【銀魂文字起こし】ゲストのくじらさんの結婚秘話! 先輩を弟扱いするお妙さんの面白話もw【くじらさんとゆきのさん、2年後の世界】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

杉田:銀魂放送局、2年後の世界よ。磯野くーん、写輪眼ちょうだい。坂田銀時役の杉田智和です。
阪口:wwwひっでえな。志村新八役の阪口大助です。
くじら:wwwひでwwちょっとおかしいwww
杉田:えー今回のアニメ銀魂、銀ノ魂篇Blu-ray・DVD第8巻特典CD銀魂放送局、2年後の世界です。もうすでに何かこう圧の強い笑い声が聞こえてきて。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:wwもうね、もう開始と同時に聞こえてくるっていうね。もう紹介するのもあれですけど。
杉田:本当ですよ。でも何かにつけて大蛇丸で例えることがやっぱ多いんで。
阪口:多いか。
くじら:wwww
杉田:何かの力を奪おうとしているやばいやつ。
阪口:まあ、まあ、ね。
くじら:やばいやつwwそうだったのか
杉田:例えるときに。
阪口:うん。絶対欲しいからね。
杉田:大蛇丸だよ、あれ。って言ってたら、あ、明日一緒だってなって。
杉田・くじら:wwww
阪口:ということで、今回のゲストはこのお二人でーす。
ゆきの:志村妙役、ゆきのさつきです。
阪口:wwww
くじら:お登勢役、くじらです。
杉田:www
阪口:なんでくじらさんがくじらさんの真似するんだよw
くじら:だってwwだってww
杉田:くじらさんがものまねに寄ってどうするんですか。
くじら:いいのよ。
杉田:ダメですよ。
くじら:だって寄せようと思ってんだからw
杉田:寄っちゃいましたよ。悪いものまねに寄っちゃった。
くじら:そうそう。
くじら:wwww
阪口:誰だ!?
杉田:ゆきのさんもすみません。本当に。
ゆきの:いえいえ。
くじら:やーだ、もう。みんな、みんな寄せ…ありがとうございます。もう本当に。
阪口:これはwこれはひどいw
杉田:いやあー
くじら:もうちょっとひどいw最初からもうちょっともうおかしくてwww
杉田:ひどいw
くじら:ひど過ぎるww
阪口:ぐずぐずだよw
くじら:wwで何やんの?
阪口:何やんの!?w
くじら:wwwああ、そっかそっか。
阪口:進めます。進めます。
くじら:ああ、進めて進めて。進めて。
阪口:ということでお2人、銀魂放送局初登場~
くじら:初めてですー。よろしくお願いしまーす。
ゆきの:はじめまして。よろしくお願いします。
阪口:よろしくお願いします。
杉田:この寄せたマネですらゆきのさんクオリティーが高いから。びっくりすんだよな。
くじら:wwww
ゆきの:ええー?そーお?いやいやいや、そんな。
阪口:基本的にね、ゆきのさんに我々は絶対の信頼感を置いてるんでね。
杉田:まったくよくわかります。本当に。
ゆきの:やめて。プッレッシャーが。
くじら:www
杉田:いや、いつだって。僕のお姉ちゃん役のころからずっとですよ。
阪口:おお!?
くじら:おお!?すっごーい。
ゆきの:ねー、懐かしいねー。いやいやいや。
杉田:1回、ゆきのさんの事を姉さんって1回呼んじゃったことがあって
阪口:ほお。
杉田:姉でいいよって言ってくれたことがあって。
阪口・くじら:wwww
ゆきの:え、そんなこと言った?
杉田:言いましたよ。昴流やってた時に。
くじら:可愛いね。ああー、そう。
阪口:いーなーいーなー
杉田:お姉ちゃんみたいなこと言ったら、いいよそれでって言ってくれて。許容してくれた、嬉しいと思って。
ゆきの:懐かしーねー。何年前だ?wwww
くじら:www
阪口:みんなの姉じゃないですか。
杉田:そう。もうね、そしたら後にっていう。
ゆきの:あら。そうだね。
阪口:僕も姉…
阪口・杉田:姉上だから。
ゆきの:姉上ですからね。
くじら:でもゆきのちゃんしっかりしてるもんね。やっぱり。
阪口:しっかりしてますから。
くじら:うん。普段もしっかりしてるもんな。
ゆきの:いや、それがですね。
杉田:おや。
ゆきの:正面はすごいしっかりしてるんですけど。
くじら:何?正面って。
杉田:正面?w
ゆきの:でも、両サイドがら空きなんですよ。
阪口:wwww
杉田:なんてこった。
くじら:なんか隙、隙だらけってこと?それ。
ゆきの:www
杉田:なんてこった。
くじら:wwwなんてこった。
阪口:サイド攻撃に弱いの?
ゆきの:そうなんです。
杉田:ええー!??
ゆきの:もうだから、すごい、正面を、常に正面を向いている人にはすごい鉄壁のガードなんですけど
阪口:wwwほおー。
杉田:素晴らしい。
くじら: でもこういう風にしたらダメなの?
ゆきの:う、どひゃーって。うわーやめてーって。
阪口:wwww
くじら:なんかよく意味が分かんないですけどね?
杉田:か、可愛い。可愛いなー
ゆきの:wwww
くじら:なんかわかんねー。
ゆきの:wwww
杉田:なんだこりゃ!?
くじら:後ろからも弱いですね、だったら。もちろん。
ゆきの:後ろもそうですね。
くじら:うん。
杉田:ただ、超反応で振り向いてきますからね。がきーんって、こう。
くじら:ああ、そうか。ちゃーんっとね?
杉田:うん。ちゃーんっと。
ゆきの:そう。でも正面は常になんかこう大上段に構えて、前に来る人はバッサリ行くわよ?みたいな感じにとられてるという風にある監督から言われました。
阪口:www強いw
くじら:ああー。なるほどね、うん。ああー。
阪口:ああー
杉田:北辰一刀流だw
ゆきの:wwww
杉田:はい。
くじら:ああーなるほどね。うん。
杉田:今日の放送どうなっちゃうのかな。すげー楽しみなんですけど僕、大助さん。
くじら・ゆきの:www
阪口:楽しみですよ、我々も。うん。
杉田:それでは、銀魂放送局、2年後の世界。スタートよ。

杉田:「おっす。俺、徳川家康。」
阪口:wwwお前ww
くじら・ゆきの:www
杉田:「スーパー三河人の力を見せてやる。ほわあーーっ!!!」ってやったあのテストのゆきのさんの芝居が一番好きです。
ゆきの:え、あれ、あたしそんなことやった?
阪口:wwww
杉田:あれ絶望先生かなんかの時に。
ゆきの:本当―?全然覚えてない。
杉田:はい。
阪口:すごいなー
くじら:すごい。よく覚えてんね。
ゆきの:もういかに。すごい。
杉田:もう、絵も完全にスーパーサイヤ人みたいな絵になってたんで。
阪口・ゆきの:ああー
杉田:ゆきのさんが寄せたんですよ。
ゆきの:あたしね、もうその場で忘れてる。
杉田:ああそうですか。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:ゆきのさん、がんがん寄せていきますよね。あの。
杉田:ええ。めちゃくちゃ寄ってて。
ゆきの:いや、でもね。
阪口:神楽のお友達もだってね?
杉田:うん。
阪口:春日部の幼稚園児に寄って。
杉田:ああ、寄った寄った。
くじら:ああ。
ゆきの:いや、あれはね、元々やろうと思ってた。
阪口:やろうとwww
杉田・くじら・ゆきの:wwwww
杉田:寄ったんだよなー。
阪口:寄るんだなー。寄ってくなー
くじら:へえー
ゆきの:おら頑張ったよ。
阪口・くじら・ゆきの:wwwww
くじら:春日部の人にね。
杉田:そうなんだよ。
阪口:春日部寄りになっちゃうんだな。
くじら:寄ってるんだねー
杉田:寄るんだよ。似てるとかじゃなく寄るんだよ。
阪口:寄る。うん。寄る。寄ってくんだよな。
杉田:すごいアプローチで。
ゆきの:でも女の人はできるけど
杉田:はい。
ゆきの:男の人はね、難しいのよ。
杉田:wwww
ゆきの:だから最後に
杉田:うん。
ゆきの:あのー、ねえ?あの某中尾隆聖さんに寄せてくれって言われた時にはね。
阪口:wwww
杉田:ああ。
くじら:ああー
ゆきの:もうちょっとさすがに難、無理が、限界を感じました。
杉田・阪口:wwww
くじら:あーそう。
阪口:そうかー
くじら:「はっひふっへほー」でしょ?
阪口:wwww寄せられる人がいた!
杉田:ひどい。
くじら:あ、そうそう。あたしね?
杉田:まあーひどい。
くじら:そうそうそうそう。だってね、中尾さんね。
杉田:ええ。
くじら:よくね、あのーほら、あの、あんじゃない。だれとかさんの役をやってる人はくじらさんですかってゆーやつ。
阪口・ゆきの:ああー。
くじら:ってゆーやつで、バイキンマンの役はくじらさんですか?とかさ、あるのよ。
杉田:ええー。
ゆきの:へえー
くじら:だけどそれは中尾隆聖さんだと思いますですとか書いてるね。
杉田:おお、ひどいなあ。
くじら:そう。で、ええとね。大蛇丸やってる人とF?Fは一緒の人がやってると思ってる人もいるみたい。
阪口:ああー
ゆきの:うーん。
阪口:大蛇丸、まあどっちもね、強えキャラですから。
杉田:うん。たしかにな。
くじら:うん。そう。
杉田:おおん。
くじら:だから一緒に舞台かなんかあたし、中尾さんとやる機会多いじゃない?
杉田:ああ。
くじら:で一緒にやった時なんかファンの人達いて、「バイキンマンいつも見てます」とか言って。
杉田・阪口・ゆきの:wwww
くじら:あの、バイキンマンやってる人はこの人です、この人ですとか言って。
杉田:こっちこっち。こっちなんだよな。
阪口:wwww
くじら:似てんの。だから、中尾さん、(ピー)みたいな是非あの役をして欲しいんだけど。
杉田:やめなさい。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:こらあっ!
くじら:って思ったけど、狙ってる人いっぱいいんのよ。
阪口:いやいやいやいや。
杉田:いい加減にしろよぉっ!
くじら:勝杏里とか。
杉田:いい加減にしろよ。あんた、いい加減にしろよ。
阪口:なんで勝くんの名前出したの。
くじら:だから、どっちが先に(ピー)かわかんないのよ、もうこうなってくると。
杉田:ちょっと、ビクトリーさん飛び火しちゃったじゃないかよ。
くじら:そうそうそうそう。
ゆきの:wwww
杉田:今頃、この、麺の湯きりしてる時に、「ふぃえっくしゅーん」って。「誰かが噂してんな。」みたいなってw
くじら:www麺の湯きりw
杉田:なんで麺の湯きりなんだよ。
くじら:なんで麺の湯きりなのww
杉田:趣味ラーメン作る方だから。
阪口:これはwひどいなw
杉田:お店出せるくらい上手いんですよ。
ゆきの:そうなんだ。
くじら:本当。
ゆきの:へえーーー
くじら:あ、杏里ちゃんね。そう、食べた食べた。
杉田:そう。ええ。ありますか?
くじら:食べたことある。うん。あの、美味しいのよ。杏里ちゃん。
阪口・ゆきの:へえー
杉田:まず見た目がこうラーメン屋にいそうな似た見た目をしている。
阪口::まあまあ、たしかにね。
ゆきの:たしかにね。
くじら:そうそうそうそう。
阪口:がたいがいいし。
くじら:ああ、まあね。
杉田:ええ。
ゆきの:否定はしない。
くじら:ああいう、元…元あの不良でしょ?
杉田:はい。何を言ってんすか。
くじら:元不良が更生して、やったっていう…
杉田:何言ってんの
くじら:だってなんか不良みたいじゃん。
阪口:昔やんちゃだったみたいな。
くじら:昔、ねえ?
ゆきの:見た目がね?
くじら:昔やんちゃみたいな感じでしょ?
杉田:屈強だからでしょ?
くじら:うん。
杉田:最初の時は爽やかなビジュアルだったんすよ?
くじら:あ、そうそう。でね、勝杏里はね。
杉田:義賊の頃。
阪口:義賊のw義賊の話はやめてやれ!
ゆきの:wwww
くじら:勝杏里もね、モテんのよ、あの子。
阪口:wwww
ゆきの:おお。
くじら:どうしてか?ブスに優しいから。
杉田:wwwwひどい
ゆきの:え?wwえ、勝くんも?
くじら:ブスにも優しいのよぉ。
杉田:ひどい。
阪口:和彦さんのネタと一緒じゃないですか。
ゆきの:一緒じゃん。
くじら:そうそう。いや、和彦さんもそうでしょ?ブスに優しいのは。あたしとかにも優しいもん。
杉田:まあ、ひどい。
阪口:やめてあげて。
くじら:勝杏里もあたしとかにすごい優しい。
杉田:わあ、ひどい。
くじら:だからブスにも優しいからモテるんだって思って。
杉田:いや、あの、上を立てる気遣いの出来る人なんですよ、ね?
くじら:ああ、そゆこと?wwwww
ゆきの:www
杉田:だって、優しいじゃないですか。
阪口:優しい。優しい。
くじら:え、じゃあ下のブスにはダメだってこと?
杉田:わあ、ひどい。そんなこと言うんじゃないよ。
阪口:そんな、そんなことない。
くじら:そういう、ねー?そんなことないよねー?
杉田:気遣い屋さんだから。謙虚なんです、謙虚なんです。
くじら:謙虚…。ああ、そっか。
ゆきの:www
杉田:俺がどんなに殴られてもいいようなネタ振っても勝さん許してくれるんだから。
阪口:ほら、優しい。
ゆきの:おお。
杉田:ね、自分のバンドが出てくるときに、コンバトラーVで出てきてくださいって。
くじら:うん。wwww
阪口:やめてくれよw
杉田:ブイブイでビクトリーって言って出てくる。「面白いねー」って言ってくれたw
阪口:勝くーん!優しい。
くじら:wwww
ゆきの:優しいね~
杉田:「いいかもねー」って。
くじら:優しい、なんでも許してくれる。きっと腸煮えくり返ってると思うよ?
杉田:俺は殴られてもいい覚悟で言ったんですよ。
くじら:wwww
阪口:そうだねー。胸倉つかまれてもおかしくないからねー。
ゆきの・くじら:wwww
杉田:うん。いや、でも優しかったなあ。こんなところで。
阪口:おい、銀魂の話、何にもしてねーじゃねーか。
くじら:そうよ。
杉田:全部勝杏里さんの話。
阪口:勝君の。
くじら:だから銀魂の…あ、これ銀魂の番組でしょ?だって。
杉田:そうです、そうですそうです。
くじら:そうよ。
ゆきの:でしょってw
阪口:なんで軌道修正を今しようとしたんですか。
くじら:いやいやいや。いやいやいやいや。
杉田:くじらさんが来る時点でこうなることはわかってたんだ。
阪口:だいたいわかってた。
ゆきの:wwww
杉田:うん。
くじら:何言ってんのよ!
くじら・ゆきの・阪口:wwww
くじら:怒ってあたしw
阪口:怒るところじゃないし、今。
杉田:怒りの沸点そこ!?
くじら:もう、もう黙ってます。
阪口:wwww
ゆきの:wwww
くじら:wwww
ゆきの:黙らないでw
杉田:もっとダメなやつだ。もっとダメなやつだよ。
阪口:これはひどいw
くじら:ひどいw
阪口:えー
杉田:本当、面白い。
くじら:で何の話をすればいいんだっけ?
阪口:え?とりあえずじゃあ、何個か質問あるから。
くじら:wwww
ゆきの:昔話するんじゃないの?あ、質問があるの?
くじら:質問あるの?
杉田:ふつおたみたいなものが絶対届いてるはずだから。それを見りゃいいんじゃないですか。もう、もう、もはや。
くじら:もういいね。もはや。
阪口:もう、行きます?行きます?
杉田:行こうよ。
くじら:あ、思い出話だ!
