【声優文字起こし】水樹さんと杉田さんが初対面の頃の面白のエピソード!きっかけを作った鳥海浩輔さんの素敵な気の利かせ方とは!?



スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字起こし

水樹:え~…という事で、「Mの世界」が、先週からですね、提唱し始めております「友情パワー」の上、え~「新・友情パワー」!え~こちらに匹敵するのは、「母への愛」なのではないか、ということで。でも、え~我々は、友情を選びました。が、しかし、え~、電脳街へ足を運んでしまう方、まだ心の花が枯れかけています。今夜もそんな皆さんのために、スペシャルゲストをお迎えし、心に花を咲かせましょう!というわけで、先週お伝えしました通り、この方が、スタジオに来てくれました!ご挨拶お願いします!
杉田:水樹さん!水臭いよ!相変わらず、水臭いの世界だよ!
水樹:wwwそういうわけでwww声優の杉田智和くんに来ていただきました!
杉田:はい~!Mの世界、次鋒レオパルドン行きます!
水樹:www
杉田:ぐわ~~!!
水樹:www2コマでやられちゃったのねwww
杉田:www早すぎた。マンモスマンがチートみたいに強いんですよ。
水樹:wwwそうなんだねwww
杉田:すみません。水樹さん、よろしくお願いします。
水樹:よろしくお願いします。いや~もう、嬉しいです!あの~
杉田:いやぁ、ほんとにね、TOKYO FM…FMですよ!
水樹:そう、FMって、ちなみに杉田くんって。あの~
杉田:1回かそこいらしか来たことないです。
水樹:あ!ほんとに?
杉田:だって、もう入り口で、ね~デザトリアンだと思われて、僕そのまま入れないかと思うくらいですよ!ほんと!
水樹:wwwほわわわわ
杉田:ほわわわってねwww
水樹:www
杉田:憎い!憎いってねwww
水樹:www
杉田:クリスマスに彼女がいない!
水樹:wwwそこ…そこ!?よりによって!いやあ、あの回は、私達も、どうなんだろう…あのでざと…デザトリアンはってwww
杉田:なんかもう、本当に悲痛な気持ちで見てて~
水樹:しかも、あれラストデザトリアンだからね!
杉田:そうですよね!
水樹:wwwそのあと、もっと強いの出てきちゃうから、砂漠のね!
杉田:そうなんですよ。えぇ。
水樹:wwwそうwww
杉田:あ~切ねぇな!っていうのが、ありますよね。
水樹:wwwいやぁ~ということで
杉田:はい!
水樹:まぁ、改めて、ご紹介しますが、え~Mの世界に来ていただきました声優の杉田智和くん!
杉田:はい。
水樹:え~…私とは、あの~色々な作品でね
杉田:そうですね!はい。
水樹:あの~共演しておりまして。一番最初って…「七人のナナ」?
杉田:しちナナが~最初で…
水樹:うん。
杉田:で、そのあと、えっと~…あの~「獣兵衛…
水樹:あ!うん。うんうん。
杉田:忍風帖」で…兄弟役で…
水樹:うんうん。
杉田:で、次「バジリスク」です。
水樹:そうだよね!そう、それで、「七人のナナ」の時に、初めましてで、話しかけたいけどぉ
杉田:はい。
水樹:話しかけられなくて、私。
杉田:あぁ~。
水樹:で、杉田くんはぁ
杉田:はい。
水樹:すごい、おしゃれな人で~
杉田:はい。
水樹:昔からね!
杉田:あぁ、はい。
水樹:で、何かすっごいもう最新のファッションで、こう
杉田:あ!そうですか?
水樹:身を包んでて~。「あ!可愛い~♡」何か、えぇ~、ちょっと色々話聞いてみたいなぁ。
杉田:はぁぁ!
水樹:どこで買い物してんのかなぁとかいって、思ってたんだけど
杉田:えぇ。
水樹:やっぱ、機会がなくって~。
杉田:あぁぁ。
水樹:で、「バジリスク」の時に
杉田:そうですよ!
水樹:そう!
杉田:えぇ。
水樹:話せるようになったんだよね!
杉田:そうなんですよ!その後の、「獣兵衛」でも、話しかけらんなくて
水樹:うふふwwwそうそう。お互い、こう、ずっとこう
杉田:うん。
水樹:ねぇ、こう警戒しあってるっていうか
杉田:そう、なんか緊張しちゃうんですよね。
水樹:でも、じりじりって、こう■「でも」→「そう」
杉田:どうやって、話しかければいいんだ!とか言って
水樹:そうそうそう。
杉田:案外、水樹さんもそうだったって聞いて、後でなんか安心しました。
水樹:わー良かった!
杉田:ええ。
水樹:そう、私も、その話を聞いて
杉田:うん。
水樹:そう、元々、私、人見知りだからぁ
杉田:はい。
水樹:中々ね、自分からいけないのよ。
杉田:あ~そうなんですか!
水樹:そう。え?杉田くんってどう?
杉田:いや、同じですよ。
水樹:やばい一緒!www
杉田:特に女性だと、すごい緊張するんで
水樹:あ!ほんとに?
杉田:僕、言葉が割と暴力的なのが出ることがあるんで
水樹:www何それ!?www
杉田:女子に対して、ちょっとまずいんですよ。
水樹:どうして?www
杉田:慣れてくると、結構汚い言葉が出てくるんで。
水樹:本当に?
