【銀魂文字起こし】森川智之の出演で大興奮の銀時と土方w「ダメですな~あの人はw」【リスナーから中井さんに質問です #総集編】



スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

文字起こし

杉田:「さかたのまんま リターンズvol.2」…2…2…2

阪口:このコーナーのタイトルも、だいぶ交通渋滞起こしてますね。

杉田:ひゃ~はっはっはっwww

阪口:ふふふwww誰?www

杉田:ひゃ~はっはっはっwww

阪口:これせ…

~♪ピンポ~ン♪~

阪口:さ~!今回のゲストさんがいらっしゃいましたよ~!どうぞ~!

杉田:ふ!誰が来たんだ?は!

阪口:www

中井:#$%土方十四郎役の中井和哉です!

阪口:誰なんだ!だから、みんな!wwwこれ、ちょっと!www

中井:www勢いよく来ました。

阪口:勢いイイねwww

杉田:引き笑いし過ぎて、カッキー(※柿原徹也さん)になっちゃいましたね。

阪口:そうだね!

中井:www

阪口:完全に途中から…途中からっていうか、頭からカッキー(※柿原徹也さん)だった。

中井:www

杉田:ほんとすみません。

阪口:ひどいね!

杉田:中井さんだ!よろしくお願いします。

阪口:よろしくお願いしま~す!

中井:お願いしま~す。

阪口:ということで~

中井:来ましたよ~。

阪口:このコーナー…

中井:はい。

阪口:このコーナーていうか、久しぶりの中井くんの登場ですが。

中井:はい。

阪口:中井くん、前回覚えてますか?

中井:久しぶりとおっしゃいましたか?

阪口:www

杉田:中井さん、これ……中井さん、これ、銀魂放送局の第1回目のゲストだったんですよ!

中井:初耳だな~。

阪口:www

杉田:初耳!?う~ん。

中井:僕、来ましたっけ?こういう状況の所に。

阪口:きたね~。来たね~どうやら来たね~。

中井:何を言いましたか?僕は。

阪口:「帰りたい」って、言ってた。

中井:wwwあ~俺だそれ。

阪口:www

杉田:www

中井:それは、僕に違いない。

阪口:間違いなく、中井くん。

中井:間違いなく、中井ですね。

阪口:ね~。えぇ、えぇ。

中井:そうでしたか

阪口:そうですね。そうそう。

中井:それは、失礼しました。

阪口:いえいえいえ、だから第1回目のゲストが中井くんだったので、

中井:はい。

阪口:うん。まぁ、ほぼ一周ですか。

杉田:そうですね。

阪口:まだ来てないゲストもね、たくさんいたんですけども。

杉田:そうですね~。

阪口:あえて!今回は、「バラガキ篇」収録のね、DVDということで。

中井:あ~なるほどね。

阪口:中井くんを呼んでみましたよ!

中井:そうですか。ありがとうございます。

杉田;前回が小林ゆうさんだから、もう誰来ても楽ですよ!ほんと。

中井:www

阪口:www

杉田:うん。

阪口:それをいうなよ。

杉田:いや。だってもう…

中井:そんなひどいことに?

杉田:あの~色々なものが削り取られたような気がする。

中井:あ~。何かわかる気がする。

阪口:HPが残ってないって言うね!www

中井:www

杉田:なんで、同時にMPも減るんだろうみたいな。

阪口:wwwほんとだ。

中井:www

阪口:「ふしぎなおどり」(※ドラクエに登場する技の一つ。受けるとMP【マジックパワー】が減らされてしまう。)に近い、何かをね。う~ん。

中井:あ~。

杉田:中井さんはあの~。

中井:どうした?

杉田:ドリンク、あの~スタジオの自販機でいっぱい買ったんで。

中井:あ!スタジオの自販機ですか?

阪口:わかりやすくね。

中井:何か…

杉田:うん。

阪口:じゃ~僕、これにしよ。

中井:何が良かったかな。あの…ハリウッドスターが寅さんのフリしてるやつがいい。(※オラン○ーナ)

阪口:あ~!なるほどね!

杉田:www

阪口:ムッシュ的なね!

杉田:あい。

中井:あれはね。うん。

阪口:ムッシュ

中井:美味しかった。

阪口:もう、何も言わず飲んじゃうんだ。これ!www

スタッフ:www

杉田:全員が飲んだら、これ、誰が喋っていいかわかんない。っていうね。

中井:あ゛~

阪口:わけわからんな。

中井:あ“~うまいな。

阪口:あ~。一応ね、これ、家って設定なんでね。

杉田:はい。

阪口:はいはい。のんびりしてってくださいよ!