阪口:一応ね、思い出話をしようって。
杉田:思い出話だってよ。
くじら:一番最初…。
阪口:もう12年前?12年前の話をしようと。始まった当初の話をね。
くじら:12年前、あ、そう。ああ、最初…
ゆきの:1話?
阪口・くじら:1話。
ゆきの:1話って…。
くじら:1話なんだっけ?
阪口:アニメツアーでもいいです。1話は、あのー
杉田:カトケン
阪口:カトケン。カトケンサンバです。
ゆきの:サンバね。
杉田:いかりやさま
ゆきの:うん、そうそう。いっ。いっかり。いっカリヤ様
くじら:あーーーーーーーーーいっかり。そっか。
杉田:あのゆきのさん、いっカリヤ様
くじら:wwww
ゆきの:あれそうそう、知らなくって。あれやっぱり、なんかもう色んなテレビを見るべきだなってすごい反省した、第1話でした。
阪口:wwww
くじら:wwwwあー。あれ、色んなネタがあったもんね。
ゆきの:もうね、ほんとーに。ありすぎでね。
杉田:うん。
くじら:あたしさあ、でもあたし、エピソードとしてもさ、鍋囲んでwww
阪口:あー鍋将軍の。はいはいはい。
くじら:鍋将軍。あれ面白かったな。
阪口:鍋将軍のあたりからもう
杉田:なんか振り切りましたね。
阪口:振り切り
くじら:うん。
阪口:あの辺でだって僕ら左遷されたんだもんね?
杉田:そうですよ。ゴールデンから。
阪口:ゴールデンから。
ゆきの:wwww
くじら:wwあっそう。あれ、そうか!
杉田:はい。
阪口:あの辺でもう、だから高橋監督がもういっかぁっつって。
くじら:左遷されたの。うん。
杉田:うん。
ゆきの:もういっかw
阪口:結構自由に。
杉田:開き直って。
くじら:ああー
杉田:ってやったら、そっちがウケちゃったってことなんですよね。
阪口:うん。
くじら:ああーそっかそっか。
杉田:まあ、結果まあ。
くじら:あ!だって色んなところに謝りまくってたって言ってたもんね、それまで。
ゆきの:ねー。本当に。
阪口:そうなんですよ。
くじら:うん。
杉田:ゴールデンに左遷されるのなんかもう、(ピー)フレーズ以来だぞって。
阪口:やめろ!
くじら・ゆきの:wwww
阪口:やめろー。千葉君とかに謝れ。
杉田:そうそう、両方千葉さん出てたっていう。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:出てたからね。
くじら:そっか。だから、あー、で、で途中…。あ、途中から引っ越したのはそういうね。
阪口:夕方、夕方にね。
ゆきの:ああー。
阪口:2クールで引っ越したんでしたっけ?
くじら:ああ、2クールだっけ?
ゆきの:そうか。そうだ。
阪口:2クール…あれ1クール?どっかで引っ越したんだよね?
杉田:2クールぐらいじゃないですかね。
ゆきの:そうだ、そうだった。
阪口:2クールは、一応いたのか。
杉田:いたはずだと思いますよ。
くじら:あたしね、2クールぐらいまでしかなんかあれ押さえられてなくてさ。あの…。
阪口:キープが?
ゆきの:え?
杉田:えっ!?
くじら:キープ。あの、2クール。
阪口・ゆきの:へー。
杉田:はりゃ。
くじら:ね?だから2クールで終わるのかな?これって思ってたら、続いちゃったわねー。
阪口:wwwwなんやかんや12年ですって。
くじら:ねー。12年?
阪口:はい。
くじら:長いわねーw
阪口:www長いわね。
くじら:本当。
ゆきの:干支一周ですわ。
くじら:うーん。
阪口:干支一周しましたよ。なんか変化とかあります?あの頃に比べて。
杉田:長いわねぇ。
くじら:へ!?wwww
ゆきの:www
くじら:あたし!?
阪口:うん。
くじら:そう…。あ!結婚したね。途中でね。
杉田:あ!
ゆきの:はっ!そうでした。
くじら:途中で結婚したのよ。
杉田:あ、本当だ。
ゆきの:そうでした。
くじら:そうそう。
阪口:ほあー。
くじら:そうよ!そうよ!
ゆきの:そう。
阪口:www
くじら:くじら結婚、何と!?って書いてあったのよ。
ゆきの・阪口:www
杉田:ひどい。
くじら:くじら結婚、何と!?だよ!?
杉田:いや、人類ですよね?
くじら:でね、Yahoo!のさ、トップニュースにあったからさ、おぇっ!?トップニュースだって思ったらさ、くじら結婚、何と!?なんだよ、それw
ゆきの:へーーっ!
杉田:うん。
阪口:何とってw
くじら:そう。
杉田:んで、コメントにありますよね。あの、イルカさんからコメント来ないかなーって。
阪口:ああ。
くじら:wwwそうそうそうそう。
ゆきの:wwww
阪口:まあね。同じ海洋哺乳類から。
杉田:うん。
くじら:でもタラちゃんは出たよ?TARAKOは。
阪口:www
杉田:あら。
くじら:でもTARAKOはあの、スピーチしてくれた。歌も歌ってくれた。
ゆきの・阪口:へー。
杉田:あら、嬉しい。
くじら:そーう、嬉しかった。でね、TARAちゃんと、田中真弓のブログかなんかでアップされて、それでYahoo!第1番になっちゃったの。
阪口:ニュースになったの。
くじら:ありがとう。みたいな感じなんだけど。
ゆきの・阪口:へえー。
くじら:でもくじら結婚、何と!?だから。
ゆきの:何とw
阪口:まあまあ。
くじら:社長にも、うちの社長にもさ、「あ、あのー結婚することになったんです。」「えっ!?何と!?」って。何とってwwwなんだよ、その何と!?っていうのは!「人間ですよ。人間とですよ!」とかって答えちゃって。
阪口:www
ゆきの:でも超ダンディーな方でしたよ。
くじら:いや、ダンディーじゃない。おっさん、おっさん、もう。ちょっと。
杉田:あららら。
くじら:あれ、見たことなかったっけ?
ゆきの:一度、あのー、その、スタジオにお迎えに来られたじゃないですか。
杉田:ないですないです。
くじら:あっ、そうそう。犬連れてね。犬連れて。
ゆきの:はい。
阪口:へー。
杉田:あららららら。
くじら:だいたい送り迎えしてもらってんだけどさ、あたし。
ゆきの:きゃあっ♡
杉田:あららららら。
くじら:きゃあじゃなくてwもうほら、定年退職で職がないもんだからさ。そうそうそうそう。
ゆきの:wwww
阪口:いやいやいやいやいや。
ゆきの:もうラブラブじゃないですか。
阪口:ラブラブじゃないですか。
ゆきの・阪口:ねえ?
阪口:まさかの惚気ですわ。
ゆきの:本当ですよ。
くじら:いやいやいや。
阪口:なんすか、これ。
くじら:もう本当…あ、そうそれが7年前。
阪口:ほおーん。
くじら:7年前。
ゆきの:あー。
くじら:銀魂のそうだね、途中で結婚したの。
阪口:うん。途中で。
ゆきの:はい。
くじら:途中で結婚したのw
阪口:途中で?w
ゆきの:www
くじら:そうそうそうそうw
阪口:まあまあ、丁度ね、あの4年間の放送終わった後ぐらいってことですね?
くじら:そうだね。
阪口:最初に
くじら:丁度時期が
阪口:うん。
くじら:あのー鈴くんとかと一緒だったから。
阪口:うーーーん。あ、そんなか。
くじら・ゆきの:うん。
杉田:おお。
くじら:たしか。
阪口:もう何もかもがわけがわかんねー
くじら:わけわかんない。
阪口:もう、時系列がもうめちゃくちゃなんだよぉ。
くじら:そう、鈴くんと同じ時期。
阪口:そうか。
くじら:うん。だから鈴ちゃんとこも7年じゃない?
杉田:あららら。
ゆきの:へー
阪口:ええ!?そんな!?
くじら:うん。
ゆきの:そうなんだ。
阪口:そんなか。
くじら:だから7年前に、2011年に、2011年に結婚して…あ!うちねぇ、前の年に父が亡くなって、その年に母が亡くなって、それで結婚式もやってんの。
阪口:www
ゆきの:ああ。そう、そうでしたよね。
くじら:すごいでしょ!?なんか冠婚葬祭をそこでまとめてやったっていう感じ。
阪口:括るなw
杉田:いやいや、まとめてってねw
くじら:そう、まとめたのw
阪口:言い方!
杉田:やめましょう。
くじら:すごかった。
阪口:括りはやめてください。
杉田:うん。
くじら:いやいや、本当すごかった。もうなんかね、激動の2年だった。
阪口:激動の。
ゆきの:うーん。
杉田:そりゃありますね。
くじら:うん、あの年は本当激動の2年だった。
阪口:ゆきのさん、どうですか?
ゆきの:あたしー?
阪口:12年。
ゆきの:なんだろー。引っ越した。
阪口・くじら:wwww
杉田:なるほど。
ゆきの:うん。あ!でも12年だったら2回引っ越してる。
阪口・くじら:おおー。
阪口:回数の話なんだw
ゆきの:池袋から新宿に。
阪口:から。ほお。
ゆきの:新宿から今の郊外に。うん。
阪口:うんうんうんうん。
くじら:ああー。そう。
阪口:なるほど。
くじら:いや、色々まあ、12年ってあるわよね。
阪口:www
ゆきの:12年経ちゃあ。
阪口:そんなまとめ方w
くじら:そうそうw
ゆきの:www
くじら:いや、12年ってでもどうだろ?子供の12年はやっぱすごいけど
阪口:いやーそれはそうですけど。
杉田:まあ。
くじら:大人になって12年っていって、ねえ?
杉田:そうですね。
くじら:うん。
阪口:なんも変わったイメージないからなあ。
杉田:うん。
ゆきの:あんまり。うん。
くじら:なんか芝居とかなんか変えたりとかした?wしない?変えたり。
ゆきの:芝居変えたり?w
阪口:wwww
くじら:変えたりとかした?なんか。どう?
杉田:今になって、だから巨漢とか老人の役が増えましたよね。
くじら:あ、巨漢…。あーああ、ああ。
ゆきの:ああー。 そっか。
阪口:巨漢老人かぁ。
くじら:巨漢老人…。
杉田:巨漢とかごつい役とか
阪口:ああ。
杉田:まあ、あとおじいちゃん。あの中国とかでアプリゲームですって言われて収録に行くと
くじら:うんうん。
杉田:たいていじじいふられるんですよ。
くじら・阪口:ああー
ゆきの:へー。
阪口:なんだろうね?そういうイメージなのかな?
杉田:なんかそういう。
くじら:なんだろ。なんか老成してるって感じはするからね。
阪口:まあたしかにね。
くじら:でも!でもたしかに、杉田君は子供の頃からってw子供の頃じゃないけどw
杉田:もう子供の頃でいいですよ。
くじら:19歳だったね、19歳だもんねこの子、デビューしたとき。
杉田:ああ、そうですね。最初会った時。
くじら:最初会った時。
阪口:あー。最初会った時ね。
ゆきの:うん。
くじら:それで、変わんないよ?変わんないけど、元々老成した大学生だなって思ってたwww
阪口:大学生にしては落ち着いてましたからね。
くじら:あ、そうそうそうそうそうそう。うん。
ゆきの:落ち着いてはいた。
くじら:高校のジャージで来た時にはびっくりして。でも今でもジャージで来るもんね?
杉田:ええ、そうですね。
くじら:でもジャージがやっぱりレベルアップしたやっぱり。さすが。
阪口:ww
くじら:www
杉田:まあ…。
ゆきの:レベルアップw
阪口:いまだに高校のジャージだったらおかしいですから。
くじら:そうそうwいやいやw
杉田:さすがに
くじら:もうすごい。さすがにね。
杉田:さすがに。実は持ってるんですけど。
阪口:持ってるw
くじら:持ってんの!?www
杉田:ええ。
阪口:高校のジャージ。
杉田:あの、卒業直前ぐらいに買いなおしてて
くじら:うん。
阪口:ああー。
ゆきの:へー。
杉田:こんなんもう着ねーだろって。いや、俺は今後も着るぞ!って言って。
阪口:取ってあるんだ。
杉田:そしたら意外に
くじら:あ、取ってんの?あー取ってあんだ。
杉田:今着ようとしたらこんなに細かったのかみたいになりますけど。
ゆきの:ああー。
くじら:細かった、細かった。なんかひょろってしてるイメージだったね。
阪口:ああー。まあまあまあ、ね。
杉田:はい。
ゆきの:うん。
くじら:だからがっちりしてきたなーって思った。どんどん、どんどん、ね。
阪口:うん。
くじら:だんだんだんだん大きくなって。
ゆきの:どんどん?wそんな?そんな?w
くじら:あのね、いや、本当にね、細かったの。
杉田:体重の増加は、でもあのセレスとかの頃だと57kgとか…。
阪口:ほー。
くじら:でしょ?
杉田:うん。冬を越せないって言ってたの。
ゆきの:へー
阪口:www
杉田:今、72kgぐらい。
くじら:wwwwやばいね、20kgぐらい。
ゆきの:本当に?でもそれで普通ぐらいじゃないの?
杉田:はい。
くじら:そう。
阪口:身長的に考えればね?
ゆきの:うん。
くじら:普通ぐらいだよね。細かったもん。
阪口:おおーん。
くじら:うん。細い子だ、うん。声はでも変わんないね?
杉田:そうですね。
くじら:うん。
杉田:いや、でも多少太くはなりましたけど。
ゆきの:うん。
くじら:いや、あんまり変わんないと思う。なんか印象は。
杉田:本当ですか?ありがたい。
くじら:うん。
阪口:うんうん。
くじら:だから響きが良くなったって感じ。ちょっと、ちょっと大きくなっただけ。
杉田:うん。
阪口:そうだね。
くじら:うん。
阪口:あの、細いとね。
杉田:今思ってんのはやっぱり、昔の役というか、デビュー当時の役が、ゲームがリメイクされたり
阪口:たしかに。ある。
ゆきの:うん。
杉田:すると、これの続きを撮りたいってくるんですよ。
阪口:はあーー。
くじら:ああー。
杉田:www
ゆきの:昔の作品をねー。改めてやるの大変だよね。
くじら:昔のねー。うん。
阪口:そうだなー。そうだなー。
くじら:そうだねー。あたしはでも昔からばばあだからさ。
杉田:おっとっと。
くじら:あんまり変わんないけどね。
杉田:うん。
くじら:うん。
阪口:あたしもそんなに変わってないからねw
くじら:あたしもそんな変わってないけどね。
阪口:本当ww私もそんな変わってないからあれですけど。ね。
ゆきの:www
くじら:あたしでも、20代の頃からばばあやってたけどさあ。
杉田:ああー。
くじら:だんだん、だから普通
阪口:近づいてきた。
くじら:普通。今、普通。おばさん普通だもん。
阪口:ああー。
杉田:うん。
くじら:まあ、100歳…。
ゆきの:じゃあ20代の頃って、割とこう
くじら:大変だった。
ゆきの:大人ぶってました?
くじら:うん。だから大人ぶって…w大人ぶるって程でもないんだけどw
ゆきの:www
くじら:なんかちょっと大変だった。
ゆきの:頑張らなきゃいけない。
くじら:あの、頑張んないと、おばさんっぽく…あ、ちょっと若くなってますとか言われてさ。
阪口:へー。
くじら:いや、若くなってますってw困っちゃうな、とか思ってw
杉田:ああ。
ゆきの:www
くじら:でも今は全然大丈夫。
阪口:困っちゃうw
くじら:ちょっと若い役だと、もうちょっと若くしてください。おばさんになってますとか言われちゃって。
ゆきの:うんうん。
阪口:ああ。
くじら:だからなんだろ。だんだん年にもう追いついて。
阪口:うん。
くじら:で今、100歳とかのばばあとか、そういわれるとさすがに作んないと。
阪口:100歳w
ゆきの:www
杉田:ああ。
くじら:「そうですねー。」とかって作んないといけないんだけど。あの、100歳のばばあとか。
阪口:wwww100歳こだわるなぁ。まあ、100歳年上ですからね。
ゆきの:www
くじら:あと化け物の役はずっとやってたから。
阪口:wwww
ゆきの:うーん。
くじら:化け物みたいな役ね?
