【銀魂ラジオ文字起こし】日野聡と阪口大助の意外なの弱点とは…!?【 夜兎族の皆と銀魂プレイバック#8】



スポンサーリンク

 

速水:苦手なものある?日野くん。

日野:僕はですね、デジタルです。

阪口:あー。

釘宮:あー。

杉田:あー。なるほど。

阪口:デジタルなんてね、どうでもいいですよ。

日野:デジタルは…。大助さんと僕はもうガラケーを使い続け…。あれ、もう違うんですかもしかして?

阪口:ガラですよ。

日野:よかった。

阪口:見ての通りのがらですよ。全然ガラですよ。

日野:パソコンとかイライラするんですよね。動かない。

速水:なるほどなるほど。

日野:何が起きてんの?とか。

阪口:キーボードの文字の配列とかもうイライラするもん。んーっ!あああ!とか言いながら。文字打つのがいや。

速水:僕も手書きですよ。シナリオ書くけど全部手書き。

杉田:え?あ、本当ですか?

日野:なんかでも、この先生きていけなくなるんじゃないかって不安もありますけどね。

速水:でも音声認識が相当できているから。

阪口:よーし。

日野:なるほど。

阪口:よーし、これで全然違うものが出てきたらびっくりするけどな。俺、回転寿司でタコ頼んだらシャコが出てきた。そういうことが起きるかもしれんからな音声認識。こええよ。

杉田:それだったらタッチパネルとかの方が楽ですよね。最初びっくりしましたけど。なんかベルトコンベアで運ばれてきたんだけど。

速水:なんか、こんなんくるよね。新幹線みたいな。

阪口:ビュン!つってね。回転してねーじゃねーか。

杉田:あれ勢い余って止まった瞬間、ガチャンってちょっと溢れることある。

阪口:しっかりしろや。

杉田:僕あの、収録スタジオのある

日野:あ、あそこだ。

杉田:ええ、レール寿司屋に行ったとき、ちょっとガチャンってなって事故が起きたことがある。脱線だ!

阪口:寿司が!寿司が!

杉田:隣にいたオーストラリア人のおばあちゃんがずっとウニを注文しろウニを注文しろって俺にいうんだ。だからタッチパネルの使い方を俺の小学生並みの英語で教えなきゃいけない。ウニってなんでいうんだろうな〜って。

阪口:確かにね。

杉田:FF11をやってたんで

速水:ウニってoursinてフランス語か。

杉田:UrchinっていうUrchin軍艦ってのが出てくんですけど、だからUrchinだと思ってSea urchinっていうんですけど、ちょと思い出せなくてNeedle Shellって行っときました。

阪口:伝わる伝わる。伝わるよ。かっこいい、かっこいい。棘のからでね。

杉田:おばちゃんずっと爆笑してて。俺は孫か!

阪口:優しくしたのに笑われるってツレェなぁ。

杉田:なんなんだよ。

阪口:なんなんだよ。

杉田:観光客の団体の中ぽかっとあいた一席に案内されたんですよ。それが運の尽きでした。

阪口:そうだね。それはきついね



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)