中井:あ~。まんまですもんね。

杉田:中井さん、こういうジュースのCMとかって、やんないんですか?

中井:何ですか!?それ。

阪口:www

中井:ジュースのCMやってる声優さんって誰でしょうね?

阪口:誰だろうね?やんないよね!

中井:やんないでしょ?普通!

杉田:ビール!ビール!

阪口:やっても、立木さんがナレーションとか

杉田:ビールだと、譲治さんとかね

阪口:譲治さんとかね。

中井:あ~。そういうことですね。

阪口:そうそうそう。

杉田:大沢事務所の人ってイメージ。

阪口:そうだね!立木さんか譲治さんかって。

杉田:うん。

阪口:うんwww

杉田:大助さんは、【※放送に適さない時の効果音※】のCMが、大好きなんでしょ?

阪口:【※放送に適さない時の効果音※】…。ん?何が?

杉田:え?

阪口:www

中井:ん?

杉田:うん。

阪口:どうした?

杉田:きれいな声が聞こえてくるからって。

阪口:きれいな声が聞こえてくるから、僕は【※放送に適さない時の効果音※】とかも好きで。www

中井:www

杉田:wwwそれ、初めて知りましたよ!

阪口:あ~そうですか。

杉田:色々やってるんですね【※放送に適さない時の効果音※】きさん。

阪口:そ~れ~ダメだよ!

中井:www

阪口:バカじぇね~のお前!名前出すなよ!はい!つうことで、ね!トークしますよ!はいはい。

杉田:はい。

阪口:アニメ「銀魂」、また終わっちゃいましたね。

杉田:終わっちゃいましたね。

阪口:はい。終わっちゃいました。

杉田:あい。

阪口:終わった中でもですね。

中井:www

阪口:今回のラジオCDが、

中井:お世話になりました。

阪口:ついてるDVD本編の方は、「バラガキ篇」が!

中井:お!「バラガキ篇」

阪口:収録されてますよ。

中井:はい。

阪口:あの~僕、いなかったんで。知りません!正直、スタジオの雰囲気とか

杉田:そっすね~。

阪口:ふふふwww

杉田:うん。

阪口:どうだった?

中井:はい。

阪口:どうだったですか?

杉田:はい。あの~伊藤健太郎さんが

阪口:鉄之助が。

杉田:鉄之助が健気でした。ずっと。

中井:かわいそうだった。

阪口:www何!?小学生!?wwwかわいそうでした。

中井:健太郎さんがかわいそうでした!

阪口:うわ~ダメだ!この小学生めんどくせ~!

中井:www

杉田:作文!?って!

阪口:www

中井:だって、そうなんだもん。なんかね~!

阪口:あ~…。まぁ、健気でしたけどね。

中井:ゲストだよって呼ばれて、ラップやれよって言われて、

杉田:ラップ?ってなったね。

阪口:wwwあのね~、そんな人、何人か知ってる。「ゲストだよ!」って呼ばれて、歌わされた運昇ちゃん(※石塚運昇さん)とか

杉田:はいはい。

阪口:www

中井:ね~。

阪口:何人か知ってるwwwう~ん。

中井:やっぱね~。そうですよね。

阪口:ゲストに対してのハードルが高いんでね。

杉田:高い高い!

阪口:え~え~。そんな中で、中井くんに、あ~の~メールがきております。

杉田:お!

阪口:行きますよ~!

中井:僕にぃ~?

阪口:はいはいは~い!間違いなく、これ中井くんですね。

中井:おっけ~。

阪口:愛知県の「みー」さんです。

中井:はい。

阪口:こんにちは!

中井:こんにちは。

杉田:こんにちは!

阪口:「中井さんのゲストお待ちしておりました!」

中井:う~ん!

阪口:「アニメ「バラガキ篇」、戦闘シーンの描写がとても素晴らしく、嬉しかったです。」

中井:はい。

阪口:え~、「サブちゃんは、正統派の敵役ながらも、銀魂らしい憎めないキャラが素敵ですが。」

杉田:うん。

阪口:「杉田さん、中井さんは、顔文字乱用のメール魔さんは、いかがですか?」と。

杉田:ほ?

阪口:顔文字をバンバン使ってくるメールを、ガンガン送ってくる人はどうですか?

杉田:wwwそんな人、周りにいませんからね~。

阪口:いません?