阪口:化け物wwww
くじら:そうそうそうそう。
ゆきの:www
阪口:wwwww
くじら:でも一時期より、おかまの役とかは少なくなったわね。
阪口・杉田:ああー。
くじら:一時期はね、おかまの役はすごかった。
杉田:ああ。
阪口:おおっと。
ゆきの:へー
くじら:ちょうどね、大蛇丸やり始めたころ。
阪口・杉田:www
くじら:うん。
阪口:まあまあまあまあ、ね。性別わかんないっすからね。
くじら:外画でも
阪口:場合によっては本当にね。
くじら:おかま。
阪口:ほー。
ゆきら:へー。
くじら:いや、この人wなんかすっごいwハゲてるwかつら取ったらハゲてんのよ。いや、これ男だろ!?とか思ったんだけどwくじらさん、お願いしますとか言って。そうそうそうそうw
杉田:おおー。
くじら:うん。
阪口:まあまあ、でも出来ちゃうからなー。
くじら:おかまの役結構すごく多かった。
ゆきの:ねー。性別超えて出来るってうらやましいな。
阪口:すごいですよね。
くじら:いやいや。でも、そうだね。おかまの役。でも最近はなんかおかまの役もなんかあんまなくなってきたねぇ。
阪口:www
ゆきの:寂しいですか?
くじら:寂しいねー。
阪口:寂しいw寂しいんだ。
くじら:wwww
ゆきの:www
くじら:寂しいねぇ。本当にもう。
阪口:あれですよ、銀魂って結構ほら、下キツイじゃないですか。
くじら:うん?
ゆきの:うん。
阪口:下ネタが。
ゆきの:キツイね。
くじら:ああ。下ネタが。
阪口:んで、ゆきのさんって下ネタ苦手だったじゃないですか。
ゆきの:まあまあ、ね。
くじら:ああー。
ゆきの:いや、今も苦手だよ?
阪口:www
くじら:ああ、そうね。
阪口:あの某
ゆきの:別に好んで自分から下ネタをふらないけど。
阪口:あの某、鶴な、岡さんが。
ゆきの:うん。
阪口:音響監督のwww
ゆきの:はい。鶴な岡さん。
阪口:鶴な岡さんが
くじら:うん。
阪口:「ゆきのがね、ああいう役やるなんてね。感慨深いよ。」って言ってた。
くじら:ああー。
ゆきの:どういうw
阪口:www「あのね、まあね」
くじら:まあ、今でもそんなね?あれでもないんだもんね?うん、そっかぁ。
阪口:比較的だからこの番組のキャスト下ネタ苦手な女子が多かったりね。
杉田:いや、基本そうですよ。
ゆきの:うん。
阪口:くぎみーもそうだし。
ゆきの:でも台本に書かれてるんだもん。
阪口:書かれてますからね。だから勘違いしないでほしい。
杉田:だからその表現力の高さによって成立してるってだけだから。
くじら:そうそうそうそう。
阪口:成立してるんですよ。
くじら:すごいよねぇ?あたしも苦手?
ゆきの:wwww
阪口:さて、どうしたものか。
くじら:wwww
ゆきの:そんな、今の、あの、
くじら:誰もつっこんでくんないwすごく寂しい。
阪口:さて、どうしたものか。
ゆきの:あのねえ、あの、どうぞつっこんでくださいっていうものには、つっこまないメンバーが揃ってるw
阪口:wwww
くじら:ああ、そうなのね。
ゆきの:wwww
阪口:泳がせるっていうね。
くじら:本当、本当にね。
ゆきの:wwww
阪口:これはひどいな。
杉田:様子を見よう。
くじら:wwww
阪口:様子を見ようwww
ゆきの:wwww
くじら:なに様子見てんのよ!www本当に。
阪口・ゆきの:www
くじら:wwww
阪口:まあ、でも本当に長いとね。だんだんだんだん頭もね。
くじら:まあね、うーん。
阪口:だんだんそっちに慣れてきちゃって。
杉田:ああー。
阪口:うん。
ゆきの:でもね、くじらさんは毎回毎回スタジオに行くと、もうね、素直に楽しんでるから。
阪口:うん。
杉田:はい。
ゆきの:なんだっけ、いまだに覚えてるのが
くじら:え、何、何?
ゆきの:結野アナの
阪口:ああー。
くじら:ああ、結野アナw
ゆきの:そう、結野アナのちゃんとした理由を
阪口:うん。
ゆきの:くじらさんが自分の中で気付いた時の
阪口:気付いちゃったwwww
杉田:ああ。
ゆきの:もうね、大爆笑と「くだらねー」っていう笑い声がね、いまだにこう。
くじら:だってwwwくだらないじゃんwww結野アナw
ゆきの:結野アナってw結野アナってw
阪口:wwww
くじら:wwww
杉田:綺麗な声で何を言う。でもそういうことだからな。人の名前だからな。って。
ゆきの:そうそう。
阪口:うん。
ゆきの:なんか台本には、結ぶっていう字に
くじら:そうそうそう、結ぶに、野原の野ね
ゆきの:野原の野に、アナって書いてあるから。
くじら:アナって書いてあるから。
ゆきの:台本だと本当に普通なの。
阪口:字面だとわかんないですからね。
くじら:うん。そうそうそう。
ゆきの:それを言葉にすると、ああーってなって、
杉田:本当、いい加減にしろよ。
ゆきの:うん。それをどうやらスタジオで気付いたwww
くじら:wwww
阪口:気付いちゃったなー。
くじら:気付いちゃった。
阪口:音としてね、気づいちゃった。
くじら:そしたらもうちょっと、笑っちゃったのよね。
ゆきの:そう。もうね、あの…。
阪口:銀魂の笑わせたいポイントでだいたい笑ってくれるんだよ。
ゆきの:そうそう。
くじら:wwww
杉田:それ、わかりやすいですよね。
ゆきの:すごいわかりやすい。うん、バロメーターとして。
阪口:バロメーターですよ。
くじら:だって、くだらなすぎんだもん、もう。
阪口:wwww
くじら:こいつ何考えてんだ、こいつ。とかって思って。
杉田:最近ではあれですよ、梅原君が現場に来るたびに目の色が変わる。
阪口:ああ。
くじら:あ!そう!梅ちゃん、かわいい~。きれいね~、あの子。
阪口・くじら:wwwww
くじら:きれいなのよ。
阪口:もう、会うなりですよ。会うなりアプローチ始めちゃって。
ゆきの:へー。
くじら:すいません、触っていいですか?とか言っちゃってw
杉田:ひどい。ひどい。
くじら:それじゃセクハラよねぇ?
阪口:www
杉田:やめろっ!って言って。
くじら:いやいや、嫌だって言えないじゃない。
杉田:梅ちゃん、ちょっと写輪眼隠して。
くじら:wwそうそうそうw
ゆきの:wwww
くじら:フェーっとかって。
阪口:取られちゃうから。
くじら:梅ちゃん、隣でガヤやっていいですか?とかって言ってたのw
ゆきの:www
杉田:写輪眼を隠すんだ。
くじら:ちょっとwちょっと恋人同士のあれで。とか言っちゃってwガヤでww
ゆきの:wwww
杉田:ひどい。
くじら:設定言われちゃって。ああ、いいですよとか言っちゃって。かわいそうにw
ゆきの:wwww
阪口:wwww
くじら:いい?いい?とか言っちゃって。wwww
杉田:ああ、面白い。
くじら:だってあの子、きれいだよねぇ?
杉田:まあまあまあまあ。
くじら:イケメンだもーん。ちょっと驚いちゃったもん。
杉田:ええ、そうですよ。
阪口:大興奮じゃないですか。
くじら:そう。
ゆきの:wwww
杉田:内面はもっとかっこいいですよ、彼は。
くじら:ほああっ!?
ゆきの:へー。
杉田:はい。
くじら:ねえ?
杉田:うん。
くじら:かっこいいいよ、あの子。
阪口:wwww
杉田:割としっかり者なんで。
くじら:なんだよ。
阪口:急に乙女の顔に
くじら:へっ!?とか。挨拶来て、へっ!?とかびっくりしちゃってさぁ、あたし。
阪口:初対面だったのに。
くじら:初対面だったのに。初対面だったのよ。渋谷哲平にちょっと似てんのよね。感じが。顔が。
阪口:wwww顔がすぐ出てこねぇ。
杉田:はぁ…。すぐ出てこねぇ。
くじら:渋谷哲平みたいな顔なのよ。渋谷哲平をもうちょっとしっかりした顔してんの。
阪口:検索してくださいね、若い人は。
ゆきの:しっかりした。
くじら:うん。うん。うん。うん。
杉田:なるほどー
くじら:ああ、渋谷哲平ね。
阪口:はい。
杉田:うん。
くじら:あのちょっと、渋谷哲平すごく甘い顔じゃない?
杉田:ああー。
くじら:それをもうちょっとしっかりした顔なのよ。
杉田:すぐイメージできますよ。例えば、田村奈央ちゃんと高橋一生さんみたいな。
阪口:ああー。それはね、すぐ…
杉田:www
くじら:ああー。浮かぶね。
阪口:似てる。似てる。同じ系統だからね。
くじら:ああ、そっか、そっか。渋谷哲平はね、ちょっとあれなんだけど。
杉田:奈央ちゃんなんでこんなスーツ着て舞台挨拶してんのかなって思ったら、高橋一生さんだった。
阪口:高橋一生だった。
くじら:wwww
阪口:wwwwずいぶんまともなことしゃべるなあと思ったら。
杉田:そう。
阪口・杉田:ああー。
阪口:奈央ちゃんじゃなかった。
杉田:こっち高橋一生さんだ!みたいな。
くじら:wwww
阪口:まともじゃない方がね。
杉田:性別違うんだけどなあーと思うんだけど。
くじら:wwww
阪口:まともじゃない方が奈央ちゃん。
ゆきの:www
杉田:顔似てるシリーズ面白いですよね。本当。
阪口:顔似てるシリーズはね。
ゆきの:へー
杉田:うん。
阪口:うーん。ああ…。でどうする?
くじら:ああ。どこまでやったっけ?
阪口:とりあえずこのぐらいにしとくかぁ。
くじら:いいのか。ああ、このぐらいにしとく?
杉田:ふつおた、ふつおた。
くじら:うん。
阪口:うん。ふつおた行こう。とりあえず。
杉田:銀魂プレイバックでしたー。
くじら:何?ふつおたって何?
阪口:wwww
杉田:普通のオタクです。
くじら:ああ。
阪口:普通のオタクかよ。

杉田:それではここで、事前に募集した皆さんへのメール、普通のオタク、略してふつおたをご紹介するよ。
阪口:俺、そんな声じゃねーしな。
くじら:www
阪口:うん。どっちかっていうとカウントダウンTV寄りだった。
杉田:そうなんですよ。大助さんのマネってできない。
ゆきの:www
阪口:完全に。山寺さんの俺のマネひどいもん。
杉田:わあ、ひどい。
阪口:まーものまねの番組出てる人のものまねでこのクオリティか!っていう。
杉田:ああー。やっぱ出来ないんですか。
阪口:なんだあれは。
杉田:山寺さんをもってしても。
くじら:ああー。
阪口:えー、ということで、ラジオネーム夜兎兄弟さん15歳、女性の方ですよっ。
杉田:はい。
阪口:えー、皆さんこんにちは。
杉田:こんにちは。
ゆきの・くじら:こんにちはー。
阪口:アニメが急に最終回になって、銀魂ロスになっていますが
杉田:へい。
阪口:次回作銀魂ファイナル、エンドオブスカイを楽しみに待っています。
杉田:ああ。
阪口:ところで、2年後のキャラはかっこよくなったり、可愛くなったり、色々変わっていますが、皆さんはどの2年後のキャラが好きですか?教えてください。ちなみに私は神楽が超かわいいと思います。神威も見てみたいです。と。
杉田:おお。
ゆきの:うん。
阪口:2年後キャラ。ねぇ?
杉田:うん。
くじら:2年後キャラ?
阪口:まあ…。
ゆきの:うん。
くじら:www
阪口:大きく変わったのは、神楽か。
くじら:神楽ちゃん?
ゆきの:うん。
杉田:うん。まあ、新八もですけどね。
阪口:まあ、新八も変わってますけどねぇ。
ゆきの・杉田:うん。
阪口:神楽婆好きでしたけどね。
杉田:ああ、神楽婆
阪口:wwww
くじら:ああー。
阪口:いきなりばばあっていうね。あの流れ好きだったけど。2年後キャラねぇ。
くじら:2年後キャラ…。
杉田:うん。でも全キャラ見てみたいですよね。どれぐらい変わってるか。
阪口:まあ、たしかにね。
ゆきの:うん。うん。うん。
くじら:うん、そうね。
杉田:逆に全然変わらないやつがいてもいいし。
阪口・ゆきの・くじら:うん。
阪口:個人的には2年後じゃないけど、2年後…2年後なんだけど
杉田:はい。
阪口:あの、杉田君のやった偽杉好きよ?
杉田:ああw偽杉w
阪口:www
くじら:wwww偽杉w
杉田:あのごまかすやつですね?
阪口:うんw
ゆきの:wwww
杉田:もう、大変だったもうあれ。
阪口:wwww本当に
杉田:プレッシャーがすごくて。
阪口:高杉に似せてる杉田君ね。
くじら:偽杉、偽杉田君ね。偽杉。
ゆきの:ね。
阪口:子安さん寄りの杉田君。
ゆきの:うん。
くじら:wwww
阪口:ちょっと面白かった。そのあと
杉田:口調からと思って色々研究してたんですけどね。
阪口:そのあとの仏が面白くてね。
杉田:ああ、仏w
ゆきの・阪口:wwww
杉田:ガラッと変えるしかないじゃないですか、あんなの。
ゆきの:ねー。本当にねー。あれ面白かった。
阪口:もうさあ、引出し多いなあ、本当に。
ゆきの:本当。
阪口:続きまして、ラジオネームシキさん25歳、女性ですよっと。
杉田:はい。
阪口:ゆきのさん、くじろさん…
ゆきの:くじらさん
阪口:くじらさん、くじろさん
杉田:くじらさん。
くじら:くじろです。どうも、くじろです。
阪口:くじらさんに、くじ郎さんに質問なんですが
杉田・ゆきの:はい。
阪口:お二人が演じるお妙さん、お登勢さんで一番気に入っているセリフ、またはかっこよくて好きなセリフはありますか?お妙さんもお登勢さんも凛として芯がある女性で大好きなキャラなのでぜひお聞かせください。と。
くじら:うん、うん。
杉田:だってよ。
くじら:あ、あのね、ちょっと待って、今あたしね、結構気に入ってるやつをね、とってあんだ。あたし。とってるってね…。
ゆきの:ん?
阪口:wwww急にwiPadをww
ゆきの:今、今くじらさんはiPadを取り出しました。
くじら:wwww
杉田:こういうとこハイテクなんですよね、くじらさんね。
くじら:うん。
阪口:すげーな。
ゆきの:本当。
くじら:あのね、これね、あたしね、書き取ってあったの。
阪口:書き取ってあった…?
くじら:あのー
杉田:メモみたいなところにですか?
くじら:メモ。うん。あれ?こっちじゃないや。
ゆきの:へー
阪口:wwww
ゆきの:ちょっとww
阪口:その間にゆきのさんに聞いときましょうか。
ゆきの:ええ!?わたし…私はなんだろー。
杉田:くじらさん、メモならここにありますけど。何も書いてないですか?
くじら:メモ…?ここ?
ゆきの:ふって浮かぶのは…
阪口:うん。
ゆきの:やっぱバーゲンダッシュ買ってこいやってやつかなー
阪口:バーゲンwwww
くじら:あ、バーゲンダッシュ面白かったもんね。
阪口:バーゲンダッシュ買ってこいや
ゆきの:なんか最近は全くそんな…ねえ?
