【女性向けボイス】有能上司に壁ドンされる「おとなしく俺の腕の中に入っていなさい。」



スポンサーリンク

 

(紙をめくる音)

はい、お疲れ様。……うん、上出来!これなら次の企画も任せられそうだね。(紙を机に立ててトントンとまとめる)

よしよし、それじゃあ次はこの件をお願いするよ。来週の打ち合わせまでに資料一式を揃えてくれたら助かる。

それと……明日の予定が変更になったから。うん、そういう事。じゃ、よろしくね。頼りにしてる。

ん?どうした……君なら出来るんだから、ほら肩の力抜いて。あはは、何緊張してるの。全く君って人は放っておけないね……いや、こっちの話。

ああ、その書類は明日までに欲しいから後でまとめて持ってきてもらおうかな。うん、ありがとさん。

そういえば今日の進行具合はどんな感じなの?……遅れてるって?それは放っておけないな。

その件は俺から上に伝えておくから、あまり気にしないように。

なに、俺の大事な部下を困らせる訳にはいかないでしょ。上司の務めってモンよ……後で君を困らせたアイツにはお仕置きを用意するかな。

君には『心配事はあまり抱え込まないように』ってコレ、俺からの命令。ちゃんと守りんさい。わかった?

あと、仕事も頑張りすぎない。君が倒れたら俺が困るから。そう、肝に銘じるように。分かればよろしい。

さ、今日も1日楽しくやりますかね。後で会えるの楽しみにしてるよ。……そんな変な顔しなさんな。

おっとこれ以上本音を言うとセクハラ扱いされそうだ。こわいこわい。それじゃ、諸々頼んだよ。

 

(ドアノックの音)

(扉が開いて、閉まる音)

 

ああ、君か。書類もうできたの?早いね。そんなに俺に早く会いたかった?

そんなことより、って……つれないねえ。はいはい、わかりましたっと。ところでこの書類なんだけど……

ここ、数字が違うから次持ってくるまでに修正しておいてくれる?ああ、いいよ今は急ぎで作ってもらったからこれで行く。

戻ったらファイルのデータ直しておいて。よろしく。

なに、珍しくしょげてるじゃん。心配しなさんな、明日はここまで細かく議題に出すつもりないから。

あくまで詳細聞かれたらフォローするだけのページ。君が気に病むところじゃない。それに……失敗に気を取られて他の作業に支障が出るほうが

お互い困るでしょ。はい、分かったらその顔なんとかしなさい。それじゃこれ、頑張ったご褒美。

ここのケーキおいしいから、後で屋上にでも行ってこっそり楽しんでおいで。気分転換も仕事のうち、ってね。

それ新商品だから、後で感想教えてくれたら嬉しいねえ。そうそう、これも仕事。

ついでにもうひとつお仕事頼んでいいかな?……夕方、手が空いたら資料室に来ること。いいね?

 

やあ、思ったより早く来れたみたいだね。他の業務はもう片付いたの?そう、なら良かった。(大きめの本をドサリと机に置く)

ここの資料を執務室に運ぶのを手伝って欲しいんだけど、その前にちょっとだけ……確認したいことがある。

今朝言っていた例の件。君を困らせているアイツとは……なんの関係もないんだよね?ただの同僚ってことで。

うん、そこは確認しておきたくて。なんで、って……そりゃ、俺も内心穏やかじゃないからねえ。ん?何が、って……

君はまだ気づいてなかったのかい?しょうがないな。そういうところも良いんだけどさ、困ったさんだねえ全く。

それじゃ正直に言おう、このまま俺が──君をかっさらってしまっても大丈夫なのかな、ってことなんだけど。その辺どうお思いで?

へえ、冗談だと思った?まあ、そう思ってくれてもいいけど……俺は結構本気だよ?今すぐにでも君を連れ去りたいくらいにはね。

どうする?俺はそのつもりで君を執務室に連れて帰ることもできるけど、嫌ならそのまま資料だけ運んでくれたらいいよ。

そうだ、職権乱用だねえこれは。だから君にはそれを上層部に訴える自由もあげよう。俺が真剣に考えてるってことはこれで伝わるかい?

それくらい、君には心底惚れているんだよ。俺の全てをかけてもいいほどに。

君のその仕事に対する姿勢や、時折話してくれる会話での君の価値観、将来の目標。どれをとっても美しかった。

俺にないものを全て持っている。だからこそ、俺にできることがあるならサポートしたいと思ったんだ。

さて、資料を運びながらでも考えてもらおうか。今すぐの返事が無理ならそう言ってくれればいい。

俺は何も君を取って食おうとは思っちゃいないさ。はい、そこにある資料が君の分。少し重いから気をつけて運ぶように。

俺はこっちを持っていくから、鍵をかけて後からついてきて。

……待ってる。

 

さて。荷物はここに……ありがとう、助かったよ。これで明日のプレゼンも完璧にできそうだ。

終業時刻も過ぎたようだし、君も他に業務がなければもう無理せず帰宅していいから。

ん、さっきの返事……?聞かせてくれるのならどーぞ。俺はいつでも待ってるよ。

ふーん……それはYesと捉えて良いってこと?俺、調子に乗っちゃうよ?こんな風に(壁ドンorハグ)それでもいいの?

これはこれは……思わぬサプライズをもらっちゃったね。俺はセクハラか職権乱用で訴えられるかと内心ヒヤヒヤしてたけど。

やれるもんならやってみんさい。もう手遅れだから。おてんば娘の君はそう、こうやって……おとなしく俺の腕の中に入っていなさい。(ぎゅっ)

これから君のこと、いっぱい甘やかしていっぱい愛すから……覚悟するように。(ちゅっ)



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)