杉田:う~ん。

中井:あまり、そんなガンガンは…つうか、まぁ、僕は、若干は、顔文字使うんすけど。

阪口:お~っとっとっと!使うぞ、この人使うぞ!

杉田:ほう!

中井:wwwだって、だって、何か、俺、誤解が怖い人だからさ。

阪口:あ~。

中井:何か、この文章って、こういうニュアンスで読むと、こう受け取られる?ん?

阪口:あ~。

中井:こ、これ、こう読むと、こ!!あ!!別に怒ってないんだよ!怒ってないんだよ!怒って――

阪口:www

中井:笑顔(*^_^*)!みたいな。

阪口:なるほどね。

中井:そんな…

阪口:確かに、そんな使い方はできるやもしれんね!

杉田:うん。

中井:乱用はしたくないですよね。

阪口:そら~もう乱用は、もうバンバンいれて。杉田くんは、無いよね?あんまりね。

杉田:いや、僕、土下座m(__)mする、あの顔文字しか使いませんね。

阪口:そうだよね。

中井:あ~。

阪口:僕、顔文字使ったことないからね!

中井:あ!そうですか?

杉田:ほんとですか?

阪口:う~ん。

中井:そうですか。

阪口:うん。わかんない。何だかもう、よくわかんない。う~ん。

杉田:試しにすっごいデコって送ってみるのどうすか?

阪口:うわ~。デコですかい。いきなり、デコですかい。

杉田:うん。

阪口:無理だ。

杉田:【※放送に適さない時の効果音※】あののCM見ましたって。こう。

中井:www

阪口:あのさ~。だから、何だよ!

スタッフ:www

中井:wwwそんな話をバンバンしていいラジオなの!?

阪口:よかね~よ!!よかね~よ!

スタッフ:www

杉田:うん。

阪口:うん。だから、そういうメールは送ったことあるけどね!

杉田:あ!ほんとですか!

スタッフ:www

阪口:あるけれども。

杉田:ほんとですかwww

スタッフ:www

杉田:何か、普通にこっちが恥ずかしくなってきた。

スタッフ:www

杉田:僕も、ドキドキしてますよ!今。

中井:それ、僕もあの、【※放送に適さない時の効果音※】【※放送に適さない時の効果音※】映画見に行ったら、声が聞こえてきて、何か、スゴイ

杉田:www

中井:うし、後ろめたい気分になった俺の事は、言っていいですか?

杉田:えぇ。ガンガンもう。

中井:そんなんじゃないんだよ!#$%&っと、ぼ…僕、そういうつもりじゃなくて、見に来たんじゃなくてみたいな。

阪口:www何かね、みんな色々んなものを

中井:みんな色んな

阪口:抱えて生きてますよ。

中井:色んな傷を抱えて…。

阪口:傷なのか?

杉田:傷!?

中井:www

杉田:傷ぅ!?

阪口:あ~ということは、別に、周りにいないからわかんないと。

杉田:そうですね。

阪口:いたら、めんどくさいかな?やっぱり。

杉田:どうなんですかね~。う~ん。ねぇ?

阪口:サブちゃんみたいな感じのキャラ。

杉田:でも、ねぇ?森川さん(※森川智之さん)が、あの~メールの文体を読んだんですよ。全部。

阪口:はい。はい。はい。

杉田:ね?「メールだお♡」って。

阪口:「だお♡」ってね。可愛いね。

杉田:それだけでも、もう超絶に面白くって。

中井:もう~すごい。めっちゃ面白かったね。

阪口:www

杉田:もうとんでもなく、面白くて。

阪口:とんでもないね!あれねwwwいい声であ~いうことやられると

杉田:そう!

阪口:ほんと、卑怯だなって思う。

杉田:キャスティングに、もうほんと森川さん(※森川智之さん)って決まった瞬間に

阪口:www

杉田:これはやばいぞ!っていうね。

阪口:あ~。そうだ。

中井:ダメですな~あの人は、ほんとにね。

阪口:www

杉田:www

中井:ほんとにダメだ!

阪口:ダメって言っちゃったよwww

中井:ふざけたことをやるともう…自動的に何倍にもなって返ってきますからね!

阪口:あ~。あなたの軍師ですからね。言ってみればね。

中井:あ~もうだめだめ。

阪口:ほんとにね!