杉田:ええ。
水樹:え~全然、今、出てこないけど?
杉田:んなことね~だろ!
水樹:ちょっと待って!怖い!怖い!こんな杉田くん初めて見たwww
杉田:ね~「バジリスク」ん時、忘れもしない、鳥海さんがね■「ね~」→「で~」
水樹:うん。
杉田:間を取り持ってくれて~。
水樹:そうそう!
杉田:「話したいんだろ!奈々ちゃんと!」って。
水樹:そうそう。
杉田:鳥海さんの癒し加減、異常ですよ!
水樹:www
杉田:もう色々あるんですけど、もう鳥さんって一種のジャンルなんじゃないかって、考えてますよ。
水樹:wwwそう!なんかね、お兄ちゃんみたいで~
杉田:そうなんですよね!
水樹:そう!何かねすごい頼っちゃうの!
杉田:うん。
水樹:で、それで鳥海さんが取り持ってくれて~。
杉田:そうそうそうそう。
水樹:あ~どうもどうも、あ~実は、はなしか…話したくってね~、みたいなね!
杉田:そうですね。そうそう。
水樹:あ~うちもうちも!みたいな感じでね!
杉田:それで、横で指くわえてみてる羽多野くんっていうね。
水樹:www
杉田:お前も混ざれよ!っていうね。
水樹:あ~そうそう!何か急激にすごい仲良くなったのね。
杉田:なりました。なりました。
水樹:あの時に、沢城みゆきちゃんとも…
杉田:そうですね!
水樹:すっごい急激に仲良くなって~
杉田:あの結束力すごかったですよね。
水樹:そうなの!もうね「バジリスク」のメンバーって~。
杉田:えぇ。
水樹:異常に仲良いよね!
杉田:そうですね!
水樹:もう、未だに色んな現場で会っても、何かねすっごい嬉しいの!
杉田:だって、横浜見に行きましたもん!ライブ。
水樹:そう!みんなバジチームでね!
杉田:「バジリスク御一行様」ってね。
水樹:そうそうそう!
杉田:あんまりね~行くイメージの無かった宮林さんとかまで来て
水樹:そうそうそうwww
杉田:ひょ!豹馬が来た!って言って。
水樹:そうそうwwwそう!で、で、何かみんなで、タオルを振ってくれたりとか~
杉田:そうそうそう、やりました!やりました!
水樹:そう、杉田くん踊ろうとしてたけど、ダメだったんでしょ?
杉田:ありました。ありました。あの、4人水樹奈々ってのやろうとして、
水樹:何、それwww
杉田:俺、羽多野、中村、あの、保志さんとかで、こう…
水樹:えぇ!www見てみたい!
杉田:でも、何かPV見た瞬間に、「これはダメだ!」ってなって、「俺には無理だ!」って
水樹:いや、今度、ぜひ、あのね、うちで今、あの~「glee」…あの、ほら、杉田くんもねwww
杉田:www
水樹:ゲストで来たけど、「glee」にちなんで
杉田:はい。
水樹:「ムリー」っていう…
杉田:「ムリー」www
水樹:のを結束したの!
杉田:www
水樹:そん時に、ぜひ来て!
杉田:もちろんです。
水樹:www
杉田:呼ばれなくても、行きますわ。
水樹:はいwwwということで、ちょっと、もう、いきなり、オープニングから話だしたら止まらないんですけれども…。
杉田:はい。
水樹:え~今夜の「Mの世界」は、永遠の友情を誓いました声優の杉田智和くんとお届けしていきたいと思います。
杉田:嬉しいこと言ってくれるじゃないの。
水樹:www最後までお付き合いください!
~♪ジングル「水樹奈々のMの世界」♪~
水樹:「We are the M world」!先月から走り出した「Mの世界」スペシャルプロジェクト「We are the M world」リスナーの皆様に、友情パワーの素晴らしさをお届けするべく7人のゲストをお招きして、ナイスな選曲とハードボイルドなトークでお送りしようという試みの地平線です。え~今日は、声優の杉田智和くんに来てもらっておりま~す!2人目でございます。
杉田:はい。
水樹:7人の中の。
杉田:びっくりしましたよ。えぇ、えっ?水沢さんで僕ですか?
水樹:そう!
杉田:いや~すごい。
水樹:wwwや~もう、でもね、この企画が、立ち上がるっていうのが決まった時に
杉田:えぇ。
水樹:もう、速攻杉田くんにメールしたもんね。
杉田:きましたよね!
水樹:そうそう。
杉田:直接!
水樹:そうそう。もう、まずは、あの~ねぇ、こう事務所に行くよりも先に
杉田:うん。
水樹:あの~こう、ね~参加してもらえるのか、どうかっていう
杉田:はいはい。
水樹:本人の意思っていうのを聞いてみようかなと思って。
杉田:僕は、いつだって首を縦にしか振りませんよ。
水樹:本当!?
水樹:大丈夫?
杉田:舞台の経験無くても、舞台に上がっちゃいますからね~僕は。
水樹:そう!ほんとね!もう、いつもお世話になってます。
杉田:いやいや。
水樹:もうありがとうございます。あ!そうそう、何か杉田くんから~
杉田:はい。
水樹:7つの質問?
杉田:お~。
水樹:が、あるっていうのを聞いたんだけど
杉田:事前アンケートでありましたね。
水樹:あれ?
