【銀魂文字起こし】ゴトゥーザ様が可愛すぎてまともに見れなかった伝説w くじらさんの急なナレーターで万事屋も驚くw【石田彰登場前の万事屋】



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

阪口:ラジオ、続きありましたね。
杉田:たしかー、前に1回完全におしまーい、みたいな空気、出しちまったよな?
阪口:一応、前回のエンディングでは一旦活動休止ってことにはなってましたけどね。
杉田:だいたい、メディアのいう活動休止とか卒業とか一旦お休みーってのは、次が見えてない時の常套手段として使うんだよなー
阪口:でも、このラジオは本当に活動再開しちゃいましたね。
杉田:まあ、一応タイトルが変わってるけどな。
阪口:あ、銀さん、EVOLUTIONってどういう意味だか知ってますか?
杉田:あれだろ?本作品は原作とは一切関係ございませんって、あの原作者の強い意志が入ってるって意味だろ?
阪口:違いますよ!
杉田:あ、じゃあー、別次元の新銀魂放送局として聴くのが正解かもしれませんって意味だ。
阪口:あんた!さっきからなんの予告編の話してんだよ!

杉田:銀魂ラジオCD
阪口:銀魂放送局
杉田・阪口:EVOLUTION

杉田:エボリューーーーーーショーーングッ!銀魂、坂田銀時役の杉田智和です。チャオ。
阪口:エボリューーーーーーションッ!えーw志村新八役の阪口大助でーす。
杉田:なんかー、あのー、BLEACH“B”STATIONみたいなテンション。
阪口:やめなさいよw
杉田:森田さんあれ、BLEACHって叫びすぎだと思うんですけども。
阪口:あ!
杉田:ええ。
阪口:そんなことないよー
杉田:でもあれはだからこそなんか卍解するようなテンション。
阪口:卍解卍解。僕らもだから卍解してくぐらいの感じ。
杉田:ね。あれ100回に1回ぐらい森田さんにあれBLEACHじゃなくてブリーフって叫んでくださいって。
阪口:やめなさいってw
杉田:あれ?
阪口:完全に意味が分かんないだろ?ブリーフって。
杉田:ダメですか?ダメですか?って言ったら、ダメだって。
阪口:あー、却下だよ。それが許されるのがこの番組だ。
杉田:はい、そうですー
阪口:www
杉田:DVD特典、銀魂ラジオCD銀魂放送局。全3回で終わると思っていたんですが、新シリーズ。EVOLUTIONとなって帰ってきましたEVOLUTION。
阪口:EVOLUTION。
杉田:はいー、これからしゃべる語尾には全部EVOLUTIONを付けますEVOLUTION。
阪口:面倒くせえw面倒くせえEVOLUTION。
杉田:はい、じゃあやめにしまーす。
阪口:www早っ!ああ、ああ。ということでね。
杉田:はいっ
阪口:前回の3回で終わるはずだったんですよね、これ。
杉田:はい。アニメ同様、終わる終わる詐欺ですよ、これは。
阪口:www言っちゃうんだ、それ。
杉田:はい。
阪口:えー、別に詐欺する気はなかったんでしょ?
杉田:そうですね。
阪口:終わるつもりではいたんだよね?
杉田:ええ。
阪口:でも、こう、皆様の温かいご支援。
杉田:そうですね。
阪口:励ましのお便りなどなどで。
杉田:ええ。んで、アニプレックスさんがあのね、あの、クレイジーケンバンドみたいなテンションでこう。
阪口:wwwどういうテンションだよw
杉田:www
阪口:wwwクレイジーケンバンドのテンションって。
杉田:てんやわんやですよって言いながらこう。
阪口:www
杉田:はい。
阪口:もうねー、曲のチョイスがそこなんだ。
杉田:ええ。
阪口:うーん。てんやわんやな感じでね。
杉田:ええ。
阪口:アニプレさんに頑張ってもらいましたよ。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:うーん。
杉田:はい。というわけで今回、EVOLUTION。
阪口:うん。
杉田:EVOLUTIONというのは進化という意味でございます。
阪口:はい。
杉田:はい。ええ…
阪口:ということでね。
杉田:悪しき…
阪口:進化した。
杉田:悪しき力に手を出してしまって。
阪口:www
杉田:ねえ。悪い方向に進化してしまう昨今でございますが。
阪口:wwwそんなことないよ?
杉田:ええ。
阪口:色々な進化の仕方があるってことだよ。
杉田:そうです。
阪口:うん。
杉田:はい。
阪口:こういう進化はw正しい方向にもってこうね。これは。
杉田:そうです。このEVOLUTIONに関しては正しいものだと。
阪口:正しいものだと。
杉田:俺はそう信じる。
阪口:お?wかっこいい。
杉田:では今回も早速、事前に皆さんがアニプレックス様のホームページから送ってくれたメッセージをぬるっと紹介していきましょーう。
阪口:ぬるりー
杉田:はいー。うわー、すごいですよ。うなぎみたいだこれ。メールが。
阪口:www本当にぬるぬるしてるんだ。
杉田:ええ。行きますよ。
阪口:はい。
杉田:えーっと、銀魂ネームとかラジオネームとかね?色々あるんですけど。何ネームにしますか?
阪口:うん。えっ、今決めるの!?