中井:あ~あのスタジオ、よくわかんなくなってきちゃった。もう最近。

阪口:あ~もう何が何やらね。

中井:ね~。

杉田:小十郎からのね~。文がね~。

中井:そ~。

杉田:すごい顔文字だらけだったら、

阪口:そうそうそう。

杉田:それどうなっちゃうんだろうね。

阪口:どんな狼煙だよ!っていう話になるんだよね。

中井:www

杉田:しょうがないから、あの英文で返すみたいな。

阪口:www

中井:www

阪口:「Hear we go!」っつってね。

杉田:はい。

阪口:はい!続きまして、東京都・さやさんからですね~。

杉田:はい。

阪口:え~。「杉田さん、阪口さん、中井さん、初めまして、こんにちは。」

中井:こんにちは!

杉田:こんにちは!

阪口:「ゲストが中井さんだと知り、いてもたってもいられず、ついつい投稿してしまっていま~す。」

杉田:ま~落ち着けよなぁ。

中井:www

阪口:落ち着いてると思うよ。もうさすがに。

中井:知らんけど

阪口:ね~。「早速ですが、中井さんに質問です。」

中井:う~ん。

阪口:「『バラガキ篇』で、ついに土方さんの過去が明らかになりました。」

中井:そうだね。

阪口:「副長として背負っているものだけではなく、土方十四郎個人が背負っている物がわかり、土方さんの強さと考え方の根底がわかった気がします。

中井:うん。

阪口:え~「中井さんは、土方さんの過去を知り、どう思われましたか?中井さんがご自身の中で作り上げてきた土方十四郎とは違う一面がありましたでしょうか。」と。

中井:ううううう~。

阪口:www

中井:何で、そんな真面目なこと、突然聞く?

スタッフ:www

阪口:わかんない。ここまでの流れが一切なくなる、この真面目な感じ。

中井:www何だろうね~。

杉田:普通に、検察側からの…なんかみたい。

中井:大変な…えぇ~。なんかそれ、ちょっと僕、いい加減なこと言ったら、ダメじゃないですか。

阪口:そうですね。

中井:どうするんですか?

阪口:www

中井:www。でも、何か、あの~うん。あの~土方って、なんかスゴイ、こうテンション高げなことやってても、基本的な体温は低い人だなってのがあったんで。

阪口:うんうん。

中井:やっぱり、こういう、あ~なるほどね~、こういう方向の事件があったんだろうな~ってのが、何となく

阪口:うん。

中井:うん、うん。納得できる部分ではありましたから、よかったかなっていう風に、思いますよ。より、具体的になったっていう意味ではね。

阪口:そうですね。

中井:うん。

阪口:土方の、何かこう過去を掘り下げてく中で、なんか…いいね!真選組ね!

杉田:お…おぉ。

阪口:俺ら、あんまり掘り下げられてないからね。

杉田:いや、でも、掘り下げたら結構、物語の核心くさいとこにいくんじゃない?

阪口:僕と神楽は、多分大丈夫だけど、銀時掘り下げちゃったらね。

中井:そうだよ!だって…だから…。

杉田:ちょくちょく出てきますからね。過去を知ってる人っていうのが。

阪口:そう。

中井:でも、掘り下げ切っちゃうと終わっちゃいますんでね~。

阪口:www

杉田:多分、終わる。

阪口:終わっちゃうね~。う~ん。

中井:もっとグダグダやりましょうよ。なんか。

阪口:wwwなんで、じゃ、次は、近藤の過去でも

中井:うん。核心に触れないままグダグダってやりましょうよ。

杉田:また、1週またね、うんこ我慢するだけの回とか。

中井:そうそうそう。

阪口:あ~。そうそうそう。

杉田:そういうのがいいね。

阪口:結局ね~え~出演者、そういうのが好きみたいです!www続きまして、東京都・え~ましろふかふかいまなみとろさ~んからですよ。「ゲストの中井さんに質問です!」

中井:は~い。なんでしょうか。

阪口:「今回のラジオCDは『バラガキ篇』収録のDVD11巻の初回限定特典だそうですが、『バラガキ篇』といえば、冒頭のラップですよね!中井さんが歌ってくれただけでも、めっちゃ嬉しかったのですが」

中井:歌ってないぞ!

阪口:「『(ラップ風)てめぇら、いい加減にしてくれYO~♪』の発音が、めっちゃ本格的で」

杉田:www

阪口:「びっくりしました。流石です!」

杉田:www

阪口:「あのラップを歌うと聞いた時の気持ち」

中井:ほう~。

阪口:「または、エピソードなどがございましたらお聞かせください。」

中井:ほぉ~…。そういう風にバカにするわけだな。

阪口:www

杉田:www

阪口:お~い!被害者妄想!

杉田:バカにしてないです!www

中井:歌ってないよ!