杉田:はい。
水樹:ちょっと~、まだあたし何も知らされてないんだけど~。
杉田:あ~本当ですか!じゃあ今用意しますからね!
水樹:何で嬉しそうなのwww
杉田:お土産のだだちゃ豆煎餅でも食ってください。
水樹:これ他の人が持ってきた奴じゃないですか!何なの!
杉田:wwwおまめ~盛りってねw(←CMソングか?)
水樹:www何なの?じゃ~質問してもらってもいいですか?
杉田:はい!
水樹:それでは、杉田智和くんからの、7の質問スタート!
杉田:行きま~す!水樹さん!
水樹:はい。
杉田:「好きな哲章は何ですか?」
水樹:www好きな哲章!?www玄田哲章さんですwww
杉田:はい!ありがとうございます!じゃ~次!「ちゃんと、睡眠はとれていますか?」
水樹:あ~あんまりとれてないかもしれないですね。あの1日3~4時間かも…。
杉田:わ~!なのに、あんなに歌って踊るんですね!すごいや!
水樹:www
杉田:はい!え~、「テレフォンショッキングには、いつ出ますか?」
水樹:www知りません!そんなの!いつか、誰か、お友達としてね~
杉田:www
水樹:まずは芸能界にお友達を作る
杉田:www
水樹:ところから、始めないと!
杉田:そろそろワンチャンあるんじゃね~かなって
水樹:いやいやいやいやいや。
杉田:え~次です。「好きなゴルベーザ四天王は誰ですか?」
水樹:え~www誰だろう?誰だろうね~?じゃ~「水のカイナッツォ」でお願いします。
杉田:「水」樹さんだけにね!
水樹:はい。www
杉田:「先に地獄で待ってるぞお!」って奴です。
水樹:www
杉田:僕は「火のルビカンテ」が若本さんの声で好きです。
水樹:あ!あ~わかる!www
杉田:「(若本規夫のマネで)ん~! 回復してやろう!
水樹:www
杉田:はい!次!5番目です。
水樹:wwwはい。
杉田:水樹さん!「モンスターハンターポータブル3rdの追加クエストで
水樹:はい。
杉田:「ナナ・テスカトリの声を担当するって本当ですか?
水樹:知りませんwwwそれは、嘘ですwww
杉田:えぇ、ななだけにね。っていう。
水樹:www
杉田:水樹さんの曲かかりながら、モンスターハンターしたら、楽しいかなみたいな。
水樹:www
杉田:はい、次で~す!
水樹:wwwはい。はい。
杉田:え~、「次回、座長公演はいつですか?
水樹:え~でも、近いうちにやりたいです!▼「です!」→「ですね!」
杉田:おぉ!ほんとですか!
水樹:えぇ、はい。▼「はい。」
杉田:頑張りま~す。
水樹:お願いします。
杉田:はい!え~最後7個目です。え~水樹さん。「『恋の抑止力』のえ~杉田くんのコールに、実はちょっとキレてませんか?」
水樹:「(長州力っぽく)キレてないですよ!」
~♪カンカンカンカンカーン♪~■「~♪パワーホール♪~」追加
水樹:www何なのこれ!フリでしょ!もうどう考えても!
杉田:ちょっとここからBGMが全部「パワーホール」になるじゃないですか!ほんとうに!
水樹:www何なの!この質問!ちょっと~改めて
杉田:はい。
水樹:ちょっと「好きな哲章は何ですか?」って
杉田:はい。
水樹:もう、玄田さんしかいないじゃないですか。
杉田:wwwそうですねwww
水樹:まぁ確かに私、
杉田:はい。
水樹:幽白好きで~、
杉田:www戸愚呂(弟)だ!
水樹:弟のキャラソンとかも歌えるぐらいですよ!
杉田:www激しい!いや~知ってんな~!
水樹:だけどもね。
杉田:水樹さん知ってんな~!
水樹:wwwいや~あと、「好きなゴルベーザ四天王は」…www
杉田:「四天王は何ですか?」www
水樹:もう、ちょうどこの間ね、あの
杉田:えぇ。
水樹:某動画サイトで、
杉田:えぇ。
水樹:あの~この替え歌っていうか、歌詞付きの見た所で
杉田:www
水樹:ちょうどね、一昨日みて
杉田:えぇ。
水樹:あ~面白いなぁ!って思ってたところでね
杉田:ありました。ありました。
水樹:ね~好きですぅ!
杉田:あ!
水樹:あと~、wwwあのこのモンハンね!
杉田:Mr.モンハンね!
水樹:いや~これ、すごい素敵ですよね!やってもらえたら…
杉田:いるんですよ、ナナ・テスカトリっていう敵がいるんです。
水樹:そうなの!?私、モンハンはやったことが無いから~
杉田:えぇ。青くて、きれいな何かライオンみたいな
水樹:え~!
杉田:モンスターで
水樹:あらぁ、水樹ブルーじゃない!そんな!
杉田:そうですね。
水樹:まぁちょっと、やらしてもらえたら…
杉田:ただ攻撃は、高速で突っ込んできます。
水樹:www怖っ!
杉田:ドカって吹っ飛ばされて、痛てて!何すんだ!ってなって
水樹:wwwなるほどね!あと…まぁ、「座長公演」ね~。
杉田:はい。
水樹:もう今回も、前回もね~。2回とも杉田くんにも、とても重要な役目で
杉田:いえいえwww
水樹:参加していただいて、
杉田:ほんとね~。見せ場を本当に作ってもらって
水樹:いや~。
杉田:最初の公演の時なんか誕生日だったから、
水樹:うん。
杉田:ケーキ用意してもらって
水樹:うん。そうそうそう!お祝いして!