杉田:ええ。
阪口:もう4回目だよね?これ。
杉田:じゃあ、大助ネームキッドさん
阪口:意味が分からない。
杉田:杉田さん、阪口さん、はじめまして。
阪口:はじめまして。
杉田:えー、質問なんですが、銀魂も4年ちょっと過ぎ、色々な女性キャラが出たと思うのですが。
阪口:うん。
杉田:その中でもお気に入りの女性キャラはいますか?
阪口:おおっ!
杉田:ちなみに私は神楽が大好きです。
阪口:おおー、おお。
杉田:はいっ。神楽大好きなのはうちの両親ですね。
阪口:www
杉田:うん。
阪口:杉田君ではなく?
杉田:違います。基本、息子の声に興味がないみたいです。
阪口:えっ?
杉田:母親はお前はなんかダメだってw
阪口:おい、残念だなー、その情報。
杉田:お前なんかダメだって。父親はなんかどれがお前かわかんないって言われて。
阪口:その情報悲しいぞ?
杉田:でも神楽だけは覚えてるみたいで。
阪口:www
杉田:おい、神楽いつしゃべんだ?神楽いつしゃべんだ?って言って。で違うチャンネル回したら、なんか違うなんかあのー、なんだあの、金持ちの役をやる釘宮さんがアニメに出てて。 ←「ハヤテのごとく!」のことと思われる
阪口:あー、はいはいはい。
杉田:それしゃべった瞬間に、おー、これ神楽じゃねーか。
阪口:www
杉田:これ神楽じゃねーかって言って。
阪口:あー
杉田:新八はどこだ?って。
阪口:www
杉田:これ新八か?いや、それは白石涼子さんだからって。
阪口:www性別さえ違うから。
杉田:メガネかけてねーし、みたいな。
阪口:事務所一緒だけどな?
杉田:うーん。
阪口:wwwそういう問題じゃない。
杉田:そうそうそう。そういう珍現象が起こるぐらい神楽は人気。
阪口:神楽が好きなんだ。
杉田:うん。
阪口:じゃあ次はでっかい鎧を見せてあげよう。←アルフォンス
杉田:wwwそうそうそうそうw
阪口:www
杉田:これも神楽だよーって。
阪口:錬金する感じのあれを。
杉田:そうそう。
阪口:うーん。
杉田:ただ、釘宮さんじゃなくて神楽って覚えてる。
阪口:神楽で。wwwんで君は誰が好きなのさ?
杉田:僕自身ですか?
阪口:うん。
杉田:あー、好きな女性キャラ?そう…なんかわっと言われると、改めて言われるとですね、あれ?誰だろう?って。
阪口:まあ、面白キャラしかいないからね。
杉田:まあ、たしかにね。
阪口:基本的にね。
杉田:個人的な趣味、なんだろうな。からくり家政婦かな?
阪口:からくり家政婦好きかw
杉田:うん。たま。
阪口:たま。
杉田:うん。
阪口:たま可愛いね。たしかに。
杉田:うん。
阪口:たま可愛い。
杉田:なんかまともじゃないですか。
阪口:まとも!?
杉田:うん。
阪口:たまが!?
杉田:いや、たまにおかしい風にはいきますけど。
阪口:ううーん。
杉田:ええ。
阪口:まあまあまあまあ。あの中に入ればね?
杉田:うん。
阪口:まともっぽいかな?
杉田:うん。
阪口:うーん。
杉田:あの中で比較的マシな部類に入る。
阪口:wwwマシっていう表現もどうかと思うけど。
杉田:ええ。
阪口:そうだね。たま可愛い。
杉田:でも不条理に人を殴ったりとかそういうのしないじゃないですか。
阪口:うーん。
杉田:それがいいかなーって。
阪口:なるほどね。
杉田:うん。
阪口:そっかー、たまかー
杉田:はい。
阪口:僕はちなみにきららです!はいっ
杉田:はい。
阪口:www
杉田:おけーい。
阪口:おけーい!続いて。
杉田:だってね、アフレコ中にね、だって後藤邑子さんの方まともに見れなかったってこれガチですからね。
阪口:www可愛いだろ、きらら。本当。可愛いもん。
杉田:ええ。そうですよねえ。
阪口:しょうがないよな、こればっかりは。
杉田:死にます!って言って。
阪口:www
杉田:面白い。
阪口:面白い。
杉田:面白い。
阪口:面白い。
杉田:ええ。
阪口:ええ。はい、続いて。ラジオネーム、これは黒兎でいいんでしょうか?まりあさんでーす。
杉田:はーい。
阪口:はじめましてー
杉田:はじぇー。
阪口:阪口さんと杉田さんに質問でーす。
杉田:なんだよ?
阪口:よく中二は一番バカだと言いますよね?
杉田:うん。
阪口:お二人は実際に中二の時、自分でバカだったなーと思うことはありますか?あったらぜひ聞きたいです。
杉田:ああー、中学校二年生。
阪口:中二だよ、中二。
杉田:うーん。
阪口:14歳ぐらいだね。
杉田:14。
阪口:うん。
杉田:なんだろーなー
阪口:うーん。
杉田:僕から話しましょうか?