阪口:www

杉田:え~…

中井:しかも、本格的でもねぇYO!

阪口:いいじゃん。

杉田:何が起きたんですか?

中井:もう…。

杉田:またあの…何かボール投げるあの番組で【※放送に適さない時の効果音※】【※放送に適さない時の効果音※】役をまたね…。

中井:www

阪口:やめて!やめてぇ!www

中井:や~め~て~!

阪口:それは、中井くんが、苦しいだけだから!

中井:ピリピリっと、心の傷に触れないでください。

阪口:ハードル高いんだから!

杉田:あれを、こなした中井さんですよ。

阪口:そうだね。

杉田:ラップ!

阪口:そうそう。

杉田:ラップひとつ!

阪口:確かにね、あれに比べたら、ラップは…

中井:まぁ、そうですよ!

阪口:wwwまぁ、そうですよwww

杉田:www

阪口:まぁ、そうですよwww

中井:だって、メロディーがあるんだもんね!

阪口:そうですよ。

中井:そうですよ。メロディーなかったんですよ!?

阪口:丸投げでしたからね!

中井:台本に「♪」が書いてあるだけ!!!

杉田:www

阪口:www

中井:台本に、何かこれ歌う…うたうんだなぁ!っていうニュアンスが、伝わっただけwww

杉田:あぁ~!

阪口:イエス!【※放送に適さない時の効果音※】【※放送に適さない時の効果音※】

中井:ですよぉ…。

阪口:そういうことですよ。

杉田:あぁ~…あ~。

中井:一生懸命頑張ったら、「これ、劇場版につながる大事な設定だから、ふざけないで。」って。ふざけてね~YO!

杉田:www

阪口:www

中井:ふざけてね~YO!wwwみたいなことをね!

杉田:あ~あwww

阪口:ね!そう考えると

中井:wwwこっれはどうなんだろうね?

阪口:www

杉田:でもラップ…。

阪口:ラップですよ。

杉田:ね~健太郎さんもそうですし~。

中井:はい。

杉田:あの~ガヤで来てた人達が

阪口:取り巻きの方々だ~!

杉田:取り巻きの方々が、見た目も何か、役者さん似てて~。

阪口:へ~。おぅおぅん。

杉田:普段が、スゴイいい声なんですよ。

阪口:www

杉田:wwwあの~ラップしてない時の声も

中井:びっくりするくらい本格派っぽい。

阪口:っぽいwww

中井:わかんね~けど。

阪口:いやいやいや、おかげで、出来上がりは、もう完全にね!

杉田:いや、あれすごいですよ!ほんと!

中井:う~ん。

阪口:健太郎くんとラッパーの皆さんってことでしょ?

杉田:そうですよね。

中井:ほんとに。

阪口:うん。結構よかったんじゃないですか?あれは。

中井:面白かったですよ。

阪口:うん。

中井:何か皆さんビジュアル的にも、何か

杉田:そう。

中井:ブラザー的な。

阪口:www

中井:割合、おおぉぉ!

阪口:割合、本物感が!

杉田:俺、一緒のマイク前に立って、ほんとカツアゲされる中学生みたいでしたよ。

阪口:やめなさい!やめなさい!ほんとに。www

中井:素敵でしたよ。

阪口:え~…素敵でした。ということでね。取り巻きの方々にも、ぜひ注目を。

杉田:そうですね!

阪口:DVDに関してはね。

杉田:ほんとに、本格的ですよ!

阪口:は~い。続きまして、え~…大阪府・あの子は太陽のKomachi エンジヌスさんからです。

杉田:はい。

中井:はい。

阪口:「今回、中井さんがゲストにいらっしゃっるということで、3人にお伺いしたいことがあります。『バラガキ篇』、とても感動して拝見したのですが、その中で、銀さんは、自分が『白夜叉』だと告げます。真実は、空知先生の頭の中のみかもしれませんが、私は、今まで視聴者が注目していた『白夜叉』を、重くなくポロリと告げた銀さんが、逆にかっこよく感じました。それを受けた土方さんは、知っていたのか、あまり気にしていないのか、にやりとしただけでした。皆さま、あの場のタイミングで、銀さんが告げたことを、どう感じられましたか?」と。

杉田:う~ん。

中井:う~ん。

阪口:まぁ、確かにさらっと言いましたな。

杉田:うん。さらっと自分でね。

中井:www

杉田:う~ん。

阪口:自分でね。う~ん。そのあと、ぐっだぐだになりましたけど。

杉田:うん。

中井:う~ん。

阪口:www最終的に捕まるっていうね。

杉田:うん。

阪口:うん。どうですか?