杉田:お母さんに怒られましたよ。後で。
水樹:何で!?
杉田:「あんたね~誰の公演だと思ってんの!」って言われてwww
水樹:wwwいやいや、だってね~!
杉田:うん。
水樹:それはもう!当日だったわけだし。
杉田:えぇ、そうですね!
水樹:そんな中ね~!座長公演に協力していただいて
杉田:いやいや。ありがとうございます。
水樹:いや~もう~ね~、その座長公演でも披露してくれたんだけど~
杉田:はい。
水樹:「恋の抑止力」type杉田!ね!
杉田:あ~あ~はい。はい。
水樹:www「type EXCITER
ってのが、うちにありますけど!
杉田:はいはいwww「EXCITER
www
水樹:「EXCITER」っていうのが、あの~「IMPACT EXCITER」に入ってるので!
杉田:あ~はい。本当は、あれ、
水樹:うん。
杉田:男性用のキーがあるから、杉田さん歌ってくださいって、当日に言われたんですよ。
水樹:そうなの!?
杉田:ムラシュー(村田周陽)さんから、
水樹:あらら。
杉田:歌うのはちょっと、いきなりは、
水樹:うんうん。
杉田:僕、練習もしたいんで
水樹:うんうん。
杉田:え~っとコールでいいすか?ってなって。
水樹:うんうんうんうん。そうだったんだ!それで、生まれたものなの?
杉田:はい。偶然の産物なんです。だから、僕のテンションあんなに
水樹:え~!
杉田:いっぱい、いっぱいなんですよ。
水樹:なるほど~。もう元々そういう企画なんだと思ってた!
杉田:違います。違います!
水樹:じゃ~もうぜひ、もうちょっと今度、また、あの~「ムリー」でね!こういう
杉田:「ムリー」でね。
水樹:「ムリー」でコールバージョンね!
杉田:頑張りま~す。
水樹:ぜひやっていただきたいと思いますけど
杉田:頑張りま~す。
水樹:や~ありがとうございました!
杉田:はい!
水樹:では、ここで、あの~杉田くんセレクトの曲を1曲!
杉田:あら!はい。
水樹:かけたいと思うんですけども
杉田:はい。
水樹:曲紹介をお願いします。
杉田:はい。水樹さんも、よくご存じだと思いますけども。
水樹:お!
杉田:「ファイナルファンタジーV オリジナル・サウンド・ヴァージョン
水樹:はい。
杉田:え~僕、お小遣いで初めて買ったCDアルバムなんです。■「なんです」→「です」
水樹:ん~!!あ~!はい。
杉田:その中で、あの~割と、あのしんみりした時とか
水樹:うん。
杉田:あの~ちょっとかかる、あの~曲で、「いつの日かきっと」って言うのがあるんですけども。
水樹:うん。うん。うん。
杉田:他にも「レナのテーマ
水樹:いいよね!
杉田:あとえっと…「想い出のオルゴール
水樹:あ~好き好き♪
杉田:あと「親愛なる友へ」って
水樹:うん!
杉田:何か、エンディングのギターの曲
水樹:あれ!あの曲大好きなの!
杉田:www
水樹:何回もピアノで弾いたもん!
杉田:ほんとですか!
水樹:うん!
杉田:でもその中で…
水樹:うん。
杉田:今回はあえて、この「いつの日かきっと
をかけてみようかなと思います。
水樹:はい。それでは、改めまして、曲紹介お願いします。
杉田:はい。「ファイナルファンタジーV
から「いつの日かきっと」
~♪「いつの日かきっと」♪~■カット
水樹:お聞きいただいたのは、「ファイナルファンタジーV オリジナル・サウンドトラック
から「いつの日かきっと」でした。
杉田:はい~。
水樹:いや~…。もう懐かしい!
杉田:www
水樹:この曲、すごい聞いたし、あの~あれなの。私ね、好きな曲で
杉田:はい。
水樹:目覚ましをかけて
杉田:はい。
水樹:起きるっていうのを~
杉田:はい。
水樹:もう中学校の頃、よくやっていて~。
杉田:あ~。やりますね。
水樹:そう!もう、この曲をかけてたら、逆に寝ちゃうの。
杉田:wwwそうですね。
水樹:確実に二度寝wwwそう、でも最初にこう、ぼ~っとあのオープニングとか▼「確実」→「大体」?■「こう、ぼ~っと」→「ぼ~っと、こう」
杉田:はい。はい。
水樹:あの~
杉田:「ビッグブリッヂの死闘」とか、
水樹:そう!それで、ガ~って、そう「ビッグブリッヂ」で、よく起きてたんだけど!
杉田:wwwそうですよね。
水樹:wwwそう!それで、何か、何曲か激しいの続けて、これを挟んで~■「何か」→カット
杉田:はい。
水樹:また激しいのやってっていうのを、やってたから、その中学校の頃の朝を思い出す。
杉田:www甦ってきますね!
水樹:そうそう!いや~でもね~、FMで~、このゲームの~
杉田:うん。
水樹:サントラの音楽が流れるっていうのは、中々ないことだと思うから。
杉田:あ~そうですよね。
水樹:もう杉田くんらしいなって!