阪口:うん。うん。
杉田:たぶん、これだな。あのー、中二ぐらいん時に。
阪口:うん。
杉田:僕、埼玉県に住んでたんですけども。
阪口:はい。
杉田:まあ今も住んでますけど。
阪口:www
杉田:埼玉からその東京に遊びに初めて行ったことで。
阪口:はいはい。
杉田:んでどこに行ったかな?と思うと、あの上野に遊びに行ったんですよ。
阪口:おおー
杉田:ええ。
阪口:はいはい。
杉田:んで、あのー、バイクとかいっぱい売ってるじゃないですか。
阪口:売ってるね。
杉田:それを見たりしながら、僕はその軍物のなんかこう、あのなんだろーな、その流出したものとか。
阪口:ミリタリー的な。
杉田:ええ。っていうところであのー、ガンベルトみたいなものを買ってですね。
阪口:www
杉田:ええ。
阪口:中二~
杉田:ええ。
阪口:やっちゃったな、中二。
杉田:ええ。軍隊の人がよくつけるじゃないですか。
阪口:はいはい。つけますね。
杉田:ちっちゃいカバンみたいなのがいっぱいついてるの。
阪口:はいはいはい。
杉田:ね。あのプラスチックの固いようなやつの。
阪口:www
杉田:あのガンベルトを学ランの下に常につけてましたよ。
阪口:www
杉田:ええ。いつ学校で、学校で戦いが起きてもいいようにっていう。
阪口:ああー
杉田:でもガンベルトの横についてるちっちゃいポケットの中には、なんかハサミとか糊とか入ってましたね。
阪口:www
杉田:日常的に使うものがいっぱい入ってましたよ。
阪口:完全に日曜大工の延長だよね。
杉田:そうですね。
阪口:ああー
杉田:あれ便利なんですよ。
阪口:道具袋だよ、もう。
杉田:ベルトの上にもう1個ベルトつけるってあの。
阪口:ベルトonベルト。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:あー
杉田:あの、ちっちゃいケースみたいなのが大好きでした。
阪口:そっかー
杉田:はい。
阪口:中二こえーなー
杉田:でも学ランの下なんでパッと見は見えないんですよ。
阪口:たしかにね。
杉田:うん。
阪口:でもなんかあった時にはもう。
杉田:あれ?消しゴムどこ行ったかな?ここにあるぞって言ってw
阪口:おおっ!?そうか。そういうことか。中二。ああ、中二ねー
杉田:うーん。
阪口:中二なんもないよ、僕利口だったから。
杉田:えっ?
阪口:www
杉田:えっ?
阪口:もう本当、今の方が中二だよ?僕。
杉田:え、今の中二病的な行為って何ですか?
阪口:え?
杉田:今は。
阪口:ラブプラスにときめく。何か問題が?
杉田:wwwああー、さっき僕がラブプラス見せたから失敗だったかなー
阪口:wwwもうしょうがないよねー
杉田:うーん。おっす、愛花だよ。一緒に帰ろうって言われたらねえ。
阪口:wwwてへっなんて言われた日にゃなあ、あんた。
杉田:うーん。同じおっすでもなんか大助さんと愛花だとああにも違うのかと。
阪口:www
杉田:おっす!
阪口:おっす!
杉田:ぬるぬるすっぞ!
阪口:ぬるぬるすっぞ。www
杉田:もうね。
阪口:比べるとね。
杉田:ね。
阪口:そーりゃあもう。
杉田:こんな雲泥の差があったか。
阪口:恐ろしい。世の中にはいいおっすもあった。
杉田:はい。そうです。
阪口:うん。そんな感じです。
杉田:ね。はい。今もなお中学校二年生みたいなもんでーす。
阪口:はーい。
杉田:はい。こちら、えーと、大助ネームアイス食いてーさん。
阪口:wwwまだ続くんだそれ。
杉田:私の大好きなお二人に質問ですー
阪口:おおっ!?
杉田:実際にいたら一番恐ろしいという銀魂キャラを教えてくださーい。
阪口:銀魂キャラね。銀魂キャラ?
杉田:なんだろうな。小林ゆうさんを演じる小林ゆうさんかな?