阪口:ねえ?
ゆきの:気配もないけど
阪口:買ってこさせないですね。
ゆきの:そう。
杉田:最初から食ってないからじゃないですか。
くじら:あ!このセリフがあたし好きなのよ。
ゆきの:え、言葉にしてください。
阪口:wwww
くじら:あ、そっか。
阪口:見えねえ。見えねーよ。
ゆきの:見えないから。
くじら:ああ、そっか。見えないか。
ゆきの・くじら:wwww
杉田:ああ、これかって今、目に入ってる。
くじら:しぶとく図太く強かにしなやかに。それが、あたしたちってもんじゃないのかい?
ゆきの:あら。
阪口:あら、あら。
くじら:このセリフ。
阪口:あら。
杉田:象徴的な言葉ですよ。
くじら:これね、こう書くように。色んな色んな、例えばほら、あの書いてくださいって色紙とか。
阪口:ああ、ああ。
くじら:これ書くようにしてるから。
阪口:へえ。
くじら:いつもこうやってメモしてあんの。
杉田:うん。
ゆきの:へー。
くじら:うん。
ゆきの:結構長いですね。
くじら:そう。でもこれ結構ね、いいセリフだなぁと思って。
阪口・杉田:うん。
くじら:そっかぁー。
ゆきの:いや、お登勢さん、すごいいいこと結構言ってるんですよ。要所要所で。
杉田:そうですよ。
阪口:ああー、はい。
くじら:要所要所ね。
ゆきの:うん。
くじら:だから、ああ、これはいいな。あたし座右の銘にしようと思って。うん。
ゆきの:うーん。
杉田:あとなんで若い頃の声から今のくじらさんに変遷してったかが気になるんですよ。
くじら:本当よね。
ゆきの:ねー!あの。
阪口:どんだけ酒焼けしたんだ。
くじら:でも、あれ、まあ…。
杉田:いや、声どころか、そう。
ゆきの:何歳で榎本あっちゃんからくじらさんに変わっちゃった
くじら:なっちゃうんだろうねwあれ何歳でなっちゃうんだろうね。
阪口:どのタイミング
ゆきの:どこ!?
杉田:骨格が
ゆきの:何歳で?
くじら:どこのタイミングなんだろーね。
杉田:顔の…。
阪口:草野球でボールでもあたったんですか?
くじら・ゆきの:wwww
くじら:そうそう。まさか。まさか。
阪口・ゆきの:www
くじら:はーっとか言ってね。
阪口:うん。高い音が出なくなりましたから。
くじら:出なくなった。ねえ?なんで?
杉田:顔の骨格まで変わってるんで。
ゆきの:ねえ。
阪口:そうですねぇ。
くじら:あれはおかしいねえ。
ゆきの:違うね。
杉田:どこがで北斗神拳を食らったんですよ。北斗神拳。
くじら:どこからこう…。
阪口・ゆきの:www
くじら:wwこれ同じ人!?みたいな感じだもんねw
阪口:どんな秘孔を突かれたんだ。
くじら:うーん。ねえ?
ゆきの:ねえ。
阪口:でも、まあまあ。
くじら:きっとなんかあったんじゃない?色々www
阪口・ゆきの:wwww
阪口:そういうのでも多いですからね。あの、この作品ね。若い頃可愛かったのに。あの吉原の時もね。
くじら:そうそうそう。
杉田:はい。ありましたね。
阪口:あのー、えー、誰だ!?えー貞友さんか。
杉田:そうです。
阪口:貞友さんに変わる前が、あの、内山夕実ちゃんだったりとか。
くじら:あ!そうそうそうそう。変わってるもんね。
ゆきの:ほー
阪口:うん。いきなりね、声がバァーンって変わったりするんでね。ちょっとびっくりするんですよね。
ゆきの・くじら:wwwww
阪口:ラジオネーム吉良キラさん、24歳女性。
杉田:はいっ
阪口:ゆきのさんがゲストに来られる日をずーっと待っておりました。ありがとうございます。
杉田:おおー
ゆきの:ありがとうございます。
阪口:私はお妙さんが一番好きなキャラなのですが、特に紅桜の銀さんを送り出すシーンがお二人の演技力も相まって、銀魂で一番のシーンだと思っています。ゆきのさんは思い出に残っているお話はありますか?くじらさんやMCのお二人のお妙さんの思い出に残っているシーンがあれば教えてほしいです。ということで。馬鹿な人ってやつですね。
杉田:はい。
ゆきの:うーん。
くじら:うーん。
阪口:かっこいい。
ゆきの:あれはなかなか。
阪口:ちょっと、ね。
ゆきの:うん。粋な。
阪口:粋な感じですね。
ゆきの:はからいですね。
阪口:ええ、ええ、ええ、ええ。ありますか?
ゆきの:なんだろーなー
阪口:お話でもなんでも。
ゆきの:うーん。まあ、あたしの中ではこう、当然やっぱり九ちゃんとのやりとりが。
阪口:おお。
杉田:ほお。
ゆきの:あるので、柳生篇は。
くじら:ああー。
阪口:うんうんうん。
ゆきの:大きいんですけど。なんかあの、シーン的なことで言えば
阪口:ふん。
ゆきの:あのー。ウイルスミスが。
阪口:wwww
杉田:ああー
くじら:www
阪口:もうー、やっぱりなー。
杉田:テストで石田さんが止まっちゃったやつだ。
ゆきの:そう。あの、あの石田彰が笑いでNGを出すっていうのはもう多分、この前も後も一生ないかもしれない。
阪口:僕も見たことないもんなぁ。
くじら:ああーーーーーーー。
杉田:とっても貴重でしたね。
ゆきの:貴重なシーンを見せてもらった。
阪口:あれはだって本当にないもの。
杉田:思い出しただけで笑っちゃう。
ゆきの:そう。あの絵とね。
くじら:石田君はあんまないもんね。それね~。
阪口:いや。
ゆきの:そう。笑ってNGを出すのはなかなかない。
くじら:笑ってNG出すのないから。
阪口:www
ゆきの:もう当然後ろでゲラゲラ笑ってるところからのね。
くじら:うん、そうそう。うん。
阪口:Yes We Canってなんだよ。
ゆきの・くじら・杉田:www
ゆきの:タイムリーだったからね。
阪口:オバマのセリフだから。ウィルスミスのセリフじゃないから。
くじら:ああ、そっか。あれオバマ!
ゆきの:そう。
杉田:あれオバマ。
くじら:ああ、そっかそっかそっか。あれオバマね。
ゆきの:で、ねえ?後ろ振り返ったらウィルスミスがwww
くじら:ウィルスミスwww
阪口:ひっでぇからな、あれ。
ゆきの:うん。あれは相当おかしかった。
阪口:相当おかしい。
杉田:Yes We C…wすいません!って笑っちゃった。
ゆきの:wwwそうそうそうそう。
杉田:くっ!って。あれ顔もまずかったですよ、キャラの。
ゆきの:そう!あの、そう、あの絵もね。本当に。
杉田:はい。
阪口:まだ、ね。オンエア前ですから。ちゃんと書き込まれてね、ぼかしも目線も入っていないっていうね。
杉田:目線入ってない状態だから。
阪口:でね、我々は見せられるわけですよ。
くじら:wwww
杉田:それでオバマなんだよなー。
阪口:うん。あれはね。たしかにね。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:そら笑うわい。
ゆきの:たしかに。
杉田:はい。ほんっとうに面白かったっすよ、あれ。
阪口・ゆきの:wwww
阪口:ええー続きまして、ベルトコンベアには気を付けろ、16歳、女性。10月7日でアニメ銀魂が終わり、毎週楽しみにしていたことがなくなって寂しいです。さて、平成も残りわずかとなりました。皆さんは平成のうちにやり残したことなどありますか?もしあったら教えてください。と。
くじら:やり残したことぉ?
ゆきの:やり残したこと…。
阪口:やり残しですって。
杉田:やり残し?
阪口:うん。平成もう終わりますからね。
ゆきの:ええー
杉田:そんな髭剃りの剃り残しみたいな。本当に。
くじら:剃り残しww
ゆきの・阪口:wwww
くじら:上手いこと言うね。すごい。1月だ。
阪口:これ出るのが…。
杉田:ひょっとして、電気?痛てぇって。
阪口:ああー。剃り残しは結構あるんだよね。
杉田:首のところになんか長ーい毛がこうやってぴろろろろ~んって何本も生えてたんですけど
阪口:ううーん。やぎみたいにね。
くじら:ああー。
ゆきの:あれなんで途中で気付かないんだろうね?
杉田:ええ。
ゆきの:すごい伸びてから気付くよね。
くじら:伸びてからあるよね。
杉田:そう。
くじら:でもね、あたしもね、ここら辺、ここにね、あ、今日出てないかな?
ゆきの:あの、ぴってね。
くじら:ぴってあんのがあんのよ。
杉田:ああ。
くじら:必ず、必ず出てんのが。
阪口:へー
ゆきの:うん。
くじら:んでそれが気になって、ああーーっとかって。あーーっとかって。
ゆきの:すごいわかる。
くじら:わかる?わかるわかる?なんでここだけ生えんのかしら。1本。
ゆきの:なんですかねー
阪口:ほおん。
くじら:やぁだ、あたしー。
阪口:ちなみにね、髭はどうでもいいんです。
くじら:wwww
阪口:やり残しの話。
くじら:何?やり残した話?あんたが剃り残しとか言うからいけないんでしょ。
ゆきの・くじら:www
杉田:僕でーす。
くじら:あんたが剃り残しって言うから。
杉田:僕です。
阪口:wwww
ゆきの:えーでもこれ…
くじら:やり残したこと?
ゆきの:これ聞かれるときにはもう年は明けてる…?
阪口:もう年は明けてます。
杉田:明けてます。
阪口:2019年です。
くじら:でも来年?来年の何月からだっけ?
阪口:4月です。
くじら:4月?
ゆきの・阪口:うん。
杉田:うん。
くじら:だから、まあ。
ゆきの:平成の間にやっときたい。
くじら:やっときたい。
阪口:平成の間にやっとこう、やっとこうみたいなことですよ。
ゆきの:うん。えーなんだろーなー。
くじら:なんだろーなー。家の整理だな、やっぱな。
阪口:普通。
くじら:すごいの。
ゆきの:あーでも断捨離したい。
くじら:でもね、すごくあんのよー
阪口:断捨離っすか?
ゆきの:断捨離したい。
くじら:断捨離しないとね。
ゆきの:うん。
くじら:家さあ!家の主人がものすごいあの残しておくわけ。色んなものを。
杉田・ゆきの:うん。
くじら:であたしが捨てるじゃない?そうするとなんか拾ってきて、「これは使うだろぉ」とか言っちゃって。使わないんだよ!?使わないから捨ててんのに!とかそういうのはあるよ。
阪口:わかるんですよ。でもねー使うかもしれないと思っちゃうんすわ。
くじら:ああー。男の人そうだよね。
阪口:うん。
ゆきの:ねえ、本当。
くじら:そう、使うかもしれないと思っちゃうの。
ゆきの:違いますよね。
くじら:そう、男の人ってそうだよ。
ゆきの:うーん。
くじら:うん。あ、使わない使わないとかってどんどん捨てちゃう。まあwそれで使う…あ!捨てちゃった!!って時もあるけど。
ゆきの:あ!ってなる時もあるけどー
杉田:しまった!使うやつだ!って。
ゆきの:うーん。
くじら:うーん。いいじゃない、とかって思って。
ゆきの:そうそうそう。
くじら:だからね、男の人は結構そう。ほら。
阪口:なんか。
くじら:大ちゃんそう?
ゆきの:大ちゃんも?
阪口:僕はもう全く物が捨てられないんで。
くじら:ああー
ゆきの:へー
阪口:物が増えていく一方ですね。
杉田:あの日の、あの日の思い出とか。
阪口:あの日の思い出wあの日の思い出、やめろぉっ!
くじら:一緒、一緒。旦那と一緒だわ。
ゆきの:あ、愛花元気?
阪口:愛花元気ですよ!今日もいますよ!
くじら・ゆきの:www
ゆきの:いるのぉ?本当?大丈夫ぅ?
くじら:wwww
阪口:まあ、大丈夫?大丈夫ですよ。
ゆきの:収録してる時になんか話しかけたりしてこないの?
阪口:大丈夫、大丈夫大丈夫です。大丈夫です。
くじら:え?え?なに?なにがいんの?
阪口:学校なんで今。
ゆきの:愛花
くじら:ああ、愛花か!ああー、ああーそっか。
ゆきの:wwww
くじら:何?何?とかってww何か持ってきたのかと思っちゃった、あたし。
阪口:wwww
ゆきの:wwww
阪口:います、いますいますいます。当然当然。
くじら:そっかぁ…。
阪口:そう、そういうものはね。まだ平成を超えても僕は付き合い続けますけれども!
くじら・ゆきの:うーん。
くじら:あたし、だって家、昭和の物もあるもんね、やっぱり。
阪口:あります、あります。
くじら:全然ね。昭和の物なんか。
ゆきの:うーん。
くじら:段ボール詰めにして。
阪口:うん。
ゆきの:えーなんだろー
くじら:だってさ、家さ、航空写真とかあんだよ?
杉田:ええっ!?
ゆきの:え?
くじら:あの、航空写真。こういう。あの、不動産屋が使う航空写真あんじゃない。
阪口:なんで?
くじら:家の主人、前不動産屋やってたのよ。
阪口:ああー。
くじら:ほいで、航空写真が。もういらないだろ、航空写真。
ゆきの:何に使うんですか?
阪口:いや、まあわかんな…。思い出じゃないですか?
ゆきの:思い出のために?
くじら:いや、だから不動産屋はさあ、お客さんとかに説明するのに航空写真であれしたりとかさ。図面とか全部やんのよ。
ゆきの:ああー。うん。
阪口:まあまあまあ。
杉田:ああーはあはあ。
くじら:だけど今はね。あるから。これ、こういうのとか。
ゆきの:うん。
くじら:こういうのってwこういうのっていっても
杉田:まあ、ハイテクなものが。
ゆきの:iPadです。
くじら:iPadです。今、iPadを指してます。
阪口:iPadを指さしてます。
くじら:そうそうそう。
杉田:まあ、ハイテクなものがね。
ゆきの:wwww
くじら:だから、いらないだろって思うんだけど。
阪口:思い出じゃないですか。
くじら:思い出かなぁ。
杉田:うん。
阪口:思い出だと思います。
くじら:あれいらないじゃないのって言ったら、「いや、使うかもしれない。」ってwwww使わないよな。使うかもしれないとは言うんだけどさ。
阪口:かもしれない運転ですよ!
ゆきの:ねえー。そうなんだねー。
くじら:思い出なんだ。そうだねー
阪口:かもしれない運転ですよ。
ゆきの:そうかぁ…。
阪口:大事、大事。
杉田:気を付けて乗んなきゃ。
阪口:気を付けて乗んなきゃ、本当に。何があるかわかんないから。
くじら:でも時々こっそりちょっとずつ捨ててんの、あたしw
くじら・ゆきの:wwwww
杉田:何やってんすかぁ!
阪口:やめてー?
くじら:色んなもんをこっそりこっそり捨ててんのw
杉田:ちょっとぉ!
阪口:怖い、怖い。
ゆきの:wwww
阪口:怖い、怖い。
くじら:だって気が付かないってことはもう
ゆきの:いらないってことですよねぇ?
くじら:いらないってことだよねぇ?