杉田:いや~ね~。今までも、過去を知る人っていうのは、やっぱ何度か登場してきて。

中井:う~ん。

杉田:ね~。真面目になる瞬間、あったんですけども。

阪口:うん、うん。

杉田:ね~?だから、ちょっと、あれから乗り越えてきてるっていうか

阪口:うん。

杉田:その、若干自分でネタにできる余裕が出てきたのかなって、銀時の中に。

阪口:ほ~!

杉田:う~ん。今までは、何があっても、隠しながら、新しい所で、新しい環境を作って、生きていくみたいなところあったじゃないですか。

阪口:うん

中井:うん。

杉田:むしろ、新しくできた環境を、自分が守っていくっていう…うん。でもね~。過去はやっぱ捨てきれないから~。

阪口:まぁね!

杉田:引きずり戻そうとする人達が、現れるわけですよ。当然。

阪口:そうですよ。

杉田:う~ん。

阪口:ぶっ壊してやる人たちとか。

杉田:そうそうそうそう。

中井:www

杉田:あいつらね~。自分勝手なくせに寂しがり屋だから。

阪口:wwwほんとにね。

杉田:う~ん。

阪口:ちょいちょい出てきてはね、「おら!壊すだけだ!」と。

杉田:うん。

阪口:www

杉田:で、しょっちゅうグッズになって帰ってくるんですよ。

阪口:ほんとだよ!なんだよ!あいつらwww

杉田:あいつらって!

阪口:あいつらっていうか、あの人!あの包帯の人!

中井:あの人ですね~。

杉田:包帯の人とかね~。あのお兄ちゃんとか。

阪口:お兄ちゃんとかね~。

杉田:う~ん。

阪口:う~ん。

杉田:www

阪口:殺しちゃうぞ♡の人ね。

杉田:そう。

阪口:ほんとうに…羨ましい。

杉田:羨ましい!?あ~

阪口:グッズがね。うん。で、中井くんはどうだったわけさ?

中井:ん?う~ん。何かね!でも、何か結局その~これは、言っちゃいけないことっていうか、そういうのをず~っと抱えてるのも、何かもう今の銀魂には、そぐわないのかな~…っていうな感じは、すごくしてきたので。

阪口:おぉ~。

中井:別に、そんな、え?ここで!?っていうのも無かったし。

阪口:は~うんうん。

中井:土方の受け取り様としても、「えぇ~お前が!?」っていうのも、何かこう妙な感じだし。

阪口:まぁね。今更ってところも。

中井:何か、すごくいい頃合いのような感じは、

阪口:うんうん。

中井:僕はしたんですけどね。

阪口:はぁ。なるほどぉ。

中井:土方としても、どうなんだろう…。知ってた、知ってないとかっていうんじゃなしに、何か…さもありなん、は~んって言う感じもあったとは思うんですけどね。

阪口:なるほどねぇ!うん。

中井:う~ん。

阪口:なるほど。なるほど。

中井:じゃないですか?

阪口:さ~そんな感じでね、真面目な質問が続いてきましたが。

杉田:はい

阪口:え~長野県・いちご牛乳プールさんからもいただいてますよ~!

杉田:あんまいな~これ。

阪口:え~、「早速ですが!」

杉田:はい!

阪口:「新シリーズ・真選組といえば、やっぱり『バラガキ篇』 ですよね。そこで中井さんに質問です。」

中井:なによぉ~…。

阪口:「中井さんが、一番バラガキだったなぁ~と、思う頃はいつですか?その時のエピソードなどがありましたら合わせてお聞きしたいです。」

中井:…俺…。

阪口:「できたら、杉田さん、阪口さんのお話もお聞きしたいです。」と。

中井:いいこだも~ん…。

阪口:いい子ですか?

中井:俺、いいこですもん!そんなぁ…。

阪口:wwwなんで拗ねるのかな?www

中井:バラガキじゃないっすよ…

阪口:バラガキじゃないの?

中井:全然、無いですよ。

阪口:全然?

中井:ん~…。

阪口:全く?

中井:全くwww

阪口:www

中井:www

杉田:でも、中井さん、生まれた時から、その声だから、多分、あの~…幼稚園の先生とかの耳元で口説いたりとかしてないのかな?