阪口:そうだね。ゆうちゃんだね。
杉田:うーん。
阪口:wwwゆうちゃんを演じるゆうちゃんだね。
杉田:うーん。一度上がってしまったハードルを下げられない小林ゆうさんじゃないかなって。
阪口:wwwうん。なんかね、ゆうちゃんね。
杉田:うーん。
阪口:あのー、銀魂のキャラなのか実在の人物なのかわかんなくなってきた最近。
杉田:あれ、キャラ超越してますよね。本人が。
阪口:うん。なんかさっちゃんなのかね、ゆうちゃんなのかがなんかもうわかんない。
杉田:うん。さっちゃんが逆に小林ゆうさんに近づいて行ってるんじゃないかみたいなね。
阪口:うーん。むしろね。
杉田:うーん。
阪口:うーん。なんかすごいね。
杉田:大変ですよ?あれ。
阪口:あの瞬間的に出てくるゆうちゃんの恐ろしさ。
杉田:うーん。
阪口:おおおおおお。
杉田:なんか別のアニメで山羊頭みたいななんか悪魔みたいなの出てくる時に。
阪口:ああー
杉田:あの羊さんがって言ってた。
阪口:www
杉田:いやいや、山羊ですよ?ってね。
阪口:www
杉田:で、なんかその山羊人間みたいなのが5体ぐらい吹っ飛ばされるところで、あれ男の人が兼ねると思うじゃないですか。
阪口:はいはい。
杉田:ガヤん中にいて。
阪口:www
杉田:んで、また、うえええええええっみたいな。ぼええええええっみたいな声を。
阪口:ゆうちゃんのあの吹っ飛ばされ声はすごいね。
杉田:最高ですよね、あれね。
阪口:うん。
杉田:最初に僕が吹っ飛んで、次に小野さんが吹っ飛んでwww
阪口:www
杉田:んで3、4番目かなんかに井上喜久子さんと小林ゆうさんがうぼああああっみたいな声出してるっていうね。
阪口:www
杉田:うーん。
阪口:貴重だね。
杉田:いや、すごかった。
阪口:それはすごい。
杉田:あれは壮絶でしたね。
阪口:うーん。
杉田:うーん。
阪口:いやいやいやいやいやいや。まあ、僕も同じですよ。
杉田:はい。
阪口:やっぱりなんか。
杉田:うん。
阪口:www
杉田:うん。
阪口:怖いっていうかね。
杉田:うん。
阪口:すごいよ。
杉田:なんか。
阪口:リアルに存在してる。そこに。
杉田:そうですよね。
阪口:うん。
杉田:今そこにあるなにかですね。
阪口:wwwすごいと思う。
杉田:うーん。
阪口:あのゆうちゃんの存在感はね。
杉田:はい。
阪口:あのー、もう銀魂キャラ肩を並べてます。
杉田:はい、そうです。っていうわけで、結論が出ました。
阪口:結論。
杉田:小林ゆうさんです。
阪口:www銀魂のキャラじゃねーけどな。えー、続きましてラジオネーム鯖の味噌煮さんでーす。
杉田:はいー
阪口:杉田さん、阪口さん、こんにちはー
杉田:はい、こんにちはー
阪口:私がある日、銀さんっていつもあんなにだらだら生活してるのにいざとなると何であんなに強いんだろう?と言ったところ、私の母が「銀さんはね、夜中にこそこそ1人で筋トレやってるのよ」と言ってましたと。
杉田:うん。
阪口:お二人はどう思いますか?あと、お二人が夜中にこそこそ1人でやってる事などがあったら教えてください!と。
杉田:はいはいはいはいはいー
阪口:うん!
杉田:夜中にこそこそ…。大助さんは?
阪口:えー、ラブプラスをやる予定です。
杉田:はいはいはいー
阪口:www
杉田:これは大変だあ。
阪口:大変だ。こそこそやんないとダメだろ、あれは。
杉田:俺はこそこそなんかしないっ!
阪口:え?堂々と?
杉田:こそこそ出来ないゲームですよ、あれ。
阪口:まじでかー
杉田:愛花がなんかあのね、絶対に浮気はしませんって誓って?って言ってくるんですよ。
阪口:www
杉田:そしたらマイクのマークがぴょこんって出て。
阪口:おおっ!
杉田:DSのマイクに向かって言わなきゃいけないんですよ。
阪口:はいはいはいはい。
杉田:うん。んで俺が適当にあの、えー、絶対に浮気はしますんって言って。
阪口:www
杉田:って言ったら、それじゃあダメって怒られて。
阪口:www
杉田:えっ!?何で!?って。わかってんの!?
阪口:完全に感知してます。
杉田:うーん。
阪口:すごいな。マイク高性能。
杉田:うん。そうそうそうそう。
阪口:あー
杉田:ええ。これ、大変だー
阪口:¬なー、でもなーこう、1人…。
杉田:あれこそこそ出来ないゲームですよ。
阪口:まじでかー
杉田:じゃんけんとかしなきゃいけないんですよ。
阪口:うおおー、パーとかグーとか言わなきゃいけない。ああー
杉田:そう、そうですよ。そうですよ。
阪口:たまらんな。
杉田:はい。
阪口:www
杉田:これこそこそ出来ません。
阪口:こそこそしません。じゃあ。堂々とやります。
杉田:はい、そうです。
阪口:街中で堂々とやります。
杉田:www
阪口:見かけても声かけないでください。
杉田:わかりました。
阪口:はい。杉田君は何?夜中。
杉田:夜中にこそこそ…。僕はえーっとラブプラスと…
阪口:www本当に。どんだけ好きなんだと。
杉田:あとは忍者のレベルを上げたりとかw
阪口:www
杉田:ねえ。こんな短期間でレベルなんか上げらんないよーみたいなゲーム中にしゃべってたらw
阪口:www
杉田:共に上げようって。
阪口:www
杉田:50なんてすぐだって言って、(♪♪♪)な発言がちょっと頼もしすぎて。
阪口:かっこいいwかっこいいなー
杉田:共に上げようですよ。
阪口:共に上げよう。
杉田:え?一緒にって事?って。
阪口:www
杉田:それまでなんかこう、ね。ずっと黙ってた(♪♪♪)が急に口を開くのが本当面白くて。
阪口:おおー。いいな。
杉田:そんな事言われちゃ上げるしかないじゃないですか。
阪口:そうだね。
杉田:ええ。
阪口:気持ちも上がるね。
杉田:そうですよ。
阪口:何もかも上がっていくね。
杉田:しょうがないこれ。
阪口:しょうがないよもう。
杉田:ええ。
阪口:究極のツンデレじゃねーか、もう。
杉田:そう、ねえ。なんであいつ男なのかな?
