wwwバカだなー
杉田:はい。
阪口:えー、続きまして京都府かまやんさんからいただきましたね。えー、シリアスな話になると銀さんが神楽の頭をぽんぽん。
杉田:あるあるー
阪口:ふんふん。ぽんぽんしますか。
杉田:あんまり思い出せないです。
阪口:www残念です。
杉田:うん。
阪口:えー、続きまして愛知県ポイズンさんからいただきました。天人が消えた。
杉田:次行きましょう。
阪口:まあー、ね。
杉田:次行きましょうか。
阪口:まあーね、まあー次行こうかな。
杉田:次行きましょう。
阪口:えー、東京都もひもひって言いにくいですよごめんなさいさんからですね。あんまりピー音の意味がない。
杉田:ああー
阪口:うーん。
杉田:ターン!玉がって。
阪口:www完全にね、悪意を感じます。
杉田:うーん。
阪口:うーん。
杉田:あああああああああああああああるあるー
阪口:何個だよ、今。www
杉田:うーん。まあ、10個でいいです。
阪口:うーん。続きまして三重県にしょくさんですね。ハタ皇子が登場すると必ず触角をちぎられる。
杉田:あるあるあるーあるあるーあるあるあるあるー。ねえ。
阪口:あのね、ハタ皇子はハズレない。
杉田:ハズレなし。
阪口:wwwハタ皇子にハズレなし。
杉田:あの、ハタ皇子のテーマって知ってます?
阪口:ああー
杉田:後ろで、ああ~~~~~っていうやつwww
阪口:はい。ああ~~~~~っていうあの。
杉田:あのテーマすっごい好きなんですけどね。
阪口:あのゆるーい曲でしょ?
杉田:そうそうそう。ねえ。
阪口:うーん。ハタ皇子が出てくるとあの…
杉田:最近出ないですよね。
阪口:最近見てないねー
杉田:そろそろなんかこう、実は極悪人だったとか。
阪口:www
杉田:極悪天人だったみたいなのないですかね?
阪口:やべえ、ラスボス設定来た。
杉田:ええ。そろそろないかな?って。
阪口:どーうだろーなー
杉田:どっかで頭をぶつけてー、あのー、ハタ皇子の面白いやつになっちゃってっていう。
阪口:はいはい。
杉田:正気に戻ったっていう。
阪口:もーうな。
杉田:うん。
阪口:変形してほしいしな。
杉田:そう。
阪口:www
杉田:いかがですかね?
阪口:うん。候一さん…
杉田:坂口候一さんだって。
阪口:出来る出来る。
杉田:ねえ。バキだとあのジャック・ハンマーですからね。
阪口:ああ、そっかそっかそっか。
杉田:だから邪悪な声もいっぱい出せるはずなんですよ。
阪口:全然出せますよ。邪悪なポケモンもやってますよ。
杉田:シャーボック。
阪口:wwwさー、続きまして神奈川県みほさんですよー。たくさん出番があるキャラクターより、たくさんグッズになる出番の少ないキャラが結構いる。
杉田:あるあるあるーあるあるーあるあるーああああるあるー
阪口:ま、自慢されるんでね。某高杉さんからもね。
杉田:うーん。ああ、某って某になってないじゃないですかあ!
阪口:www本当ね。うーん。収録だけに来てね。
杉田:はい。
阪口:グッズの収録だけに来てね。
杉田:この間出ましたよ?新八のフィギュア。
阪口:まー
杉田:リアルプライズの
阪口:プライズ…プライズのやつでしょ?
杉田:そう。
阪口:リアルフィギュアだって初めてだもんね。
杉田:初ですよ。
阪口:ここ、ここまで来るのに何年かかったよ。
杉田:いやいやいやー。リアルフィギュア先に1個出てるじゃないですか。メガネが。
阪口:あ、メガネがねw
杉田:メガネそのものがこう。
阪口:うーん。あれじゃないんだよね。
杉田:あれじゃない。
阪口:だってガンプラだって言ってビームサーベルだけ出されても困るでしょ?
杉田:ま、たしかに。
阪口:うーん。
杉田:ま、一応代名詞とはいえ。
阪口:www
杉田:とはいえですよね。
阪口:うーん。あのV字のアンテナだけ渡されて、さ、ガンダムですって言われても。
杉田:うーん。これはどうすればって。
阪口:www
杉田:そうか!俺がガンダムだって言ってそのなん…こう、ぴかーん。
阪口:俺がガンダムだー! ←「俺がガンダムだ」機動戦士ガンダム00から刹那・F・セイエイの台詞。ガンダム哲学としれネタにされている。
杉田:つって額に着けりゃいいんですかね?