杉田:あ~いやいやいやいや。
水樹:思って。そう。「Mの世界」では、なかなかね~その~FMなのに、なんかちょっと若干、AMっぽいねみたいな、構成って言うか
杉田:あ~。よくわかってないっすからね?僕ね。えぇ。
水樹:マニアックなねこと、かけることが多いので。■「なねこと」→「なねことを」
杉田:はいはい。
水樹:もう、ぴったりだなと!
杉田:いえ。ありがとうございます。
水樹:まさに、そう、えぇ、あたしもね、初めて、あの~買ったのが、ゲームのサントラだったから、
杉田:ほ~。
水樹:ドラクエⅣなんだけどね、私は。
杉田:はい。
水樹:wwwそう、それで、そっからもう、FFも、もう全部買い
杉田:ま~あの辺りは
水樹:そう。
杉田:すごいよくできてますからね!
水樹:そう。「聖剣伝説」とか~
杉田:やりました。やりました。
水樹:ね~!「クロノトリガー」とか。
杉田:やりました。やりました。
水樹:ね~!いいよね~!
杉田:イトケン(伊藤 賢治)さん、光田さん。
水樹:は~。もう大好き♡「ロマサガ」も好きだしね~。
杉田:そうですね。
水樹:何か、事前にアンケートを
杉田:はい。
水樹:杉田くんに、
杉田:はい。
水樹:いただいたんだけれども
杉田:はい。
水樹:その~、こう、ゲームが大好き!っていうことで
杉田:はい。
水樹:一番人生で、プレイした今まででね?
杉田:はい。
水樹:一番長時間プレイしたゲームは何なんだろうな?
杉田:えぇ。
水樹:って、すごい気になってて~!
杉田:はい。
水樹:そう、なんか、ここに書いてあるんだけど、「ロマサガ」なの?
杉田:「ロマンシングサガ」…プレイ時間でいったら、多分そうですかね。格闘ゲームとかだと
水樹:うん。
杉田:当時、「ネオジオ」の
水樹:うん。
杉田:本体をロムカセットで持ってて
水樹:うん。うん。
杉田:ず~っと兄と対戦してて
水樹:うん。うん。www
杉田:もしかしたら、それが一番長いかもしれないですね。
水樹:www
杉田:だって、ソフト1本、3万とかするんで
水樹:!?たっ…だって元々、友達のおうちでも、そうお兄ちゃんがいるお宅じゃないとなかった。
杉田:そうですよ。だから、元を取るぞって言って
水樹:えぇ~!
杉田:極限までやりこむんだ!っていって。
水樹:へぇ~wwwすごい!羨ましかったもん!
杉田:あぁ~。
水樹:うち、中々ゲームは、私、買ってもらえなくて。
杉田:あぁ~。
水樹:目が悪くなる!とか。
杉田:まぁ、そうですね。
水樹:あと勉強しなくなる!って言われて~。
杉田:うんうん。
水樹:そう、それで~、何かこっそり親戚のおばちゃんに頼んで~www
杉田:www
水樹:クリスマスプレゼントに
杉田:あるある。
水樹:ドラクエ3とファミコン本体を買ってもらってwww
杉田:あるあるwww
水樹:そう!で、お年玉を、貯めて!
杉田:うん。
水樹:スーファミを買って~。
杉田:はい!
水樹:マリオカートと一緒にそん時!
杉田:あ!マリオカート!
水樹:そう!そしたらすっごい怒られて
杉田:可愛い!
水樹:隠されて!
杉田:あ~あるある!
水樹:そう、それで、あの両親が留守の時に
杉田:うん。
水樹:あの~プレーをね、あの~FFとかやってたのね!
杉田:はい。
水樹:なんだけど。5なんか、まさにそうで、ダンジョンで「よ~し!クリア!」っていう時に、「ブーン」って帰ってくる車の音が聞こえて
杉田:あ~。
水樹:「嘘でしょ!」って!
杉田:www
水樹:リセットみたいな!電源オフ。
杉田:同じです。同じです。
水樹:そう、
杉田:目は悪くしない。ただ勉強はちょっとしなくなるかな!ってねwww
水樹:www
杉田:だから、先に結果を出すんですよ。
水樹:あ~
杉田:ある程度の点を取って
水樹:うんうんうん。
杉田:「いいでしょう。」ってなるんですよ。
水樹:すごい!えらい、えら~い!
杉田:いやいやいや。
水樹:じゃ~勉強もスゴイ頑張ってたほう?
杉田:え~とですね。
水樹:うん。
杉田:あのせこい稼ぎ方がありまして。
水樹:何?
杉田:名前の杉田智和ってしたのに、先生の、あの趣味の、例えば、サックス上手いよねとか書くと、5点とかくれるんですよ。
水樹:うっそだよ~!そんなの初めて聞いたよ~!wwwえ~www
杉田:時間に余裕があった時、裏に漫画とか描いてましたから。
水樹:www本当?
杉田:真面目に受けなさいって言われて。
水樹:wwwもう~え~学生時代って、杉田くんは~
杉田:はい。
水樹:もう割と、もう、もう本当にゲームやりこみ系だった?
