【女性向けボイス】黄昏の悪魔「…ねぇ、先輩?もう逃がさないから。溺れ死ぬくらい愛してあげる」



スポンサーリンク

 

せーんぱいっ!

珍しいですね、図書室で勉強なんて。

あ、もしかして…赤点とっちゃいました?

あはは、冗談ですよ。先輩が赤点なんて取るはずないですよね。

ん?僕ですか?

僕は毎日、放課後はここで読書をするんです。

この学校、図書室小さいじゃないですか。

しかも端っこにあるので、ほとんど人が来ないんです。

…まぁ、たまーに、いかがわしい思考の方々もいらっしゃるんですが、その時は笑顔でお引き取りをお願いしています。

今日もほら、僕たち以外、誰もいない。

…え?図書室の番人?

なんですかそれ。

放課後の図書室には番人がいて、少しでも物音を立てると呪われる?…へぇ。だから最近ここに来る人少なかったんですね。

…え、それ僕なんですか!?

うっわー…最悪。すごい恥ずかしい呼び方だし。

僕が付けたわけじゃないのに、僕が中二病みたいじゃないですか…

…やっと、笑ってくれましたね。

先輩、すごい顔してましたよ?眉間の皺、やばかったんですから。

…で、どうしたんですか?

僕でよければ、話、聞きますよ。

 

…うん。…え?…ああ、それで…

んー、生徒会長とは全然面識なかったんですか?

…あー、そうなんですね。

でも、一回一緒に花壇の水やりしたくらいで?

…え、あれ、順番制だったんですか…?

なんていうか…女子って怖いですね。

いやー、だって先輩、知らずに一緒に水やりしちゃったんでしょ?

それなのに、そこから派生して噂立てられて…挙句クラスの女子にシカトされるとか…

災難としか言いようがないですよ、ほんと…

…あ、ちょっと、泣かないでくださいっ(焦りながら)

…はぁ、もう仕方ないですね。

…よく頑張りました。よしよし(頭を撫で)

大丈夫ですよ。人の噂も七十五日って言うじゃないですか。

すぐに消えちゃいますよ。

先輩は、何も悪くないんだから…ね?

 

 

…先輩?

…寝ちゃってる。

そうだよね、急に心当たりのない噂のせいで周りの態度が変わって…一日気を張ってて疲れちゃったよね。

ここで僕にそれを話して、気が抜けちゃったのかな。

おつかれさま、先輩。

先輩のその他人を信用しすぎるとこ、だぁい好きだよ。

先輩はきっと、欠片も僕のことを疑ってないんだろうね。

ふふ…こんなに上手くいくとは思わなかった。

ねぇ、先輩。あの日僕が、楽しそうに二人で花に水やるの見て、どう思ったかわかる?

わかんないよね。先輩ってほんと、鈍感だから。

最初はゆっくり好きになってもらえたらって思ってたんだよ。でもあの瞬間、思ったんだ。

先輩には僕しかいないって、ちゃんと理解してもらわなきゃダメだって。

それからはちょっと大変だったよ。

女子のコミュニティー調べて、それとなく、先輩が生徒会長を狙ってることを伝えて。

この「それとなく」って言うのが結構難しくて。

後から辿っても、決して僕に結びつけちゃいけないし。

そんなことしながら、図書室の番人?にもならなきゃいけなかったし。

ネーミングはもっとどうにかして欲しかったけどね。

そうして図書室に人を寄せ付けないようにして、先輩が一人になりたい時に逃げ込むようにしたんだ。

僕のところにね。

んー、労働がきちんと結果に結びつくって気持ちいいなぁ。

まぁ、こんなこと、先輩が絡まなきゃしないんだけどね。

 

 

…あ、目覚めました?

先輩寝ちゃってたんですよー。

ふふ…いえ、寝顔可愛かったんで退屈しなかったです。

怒らないでくださいよー。

ほら、顔に痕ついてますよ?

もー、ノートに突っ伏して寝ちゃうから。

ほっぺに線がくっきりです。

あはは…たぶんすぐ消えますよ。

ほんと、先輩って可愛いですよね。

素直でまっすぐで…僕、先輩のそういうとこ大好きです。

ふふ…耳まで真っ赤。

…初めて会った時から、僕、先輩のこと狙ってるんですよ…?

…なんて(笑いながら)

今日は先輩、百面相ですね。

ほら、そろそろ帰りませんか?

…はい、先輩さえ宜しければ、一緒に。

よかった、じゃあ、行きましょう。

 

先輩のお家ってどの辺りなんですか?

あ、それなら結構近いですね。

送っていきますよ。

…遠慮、しないでください。

僕がしたいだけなんですから。

それに、えーっと…

明日…とか、その…僕、毎日図書室いるんで…

もし、つらい事とかあったら、来てくださいね。

役に立てることなんて少ないとは思いますが…

むしろ、話を聞く以外何もできないかもしれませんが…

それでも、少しでも先輩が楽になってくれるなら。

僕は何でもしたいんです。

…って、なんか恥ずかしいこと言っちゃいましたね。

でも、本心なんで、訂正はしません。

…あーあ、着いちゃいましたね、先輩の家。

もっと一緒に歩きたかったかな、とか思っちゃったりしてますけど。

これ以上僕が何か言うと、先輩熱出しちゃいそうだし(笑いながら)

じゃあ、先輩。今日はゆっくり休んでくださいね?

また、明日!バイバイ…(ドアが閉まる音)

 

 

…ねぇ、先輩?

もう逃がさないから。

溺れ死ぬくらい愛してあげるから。

ちゃんと僕のこと、好きになってくださいね?

じゃないと僕、もーっとひどいことしなきゃいけないよ。

僕のこと、愛してくださいね?

せーんぱい…



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)