阪口:www言っちゃったよ。
杉田:まあでも多分女性で(♪♪♪)みたいな性格だったらすごいめんどいっていうかその。
阪口:ああー
杉田:破滅的で僕は近づきたくないですね。
阪口:www
杉田:うん。
阪口:男で丁度良かった。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:友達で良かった。
杉田:そうそうそうそう。
阪口:友達で良かった。
杉田:強く言えるから良かった。
阪口:ね。
杉田:ね。相手にね、いい加減にしろとか言えるからいいんだ。
阪口:そうだねー
杉田:うん。
阪口:そう。そりゃ女子だとね。なかなかね。
杉田:女子だと無理じゃないですか。そんなの。
阪口:そんな事言えないよ。
杉田:うん。無理無理。
阪口:www女子の場合はもうラブプラス的な展開で。
杉田:おっと、これは素晴らしい。
阪口:ね。
杉田:ねえ。愛花は依存症ですよー?
阪口:まじでかー
杉田:ね。あなたが来ると思ってって言ってずーっと待ってたりとか。
阪口:ああー
杉田:朝必ず一緒に行こうって言って来るんですよ。他のキャラを攻略していてもです。
阪口:全然依存してかまいません。
杉田:え?
阪口:www
杉田:え?
阪口:僕はあなたのためだけに存在します。
杉田:www
阪口:本当に。
杉田:じゃあ、愛花相当おすすめです。大助さん。
阪口:はい!中二でーす。
杉田:はい。
阪口:wwwひどいなw
杉田:ひどいな。ごめん。(♪♪♪)銀魂出てねーのに。
阪口:本当にね。
杉田:www
阪口:というわけで皆さん、たくさんのメッセージありがとうございました。

阪口:ラジオネーム、スーパー野菜人たまさんからいただきました。
杉田:うん?
阪口:初めてのキッスはレモンの味と言いますが、なら2回目は何味ですか?
杉田:ジモンですね。

杉田:銀魂、カルトQ~!き、き、き、Q~!
阪口:Qうるさいよw僕らを試すような新企画がスタートしましたー
杉田:はい。
阪口:アニメ銀魂も4年目を迎え、銀魂に関する情報量も膨大になってまいりました。
杉田:はい。
阪口:そして、一体僕らがどれだけ銀魂の知識を持っているのか。
杉田:はい。
阪口:それを調べるためになんと!
杉田:はい。
阪口:リスナーから銀魂に関するマニアックなカルトクイズを募集~。それを僕たちが答えていきたいと思いますと。
杉田:まあ、わからないことだらけですよ。
阪口:実際ね?
杉田:ねえ。
阪口:僕らなんてもうまだまだですよ。
杉田:お話が進んだら主人公に対して有利なルールがあったんだよって。
阪口:www
杉田:急に教えられて主人公が逆転勝ちみたいな漫画みたいじゃないですか?
阪口:wwwやめなさいよw
杉田:こんなルール最初から知らねーもん俺って。
阪口:知らない知らない、まあな。
杉田:えっ!?あったの!?みたいな。
阪口:www
杉田:うん。それ無理だよ。
阪口:昔のジャンプとかにもよくあったね。
杉田:ありますね。それね。
阪口:うーん。
杉田:うーん。
阪口:そうそうそうそうwそういう事じゃないから。
杉田:そういう事ではなく?
阪口:そういう事ではなくて。
杉田:うん。
阪口:まあー、まあまあまあ。どうなんでしょうね?僕らもまあまあ。そこそこわかるとは思うんですよ。
杉田:へえ。
阪口:ただ多分僕らのわからないようなこう、重箱の隅、隅をつつくようなこう、マニアックーな。
杉田:ああ。
阪口:問題が出てくるんじゃないでしょうかね?
杉田:でも。
阪口:じゃあまあ。
杉田:いややってみましょう。
阪口:とりあえずやってみましょうか。
杉田:うん。
阪口:聞いてる皆さんも一緒に考えてみましょう。銀魂カルト!
杉田:き、き、き、Q~!
くじら:問題。ラジオネームりょうこ姫さんからだよ?新八が思わず食えんだそれっ!?とツッコミを入れてしまったお通チップスの味は何味?
阪口:ああー
杉田:あららら。豪華ナレーター。
阪口:大蛇丸。
杉田:大蛇丸様。
阪口:www大蛇丸に言われちゃしょうがないね。
杉田:ねー
阪口:うん。
杉田:サスケ君の体が。
阪口:www
杉田:逃げて!サスケ逃げて!
阪口:そんな問題じゃなかったけどね?とりあえずね。
杉田:ねえ。
阪口:で、どうなのよ?答えわかるかい?
杉田:いや。あのー、ファンクラブ対決の時に出てきたあれですよね?
阪口:うん。僕わかるよ。
杉田:そうですよね。
阪口:うん。
杉田:あれ、すぐそこまで出てきてるんですけど。何味?みたいなね。
阪口:僕わかるよ。
杉田:本当ですか?
阪口:うん。
杉田:阪口先生、どうぞ。
阪口:あの、とうきびうんこ味。
(ピンポーン)
阪口:www
杉田:ああー
阪口:では第2問お願いします。
杉田:銀魂カルト~
阪口:Q~!
くじら:問題。ラジオネームらら丸さんからだよ?新八の成分は95%が○○で3%が××で残りの2%が△△である。さあ、この成分とは何か?