杉田:いや、それはもう妖怪航空写真がくじらさんを襲いますよ。
くじら・ゆきの:wwwww
くじら:妖怪航空写真w
杉田:次はこの空の上から落としてやる。
阪口:wwwww
くじら:やだ、やめて。やめて。
阪口:ちょっとノリス・パッカードぽかったけどね。
杉田:wwww
くじら・阪口・ゆきの:wwww
阪口:wwww
阪口:どうなんだい?杉田君はやっとくことあるかい?平成。
杉田:そうですねぇ。ヒートロットで08小隊倒すことです。
阪口:だぁからwノリス・パッカードは関係ねーだろ。
くじら:wwww
杉田:あいつ、倒してるしなあ。08小隊。
阪口:倒してるからな。
杉田:たった1機で。
阪口:ガンダムつぶしたからね。
くじら:だから。だからなんかないんですかね!?wwww
杉田:勝ったぞぉ。勝ったぞぉ。どばーん。すぐに思いつかないです。
阪口:ね。
くじら:思いつかない。
阪口:大体変わんないっすよ。
杉田:ええ。
阪口:元号変わったところで我々の生活はね。
くじら:そうだよ。
ゆきの:ね。
杉田:僕も部屋が汚いんで。あの、服をとにかく捨てないんですよ。
阪口:それな。
くじら:ああー。それね。
杉田:ええ。
ゆきの:ああ。
杉田:一番何をとっとくかっていうと、着てた服で。
くじら:服ねー。うん。
杉田:なんかこれ、なんかん時に買ったやつだーってなって捨てられなくなって。
くじら:服はなんかん時に使うかもしれないっていうのある、あたし。あの、舞台とかで使うかもしんないとか言って。
阪口:ああー、なるほど。
ゆきの:ああー
くじら:そいで残してんのよ。
ゆきの:舞台かぁ。そっか、そっか。
くじら:うん。
阪口:僕、昭和の頃に買った服まだ持ってるもん。
杉田:ええ。
くじら:あー、持ってる、持ってる。学生の時に
ゆきの:でも20年ぐらい着てるコート。たしかに、ある。
くじら:ああーーー。あるある。
杉田:だからそれどうしようかなーって思って。
くじら:でもコートは捨てにくいよね。
杉田:はい。
くじら:うん。
ゆきの:着られる限りは着たいです。
くじら:うん。で虫食っちゃったとかね。
ゆきの:あ、そういうのだったら。
杉田:あとは、母親がそれコンバートして着るようになるんですけど。
くじら:ああー。そうなんだ。
ゆきの:ああー。
くじら:えー、お母さんもあれなんだね。
杉田:着ます。
くじら:すごいマメっていうか…うん。
杉田:なんかもったいないからって言って、ズボンとかも裾も直しちゃうんで。
阪口:ああー。
ゆきの:器用。
くじら:あー、すごいねぇ。
杉田:うん。
くじら:え、杉田君のお母さんはすごいね。縫物とかが結構やるんだ。
杉田:家事全般はすごい得意ですね。
くじら・ゆきの:へーーー。
杉田:ただ、センスがやっぱちょっと。僕の親なんでやっぱちょっと変で。
くじら:wwwww
杉田:まあ、これカット覚悟で言いますけれども、何度も言ったその、ね。これはさすがにメッセージ性が強すぎるこのTシャツは。って言ってね、ラインストーンでFUCK WARって書いてあったんですよ。
阪口・くじら:wwww
杉田:これはさすがにダメだって言って捨てたら、母が気に入って着ちゃってて。
くじら:うん。
ゆきの:へー
くじら:FUCK WARを!?
杉田:ええ。近所のスーパーにそれを。
くじら:行くんだ、それで。
杉田:ええ。
阪口:かっこいいw
杉田:ばーんって現れて。
くじら:かっこいいなあw
ゆきの:まあ、日本にいる間は。大丈夫じゃないですか。
阪口:大丈夫ですからね。
くじら:大丈夫、大丈夫、ね。
阪口:それ着てね。海外行ったら。
杉田:ダメだって、母さん。
ゆきの:ちょっと、えっ!?てなるけど。
杉田:母さん、それはダメだよって言って。
阪口:wwww
くじら:そうだね。
ゆきの:でも、そういうの売ってるなあ。
くじら:wwww
杉田:うん。そういうのありましたね。
阪口・ゆきの:うん。
杉田:ええ。
阪口:なんのタイミングで買っちゃったんだろーな。
くじら:あー。なんで買っちゃったんだろーね。
杉田:戦争物が舞台のゲームに出てたとか。
阪口:ああー。なるほどね。
ゆきの・くじら:ああー。
杉田:なんとなくそんなイメージかなって思って買ったら、そぐわなかったっていう。
阪口:そう、あのね…。
くじら:ああーー
杉田:これはお蔵入りだぜってなって。
阪口:wwww
杉田:お蔵入りさせてくれなかったっていう話ですね。 はい。
阪口:さ、続きましてラジオネーム、ケチャップよりマヨネーズ派さん。20歳、女性。
杉田:まあ、混ぜてもおいしいよ。
阪口:そう、混ぜるとね、
ゆきの:うん、おいしい。オーロラソースですよね。
くじら:ああ、そうそうそう。オーロラソース?
杉田:うん。
くじら:うん。いいよね。
阪口:うん。
杉田:オーロラソースだ。そうだ。
阪口:そうですよ。混ぜればね。
ゆきの:うん。
くじら:そうだ。混ぜればね。
杉田:勝手にケチャネーズって言ってたから。
阪口:ああ。
くじら:ケチャネーズぅ?
ゆきの:www
阪口:ケチャネーズでもww
くじら:ケチャネーズ
阪口:マヨップでもいいけどね。
くじら:マヨップ
ゆきの:マヨップw
阪口:ええ。
くじら:ああ!マヨップ…マヨップ可愛い、なんか。
ゆきの:wwww
くじら:「マヨップよ!マヨップです!」みたいな。
阪口:話が先へ進まないぞぉ!
杉田:いや、ケチャネーズだ!!
くじら:wwwwマヨップです!マヨップです!
阪口:戦争だー
くじら:はいどーぞ、はいどーぞ。
阪口:母が私より銀魂好きになり、ここ最近は1日1話は必ず銀魂を見ています。
杉田:なんだと!?
阪口:おおー。お母さんすげーな。
ゆきの:うん。
阪口:皆さんは、これをやらないと気が済まないなんてことはありますか?と。
杉田:気が済まない。
阪口:うん。
くじら:気が済まない?
阪口:1日1回これやっとこーかぁ。みたいなこととか。あります?
くじら・ゆきの:wwww
阪口:さっきまであんなにwwラジオネームであんなに盛り上がったのにw
くじら:マヨップマヨップとか言ってね。
杉田:あら、ぴたーっと止まったぞ?
ゆきの:www
阪口:おいおい、なんだこれ。
くじら:ええー?
杉田:なんだこりゃあ。
くじら:1日1回
阪口:普通の会話が出来ないのか。
ゆきの・杉田:wwww
くじら:考えたこともない。思いもつかないもん。
阪口:1日1回なんかやりません?こう習慣づいてる…。
ゆきの:なんかルーティーンとして
阪口:うんうん。
くじら:歯磨くとかそーゆーやつぅ?
阪口:普通だ!
くじら:wwww
阪口:それはみんなやってるやつだ。
ゆきの:あの、白湯を飲むとか。
阪口:ああー。いいです。白湯ギリギリOKです。
ゆきの:ギリギリOK?
阪口:みんながやってるわけじゃないんで。
くじら:ああ、そっか。
阪口:歯を磨くはみんなやってるんで。
くじら:ああ、やってるからか。ああ、ああ、そっかそっか。
ゆきの:wwww
阪口:ならではのことが聞きたいわけですよ。
杉田:うん。
ゆきの:ならでは。
くじら:ならでは…。なんだろ…。
阪口:白湯を飲むでもいいわけですよ。
くじら:青汁を飲むとかそういうの?
阪口:おおー
ゆきの:ああー
杉田:いいんじゃないですか?
くじら:ああ!そうそう、あたしね、大麦青汁って言って、
阪口:よく通販であるやつですか?
くじら:あの血糖値を気を付けましょうっていうやつ飲んでる。
ゆきの:へー
杉田:ありますあります。
くじら:うん。ちょっと、ちょっと心配だから。
阪口:wwwwそこ心配してるんですねww
くじら:そうそう。
阪口:いいですね。ああー。
ゆきの:えーなんだろー
くじら:結構…健康…。だってさあ、あたしたちの年代よく死…ねえ?死にそう…。
阪口:やめなさい!なあんで全部そっちに行くんだよ。
ゆきの:カットするかもしれないwwww
杉田:もう。
くじら:だってー。だって、だってー。
阪口:全部そっち行くから、もう。
ゆきの:うん。
くじら:ちょっと気を付けなきゃいけないかなってもう。
阪口:健康…ああ、青汁ね。
ゆきの:健康にはね?
阪口:ね?
杉田:僕は鼻うがいです。
阪口:おお!
くじら:ああ!
ゆきの:あー
くじら:あ、鼻うがいはやるね?この時期は必要よ?
ゆきの:鼻うがいは難しそう、でも。
くじら:あ、大丈夫だよ。あのねえ、ちょっと塩分の濃いめ?
ゆきの:でもなんか濃度が…。
くじら:海の水ぐらいの。海の水ぐらい。だから1%…
阪口:海の水ぐらいw
ゆきの:www
阪口:あんまり海の水飲まないから。
ゆきの:飲まないから。
くじら:ちょっとしょっぱいよ、だから。かなりしょっぱい。
ゆきの:うん。
阪口:おお。
くじら:それを、こう、すーってこっからこう、こうやって。こうやって鼻の
阪口:wwww
杉田:くじらさんがなんか別の物キメてるみたいな。
阪口:映像見せたいわ、もう。
ゆきの:もう、映像をお見せできないのが本当に残念です。くじらさんが今やってくれてます。
杉田:鼻フックですよ。鼻フック。
くじら:って出すの。
杉田:鼻フック。
ゆきの:それ、コップ…コップで鼻から入れるんですか?
くじら:いや、あたし入れちゃう…っていうか、ががががって。
ゆきの:だーってこぼれませんか?
くじら:大丈夫。こうやってね。
ゆきの:鼻に上手く入るんですか?
杉田:俺は、鼻フック船長だ。
くじら:wwww
杉田:くらえーっ!
阪口:ワニに食われるから。
くじら:こうやって、こうやって。
阪口:これは見せたいなー。
くじら:ってやって、カ~~~って出すの。
ゆきの:へー
くじら:そうすると。
阪口:これはね。でも今、ねえ。鼻うがい専用のもありますからね。
くじら:あ!あるある!こういうのある。花粉症用の。
杉田:ありますよね。
くじら:そっちの方が便利かも。
杉田:便利
阪口:便利便利。
ゆきの:あの、上手くこう、鼻から口に出せないような気がして。
阪口・杉田:ああ。
くじら:出せる。あのねえ、普通の水だったらここがつんつんして痛いけど
ゆきの:痛い、痛いでしょうけど。
阪口:うん。
くじら:あのー、塩水だと大丈夫。であと鼻うがい用の溶液あんじゃん?
杉田:そうです。
ゆきの:うん。
くじら:あのー、ね、花粉症の時期とかに出る。
ゆきの:うん。
杉田:あります、あります。
くじら:あれだと結構便利。
杉田:あれ便利ですよ。
阪口:持ち運びできるやつもあるしね。
くじら:このままこう、ガッガッてやればいいから。
ゆきの:www
阪口:見せたいわー
くじら:wwwwいや、でも本当に。
ゆきの:この映像をお見せしたい。
杉田:ビジュアルがすごい、ビジュアルが。
阪口:本当に。
ゆきの:wwww
阪口:置網を食べてるくじらのようなもう。
くじら:でもそうするとさあ、あの、あの、何?すごい黒いもんとか出てくんだよね。
ゆきの:ええっ!?そうなんですか!?
くじら:うん。
杉田:うん?
くじら:あの、ホコリとか。
杉田・阪口:ああー
阪口:wwww黒いものww
くじら:黒いもの、たぶんホコリだと思うんだけど、ホコリっぽいところ。
阪口:黒いww
杉田:それはあの、たぶん、くじらさん、乾燥に伴ってできる、膿栓って言われる
くじら・ゆきの:膿栓?
阪口:膿みたいなものですね。
杉田:膿みたいな塊が出てきますよ。
くじら:あ、それなんだー
ゆきの:本当に?
杉田:それつぶすと下水みたいな臭いがしますからね。
くじら:ええーーっ!?
杉田:ええ。
ゆきの:へー
阪口:膿だから。膿の塊なんで。
くじら:あ、そうなのー?膿なんだ。
杉田:うん。
くじら:かっ!ってやると、なんか黒いものピッて出ちゃったりとかすんのよ。
杉田:ああ。
ゆきの:へー
くじら:なんか飼ってんのかしらみたいな。
杉田:この辺にたまってるものかなぁ?
くじら:あ、ここら辺にたまってるものなのか。
杉田:扁桃腺かなんかのあたりにできるんですよ。
くじら・阪口:ああー。
杉田:うん。
ゆきの:あれ、でもその辺までちゃんとすすげるってことなんだ。
くじら:ここら辺、ここら辺、ここら辺のこういうのが流れるの。ここの。
ゆきの:あ、じゃあすごいすっきりする感じですか?
くじら:うん。だからあたし
杉田:くじらさんの副鼻腔炎が…あ、副鼻腔がどうなってるかによるんですけど。
くじら:そうそうそう。
ゆきの:うーん。
くじら:だからこんな風になってんじゃないの?
杉田:また…え?こんな風に?
阪口:wwww伝わらないもの。
ゆきの:wwww
杉田:こんな風?
くじら:wwwちょっと
阪口:伝わらないもの。
くじら:やだ、もどかしい。
阪口:もどかしいね。
くじら:もどかしい。こういうんですよ、みなさん。こうなのよ。
ゆきの:wwww
杉田:俺ぁ、鼻フック船長だ。
阪口:だあ、いーよ。
くじら:いーから、もう。
阪口:ワニに食われろよ、もう。
くじら:wwww
ゆきの:wwww
阪口:wwwwえー続きまして、ラジオネーム、メープルさん。13歳、女性ですよ。女性っていう感じですね。13歳ですか。中学生ですか。
くじら:中学生だ!
杉田:いやいや、自分をそうだと思い込んでる中年のおじさんから。
阪口:やめてください。
くじら・ゆきの:wwww
くじら:やめなさい。やめなさい。
阪口:チコちゃんの(5さい)みたいなもんなんです。
くじら:チコちゃんwチコちゃんかっこwちょっとよだれ出ちゃったw
阪口:お妙さんといえば、弟思いでとても優しいですが、皆さんは思わず優しくしたくなっちゃう可愛い弟のような存在はいますか?もう、梅原君は解放してあげてください。
ゆきの:www
杉田:写輪眼は取らないで。
くじら:いや、あんたたちだって、あんたたちだって可愛いから。可愛いから。
くじら・阪口:wwww
阪口:この空気はなんなんだ、だから。
くじら:あら?なんのあれにもなってなかった。
ゆきの:wwww
杉田:なんてこったい。
くじら:なんてこった。
阪口:ひどいよ。
杉田:なんてこったい。
くじら:あんたたちも可愛いから。弟みたいだから。
阪口・くじら・ゆきの:wwww
杉田:さすがだ。
くじら:え、そーだよねえ?あたしが1番上だよね?
阪口:そーだよねえ!?
ゆきの:そーだよねw
くじら:wwww
杉田:そりゃ、そうなります。
くじら:そうだよね。1番上だよね。
杉田:まあ、そうなりますわ。
くじら:あーよかった。
杉田:なりますわなぁ。
阪口:自分の気持ちに自信持ってくださいよ。
ゆきの:wwww
くじら:そうそうそうww
阪口:なぁんですか、そうだよね?って。
くじら:いや、そうだよね。そうそうそう。
ゆきの:wwww
阪口:うーん。
ゆきの:まあ、あの、あたしは銀魂の収録の時には、もう、中井和哉さんっていう…
阪口:wwww
くじら:そうだ!
ゆきの:大事な弟を。もうそれはそれは大事に扱ってます。
くじら:え、和哉、和哉より上?
ゆきの:え、和哉より下です。
くじら:あ、下?