阪口:うん。
杉田:ぶっぴかーんとこう。
阪口:www
杉田:そんなばかなw
阪口:残念。
杉田:はいっ
阪口:さー、続きまして愛知県沖田総悟LOVEさんですね。将軍がアニメに出ると必ず下ネタに発展する。
杉田:あるあるー
阪口:そりゃしょうがないね。
杉田:ま、将軍ですもの。でもねえ、あのー
阪口:ただ将軍いい人だからね。
杉田:でも基本線は悪人ではないですからね。
阪口:うん。全く。
杉田:むしろ超いい人ですから。
阪口:超いい人だよ。
杉田:うーん。
阪口:超いい人なのにも関わらず、あのー
杉田:だって、ねえ?あのー、トラブルには巻き込まれやすいっていう。
阪口:そうそうそうそうそう。
杉田:ねえ。
阪口:うーん。
杉田:だからー、ねえ。あの、いい事しますよ、将軍は。ちゃんと町の事を考えてて。
阪口:ね。
杉田:いい政治をやろうとするし。
阪口:そう。庶民はどんなところで髪を切っているのでしょうか。
杉田:そうそうそう。
阪口:みたいな事をやってみたりね。
杉田:ねえ。ちゃんと目安箱に来た相談事をね。
阪口:うん。
杉田:ちゃんと…ねえ、あの前向きに検討するじゃないですか。めだかちゃんと一緒に。 ←めだかボックスの人吉善吉(cv小野友樹)
阪口:おっ!
杉田:ねえ?
阪口:それは中の人が一緒ってだけだね?
杉田:あれっ?
阪口:www
杉田:あれっ?
阪口:あれっ?
杉田:あれっ?バスケットとかしちゃう? ←黒子のバスケ?
阪口:あれっ?
杉田:将軍バスケ得意なんだろ?
阪口:違う違う、将軍バスケ得意じゃない。
杉田:あれっ?
阪口:あれっ?将軍スキーはやってたけどバスケはやってた記憶がない。
杉田:おかしいな。
阪口:www
杉田:俺の記憶違いなのか。
阪口:多分声が一緒。
杉田:うーん。
阪口:うーん。残念。
杉田:はいっ
阪口:しかもね、あなたのところの人です。
杉田:あるあるー
阪口:www
杉田:ねえ。
阪口:ということでですね。
杉田:はいっ
阪口:えー、いくつか紹介してきましたが。
杉田:はい。
阪口:ベスト銀魂あるあるを発表したいと思います。
杉田:はい。
阪口:1番あるあるボタンが押されたのはこちらでしたー
杉田:1番ですね。
阪口:福岡県ファルタンさんの本誌でガンダムネタで扱うとアニメでさらにグレードアップ~
杉田:あああああるあるー
阪口:wwwうるさいなー。ということでね。ま、しょうがない。
杉田:これはもう、仕方がないですよ。
阪口:まあ、サンライズのアニメですから。
杉田:うーん。
阪口:こういう事ですよ。
杉田:いやでも本当、ねえ、でも、その…パロディっていうかそのー、まあ、あの自社オマージュみたいなもんなんで。
阪口:うんうん。
杉田:ええ。いやでもすごいですよ。扱い方が。
阪口:扱い方がね。
杉田:何気にいろいろあるじゃないですか。あの金時のあのw紹介の時に。
阪口:うんうん。
杉田:完全にガンプラのガンダムのロゴになってるとか。
阪口:そうだね。うん。
杉田:あとたまさんをこう、改造した時のあのw完全にあのプリケツになってた時ですよ。
阪口:ああ、はいはいはい。
杉田:あれも完全にガンダムでしたよね。
阪口:ガンダムでしたね。
杉田:www
阪口:まあ、最終的に醤油が出るとかも。
杉田:うん。醤油が出る。www
阪口:wwwいろいろ好きなんですけどね。はーい。ということで、以上、銀魂あるあるランキングでした。

阪口:ラジオネームかみやんぬさんからいただきました。たとえ冬でも全裸で駆け回れる杉田さんに質問です。これから来る寒い冬に対抗するにはどうしたらいいですか?
杉田:地球を熱くすればいいんだ。



スポンサーリンク