阪口:ということで。
杉田:はい。
阪口:えーwなんだっけ?
杉田:95%がメガネ。
阪口:メガネだよね。
杉田:で3%が…なんだろー
阪口:3%なんだっけ?
杉田:3%が阪口で
阪口:www
杉田:残りの2%が大助である。
(ブーッ)
阪口:ああー、ほぼ俺だね?
杉田:ああ。
阪口:というか全部俺じゃん。
杉田:ええ。
阪口:ああ。
杉田:なんでしょーね?3%…。
阪口:あれなんだっけ?あれ?
杉田:うん?
阪口:あれ?
杉田:なんだっけなあ?
阪口:なんだっけ?なんかすげーショックだった記憶はあるんだけど。
杉田:そうそうそうそうそう。
阪口:なんか…あれ?全く思い出せねー
杉田:うーん。
阪口:メガネしか思い出せねー
杉田:そう。95%がメガネ。
阪口:メガネ。メガネメガネ。
杉田:うん。で3%がシスコンで。
阪口:www間違ってないけどね?
杉田:残りの2%がなんだろー?
阪口:わかりませーん!
杉田:もう、本当ダメだー
阪口:ダメだーっ!
(ブッブー)
阪口:ということで、あの答えをお願いしますー
杉田:はい。
くじら:答えは95%のメガネと3%の水分と残りの2%はゴミである。
杉田:はあー
阪口:ああー、ああー
杉田:知らなかった。
阪口:知らなかったっていうか改めてこう聞くとなんか辛いね。
杉田:そうですね。
阪口:あのー、うん。なんかもう、いいや。wwwこの問題もういいや。なんか。悲しくなってきたから。
杉田:次行きましょう。
阪口:次の問題行きましょうか。
杉田:はい。
阪口:ではでは。銀魂カルト!
杉田:Q~
くじら:問題。ラジオネーム、塩分王さんからだよ?長谷川さんがグラサンをかけている時の戦闘力は何654枚分でしょうか?
阪口:あれでいいんだよね?
杉田:うーん。
阪口:うーん。杉田君どうぞ。
杉田:じゃあ、えーっとじゃあ、僕は当てに行きます。
阪口:はい、当ててください。
杉田:うーん。えーっと、あれは装甲版ではない、拘束具だったのよ。←エヴァ
阪口:www拘束www当て…当たってねーだろー
杉田:えー?本当ですか?真の力をこう、押さえつけるためのものだったんですよ。
阪口:おう、まあまあまあまあ。別番組では合ってるけどね?
杉田:隣で伊吹さんがうはあっ!って。
阪口:だからw
杉田:あれは本当は胃液が出過ぎて早く肉食いたいっていうあのうえなんですよ。伊吹さん。
阪口:違うから。
杉田:違いますか?
阪口:違うね。
杉田:はい。
阪口:なんならかなり番組違うね。
杉田:ええ。
阪口:うーん。なーんだろー?斬魄刀?斬魄刀362枚分じゃないんだ。←BLEACH
杉田:あの刀のね。刃のね。
阪口:はいはいはい。
杉田:ざ、更木ではなく?
阪口:ああ、そうか。あの人斬魄刀持ってねー
杉田:はい。
阪口:そうだよ。
杉田:斬魄刀はないんですよ。
阪口:ないんだよなー、あの人な。
杉田:あの人。倒したやつの刀をどんどん持ってっちゃう。
阪口:持ってくからなー
杉田:そう。
阪口:っていうか全然銀魂関係ねーだろ、ここまで。
杉田:ね。ね。人の置き傘とか持ってっちゃダメですよ?剣八さん、本当に。
阪口:www置き傘は持ってかないと思う。
杉田:www
阪口:あの人はそういう事はしないと思う。
杉田:そうそうそう。
阪口:刀だけ。
杉田:置き傘の代わりに刀を置いてっちゃう。
阪口:www
杉田:んでコンビニから出てきた人が、あれ?俺の傘が刀に!?って。
阪口:刀にw
杉田:これ差して帰れってか!
阪口:www置き刀って意味が分かんねーよ。
杉田:うん。んでその時に、雨水を斬る新たな技を覚えたその人が。
阪口:おおっ!?
杉田:後々あのBLEACHに参戦するって。
阪口:最終的に何番隊かの。
杉田:そう。
阪口:隊長ぐらいに。
杉田:流れる雨のその流れすらも断ち切るようなね。
阪口:うえーい。
杉田:美しい太刀筋を持って。
阪口:ていうか膨らみ過ぎだろこれ!
杉田:すいません。
阪口:この話題。で?結局昆布でいいの?
(ピンポーン)
阪口:簡単に答えちゃったね。ごめんごめん。
杉田:はい。
阪口:www
杉田:いえいえ。
阪口:いえいえ。じゃあ続き行きましょうか。
杉田:はい。
阪口:続いての問題。
杉田:はい。行きますよー
阪口:はーい。銀魂カルトー?
杉田:きゅっきゅっQ~
くじら:問題。ラジオネームないとぅーさんからだ。モンキーハンター内の神楽が使ったキャラクター、カグーラ=ジャスアントのお兄ちゃんの名前はなんでしょう?