阪口:バラガキだねwww

中井:www

阪口:それは、バラガキっていうか、マセガキだね。

中井:マセガキだね。

杉田:「(中井和哉っぽく)スケベしようや…」

阪口:www確かに関西の人だけどねwww

中井:スケベシヨウヤwww

阪口:あんま関西の人でも言わんぞ、それwww

中井:でも、そんな…う~ん…。割合ね、ちゃんとした子で、いたずらとかもあんまりしなかったですけどね。

杉田:う~ん。

阪口:むしろ、30超えてから、バラガキになりましたか?

杉田:www

中井:してないですよ。

阪口:してないですかwww

中井:もっといい子ですよ!

杉田:青二のジュニアに「スケベしようや~!」

阪口:www

中井:www

阪口:最低~!www

中井:最低だ!www

阪口:最低だよ!

中井:最低!

スタッフ:www

阪口:どうした?杉田くん!?

杉田:あ~。

阪口:そのキャラだっけ?

杉田:すいません。何か、このフレーズが気に入ったみたいで。

阪口:www

中井:www

阪口:気に入っちゃったんだね。気に入っちゃったんだね。それはしょうがないね。

杉田:スケベって表現がよくわかんないです。

阪口:www

杉田:この単語、おかしいじゃないですか。

阪口:まぁな~。バカだな~wwwバカだな~www

杉田:ほんとすいません。

中井:変だな~。でも、なんか「スケベしようや。」ってな~。

杉田:www

阪口:wwwやめなさい!www

中井:スケベしようや…。

阪口:wwwやだ!やめろ!

中井:いやいや、君が思うスケベをしようや…。

阪口:www

杉田:www

阪口:何で相手に投げちゃったんだよwww

中井:どこまで、スケベ?君的には?

杉田:www

阪口:何か、自分の責任を軽くするような行動やめて~!

中井:君がスケベやゆうんやったら、これで

杉田:いや~めずらしいwww

阪口:最低!最低!乗っちゃったよ。

杉田:すごい珍しいな。

阪口:このトークに乗っちゃったよ。

中井:これからの~「バラガキ」にご期待を!

阪口:wwwだめ!四十超えたバラガキに!

杉田:大変!

中井:最悪ですよね。それね。

杉田:う~ん。

阪口:杉田くん、バラガキじゃなかった?

杉田:僕ですか?僕は、よく、あの~害虫を駆除したりとか。

阪口:あぁ~。

杉田:あの~カブトムシが、あの~。

中井:うんうん。

杉田:蜜に集まるんですよ。

中井:うんうんうん。

杉田:それで、今年もクワガタとカブト取りに行くぞって言ったら、スズメバチに占拠されてて。

阪口:おぉ~。

中井:あ~。

阪口:まぁまぁまぁ、昼間いくとね、

中井:そうですね。

阪口:確かにスズメバチがね。

杉田:そしたら、うちのじーさんがキレて、「そんな木はもういらん!」って、言い始めて…wwwスズメバチの巣をバーナーで焼き

阪口:あぁ~い。

中井:おお~。

杉田:除草用のバーナーで、こう…

阪口:焼き切ったと。

杉田:すごい火力の奴で。

阪口:ナパームだ!

中井:www

杉田:そう。うわ!って。

阪口:ガンダム・ナパームでwww

杉田:え?何で!って。何で、ここだけランボーみたいになってるの?

阪口:www

中井:www

杉田:うわ~っていって、焼き尽くせって言ってね。

阪口:おじいちゃんがバラガキじゃねぇか。

杉田:そうですね。はい。すっごい勢いでスズメバチの巣が燃えてました。

阪口:www

中井:www

杉田:www

中井:すげ~。

杉田:跡形もなくなっててwww

阪口:wwwそら、バーナーだもんよ。そら。

杉田:だから、じーさんと一緒に、そういう悪い遊びをしてましたね。

阪口:www悪い遊び?

杉田:山の…山の掃除に行くぞって言って。

阪口:はいはいはい。

杉田:何かこうあの~木切ったりとか、多分これ別に切らなくてもいいようなのもwww

阪口:剪定しなくてもいい木をwww

杉田:うんそう。

中井:www

杉田:そういうことをしましたね。

阪口:わ~wwwなんだかな。ば

中井:素敵な環境で育ったんだね。

杉田:いやいやいや。

阪口:素敵かな!?

中井:素敵じゃないですかぁ?