ゆきの:はい。
くじら:あ、あれ?弟…?あ、そっか。
ゆきの:あ、そう。だけど、弟のように、こう可愛く可愛く、丁重に扱ってますよ。
くじら:あー、そっかそっか。
阪口:おーっと。完全に和哉さんは逃げてますけどね。
ゆきの:いや、逃げてない、逃げてない。照れてるだけだから。
阪口:wwww
くじら:あれ、照れてるんだ。
阪口:照れてる。
くじら:照れ屋だからね、和哉はね。
阪口:和哉は
ゆきの:和哉照れ屋さんだから。
くじら:wwww
阪口:和哉…和哉呼ばわりですからね。
杉田:ええ。
ゆきの:www
阪口:そうですか。あれはちょっとしたコントですからね。毎回ね。
杉田:ええ。完全に。
ゆきの:いや。で、うん。なんかたまーに、和哉が隣じゃなくて
阪口:うん。
ゆきの:彰が隣の時には
阪口:はいはいはい。
ゆきの:彰が「和哉じゃなくてごめんね」って。
杉田:wwww
阪口:ああー
くじら:彰ちゃんも可愛いね。
ゆきの:うん。彰も可愛い。
くじら:彰ちゃんも可愛い。
阪口:なんだこれw
ゆきの:www
杉田:なんだこの空間。
阪口:おおん。
くじら:彰ちゃん、彰ちゃんってあれ下?上?
ゆきの:いや、あたしは彰よりも下です。
くじら:彰ちゃん、下?あ、そっかそっか。もうやーだ。
阪口:さっきからね、全員年上ですから。
くじら:あ、年上なんだ。
阪口:おおん。
くじら:やーだ、あたしより年上探すの大変。若本さんぐらいだもん、上。
ゆきの:でも千葉君は一緒です。
杉田:ああー。
阪口:wwwww
杉田:あれ?立木さんは?
ゆきの:え、そう、立木さん…
くじら:あ、立木さん…立木さんは、実は1個下なんでしゅ。
杉田:あれれれ。
ゆきの:あーそうなんだー
阪口:ああー
杉田:ありゃりゃりゃ。
くじら:あたしは35年で、立木文彦たぶん36年。
ゆきの・阪口:へー
くじら:うん。うん。うん。ほぼ同い年だけどね。
杉田:まあ、たしかに。
阪口:まあまあ。それはね。
ゆきの:1年や2年。
くじら:そうそう、1年だからね。
阪口:1年や2年はないようなものですよ。
くじら:そうすると若本さんぐらいです。
阪口・くじら:wwww
くじら:やだー。そう思うとやだー。
阪口・ゆきの:そう思うと!?
阪口:急に現実に戻るのやめてくださいよ。
くじら:そう思うとやだー。
ゆきの:でもスタジオの中では1番可愛いですよ?
くじら:誰?
ゆきの:くじらさんw
阪口:www
くじら:ああ、あたしwありがとーう。
くじら・ゆきの:wwww
杉田:一体何が起きた!?
くじら:どうもありがとう。
ゆきの:wwww
くじら:でもさ、はしゃいじゃうよね。なんか銀魂の現場って。wwww
ゆきの:1番はしゃいでるから。
くじら:ああ、そっかそっか。
阪口:wwww
杉田:1番ね。
くじら:なんであたしはしゃいじゃうんだろう、あの現場。ね。あ、でもどの現場でもだいたい、大概はしゃいでるかもしんないけど。
ゆきの・阪口:wwww
くじら:そうそう。だからね、他の現場でみんなに会うと、なんかちょっと面白い。ちょっと面白い感覚なんない?
阪口:ああー
くじら:なるよ、なる。
杉田:今日銀魂じゃないですよって言い方するもんな、たしかに。
阪口:たしかにね。
くじら:ね。
ゆきの:へー
杉田:くじらさん、いいですか?って。
ゆきの:ああ、ああ。
くじら:いいですか?とか。
杉田:うん。
くじら:だから他の現場で会ったりとかするじゃん?そうするとなんかちょっと、へっ!?いた!?みたいななんかw
阪口:wwww
くじら:えっ、なんだこれ、えっ!?とかって。
ゆきの:うん。
阪口:ああー
くじら:なんでいるの?みたいな。なんか。
ゆきの:おとなしいってことですか?
くじら:いやいやいやいや、じゃなくて。いや、ちょっとなんか面白い。感覚的に。
ゆきの:へー
阪口:家族に街中で会った感じですか?
くじら:うん。
杉田:うーん。
ゆきの:ああー!なるほどー
くじら:そいで、なんか違う役とかやってんじゃない。
杉田:うん。
阪口:うんうん。
ゆきの:うん。
くじら:もちろんあたしも違う役なんだけどw
阪口:いや、そうでしょう。
くじら:wwww
杉田:でしょうよ。
阪口:でしょう。
くじら:なんだかさ、ええーっとかって思っちゃってさ。
杉田:でしょうよ。
ゆきの:うんうん。ああーそっかそっか。ああ、ああ。
くじら:釘宮ちゃんにね、この間ね、外画かなんかで会ったのよね。
ゆきの:うんうん。
くじら:したらなんかすごく釘宮ちゃん自身が、「くじらさん、なんかすごく新鮮です」とか言ってw「それも外画の現場で会うなんて新鮮です」とかって言われて。
阪口・ゆきの:wwww
くじら:そーだよね。あたしもすごく新鮮。これ銀魂じゃないよね?って。そりゃ、そうだよね。
ゆきの:あー。そっかそっか。なるほどね。
くじら:そりゃそうだよ。
阪口:そらそうです。
くじら:そらそうだよ。
阪口:アルとか言ってないはず。
くじら:あー、そうそう。
阪口:アルとかいう外画はないですから。
くじら:あーそっか。wwwww
阪口・ゆきの:wwww
杉田:本当だ。
ゆきの:「そうアル」とか言わないから。
くじら:そうアル
阪口:そうアルって
ゆきの:wwww
くじら:違う芝居してるからびっくりしちゃった、もう。
ゆきの:wwww
阪口:いや、そりゃそうですよw
杉田:そりゃそうだ。
ゆきの:そう、たしかにね。
阪口:さあっ随分ふつおた読みましたけどね。
杉田・ゆきの:はい。
阪口:この中から1通、僕らのサインが入った何かを差し上げるんですけど、みんな覚えてますか?
ゆきの:何?
杉田:航空写真くれよーぜ。
ゆきの:えー
くじら:あ、航空写真!?
ゆきの:航空写真…
阪口:航空写真って
くじら:何か捨てられますかの人ぉ?
杉田:うん。
くじら・ゆきの・阪口:wwww
くじら:そうだ、家の旦那の話だ。航空写真は。
阪口:たぶん航空写真は撮ってないと思いますけどね。
ゆきの:うん。
阪口:ええ、断捨離の人にしますか?じゃあ。
杉田:そうしますか。
くじら:そうしますか。
阪口:ベルトコンベアには気を付けろ、16歳の方に。
くじら:ああ、いいじゃないの。
杉田:だから航空写真がいっぱい送られてくる。
阪口:航空写真w
ゆきの:wwww
くじら:航空写真がいっぱいってwあ、家の航空写真送っていい?
阪口:やめてwwやめて。何に使うかわからないから。ということでおめでとうございます。
くじら:wwww
ゆきの:おめでとうございます。
杉田:おめでとうございまーす。
くじら:おめでとうございやーす。
阪口:以上、ふつおたでしたっ。

阪口:特別企画ぅ~。2年後の世界~。
杉田・くじら:よっ
阪口:はい、つーことで、この8巻から2年後の世界が舞台となる銀魂でございますが
杉田:はい!
阪口:えー2年後の自分、2年後の世界はどう変わっているか。
杉田:はいっ
くじら:おおっ
阪口:リスナーの皆さんの未来予想を募集しましたー。
杉田:はい。
阪口:ちなみに皆さん、2年後はどうなっていると思いますか?ということで。
くじら:ああー
阪口:もう元号も変わった2年後。皆さんどうなってますか。
ゆきの:うーん。ねー
くじら:あたしは還暦です。
杉田:おっとっと。
くじら:おっとっと。
阪口・ゆきの・杉田:おおーーーーーーーーーーーーー
くじら:おおーーーーーーーー
阪口:おおーーーーーー
くじら:昔還暦って言ったらさ、すっごい爺さんとか婆さんだと思ってたけど
杉田:はい。
くじら:自分がなるって…まあ爺さん婆さん、あたしは爺さんじゃないよ?
杉田・ゆきの:wwww
くじら:婆さんだけど
杉田:面白い
阪口:だけど?
くじら:でも、でもちょっとね、ちょっと「えっ!?」っていう感じ。
阪口:ああーまあまあまあ。
くじら:還暦だよ?
杉田:世の中の60代、70代元気なんで
ゆきの:ううーん。
くじら:ああ、そうだねー。
阪口:今の60代は全然若いですよね。
ゆきの:1番元気。
くじら:うーん。
杉田:いやー、でもこの間だって「今日も元気!譲治だよぉ!」って言って。
阪口・くじら・ゆきの:wwwwww
杉田:スキップしながらこう、譲治さんが動画を上げてる時代ですから。
ゆきの:あ、見た見た。うんww
くじら:譲治さん60?
杉田:代だと思いますけど。
くじら:あ、代?
ゆきの:そうなんだー
杉田:正確な年代わかんない。
阪口:うん。
くじら:あれ、あたしと同じぐらいじゃない?
阪口:ぐらいかな?
くじら:まだもうちょっと間があるんじゃない?だから。
杉田:ああー
阪口:だから2年後ぐらいにはもしかしたら還暦になってるかも。
くじら:あと2年後ぐらい。もしかしたら1個上か…うん。でも真弓さんなんかもそうだもんね?
杉田:ええ。
くじら:もう立派に。だから和彦さんも。
杉田:ああー元気だわー
くじら:和彦さんなんかあなた、もう高齢者のって言われる年になんじゃないの?
阪口:ねー。
杉田:でも最近ちょっとそういうのネタにしてるんですよ。
くじら:うーん。うん。
杉田:その女性向け恋愛ゲームのイベントに皆で出た時も
くじら:うんうんうん。
杉田:じゃあ20周年もやりましょう。って「10年後かぁ…生きてるかなぁ?」って言って。
くじら・阪口:wwww
杉田:余裕余裕!余裕余裕!!
くじら:まだ、生きてはいるんじゃないの?
阪口:生きてww言い方!
ゆきの:wwww
くじら:生きてはいるww
杉田:よくわからない面白ネタを言うようになったんですよ。
くじら:ああー。やっぱりね。
ゆきの:へー
くじら:ちょっとネタにするよね。あたしも還暦…うん。
杉田:何言ってんすかぁ!!って。
阪口:wwww
くじら:だからちょっと還暦なんかやってくれる?wwww
杉田:ええーっ!?
くじら:なんかイベントとかやってくれる?
阪口:還暦…還暦祝いします?じゃあ。
くじら:本当ぉ?
阪口:赤いちゃんちゃんこ。
ゆきの:赤い何か。
阪口:赤い何か。
くじら:ちゃんちゃんこ。本当?赤い何か。
阪口:赤いくじら。赤くじら。
ゆきの:赤wwww
くじら:そうそう、赤くじらw
阪口:wwww
くじら:な、なんかw
ゆきの:ちゃんちゃんこ着ます?
杉田:みんなで…。みんなでケチャップでもかけましょうか?
阪口:ケチャップw
ゆきの・くじら:wwww
くじら:マヨップです。さっきの、さっきのじゃん。
杉田:くらえって。
阪口:くらえw
くじら:ああーーー真っ赤だ!
阪口:くらえって言った時点で祝ってねーから。
くじら:うん。祝ってない。
阪口:うん。
くじら:本当に。
ゆきの:じゃあくじらさんを横にして女体盛に。
阪口:wwww
杉田:大変だー
阪口:言い方よ。
くじら:あーー。いーねー、いーねー。
阪口:なんで喜ぶんですか。
ゆきの・くじら:wwwww
杉田:一気にパージングしちまうぜ。
阪口:ゆきのさん、どうですか?2年後。
ゆきの:えーなんだろー。全然変わってない気がするー
阪口:そうなんですよね。さっきの12年後で変わってないってことは2年後ぐらいじゃ変わんないですよね。
ゆきの:うーん。そうそう。うん、そーねー。
阪口:世の中変わってるんですかね?
杉田:でもあの、税率が変わり…
ゆきの:うーん。
くじら:wwww
阪口:生々しいな。
ゆきの:痛い。
杉田:オリンピック…
くじら:あ、オリンピックだもんね?
ゆきの:あ、そうだオリンピックがあるんだねー。
阪口:そうですね。うん。
くじら:2020年?
杉田:が終わって
ゆきの:終わってるぐらい。
くじら:あ!
阪口:2年後だと終わってますね。ちょうど。
ゆきの:ちょうどね。ちょうど2年後ならね。
杉田:また地価が変わって
ゆきの:うん。
くじら:うーん。そうだねー
杉田:僕があの整体の先生がすっごいあのー土地とマンションの話ばっかりするんですよ。
阪口・くじら:wwww
ゆきの:詳しいの?
阪口:不動産。
杉田:うん。どうもそういう患者さんが多いらしくて。
阪口・くじら:ああー
ゆきの:へー
杉田:さっきまでそういう話してたんですけどもうね、杉田さんね。って。広尾がいいわよ?って。
阪口:wwww
くじら:広尾?
ゆきの:広尾がいいの?
くじら:あ、広尾がいいの?
杉田:なんか地価が変わらないからって。
阪口・ゆきの・くじら:ああー
阪口:安定してるってことね?
くじら:そっかそっか。
杉田:そんな。
ゆきの:オリンピックが終わってからの地価が問題なんだよね。
杉田:そうなんですよ。
阪口:うん。
くじら:ああー。すごいwすごいなんかww
ゆきの:あたしね、もうね、郊外から都心に帰りたーい。
阪口:帰りたいw郊外は郊外でいいですよ?
くじら:え、どうなの?
ゆきの:住みやすいけど
くじら:郊外は住みやすいでしょー?
ゆきの:そう、住みやすいんですよ。
くじら:うん。
ゆきの:住みやすいけど、都心に仕事に行くのがしんどいんです。
杉田:うん。
阪口・くじら:ああー
阪口:まあ時間もね。
くじら:仕事してるうちはやっぱり都内に住んでた方がいいかもよ?だって、だって大体都内でしょ?あたしたち。移動。
ゆきの:いや、そうですそうです。
阪口:まあ、そりゃそうです。
くじら:あんまりないよね?
阪口:うん。
ゆきの:ないない。
くじら:地方ロケとかあんまないもんね。
杉田:なんか言ってたなぁ、虎の門なんかは新しい地下鉄の駅が入るから狙い目だって。
阪口:ああ。
くじら:でも虎の門なんか住むとこあんの?
ゆきの:へー
杉田:だからそう思うじゃないですか。
くじら:うん。
杉田:結構マンション建ってるんですよ。
くじら:あ、あ、そーう。
ゆきの:あ、そうなんだー
阪口:へー
くじら:へー
ゆきの:え、スーパーとかもないよねえ?
くじら:あ、ないよねえ?
杉田:ビジネス街のイメージだけど、ちょっとずつマンションが建ってる。
阪口:でもマンションがあるってことはスーパーもできるってことじゃないですかね。
杉田:まあ、できる
くじら:できるってことだよね?
杉田:なるほどなって聞きながら、僕に関係あるかな、この話って思いながら。
くじら:でもファミリー向けではないわね、虎の門。
阪口:まあ、もちろんそうでしょうね。
杉田:もちろんです。
くじら:うーん。
杉田:オフィス街ですからね。
くじら・ゆきの:うーん。
阪口:まあ、仕事に使うような。
くじら:使うに分はいいんじゃないの?
阪口:いいんじゃないですかね。
くじら:もう1軒持っとけば?ねえ?
杉田:いや
ゆきの:大ちゃん。
阪口:やーだー
杉田:僕が仲いいやつが四谷か青山にマンションを建てようとしてるんで
ゆきの:建てようとしてんの!?
くじら:うそっ!?
杉田:はい。
くじら:あたしも、あたしもちょっと入れて!
ゆきの:本当!?あたしも入れて!
阪口:wwww
くじら:四谷がいーなー、あたし。
阪口:ピラニアの群れだ。
杉田:1階をスタジオにしろって言って脅してんです。
ゆきの:あ、いーねー
阪口:それはね、大事だと思う。
くじら:四谷にしなよ。四谷に。
杉田:そう。
くじら:家からも近いし。
ゆきの:ペット可にして。ペット可で。
阪口:wwww
くじら:あ、そう!ペット可にして?
