【女性向けボイス】初デートとかき氷「ぼ、僕に、幸せにされてくれませんか…?」



スポンサーリンク

スポンサーリンク

台本

(走ってくる足音)

ごめーん! 遅くなっちゃった!
(荒い息)
待たせちゃったよね、ごめんね…!
目覚まし時計もセットしたし、スマホのアラームもセットしたんだけど…その…うまく起きられなくて…。

初めてのデートで遅刻するなんて、最低だよね。ほんとにごめん…。
…許して…くれるの?
でも、僕…。
…ち、遅刻してくると思った、って…。ひどいよぉ…。たしかに、朝には弱いけど…。
って、実際に遅刻してるんだから、反論できないや…。

…昨日はよく眠れたかって?
えっと…じつはね…。
緊張して…あんま、寝れなかったんだ…。胸がドキドキして、それがいつまで経ってもおさまらなくて。
早く寝なきゃいけないってわかってたんだけど、寝なきゃって思えば思うほど、目が冴えちゃって…。

…わ、笑うことないでしょー!
朝、起きて時計見たとき、僕がどれだけ蒼褪めたか…。この世の終わりみたいな気分だったよ。
…大袈裟なんかじゃないよ。本当にそう思ったんだから!

…怒ってないの? …ほんとに?
…そっか…よかった…。
あっ、あそこでかき氷売ってるよ。待ち合わせに遅れちゃったお詫びに、僕おごるね。
…いいよいいよ、せめてこれくらいのことはさせて。
さ、他のひとが並ぶ前に、早く買っちゃおう。僕、なんの味にしよっかなー。

【間】
外でこんなふうにかき氷食べるなんて、久しぶりだよ。
家で食べるのと外で食べるのじゃ、なんか違うふうに感じられるから不思議だよねー。
…ん? 僕のはレモンだよ。そっちはブルーハワイだっけ?
あはは、君の舌、真っ青になってる!

…え、僕の舌も黄色になってる? えー、ほんとに?
んん…自分の舌は見えないや…。
…たしか、青と黄色って、混ざったら緑色になるんだよね…。
ってことは、僕の舌と君の舌がくっ付いたら、やっぱり緑色になるのかな…。

…って、ごめん! 今すっごく変なこと言っちゃった! 忘れて!
ほんと僕なに言ってんだろ。気持ち悪いよね、こんな。
ほんっとにごめんね。なんか初めてのデートでドキドキして、調子がおかしくなってるみたい。

…おかしくなんかない、って?
…なんで、そんなに優しいの? そんなに優しくされたら僕、もっともっと君のこと、好きになっちゃうよ…。
ただでさえいっぱいいっぱいなのに、これ以上に好きになったら、僕、どうにかなっちゃうかもしれない…。

…あのね、実を言うとね、君に告白したとき、ぼく振られるとばっかり思ってたの。
こういうこと言ったら友達にも意外に思われるんだけど、僕、けっこうネガティブだし。なんていうか…自分に自信が持てないっていうのかな…。
でも君のことが好きで好きでどうしようもなくて、諦めきれなくて…でも、自分に自信がなくて。

だから…こんなこと言ったら失礼なのかもしれないけど…玉砕覚悟だったんだぁ。
告白もしないまま君を諦めたら、絶対に未練が残ると思った。…ふふ、自信がないくせに、諦めだけは悪いんだよね。厄介な性格だなって、自分でも思う。

だから、どうせ諦めるなら、きっぱりと振られてから諦めようって決めて、告白したんだ。
…君にOKもらったときは、世界がひっくり返ったみたいな気持ちだったよ。夢かなって、何度も思った。

…君は、明るくて、優しくて、すごく眩しい。自信のない自分がなさけなく感じられるくらいに…眩しい。
だからね、その…君を見てると、僕ももっと頑張らなきゃって気持ちになるんだ。頑張らなきゃって…もっと、頑張りたい――って…。

そういう意味でも、君とお付き合い出来てよかったなって、思うんだ。
えへへ、なんか、言ってることめちゃくちゃになってきちゃったね。
つまり、その…。

…僕、君を幸せにしたいって、思うんだよ。
僕みたいなやつが「幸せ」なんて大それた言葉つかうの、変かもしれないけど…でも、本当に、僕は君を幸せにしたいって、心の底から思ってるんだ。
だから、あの…っ。

ぼ、僕に、幸せにされてくれませんか…?
…あれ? なんか、日本語おかしい?
幸せにされ…んん…?

…ち、ちょっと、笑わないでよぉ…!
…ほんと? 迷惑とかじゃ、ない…?
…そっか…。えへへ…。

って、ああーっ! かき氷溶けてる!
食べなきゃ食べなきゃ! 半分ジュースみたいになってる!
…っふ、あははっ。せっかく買ったのにー。

…あーあ、手がべたべたになっちゃったね。あっちへ手、洗いにいこうか。
(足音)
…あ、あのさ…。
ちょっとだけ、目、瞑ってくれる…? ちょっとだけで、いいから。
【間】
(リップ音)

…えへへ…。
ぼ、僕の、初めてのちゅー、です…。
…え、君も初めてだったの?
そ、そうだったの…。
…そっか…。…へへ、そっかぁ…!

…あっ、じゃあ、もっとちゃんとした流れでしたほうがよかった、のかな…?
…それは、次回…?
…じ、次回かぁ…。
え、あ、ううん、なんでもない。なんか、今更ながら急に恥ずかしくなってきちゃって…。

…わ、笑うことないじゃない…!
…ん? …え…手、繋いでくれるの…?
…かき氷でべたべたな手でもよければ、って…。
ふふ、それはお互い様だよ。

…あはは、本当にべたべただね、僕達。
こんなふうに誰かと手を繋いだのなんて初めてだから、なんだか忘れられなくなりそう。
ねぇ、このあとどこに行く? どこか行きたいとことかない?
…僕? 僕はねー…。

 



スポンサーリンク