花江夏樹の歌はうまい?下手?彼が演じる役から検証。膝「兄者が一緒に歌ってくれたぁぁぁ!!」



スポンサーリンク

声優がユニットを組んで番組のOPやEDを歌うというのは、今や定番になっています。

そのため、キャラクターソングや挿入歌だけでなく、

アニソン歌手としても、兼任する人が多くなってきました。

 

以前は声優とアニソン歌手の兼任というと、ささきいさおが有名でしたが、

今では、水樹奈々・花澤香菜・谷山紀章を筆頭に、

ほとんどの声優が「歌もうまい」「歌も歌う」は当たり前で、

普通に歌番組に出ている声優もいます。

 

私は、GRANRODEOが、すごく、好き、です!

出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ee-30/yuu_korin_117/folder/1609888/57/54812457/img_1?1341992991

 

声は自信あるのだけれど…という声優の中には、

声だけあてて歌を別の人が歌うというものもたまにあります。

しかし、最近はこういったことはかなり少なくなってきました。

出典:http://www.tokyo-anime.jp/square/archives/4519

 

では、今売り出し中、大人気の花江夏樹はどうでしょうか。

花江夏樹演じる、アイドル役を紹介し、検証していきましょう。

 


 

合唱部やアイドルを目指す10代

 

昔から、発声をしっかりやっている声優は歌が上手いということを言われていましたが、

「けいおん」ブームからここ10年以上、軽音部、バンド、合唱、アイドルを目指すという

10代の少年少女を主役にしたアニメが増えています。

 

「ラブライブ!」「バンドリ!」「アイドルマスター」と女性声優のユニットがあればあるほど、

新人声優が活躍する場も多く、それは女性だけでなく、男性声優にも広がっています。

 

「うた☆プリ」「アイドリッシュ7」「ツキプロ」「アイマス サイドM」と

アニメとゲーム・舞台がコラボしたものも多く、10代の若い学生だけでなく、

40代・50代のお父さん、お母さん世代にもその人気は広まっています。

 

女性声優でこういったアニメやゲームで必ず活躍しているのが

水樹奈々、雨宮天、高垣彩陽、戸松遥ですが、

男性でも宮野真守、岡本信彦、鈴村健一が演じていることが多く、

またソロでもOPやEDを歌っています。

 

スポンサーリンク

・『スタミュ』(星谷悠太)

花江夏樹の歌が上手いというのは、デビュー当時にはじめてのレギュラーが、

いきなり合唱部の男子高校生『TARI TARI』の

ウイーンこと前田敦博だったことからもわかります。

2015年には『ハイスクールスター・ミュージカル スタミュ』の主人公、

星谷悠太役で、セリフと歌の両方を演じていました。

 

題名からもわかるように、ミュージカルスター養成の綾凪学園高等部が舞台です。

高校一年声楽科の悠太と同じチーム鳳のメンバーで親友の「那雪透」を

小野賢章が、チーム柊のライバル「辰己琉唯」を岡本信彦が演じています。

 

他にも憧れの先輩鳳樹役を諏訪部順一、他にも島﨑信長、松岡禎丞、細谷佳正…と

今が旬の男性声優そろい踏みのアニメです。

 

その中で主役を演じる花江夏樹はソロで歌うことも多く、

今まで2期まで放映されていますが。2019年に3期が予定されています。

 

スポンサーリンク

・『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』(阿修悠太)

日本のバーチャルアイドルプロジェクトからアニメ化、

人気アイドルグループTHRIVE(スライブ)のメンバー「阿修悠太」役です。

無自覚エンジェル肉食系ひつじ、という二つ名を持ち、

豊永利行、加藤和樹と共に同じユニットを組んでいます。

 

他にも、小野大輔、岸尾だいすけ、西山宏太朗、江口拓也が

同じ事務所のアイドル役を演じています。

 

2016年にアニメ1期が放映されましたが、2017年10月に2期の放映が発表されています。

唯一の女性キャラがマネージャーの澄空つばさ(金元寿子)で、乙女ゲー要素満載のアニメです。

 

・『ツキプロ』(世良里津花)

ツキノ芸能プロダクションに所属するアイドルグループを中心にした物語です。

ムービックが発売する架空の芸能プロダクションのアイドル達でしたが、

2015年『ツキプロ』が2016年、

SQシリーズ2017年にALIVEシリーズがアニメ化されています。

 

この中のSQシリーズの主役、SolidSのメンバーの一人、

世良里津花を演じるのが花江夏樹です。

同じグループのメンバーに江口拓也、斉藤壮馬、梅原裕一郎がいます。

 

初期メンバーは蒼井翔太や梶裕貴、小野賢章らがいますが、

今やツキプロも大所帯、若手から中堅と言われる男性声優まで、

まるで高校野球漫画並にメンバーとなっています。


 

他にも携帯ゲーム、オリジナルCD「アイドルD・T・I」「あんさんぶるスターズ」にも出演、

いずれアニメ化された時は声と歌の両方を演じることになるでしょう。

 

花江夏樹の歌は、ささきいさおのようなクラシカルでもなければ、

谷山紀章のようなハードロックでもありません。

しかし、誰でも歌える歌を自然に上手に歌う、彼の歌は、

鈴村健一や岡本信彦と同じような感じです。

 

花江夏樹はこのほかにも、キャラクターソングでソロをシングルCDも出しています。

今は「おはスタ」のMCやラジオCDにも大活躍の花江夏樹、

いずれアニメのOPやEDを歌うことがあれば、ファンとしては嬉しいですね。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)