ゆきの:うん。
くじら:うん。
杉田:建てろ建てろ!スタジオにしろ!って今必死に洗脳してるんですけど。なかなか。
ゆきの:いーね、いーね。
くじら:紹介して?
阪口:同業者しか住まねーよ。
杉田:本当ひどいよな。
くじら:紹介してw
阪口:大丈夫か?
杉田:サメだ。俺たちは。俺らサメや。
ゆきの:マンション声優とか言ってwww
阪口:そう、マンション声優
くじら:声優しか住まないマンション
ゆきの:そうそうそうw
くじら:あ、ちょっといーんじゃないのー?
ゆきの:ねー
くじら:名物になるよ?
杉田:俺らサメ。
阪口:出待ち入り待ちだけになりますよ、そんなもん。
くじら・ゆきの:wwww
杉田:サメだ、サメ。
阪口:こえーよ。
ゆきの:www
阪口:えーじゃあ行きましょうかね。これ名前読んじゃっていいのかしらね?山本さんです。15歳、女性。私は今中学3年生で受験生です。
杉田:はい。
阪口:今年の春には…あ、来年の春には晴れてJKになれるはずです。
杉田:なるほど。
阪口:そんな私は3歳の頃からサッカーをしていて
くじら:おおっ
阪口:県内に大学進学と女子サッカーを兼ね備えた高校がないため、県外の高校を受験しようと考えています。
杉田:ああーなるほど。
くじら・ゆきの:ああー
阪口:なので2年後の自分はバリバリ活躍して、無名のチームの名を全国に響かせていることでしょう。夢はでかくエース。エース番号10を背負って全国制覇です。ということで。
杉田:すごいなんか。
くじら:すごいなー
阪口:前向きなやつ来た。
ゆきの:すごいねー。
くじら:いーねー
杉田:マガジンの少年漫画の主人公ですよ。
くじら:そーよ。
阪口:大事、大事。
くじら:もうさー、ちょっと頑張れって言いたいね。山本さん。山本さん、頑張れ!
ゆきの:うん。頑張れ!
阪口:重國。重國頑張れ。
くじら:いーな、やっぱ、そういうね。
杉田:しかも女子でしょ?
ゆきの・阪口:女子。
ゆきの:女子サッカー
阪口:女子サッカーはね、大変なのよ。
くじら:女子サッカー大変なんだよね。結構。
阪口:あの本当アイナック以外はね、プロ契約してるチームがほとんどないんで。
くじら:うん。うん。うん。うん。
阪口:みんな働きながらサッカーやってますからね。
ゆきの:ねー本当にそうだよねー。
くじら:だからさ、サッカーがちゃんとすればいいのにね。ちゃんとスポットが当たればいいよね。
ゆきの:本当そう思う。
くじら:やっぱ2年後にさ、スポット当たってるといいよね。
阪口:うん。
杉田:なかなか女子サッカーも
ゆきの:女子サッカーが
くじら:日本のでも女子サッカーは強いんだよ?
杉田:いや、そうですよ。
阪口:いや、わかりますよ。
くじら:うん。
阪口:強いんですけどね。
ゆきの:もっと待遇が良くなればね。
くじら:そう。
杉田:そうなんですよ。
くじら:だからまあ、プロって難しんだね。プロってね。
杉田:難しいですね。
阪口:プロ契約はね本当大変で。プロでもう1000万もらえる選手はいないので。女子サッカーに関しては。
杉田:ああ。
くじら:だって女子サッカー関してはさ、みんな見ない。そんなにないもんね?その
阪口:テレビ中継もないですからね。
くじら:してる…。ファンもね。
杉田:あんまり成果を出してても注目が集まらないから。
阪口:そうなんですよね。
阪口:なかなかね。大変だから。
杉田:漫画とかアニメとかゲームでね?そういう女子サッカーものって
ゆきの:うん。
くじら:そうだよ!女子サッカーものやればいいのにね。
ゆきの:増えればいいのに。
杉田:あるんですよ?
ゆきの:あ、本当―?そうなんだ。
杉田:あるにはあるんですけど、どうも際物扱いされちゃう。
ゆきの:えー。そうなんだー
くじら:あらー。そっかぁ。キャプテン翼があんだからね?
杉田:ええ。
ゆきの:うん。
阪口:まあ、あ、そうですね。
くじら:キャプテンゆかりとかそーゆーのにしたら。
杉田:いやいやそれは。
阪口:誰だ、ゆかり。
くじら・ゆきの:wwww
杉田:ちょっとくじらさん、セインティア翔の話はどうなるんですか。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:セインティア翔はな、まあ、それはそれで置いといてな。
杉田:ゆきのさん、女聖闘士の役やってw
ゆきの:wwww
阪口:女聖闘士といえば
くじら:聖闘士w
杉田:走りだった人だ。
ゆきの:いやいやいやいやwwww
阪口:えー続きましてシキさん。25歳、女性。転職して上京してると思います。地域格差のあるアニメ放送から解き放たれ、休日アニメ三昧してると思います。
杉田:うん。
ゆきの:ああー
阪口:アニメのイベントにもっと積極的に参加してると思います。そんな未来計画。と。
杉田:なるほど。
くじら:うーん。
阪口:まあ、たしかにね、東京…
杉田:まあ、インターネットのチャンネルもありますからね。
くじら:うん。
阪口:そうです。
ゆきの:うーん。
阪口:イベントに関してはたしかにね。首都圏に集中するんで。
くじら:たしかに。首都圏…そうだね。
ゆきの:そうだねー
杉田:足運ばなきゃいけないんで。やっぱり。
ゆきの:そうそう。
くじら:だってやっぱり結構さ、もうそういうものってさ、地方でもさ、あの大阪とかさ首都圏本当にそういう風になってるからさ
阪口:うん。
くじら:ほら茨城とか栃木とかないもんね。ここら辺の近辺でも。
阪口:なかなかないです。なかなかないです。
ゆきの:うーん。
阪口:あーの最近はね。
くじら:だから来てくれればなーっていう人いるけど、来ても集まってくれなきゃ困るからね。
ゆきの:うん。
阪口:泣けてくる。泣けてくるなあ。
ゆきの:そうなんだよ。
杉田:なるほどにゃー
くじら:あのね、なんか関東ってやっぱり東京に出てくればいいとかってやっぱ思うから
阪口:うん。
くじら:だから難しいんだってね。
阪口:ああ、ああ、ああー
くじら:あのー東京出てくればいい
阪口:茨城と
くじら:茨城と…そうだから
阪口:群馬とか
くじら:群馬、とか。まあそこら辺の埼玉でも。
阪口:まあでかい箱でやってるやつを見に来て
くじら:うん。うん。うん。
ゆきの:うん。
阪口:自分ところではっていうことですかね。
くじら:あ、そうなのよね。だからなかなか大変みたいだよね。
阪口:でもまあまあまあ、ね。今、ライブビューングもちょっとずつ増えてきてるから
くじら:うん。
ゆきの:ああ、そうだよねー
くじら:あー、そうそうそうそう。
阪口:見られるイベントはちょっとずつは増えてますけどね。
くじら・ゆきの:うん。
阪口:でもまあ、たしかに首都圏はね。
くじら:うん。
阪口:僕も昔新潟に住んでた頃は本当にね、アニメ雑誌のあらすじが頼りでしたからね。
杉田:なるほどな。
くじら:うーん。
阪口:テレビ東京見られないんで。
くじら:あ!テレビ東京!
ゆきの:たしかに。
阪口:こんな話なの!?つって。面白かった。
くじら:へー。新潟だとどこに行くの?そういうなんかイベントがあるとすると。
阪口:新潟市です。
くじら:市?
阪口:市。市内まで行かないとないですね。
くじら:あー
阪口:まあ、まずね、新潟でアニメイベントとかなかったですからね。
くじら:あー
阪口:うん。
ゆきの:うちも実家はそうでしたよ?実家滋賀ですけど、そんなものはなかったし。
くじら:あー。やっぱりそれは京都とか大阪とかなっちゃうんだ。あるとして。
ゆきの:あるとしてもきっと大阪じゃないですかね。
くじら:大阪だね。あ、京都はね。
ゆきの:そんなに聞かない。
阪口:僕らの頃はそんなにアニメイベントなかったですからね。
ゆきの:ないよね。なかった。
阪口:作品のイベントとか別になかったんで。
ゆきの:銀魂のオンエアすら、あの1週ずれてましたもん。今、あの、現在として。
阪口:銀魂のオンエアすらやってなかったですから。新潟。
ゆきの:wwww
杉田:ああ。
くじら:ああ、そう。
ゆきの:うん。
くじら:はー、そうなんだ。
阪口:こんなもんです。ワンピース朝5時半ですから。
くじら:あ、ね。
杉田:そんなガンダムXみたいな。
阪口・くじら:wwww
阪口:やめろぉ!高松さんの話やめろ。
ゆきの・くじら:wwww
杉田:俺ぁ、早起きして見ましたよ。祖父と一緒に見てたんだから。ガンダムX。
阪口:ね。そうそう大事大事、大事!和哉かっこよかったよ。
ゆきの:wwww
杉田:はあ。
阪口:えー続きましてラジオネーム末さん、18歳。
杉田:はい。
阪口:えー未来の自分になっていてほしいという願望ですが、2020年のオリンピックにウェイトリフティングで出場しているかどうかというのが一番…
杉田:おっとっと?
阪口:あーしているというのが一番の理想です。
杉田:あららら。
くじら:えー!?
ゆきの:ほー
杉田:現役の方。
阪口:現役の方ですかね?
ゆきの:へー
くじら:すごいね。え、あの、あの、あの、あの、女、女、女の子wちょっとw
ゆきの:女女女w
阪口:女女女の子
くじら:女の人?
ゆきの:女の人。
阪口:女の方です。女性、18歳の方です。
くじら:女の方?すごいねーウエイトリフティング。
杉田:本当ですか?頑張ってほしいなー
くじら:すごいねー
ゆきの:ウエイトリフト…
くじら:ウエイトリフティング
杉田:すっごーい
ゆきの:えいーってやつね?
くじら:いっぱいあん…い、色々あんだよね。やり方が。ジャークとか。
阪口:ジャークとか、まあまあありますけど。
ゆきの:へー
くじら:ギョーンとか
阪口:ギョーン?w
くじら:wwwwなんだっけ、なんだっけ、なんだっけ。
杉田:ギョーン?ギョーン?
ゆきの:ギョーンかどうかはわかんないけどw
くじら:なんだっけ、なんだっけ。なんつったっけwwwそうそうそう。
ゆきの:なんか、なんかあるんですよね。
阪口:wwwww
杉田:今、比較的落としてもあの補助してくれるバーがあって。
阪口:ねっ
杉田:スミスマシーンていうのがあって。
ゆきの:へー
杉田:昔はもう本当にバーベルをごーんって落としたらもう大事故なんですけど
ゆきの:ねえ、うん。
杉田:落とすと、ガチャンって止めてくれる
阪口:ふんふんふんふん。
ゆきの:あ、そうなの。
くじら:ああー
杉田:やつが。両サイドにあるやつがあって。あれ便利ですね。
くじら:へー
阪口:あの、マシントレーニングする時はね。
杉田:そうですそうです。
阪口:そういうのは大事。
くじら:あーそっかそっかそっか。
ゆきの:へー
阪口:あのー実際出場したらそんなのはないんですけど。
くじら:ないよねえ?ないよねえ?wwww
ゆきの:うん、見た事ない。見た事ない。
阪口:マシントレーニングの時は今、ちゃんと。サポートがあるの。
くじら:あるわね。
ゆきの:へー
杉田:そんでまあ、その仲いいやつがちょっと教えてくれてるんですけども。
ゆきの:うん。
杉田:そいつがまあ、追い込むって形で最後めっちゃ俺に押し込んでくるんですよね。
阪口:ンフwwww
ゆきの:おお。
杉田:杉田さん、頑張りましょうかーって言ってw
阪口:先生ぇ
くじら・ゆきの:wwww
くじら:そういう人なんだw
阪口:先生ぇ
杉田:ほーら、頑張れ頑張れって言って。あー、ちょっとすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごい。胸筋が痛い、胸筋がーって言って。
くじら:うーん。
ゆきの:きれてるきれてる。
阪口:ぱちーんって。
ゆきの:wwww
杉田:今日もここが痛いです。
阪口:うえーい
ゆきの:wwww
くじら:すごいね、胸筋ね。
ゆきの:ねー
阪口:でもさっきのサッカーといいね、みんな頑張ってる。
くじら:すごいねー
ゆきの:ねー本当!
阪口:なんかこんな前向きなメールが来る。
くじら:良い!頑張れ!
ゆきの:いいねー素敵。
くじら:なんかすごい!あたしたち前々やることないとか言っちゃって恥ずかしい、あたしたち。
ゆきの:wwwww
くじら:恥ずかしいよ!
杉田:だって第一声に死とか言い始めるんですから。
くじら:うん。
阪口:気が付いたらだって不動産の話になってたからね。
ゆきの:wwwww
杉田:本当だよ。
くじら:四谷に
杉田:整体の先生がいけねえんだ。
くじら:あたしたち、ちょっとダメ!そう思う。もうなんか
阪口:前向きに
くじら:そう、透明感をもっと出そう。
ゆきの:透明感w
くじら:よくわかんない
杉田:くじらさんから割と一番遠い単語じゃないですか。そんなの。
ゆきの・くじら:wwww
杉田:そりゃ妖しのセレスで天女のガヤカットされるわ。
くじら:天女のガヤ?w「天へ、天へ」あれ、なんでオンエアあたし入ってないの?「天へ」
杉田:あれ、くじらさんカットされてる。
ゆきの:wwww
くじら:そう、天女。で振るなよだったらあたしに、天女の役。
杉田:あの有名な事件ですね。
くじら:うんうん。
ゆきの:聞いてみたかったです。
阪口:そりゃあ。
ゆきの:wwww
くじら:天へ!そう、聞いてよ。みんな大笑いしてんのよ、向こうで。ブースで。
阪口・ゆきの・杉田:wwwww
くじら:なんでこれ、天へって言うだけで大笑いすんのよ。
阪口:笑い者にされてるw
ゆきの:wwww
くじら:それでカットですねって話してたんだって。
杉田:まあ、ひどいわね。
くじら:失礼。まあ、ひどいわ。
阪口:もし見られる環境にある人はね、是非見てほしいですね。
ゆきの:見てもらいたい。
杉田:懐かしいわ。
阪口:ここに本当はくじらさんいたかもしれない。
ゆきの:wwww
くじら:いたかもしれない。最終回のな、最終回?じゃないか。
杉田:最終直前です。
くじら:直前直前。
杉田:直前です。
くじら:もしかしたら見てください。
杉田:とらわれていた天女たちがそこで帰ってく。
くじら・阪口:帰ってく。
くじら:そう。
杉田:うん。
ゆきの:wwww
くじら:昇華してくのだって。
杉田:地上じゃなくて天に帰っちゃうんですよ。
くじら:天に帰っちゃう。「天へ、天へ」って言うんだけど。
杉田:その悲しいシーンなんですよ、あれ。
くじら:って言ってんのに。
ゆきの:悲しいシーンなの!?
杉田:悲しいシーンです。
くじら:「天へ、天へ」ってすごい頑張ったのに。ここら辺痛くしながら頑張ったのに。天へって。
杉田:ここは穢れているからって。地上のことを。
ゆきの:wwww
くじら:そう。
杉田:うん。
阪口:そりゃね、天女ですからね。
杉田:辛いわなー
くじら:天へって言って。天女。天女3だったかな?