杉田:あー
阪口:あー
杉田:ジャスアントがたた…生き別れの兄だったみたいな。
阪口:そう。倒さねばならないあの兄は。
杉田:なんだっけなー?えーっと。
阪口:あれっ?なんだっけ?カグーラ。あれっ?
杉田:えーっと、ナイトハルト。 ←銀河英雄伝説?ロマンシングサガ?
(ブー)
阪口:ナイトハルトじゃないだろw
杉田:グリフィス。 ←ロマンシングサガ?
(ブー)
阪口:完全に違う漫画だよね。
杉田:うーん。
阪口:おお。
杉田:兄の名前でしょ?
阪口:フェニックス。 ←聖闘士星矢のフェニックス一輝
(ブー)
杉田:えっと、キョウジ・カッシュ。 ←Gガンダム
(ブー)
阪口:www
杉田:www
阪口:ひたすら兄の名前だけ上がってんじゃん、これ。
杉田:え?w
阪口:www何、この兄特集。
杉田:ダメですよね。
阪口:違うよね。キョウジ・カッシュは。
杉田:ゴルベーザ、ゴルベーザ。 ←FF4
(ブー)
阪口:ゴルベーザ兄ですらないからね。もう。
杉田:いや、兄ですよ。
阪口:兄か!兄だ!そうだ。
杉田:ええ。月に帰っちゃうけど、お兄ちゃんですよ、あれ。ええ。ちょっと声に存在感がありすぎますけど。
阪口:声wwwうん。ね?そらもう鉄人的なね。
杉田:そうそうwww
阪口:www
杉田:そうじゃなくて。
阪口:そうじゃなくて。
杉田:ゴルベーザの話はおいときましょう。
阪口:ゴルベーザじゃないから。
杉田:ええ。
阪口:兄ね。兄…。
杉田:お兄ちゃん、なんだっけなー
阪口:お兄ちゃん…。
杉田:言ってたんですよね、神楽のモノローグで。
阪口:うん。
杉田:うん。
阪口:なんだろ。
杉田:生き別れの兄みたいなね。
阪口:兄、兄の名前なんだっけ?
杉田:兄…。兄…。
阪口:出ないね。
杉田:はい。
(ブッブー)
阪口:じゃあ、答えお願いしまーす。
くじら:答えは閃光の騎士シェザードだ。これは難しいかもね。
杉田:ああ、シェザードだ。
阪口:wwwシェザードってwww
杉田:ああ。
阪口:まあー、それっぽいね。
杉田:ええ。
阪口:残念ながらそれっぽいね。
杉田:残念ながら。
阪口:いかにもそれっぽい名前。
杉田:きっと学ランの下にガンベルトつけてる。
阪口:うわあ、ガンベルトー
杉田:うん。
阪口:こえーよー
杉田:うん。
阪口:閃光の騎士だもんね。
杉田:そうですよ。
阪口:それはもうwそらもう勝てねーよ。
杉田:うん。
阪口:ああ。つーことで。
杉田:じゃあ次の問題に行きましょうか。
阪口:はい!
杉田:銀魂カルト?
阪口:Q!
くじら:問題。ラジオネームさだちゃん饅頭さんからだよ?第29話「慌てるな!クーリングオフというものがある」で神楽が見ていた通販番組で紹介していた商品の名前は?
阪口:どんどんマニアックになってね?
杉田:うん。
阪口:うわー
杉田:なんだっけな、神楽が。
阪口:あれ?なんだっけ?あれ?
杉田:なんだっけなー?
阪口:なんだっけなー?あ?お?ヒント的なものが。
くじら:ヒントはダイエットだよー?
阪口:ダイエット?え?ダイエット?
杉田:あの、フラフープ。
阪口:www
杉田:みたいなやつじゃなかったかなー?
阪口:フラ…。
杉田:なんか回っていくうちにっていう。でもなんか違うな。離れようそこから。
阪口:えっ!?離れちゃうの!?
杉田:うん。離れよう。
阪口:ダイエット…。ダイエット?
杉田:フラフープじゃなければ、フラフープを武器にするガンダムが。
阪口:wwwああ、ネオスウェーデンのね。
杉田:そうそうwww
阪口:wwwノーベル的なあれね。
杉田:ごめんね、素直じゃなくてって言ったらこう。
阪口:www
杉田:リボンを飛ばしてくる。
阪口:そう。そうそう、リボン飛ばしちゃうね。
杉田:うん。
阪口:そうそうそうそうそうそうセーラー服着てる。なんでスウェーデンでセーラー服なんだろーね?
杉田:わかんないです。
阪口:わかんないね。
杉田:わかんないです。
阪口:でもまあ、あれはあれでなんか面白いね。
杉田:ええ。
阪口:うーん。ってなんでこれGガンダムの話なの?
杉田:www
阪口:wwwそういう話じゃないよね。
杉田:ダメですよね。
阪口:あれ?
杉田:ダイエット。
阪口:ダイエット。
杉田:って思い浮かべて。まず最初に大助さん思い浮かぶものは?
阪口:え?なんだ?ダイエット?ダイエット?
杉田:うん。うん。ダイエット器具みたいなものって色々あったじゃないですか。
阪口:うん。
杉田:なんか電気パッドを当ててなんかこう腹筋みたいな。
阪口:ぶるぶるぶるぶる。
杉田:ぶるぶるぶるーって振動するやつとか。
阪口:俺、竹原さんが勧めてたサウナスーツ。
杉田:サウwww
阪口:www
杉田:サウナスーツ!?