杉田:いや~もう、娯楽がゲーム位しか思いつかなかったんで~
水樹:うんうんうん。あ~そっか~。
杉田:そうですね。高校の時は、
水樹:うん。
杉田:あの~高2の時に、部活に入るまでは
水樹:うん。
杉田:ずっと、あの~ま~あの~化学しない「化学部」にwww
水樹:www
杉田:籍を置いてですね。
水樹:wwwはいはい。
杉田:放課後は、全部ゲーセンに行って
水樹:うん。
杉田:「ダンジョンズ&ドラゴンズ」っていうアクションゲームがあったんですけど。
水樹:うんうん。
杉田:あれが、4人同時プレイなんですよ。
水樹:なるほど!うんうん。
杉田:あれをやりこむぞって。
水樹:www
杉田:50円でラストまで行けば、3時間くらい遊べる!っていう。
水樹:wwwすごい!50円で!?
杉田:はい。
水樹:え~すご!相当な腕の持ち主じゃない!
杉田:はい。だから4人の力を合わせればいける!っていうwww
水樹:wwwなるほど。
杉田:女王・シンだって倒せるさ!っていうね。
水樹:wwwなるほどね!やっぱ友情パワーなんですね。
杉田:そうですね。友情なんです。
水樹:そこは。
杉田:その連中とは、
水樹:うん。
杉田:30歳になった今でも、仲いいんですよ。結局。
水樹:すご~い!
杉田:やるゲームが変わるだけでっていうwww
水樹:wwwすごい!え~じゃ~、学生時代からの友達もず~っと、もう
杉田:もう幼稚園からですよ。
水樹:え?幼稚園から!?
杉田:幼稚園からです。だから仕事で
水樹:うん。
杉田:なんかこう煮詰まった時に~
水樹:うん。
杉田:ちょっと愚痴を言った時に、
水樹:うん。
杉田:「と~も~もういいよ!仕事の話は!ガンダムの話しろよ!」
水樹:wwwwwwな~にぃwwwwwww
杉田:あ~こいつとは一生の仲だと思った瞬間だったっていうwww
水樹:www
杉田:「俺、よくわかんね~からさ~!」
水樹:いいwwwいいね!最高!
杉田:そうwww
水樹:やっぱ、なんかそういう時に、色々話聞いてくれたり
杉田:うん。
水樹:ポンって話題を変えてくれて、何か笑いに変えてくれる人がいたら
杉田:そうなんですよ。
水樹:何かすごいパワーもらえるよね。
杉田:すごい純粋な男で、
水樹:うん。
杉田:で、ある時
水樹:うん。
杉田:あいつがちょっと、あの~恥ずかしそうに、CDのなんかこう、ラックを見せてくれて~
水樹:うん。
杉田:そんなかに、水樹さんのアルバムが2枚くらいあったんですよ。
水樹:wwwわ~嬉しい♡
杉田:「う~ん。これは何かな?」って言ったら
水樹:うん。
杉田:「あ…あぁ…お…お前に、理解を示そうと思って…その…いいよね♡」って
水樹:www何!それwww
杉田:「何で、水樹さんなんだよ!」って言ってwww
水樹:wwwいや~嬉しい!光栄ですよ♪
杉田:いや~その、ありましたそういうことが。
水樹:ほんと~!
杉田:良かったな。報われたなお前!っていうねwww
水樹:wwwそうか!だってね、時々~ま~でも、その現場でね、何かこう…「え~今度休みがあるから~」とかって、みんなでゲームのお泊り会をするんだとか言ってて!
杉田:!?ちょちょちょちょ。
水樹:な~に?
杉田:それは、シグマセブンでお世話になってる、某役者の話じゃないですか?
水樹:え~そうですね。
杉田:あ~もう、あいつ、全部言いつけちゃうから!
水樹:N村さんですねwww
杉田:ほんとすいません!
水樹:え~ということで。
杉田:はい。
水樹:好きなゲームを通じて、色んな友情が。
杉田:うん。
水樹:育ったと思うんですけど。やっぱり、その中でも、こう、今、ものすごく
杉田:うん。
水樹:こう大事にしたい事だったりとか
杉田:あ~。
水樹:うん。何かこう…自分が、この…ゆ…その友情に対して
杉田:うん。
水樹:こう、思う、熱い気持ちとかって、あったりしたら、教えてほしいんですけども。
杉田:あ~…。うん。割と、その…大切なことを教わるっていうのは
水樹:うん。
杉田:ま~本であったり、
水樹:うん。
杉田:映画であったり、
水樹:うん。
杉田:音楽であったり、色々あると思うんですけど。
水樹:うん。
杉田:僕、ゲームから色々
水樹:うん。
杉田:教わることが多くて、
水樹:うんうんうん。
杉田:え~そこで得た、あの~教訓とか
水樹:うん。
杉田:その~体験したドラマっていうのが、もう…
水樹:うん。
杉田:確実に自分の人生に役に立ってるんですね。
水樹:うんうんうんうん。
杉田:ま~あとはゲームを通じて
水樹:うん。
杉田:僕、あの~車も、ま~地元で乗るくらいですし
水樹:うん。うん。
杉田:あと、ゴルフとかもしないんで~
水樹:うん。
杉田:そうなると、コミュニケーションって
水樹:うん。
杉田:そうなるともう、ゲームしかないんですよね。
水樹:あ~。
杉田:お酒も飲まないし。
水樹:うん。うんうんうんうん。
杉田:でも、好きな、楽しい人達と一緒に
水樹:うん。
杉田:楽しめるものってなんか、共有できるってもの
水樹:うん。
杉田:いつだって、素晴らしいものなんじゃないかなって。
水樹:ねぇ~!その、素晴らしいし、そして、それによって、ねぇ、育まれた友情は
杉田:うん。
水樹:絶対に崩れない
杉田:やっぱ思い出がね。はい。
水樹:そう!一杯だから、ねぇ、実際、その幼稚園の頃から、ねぇ
杉田:あ~そうですね!はい。
水樹:友達、いっぱいいるし、いや~すごく、こう、いつでもその頃に戻れるっていうか、初心に返れるし
杉田:そうですね。
水樹:ね!すごく素敵なものだよね!