阪口:素敵は、素敵かぁ。

中井:う~ん。

阪口:でも、1歩間違うと、ね~スズメの野郎に反撃されかねないからね。

杉田:そうそう。ね~。すごい、マムシとか超出てくるんで。

阪口:そら、マムシもでましょうよ。

中井:そうか…。

杉田:ふぁ!出た!って言うと、じーさんが、また捕まえて、これは酒にいれるって。

阪口:そうだね!マムシ酒にしちゃうわけだ。

杉田:酒にいれるじゃね~よ。

阪口:焼酎にえいって

中井:カッコイイよぉ~何かぁ、そういうの。

杉田:ていや~って掴んで、そのまま持って帰るんですよ。こうやって。

阪口:ワイルド!

杉田:何かに入れて、お願いだからって!

中井:ワイルド~。

杉田:う~ん。

阪口:wwwいいな~ワイルドだなぁ。

杉田:ドラマですよ。ほんとに。酒のねぇ?入ってる一升瓶が、こう3本くらい無いと、全部マムシ酒。

阪口:www

スタッフ:www

中井:へ~。

杉田:かち~んって、こう台所で、棚開けたら、全部マムシ酒入っててwww

阪口:ほ~。

杉田:トラウマですよ。あんなの。いまだに飲んだことがない。

阪口:そら、あれ飲むもんじゃないのかな?飲むんですかね~?

杉田:ね~。多分、何かこう、ね~ビンビンになるんだと思います。

阪口:やめなさい!

杉田:www

阪口:どうした今日は!どうして、下流へ下流へ流れてるんだ!?

杉田:やる気ビンビンマンになるんですよ。

阪口:何で、2度言った?www

杉田:そんな、やる気ビンビンに定評のある大助さん。

阪口:何でだよ!?www

中井:どうですか?

阪口:はぇ?

杉田:バラガキだった頃。

阪口:バラガキ?僕はもう悪い…悪い仲間とは、そんなにつるんでないかな。

杉田:ほ~。何か悪さしたことは?

阪口:悪さ。悪さって言うほどの事はしてないよ。

杉田:w?何か海飛び込んで養殖中の牡蠣とか取ってたりとか?

阪口:wwwそれはね。密漁だね。

杉田:www

阪口:www

中井:すごいwww

阪口:それは、犯罪だね。

中井:それは、本格的な悪さですね。

阪口:悪っていうか、それは悪って片付けられない犯罪者だからねぇ。うん。別に、宿題燃やすくらいじゃない?

杉田:うわ~!

阪口:うん。夏休みの宿題。

杉田:うわ~!!www

中井:燃やせばよかったのか…。そうか。

阪口:そうそうそう。燃やしちゃったから、提出できませんって言って。2学期の成績は悪かったんですけど。

杉田:へ~。

中井:あっ、カッコイイ…!燃やしちゃえばよかったんだ。

阪口:うん、完璧。そうそうそう。夏休みは、休むためのもんだろうって、燃やしちゃったんだよね。

杉田:すごい!俺みたいに、紙粘土で、便器とう○こ作って、提出してwww

阪口:www

杉田:あれ、1日で終わるんですよね。

阪口:wwwバカじゃね?www

中井:いや、みんなすごいな~

阪口:みんなスゴイwwwマネしちゃだめだぞ♡

杉田:マネしちゃだめだよ!

中井:俺なんか、その嘘を捏造するのに、ちょっと疲れましたからね。

阪口:www

中井:さっきのね~親戚の子が来て、こうノートをびりっと破って、ど~こ~とかっていう、破綻のない嘘を何とかね。

阪口:あ~そうだね~。親戚の子が破いたwww ただね、それ、僕、中学校3年間やったらね、初恋の子の僕のイメージがね…www…宿題燃やした人ってなっちゃってねwww

杉田:わ~ひどい。

阪口:え~悲しい事になっちゃうので、え~みんな真似しちゃダメだぞ♡wwwということで、みなさん、たくさんのメッセージありがとうございました。

~♪BGM♪~

阪口:ラジオネーム・かなすぎさんからいただきました!「銀魂キャラの中で、声真似できるキャラはいますか?お願いします!」

阪口:「あ…あぁ…。余に任せろ!」

杉田:さ…阪口さん。www

杉田:「しゃ~ぼっく。」

阪口:wwwそれ、違う。作品違う!

杉田:そっか!あれ、使いまわしじゃないんですよね?

阪口:そう。ちゃんと1回ずつ、録るよ。

杉田:だって、一瞬、「シャーボック」しか言ってないから、すげ~な~って思って、

阪口:う~ほんと、ちゃんと録って…

杉田:贅沢やな~。

阪口:贅沢な番組ですよ。

杉田:二次使用じゃないよな~あれ。

阪口:当たり前です。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)