阪口:うん。ガチンコ大好きだったからさー
杉田:はい。
阪口:竹原さんに言われちゃなんか買わなきゃいけねーかなと思って。
杉田:じゃあ海辺を走って
阪口:そうそう。
杉田:網野みたいに。
阪口:うわあーってなって。
杉田:水をくださいって。
阪口:どっしゃーってかけられて。立てや、みたいなね?
杉田:うん。
阪口:だからこれ聞いてる人ガチンコわかんねーだろ。
杉田:ええ。あれ?
阪口:で?
杉田:で、正解は…。
阪口:わかんないね!
杉田:わかんないです。
阪口:正解聞いちゃおう。
(ブッブー)
杉田:正解は。
阪口:正解は?
くじら:答えは、まーわるーまーわるーよ脂肪は燃えるちゃん、だ。わかったかい?
阪口:フラフープじゃん。
杉田:みたいなやつだった。
阪口:wwwみたいなやつだった。
杉田:うーん。
阪口:なーん。タイトルなんか出ませんよ、そんなの。無理ですよ、こんなの。
杉田:そうですねえ。名前わかんない。
阪口:わかんない。じゃあ最後!最後もう1問行きましょうか。
杉田:はい。来いや。
阪口:銀魂カルトー?
杉田:Q~
くじら:問題。ラジオネーム五月雨やっちゃんさんから。かぶき町四天王の1人、マドマーゼル西郷が働いているお店の名前は何?
杉田:コンボイ。 ←トランスフォーマー?
阪口:www
(ブッ)
阪口:コンボイってwコンボイってw
杉田:ゴルディーマーグ。 ←勇者王ガオガイガー
(ブッ)
阪口:wwwもうガンガン行こう。ガンガン攻めてって。
杉田:うーん。
阪口:ガンガン攻めてって。もっと、もっと攻めて。
杉田:えー、ゴルディーマーグじゃないんだ。
阪口:ゴルディーマーグじゃない。
杉田:え、違う。それ江川さんのだからな。
阪口:江川さんの。
杉田:うん。
阪口:ひたすらあの中の人繋がりで来てるから、今。
杉田:なんで最初にコンボイって言ったのかわかんない。
阪口:わかんないwあえてコンボイチョイスした意味がわからない。
杉田:うん。
阪口:コンボイって。
杉田:なんだっけ?あのー、たしか銀時と桂あそこバイトしたな。
阪口:バイトしたな。バイトしたね。
杉田:うーん。お妙さん働いてんのがすまいるで。
阪口:すまいる。すまいる。
杉田:なーんだっけなー。パッと出てこねーんだよなー。お店の名前でしょ?
阪口:お店の名前。
杉田:お店の名前。えーーーっとーーー
阪口:あれじゃね?きっとあの全蔵が行ってたお店みたいな名前じゃね?ブスっ娘クラブ。
杉田:ああー、ブスっ娘クラブね。はいはい。かまっ娘倶楽部。
(ピンポーン)
阪口:ほーら、来た!
杉田:あらららー
阪口:wwwあららw当たったのにテンション低いのは何で!?
杉田:もっとなんかダチョウ倶楽部とかねずみっ子クラブみたいなボケりゃ良かったんですかね?
阪口:だからwいいんだよ?
杉田:うん。
阪口:正しいんだよ?
杉田:うん。
阪口:これはクイズだもの。
杉田:もっと何々クラブってつくとなんかこう、テンション上がりません?
阪口:えっ!?w何で?
杉田:えっ?いや、ああ、ついに脱いだのかみたいな。
阪口:やめなさいw何で脱がしちゃったの、何々クラブを。
杉田:いや、よくわかんないすけども。はい。
阪口:www
杉田:元美食倶楽部が脱いだみたいなね。 ←美味しんぼ
阪口:それw海原雄山脱がれてもな。
杉田:ええ。
阪口:美食…。まあー、な。良三さんに脱いでもらおうか。
杉田:www
阪口:www
杉田:泣きますよ、多分。
阪口:www
杉田:料理する気なくすんじゃないのかな?良三、簡単に脱ぐようなやつは料理人ではない。
阪口:wwwそんなに岡星さん濃くなかったけどね?
杉田:www
阪口:当時ね。
杉田:岡星さんも、なんかちょっと心の病にかかったみたいなね。
阪口:心の病って言わないのw
杉田:うーん。
阪口:岡星さんは岡星さんで。
杉田:そーう。
阪口:ね?
杉田:ね、山岡さんにじゃあ死ねよって言って。
阪口:www
杉田:言われなくても死にますよって。
阪口:えー、詳しくは美味しんぼを見てください。
杉田:はい。
阪口:ということでね。えー、聞いてる人の中で全員正解したリスナーはいるのかな?
杉田:空知先生ですら怪しいんじゃないのかな。
阪口:空知先生は多分忘れてると思うw
杉田:ああ、そうです。そんなあれ、なんだっけ?みたいな感じでね。
阪口:うーん。
杉田:うん。
阪口:ということで以上、銀魂カルトQでした。

阪口:ラジオネーム地底人さんからいただきました。初号機とのシンクロ率を上げるにはどうしたらいいですか?
杉田:自分の声の吹替を宮野君にするんだよね。うん。



スポンサーリンク