阪口:天女www
くじら・ゆきの:wwww
ゆきの:天女3…
阪口:天女3の声は残念ながら聴くことはできないのですけれども
杉田:ちょっと台本見てみよう。
くじら:そうそう。
阪口:頭の中でね。
杉田:うん。
阪口:ぜひ想像してください。
杉田:とっといてある。台本で見てみますよ。
くじら:ああ、見て見て。
阪口:ぜひ見てみてください。ww
くじら:これw
阪口:えー続いてゆずりさん、16歳、女性。
杉田:はーい。
阪口:高校3年生になって勉強すればよかったって後悔してると思う。と。
杉田:ううーん。
阪口:うん。
くじら:うーん。
ゆきの:んー
阪口:まあ、そうですねえ。
くじら:あーそうだねえー
阪口:後悔先に立たずでございますよ。
杉田:まあーねー。色んなアプローチングがあるんで。
阪口:うん。
杉田:あの、大学受験にしてみても。ね。
阪口:うんうん。
杉田:うん。
阪口:まあまあまあ。
くじら:そうだなー。やっときゃよかったって思うわなー
杉田:僕は屁理屈100番勝負で、あの…
くじら:なにその屁理屈100番勝負ってw
杉田:いや、あの小論文みたいなのがメインの
くじら:あ、小論文ね。
杉田:入試も数を受けようと思って
くじら:うんうん。
杉田:それも受けたんですよ。
くじら:うん。
杉田:うん。それで受かりましたよ。
くじら:AO入試っつーんだっけ?OA入…え?
阪口:AOはありますけどね。
くじら:AOはある…
杉田:うん。
くじら:え、そのAO入試とは違うの?
杉田:とは違います。
くじら:ふーん
杉田:小論文もあるってやつ。
くじら:はあはあはあはあ。
ゆきの:へー
杉田:受験科目の中に
阪口:うーん。
くじら:で、見事に入ったんでしょ?
杉田:まあ、受かりました。
くじら:ふんふんふん。
ゆきの:ほお。
杉田:逆にそれなかったら危なかったなって思って。何度も母親がこれを着てくんだって言って、なんか、あのよくわかんない航空学園のブレザーみたいなのを用意してて。
阪口・くじら:wwww
杉田:これなぁに?って言ったら、「いや、お兄ちゃんが着てたやつだ」って。いや、兄二浪してるから
くじら・阪口・ゆきの:wwww
くじら:いや、それダメだろ。
阪口:縁起でもねぇ。
くじら:縁起悪い。縁起悪いよ。
杉田:こんな呪いの装備みたいなの嫌だぜ。
ゆきの:wwww
くじら:呪いの装備ww
杉田:頼む着てくれーって言って着て、僕途中でコインロッカーにぶち込んできましたよ。
くじら:wwwww
阪口:いいと思う。それはいいと思う。あの、本当に呪いのアイテムだから。
くじら:それはいいと思うw
杉田:そうです。
ゆきの:呪いのアイテムw
阪口:教会で呪い解かなきゃいけねぇ。
杉田:そう。俺は呪いは受けぬ。シャナクって。
阪口・くじら:wwww
杉田:っていう、コインロッカーにぶち込むっていう。
阪口:そうだね。
ゆきの・くじら:wwww
阪口:それはシャナクで正解だよ。
杉田:「シャナク!」って言って。ぼばっつって。
阪口:うん。
阪口:えー続いて2年後の世界。ラジオネーム大蛇丸の息子さん、20歳男性。おっ男性来ましたよ
ゆきの・くじら:おおー
阪口:うちはサラダちゃんが、りん…りんかいがん?ん?
くじら:は?
阪口:写輪眼か。
くじら:写輪眼?
阪口:うん。を開眼してると思います。
くじら:wwwww
くじら:うん。じゃってw
阪口:うん。
杉田:ああ、BORUTOのラジオに来るネタだね、これは。
阪口:そうだね。
くじら:それ、BORUTOだね。それね。
阪口:サラダちゃん、可愛いけどね。
くじら:うん。
杉田:え、なんで詳しいんですか?
阪口:え?
阪口・杉田:wwww
阪口:なんで詳しいんですかじゃねーよ。
ゆきの:wwww
杉田:なんで詳しいんですか?
阪口:いやいや、そういうのはね、ちゃんと押さえとかないとね。
杉田:なるほどなー
ゆきの:大ちゃん、すごいねー
阪口:ジャンフェスで会うかもしれない。
くじら:ああ、うちはサラダちゃん。
阪口:サラダちゃん。
くじら:ねえ?可愛いもんねえ。
阪口:はい。可愛いでしょ?
くじら:うん。
阪口・くじら:wwwww
杉田:ああ、そこがそうやってくっつくんだっていうのはNARUTOちょっと僕、びっくりしましたね。当時。
阪口:そうなんだよ。
ゆきの:ふーん
くじら:あ!そうなのよねっ。
杉田:うん。
くじら:そう。で、今スリーマンセルでやってるミツキっていうのが、あたしの、あたしのって言うか大蛇丸の息子なのよね。
阪口:息子だね。
杉田:そうなんですよ。
くじら:おお。
杉田:そうそうそうそう。
くじら:試験管ん中で出てきた息子なのよ。
杉田:そうなんですよ。
阪口:試験管wwww
ゆきの:おおー
杉田:いやー
くじら:どういう、大蛇丸はどういう研究してんだろって思って、今。今更ながら。
杉田:いやー、あいつは知能犯なんで。基本的に。
くじら:知能犯なの?
杉田:www
くじら:気を付けよう、気を付けよう。
杉田:頭切れるんで。
ゆきの:へー
くじら:うっそ!?うそ!?www¬
杉田:いやー、あの現代の要素をうまく取り込むんですよ、あいつは。
くじら:なるほどねー。あいつ
阪口:まさか大蛇丸の話で盛り上がるとは。
杉田:いえいえ。
くじら:wwww
阪口:これ銀魂のラジオだぞ。
くじら:あ、そうそう銀魂銀魂。
阪口:えー続いて18歳、ギンタマンさんですよ。
杉田・くじら:はい。
阪口:銀魂の連載・アニメが終わってない世界。なるほど。2年後は終わってないと。
杉田:なるほど。
阪口:うん。まあ、そうあってほしいですけどね。
杉田:まあそうじゃないっすかぁ?
阪口:でもどうなるんでしょーねぇ?
くじら:どうなるの?
杉田:僕も全くわかんないっす。
阪口:あの、ゴリラの頭の中でどうなってるのか全く想像できないんで。
杉田:うん。
ゆきの:うーん。
くじら:そーだよねぇ。で、なんかみんな、どうなんの?どうなんの?って聞いて。あたしたちね。現場に会うたんびにね。
ゆきの:うーん。
くじら:この先どうなんの、あたしたちとか言ってんだけどwみんなわかんないって。
みんなわかんないんだねー
杉田:はい。はい。
阪口・くじら:wwwww
阪口:そうですね。
杉田:はい。
くじら:みんなわかんないの。
杉田:だってこうだって決まっていたものが、あの最終回を見る限りで、もう全部変わっちゃってるんで。
くじら:あ、そう。そうだよね。
杉田:うん。
阪口:もう未来がね、どんどん変わってるんすわ。
杉田:うん。
くじら:うーん。
阪口:どうなるんすかね。
くじら:どうなるんだろーねー
杉田:わからん。
阪口:まあ、なんか2年後もぐだぐだしてんのかなぁ。
杉田:うーん。
くじら:ほーん。
阪口:全くわからないっす。
くじら:全くねぇ。
ゆきの:うーん。
くじら:生きてんのかしらねえ?
杉田:おえっ
阪口:全部そっちに行くのやめて。
杉田:それ、やめましょうよ。だからもう。
くじら:wwww
阪口:必ずオチがそれみたいになって。
くじら:ああ、そっか。
ゆきの:wwww
くじら:いや、ちょっと心配なのよ、あたし。生きてんのかどうかっていうのが。
阪口:まあ、わかりますよ?わかりますよ?まあまあまあ。
ゆきの:まあね。
杉田:不安はあります。
ゆきの:長寿番組になればなるほどね。たしかにね。
阪口:なればなるほど。
くじら:そうなの。うーん。何か心配でさぁ。
杉田:不安はあります。
ゆきの:うん。
くじら:もういつかいなくなっても忘れないでね。
くじら・阪口:wwwww
杉田:まあ、そりゃ不安はありますよ。
ゆきの:希望
杉田:実写映画がヒットして
くじら:うん。
杉田:じゃあ、次のアニメ映画から小栗旬さんに変わるっていう可能性もあるから。
阪口:そうだよ。
くじら:誰が?
阪口:菅田君に変わってる可能性だってあるからね。
くじら:そうよー
杉田:なんだー、旬じゃないのかーって言われるの最近よく耳にするんです。
阪口:うわ。怖いなあ。
ゆきの:ええーっ
阪口:映画から入った人からすればね、我々の方が。
杉田:ほら、ジャンポリスーって言って僕ら顔出して出たじゃないですか。
阪口:うん。出ましたな。
杉田:なんだよ、旬じゃねーのかって言ってね。
阪口:ああー
杉田:うん。
くじら:旬って書いとき?wwww
杉田:いや、まあ
くじら:旬
ゆきの:将暉
阪口:俺、ファンタ持ってる。
杉田:僕は実写映画終わったら小栗旬之介役で出ればいーんだろって。
阪口:そうなんです。
くじら:小栗旬之介ね。
杉田:そんな自惚れてる
阪口:入れ替え
杉田:そんな自惚れてる気はないんでね。
阪口:おん。
杉田:やっぱりセロで出たいなって。
阪口・くじら:wwww
阪口:セロでね。
杉田:うん。
阪口:とりあえずね。www本役だからね。あの回のね。
杉田:うん。本役ですよ。
阪口:あの回はね。セロでキャスティングされてたからね。さあ、ということでやってまいりましたが、ご紹介したメールの中から一通、なにか差し上げますけど、誰にしましょうかねえ?
杉田:はい。誰がいいですかね?
阪口:サッカーの子もいるし
くじら:サッカーの子
阪口:リフティングの子も…ウエイトリフティングの子もいるし。
くじら:ああー。迷うねえ。
ゆきの:前向きな。
阪口:前向きなやつがいいですねぇ。
杉田:そうですね。
くじら:うーーーーん。
阪口:もういっそこの二人にあげましょうか?
ゆきの:あ、いーねー
杉田:やろうやろう。
くじら:サッカーとリフティング。
ゆきの:うん。
阪口:山本さん…せいさんか!
杉田:はい。
阪口:に差し上げましょう!
杉田:はい!
くじら:そうしよう、そうしよう。
ゆきの:うん。
阪口:えーぜひね、オリンピックで顔を見たい、と。
杉田:本当だ。
ゆきの:うん。
くじら:そうだよー
ゆきの:見たい。応援したい。
くじら:そうそう。応援したい。
阪口:ぜひ応援してくださいよ。
杉田:うん。
阪口:よろしくお願いします。
杉田:はい。
阪口:頑張ってね。ということで僕らのサイン、なにか差し上げます。おめでとうございます。
杉田:はい!
阪口:以上、特別企画、2年後の世界でした!

杉田:ということで、お届けしてきました、今回の銀魂放送局はここまでぇっ!
阪口:うんっ!
くじら:うん。
杉田:エンディングのお時間でございます。もういっぱいしゃべったんで。
阪口:疲れたね。
杉田:言うことがないですね。
ゆきの:wwww
阪口:うん。
くじら:別になんか疲れちゃったwwww
ゆきの:ええーーーっ!?
くじら:いやいやいやいや。
ゆきの:ええーーーっ!?
杉田:ちょっとぉ。ちょっとぉ。
阪口:くじらさん、なんでテンションが落ちてるんですか。
ゆきの:wwww
くじら:疲れちゃったーもう。
ゆきの:すごいw急にw
くじら:wwww
阪口:アンニュイ
くじら:だってもう終わっちゃったんでしょー?終わるんでしょ?寂しいなー
ゆきの:wwww
杉田:渡り鳥かなんかか。
くじら:まだ終わりたくなーい!
阪口・くじら:wwwww
杉田:渡り鳥かなんかの、あのアミノ酸がいいんですけど、くじらさんの体で試してみましょうよ。
阪口:イミダゾールペプチド
くじら:あの、胸肉とかいいんでしょー?鳥の。
阪口:そうです。イミダゾールペプチドは大事ですよ。
くじら:何?ペプチド?イミダドールペプチド?
ゆきの:イミダゾール
阪口:イミダゾール
くじら:イミダゾール?
うん。
杉田:ペプチドって言って。
阪口:イミダ。イミダ。
くじら:イミダペプチド。
ゆきの:イミダwwww
阪口:胸肉とかね。
くじら:あ、胸肉ね。いいんでしょ?なんか渡り…こう、こう。
阪口:回遊魚の赤身とかね。
杉田:うん。
阪口:マグロとか。
くじら:ああー、はあはあはあ。
阪口:結構含まれてる。あれはスタミナにいいですから。
くじら:いいんだね。
阪口:回復力上げる。
杉田:はい。
阪口:何の話だ?これは。
くじら:何の話?そう。
ゆきの:wwww
阪口:ラジオの話をしろよ!
ゆきの:www
くじら:すごい面白かったです!
阪口:うあーーい
ゆきの・くじら:wwww
阪口:100点の感想。
杉田:最後までためしてガッテンみたいな感じだな。
くじら・阪口:wwww
ゆきの:ガッテン、ガッテンww
阪口:不動産とww何の話だこれw
くじら:何の話。これ、銀魂のラジオだよねえ?
ゆきの:いやーもう本当。
杉田:ええ。
阪口:でもね、毎回こんなですよ。
杉田:そうです。はい。
くじら:はーん。そっかぁ。じゃあ
阪口:正味銀魂をね、3割ぐらいしゃべっときゃ大丈夫です。
くじら:あ、でもちゃんとしゃべったよ。
ゆきの:しゃべった。
くじら:ねえ?4割ぐらいしゃべってるよね?
阪口・くじら:wwww
くじら:あれ?
阪口:半分に満たない。
くじら・ゆきの:wwww
阪口:うん。まあまあまあまあ。だってwゆきのさんが押されっぱなしだった気がしますもん、だってw
ゆきの:いやいやいや。
阪口:大丈夫でした?
ゆきの:え、う、うん。大丈夫だよ?
阪口:しゃべり残したことないですか?
くじら:しゃべって。しゃべって。
ゆきの:とりあえず自分がしゃべらなきゃいけないことはしゃべった気がする。
阪口:wwwwよかったー本当に。
杉田:よかったぁ。
阪口:よかったぁ。
くじら:どーぞ、どーぞ。
杉田:ゆきのさんがラジオ出るの珍しいから
阪口:そうなのよ。
ゆきの:まぁまぁ、ね。
杉田:そうそう。ちゃんと知り合いのフクダーダ先生も今頃こう、「ゆきのさん!?出んの!?」って言って。
ゆきの:え。
杉田:喜んでるはずなんでね。
阪口:おおー
杉田:ダーダよかったな。な。
阪口:wwww杉田君のお友達が喜ぶという。
ゆきの:あ、本当?杉田君のお友達、あのこんなんで良かったですか?
杉田:いやいや。
阪口・くじら:wwww
杉田:大喜びですよ。フクダーダ先生。ええ。
くじら・ゆきの:wwww
杉田:ただの中年ですけど。
くじら:wwww
阪口:言い方よ。言い方…ただの中年ではないから。漫画家さんだから。
杉田:ただのスケベな中年ですけど。
阪口:スケベなw足した言葉の悪さな。
ゆきの:www
杉田:ええ。
阪口:まあまあまあ、とりあえずじゃあ終わるかい?杉田君。
杉田:そうしますか。
阪口:はい。
杉田:はい。終わるっていう気がしないんでね。毎回この挨拶がなんだかこう、なんだろうな。これからもなんかこう悪い意味で言い慣れてる気がするんで。
阪口:まあ、まあね。
杉田:うん。ちょっと噛みしめて言いましょう。
阪口:噛みしめて言いましょう。
ゆきの:うん。
杉田:はい。ありがとうございました。ということでお相手は坂田銀時役の杉田智和と
阪口:志村新八役の阪口大助と、ゲストの
ゆきの:志村妙役のゆきのさつきと
くじら:お登勢役のくじら、でした。
杉田・阪口・ゆきの・くじら:ばいばーい!

 



スポンサーリンク