杉田:はい。
水樹:はい。ということで、あ~友情にまつわるお話も聞けて、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
杉田:はい。
~♪ジングル「水樹奈々のMの世界」♪~
水樹:「TOKYO FM ミッドナイトプログラム 水樹奈々のMの世界」ここからは、言葉の奥深さの世界へとあなたを誘う「コトバのチカラ〜声に出して読んで欲しい日本語〜
のコーナーです。今宵も声優、そして仕事人としての職業の意地を見せるべく。皆さんの依頼の元、ありとあらゆるシチュエーションにあったセリフ・言葉を声に出して読みます。え~今夜はですね、杉田くんと一緒に
杉田:あ!そうなんですね。
水樹:この、闇の依頼にwww
杉田:www
水樹:挑みたいと思います。
杉田:大丈夫です。
水樹:よろしくお願いします。え~今夜は、こちらの方、ラジオネーム・故郷からのおたよりさん、17歳の男の子からいただいた依頼です。
杉田:はい。
水樹:「こんばんは!早速ですが、お願いします。妹キャラでお兄ちゃんに、『液晶テレビとブルーレイ買って~♪』と言い
杉田:www
水樹:www断られ、むくれる妹をやってほしいです。
杉田:あ~…。
水樹:奈々さん、お願いします。」
杉田:何か「HAPPY LESSON」みたいですね。
水樹:wwwそう…や~はい!ということで、じゃ~私が妹をやるので
杉田:あ!わかりました!
水樹:杉田くんは、お兄ちゃんをやってください!
杉田:あ~わかりました!はい!
水樹:はい!じゃ~、早速行ってみたいと思います!「コトバのチカラ〜声に出して読んで欲しい日本語〜」読ませていただきます!
~♪必殺仕事人のテーマ♪~
水樹:「ねぇねぇお兄ちゃん!う~ん、ななね~液晶テレビとブルーレイ欲しいんだけど、買って、買って~♡」
杉田:「よくわかんねぇよ。こんなね~まだこのベータだって動くしさ~え~?
水樹:「え?ベータ?」
杉田:「このなんだ?液晶テレビ?3D?3D何見んの?
水樹:「う~…。」
杉田:「何も飛び出ね~よ!」
水樹:「飛び出るもん!」
杉田:「飛び出んのは、何か俺の眉毛くらいなもんだよ。本当に。」
水樹:「え~!?そんなこと!う~お兄ちゃんのばかぁ!」
杉田:「あ!こら!なな!どこに行くんだ!」
~♪電話のプッシュ音♪~
杉田:「ん?なんだ?電話して!え?あ!こら!いつの間にそんな距離感に!中村くんに電話しちゃいけません!」
~♪必殺仕事人のテーマ♪~
水樹:www何なの?中村君好きなのわかったよ!もう!
杉田:あいつ~最近テレビ買ったんですけど
水樹:あ!そうだったんだ!www
杉田:あの~普段
水樹:新しいの?
杉田:ちょっとローテンションじゃないですか。
水樹:うん。
杉田:テレビ売り場行くと、すっごいテンション上がるんですよ。
水樹:うっそ!
杉田:www
水樹:そんな中村くん見たことないよ!
杉田:思うでしょ!やたら詳しいんです!
水樹:www
杉田:「杉田!見ろ!この最新型な、すごいだろ!46型の〇#$%&だから、俺は、これを買うんだ!」って。
水樹:www
杉田:www
水樹:なん!そんなwww
杉田:家電芸人ならぬ、家電声優みたいになってんで、あいつ。
水樹:wwwほんと!じゃあ、ちょっとこう、今度、この7人の内の1人で来てくれるかな?
杉田:www
水樹:www聞いてみようかなwww
杉田:わかりました。
水樹:wwwはい。
杉田:www楽しみだなぁ。
水樹:はいwwwその時、何か、杉田くんからの質問って言うのもちょっとちょうだい!
杉田:何でも仕込みます。
水樹:www
杉田:裏情報で、何でも送るんで!
水樹:あ!いいね~!
杉田:はい!
水樹:よし!やりましょう!wwwということで、このコーナーでは、引き続き、水樹奈々に読んでほしい日本語をお待ちしています。あなたが読んでほしい日本語と、どんなシチュエーションで読んでほしいかを詳しく書いて、携帯サイトからメールにて、依頼してください!セリフも忘れずに書いてくださいね!以上、「コトバのチカラ〜声に出して読んで欲しい日本語〜」でした!
~♪必殺仕事人のテーマ♪~
水樹:TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」。「Love Trippin’」を聞きながら、そろそろお別れの時間です。こちらも実は、杉田くんからのリクエストだったりするんだけど~。
杉田:はい。
水樹:何かね。
杉田:はい。
水樹:「空耳ネタあり」って書いてあるんだけど。
杉田:そうなんですよ。
水樹:これはどういうことですか?
杉田:曲のリクエストが来た時に
水樹:うん。
杉田:やっぱ、水樹さんの歌から1曲チョイスしようかなって思ってて
水樹:うん。うん。
杉田:で、この「Love Trippin’」ですね。
水樹:うん。
杉田:僕、あの~思い込みで
水樹:うん。
杉田:歌詞をずっと覚えてて
水樹:うん。うん。うん。
杉田:で、その思い込みの歌詞が、実は、間違っていたんですね!
水樹:wwwそうなんだ!
杉田:歌詞カードを、やっぱチェックしないとなって、見たら、「あ!全然違う歌詞だ!」って言うね
水樹:え~!えっ、どこの部分?
杉田:えっと、「太陽に」?
水樹:「太陽に」?あ!サビだね!
杉田:そうですね!「太陽に合図を送る」ってところ、チャン「みたいに~」ってところ
水樹:うんうんうん。
杉田:「太陽に合図を送る」が「太陽に」が「大丈夫
だと思ってたんですよ
水樹:!?大丈夫?
杉田:「大丈夫」…「大丈夫、合図を送る」だと思ってたんですよ。
水樹:うんうんうん。
杉田:で、この空耳っぽく聞こえるのが、「だいじょうび」って聞こえるんですよ。
水樹:www
杉田:だいじょうび!って
水樹:wwwう~そ~。
杉田:合図送る!って。
水樹:や~だ~!
杉田:どの80年代だよって、思いながら。「水樹さん攻めてるわ~。」って思って、歌詞カード見たら「太陽に」!?
水樹:www
杉田:全然違う!っていうね。
水樹:wwwそんな!ちなみにこれ、私、作詞なんですけど!
杉田:はい。
水樹:www書かないよ!三嶋さんがGO出してくれません。「おぉ、奈々~さすがにそれは無いよ~。書き直し。」って言われるwww
杉田:はい。もう年単位で、ずっとこれで覚えてたんで
水樹:www
杉田:いまだに「だいじょうび」って言って
水樹:wwwや~だ~!
杉田:だいじょうび♡ってwww
水樹:wwwもうてぬぐいもあげません!www
杉田:はい。すみません。
水樹:はい。ということで、いや~今日、本当にありがとうございました!
杉田:いえいえ。
水樹:もう、30分あっという間だった!
杉田:いえ、ほんとですね!
水樹:ほんとに、楽しかったです!
杉田:いや、こちらこそ!
水樹:また、ぜひ遊びに来てくださいね~!
杉田:もちろん!はい!
水樹:え~ではでは、各コーナーへの投稿やメッセージは、「Mの世界」番組携帯サイトからご応募ください!メルマガ「Mの穴」も配信しています。更に!番組放送後にアップされるブログでは、「Mの世界」で起こった出来事が、写真と共に綴られています。「Mの世界」携帯サイトのアドレスは、「www.tfm.co.jp/7」です!「7」は、数字の「7」です!そして!本日ゲストに来てくれました杉田智和くんからのお知らせです!
杉田:はい!お知らせというお知らせも、まぁほとんど無いんですけど、あまり個人活動しないもので。
水樹:www
杉田:あと、アニメで
水樹:うん!
杉田:「銀魂」っていうのが、
水樹:あ!
杉田:放送再開しまして。
水樹:も~オープニングでもね、やってくれましたが。
杉田:いやいやいや。あんなものでよろしければ。
水樹:いや~嬉しいです。うん。
杉田:あと、新番組で「SKET DANCE
水樹:あ~うん!うんうん。
杉田:あと、「まりあ†ほりっく あらいぶ
水樹:うんうん。
杉田:「べるぜバブ
…まぁ色々ありますけど。
水樹:すごいたくさん。
杉田:いやいやいや。ま~皆さんのね!あの~趣味にあうもので、
水樹:うん。
杉田:楽しんでいただければと思います。
水樹:はい。
杉田:はい。
水樹:はい。ということで、え~、では、最後に奈々のお知らせ!今日は、2つです!え~まずは1つ目!本日よりスタートしました!私のライブ「NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011」!日程や詳細等の情報は、私の公式ホームページ「NANA PARTY」でチェックしてみてください!そして、2つ目!「Mの世界」では、「真心の世界~コトバのチカラスペシャル~」と題して、あなたが今回の東日本大震災の後、体験した「勇気をもらった一言」「人の温かみを感じた一言」などのエピソードを募集しています。また、その人に捧げたい曲なども添えて、お送りください。ということで、ほんとに、ほんとに、ありがとうございました!
杉田:うん。いや、こちらこそ。
水樹:も~本当に、あの~すごく嬉しかった!
杉田:こういう時間ってね、すごい貴重なんですよ。
水樹:うん。
杉田:話すだけで、時間を共有するだけでなんか、こう楽しくなる。
水樹:うん!
杉田:そういうのって中々ないんで~
水樹:うん。
杉田:うん。本当に、呼んでくれて嬉しかったなってのもあるんですけど。
水樹:あ~。
杉田:やべ~、仕事してるかな?俺っていう
水樹:wwwいや~そういっていただけると、とっても嬉しい♡はい、では、これからも末永く、え~友情パワーで、頑張っていきましょう!よろしくお願いします!
杉田:大丈夫。問題ない。
水樹:wwwということで、私とは、また来週!土曜日の深夜0時30分「Mの世界」で、あなたを待っています!お相手は、水樹奈々と
杉田:杉田智和でした!
水樹:ばいば~い!
杉田:ばいば~い!



スポンサーリンク