【女性向けボイス】図書館の待ち人「こんなに先輩の顔が近いのは初めてだよ…」



スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

台本

おはよ、先輩。
なんですか、その顔。
朝からお化けでも見ちゃいましたか。
違う?
特に表情を変えたつもりはないって、まあ先輩がそう言うなら、それでいいですよ。
それより先輩、どうしてこんな朝から学校に?

なに、聞こえない。
読みたい本があったから来たって?
先輩、それ、無理がありますよ。
昨日だって三冊借りて帰っていたじゃないですか。
まさかあの分厚い三冊、もう読み終わったなんて言わないですよね。
そんなに膨れないでくださいよ。
先輩は睨んだって、全然怖い顔にならないんだから。
怖いどころか、可愛い。
はは。今度は顔が真っ赤だ。
先輩の表情は忙しいですね。
ねえ、先輩。
本当はどうしてこんなに早くから図書館に来たんですか?
え? なに? ちゃんと言ってくださいよ。
俯かないで、こっち見て。
今日の当番が俺だって、先輩、知ってたでしょ。
俺のクラスメイトから聞いたでしょ?
ああ、やっぱり何も気づいてなかったんですね。
あいつに今日の当番が俺だって先輩に伝えさせたのは、俺なんだ。
そうすればきっと、先輩は俺の為に朝早くから登校してくれるだろうって思ったんだ。
違うの?
俺はね、先輩と会えたら嬉しいなって思って、今日来たんだよ。

ーー俺の為に今日来たんだね。
先輩、嬉しいよ、俺。
そんなに恥ずかしがらないで。
もっと近くに来て。
俺の目を見て。
先輩に触れてもいい?
先輩の耳はとても小さくて可愛いね。
ほっぺたは、なんだか熱くなってる。
首は白くて細くて綺麗だ。
肩も小さいね。
そんなに固くならないで。
俺、怖い?
うん、怖くないでしょ。
手、握ってもいい?
先輩。
指ちゃんと絡めて。
もっと強く。
もうすぐ、連休じゃないですか。
先輩に会えなくなるって思ったら、俺、寂しいよ。
たった数日じゃないって、その数日が寂しいんだよ、俺は。
だからね、先輩、俺は今日、先輩に言いたいことがあるんだ。

先輩。
俺は、先輩が好きです。
入学してすぐの頃、先輩とこの図書館で会った時、多分一目惚れだった。
先輩が勧めてくれた本は全部読んだよ。
俺の勧めた本も読んでくれたね。
先輩と感想を言い合っているうちに、もっと好きになっていったんだ。
ああ、この人といると落ち着くなあって。
楽しいなあって。
先輩と会うたび、すごく、ドキドキしていた。
図書館に来るのが楽しみになったのは、先輩と話せるからなんだ。
もっと先輩を知りたい。
もっと先輩と一緒にいたい。
もっと先輩に触れていたい。
俺と付き合ってくれませんか?

ーー。
聞こえなかった。もう一度言って?
俺のことが、好き?
先輩は本当に可愛いなあ。
そんな真っ赤になって言われたら、襲いたくなっちゃうよ。
わあ、怒るなって。
冗談だよ、冗談。
ここ図書館だよ?
そんな事、いくら俺だってしないよ。
なに? 俺だから本当にしかねないって?
ひどいなあ、俺の事なんだと思ってるの。
あ、もしかして先輩、期待しちゃったりしたんだ?
ごめんごめん、からかいすぎたね。
ねえ、休みはどこに遊びに行きたい?
遊園地? 映画?
……え?
俺と一緒ならどこでもいい?
先輩、俺も、先輩と一緒にいられるなら、それだけで幸せだよ。
一緒に色んなところに行こう。
こうして手を繋いで歩くところを想像して。
なんだか、楽しそうだろ。

誰かに見られるかもって、先輩、何言ってるの。
誰に見られたって構わないだろ。
からかわれるの、嫌?
もし何か言われたら、ちゃんと言ってやって。
俺たち、付き合ってるんだって。

ねえ、明日から一緒に学校に来ようよ。
家近いし、迎えに行くよ。
え?
俺は寝坊しそうだから、先輩が迎えに行くって?
なんだよ、それ。
確かにいつもギリギリに登校してるけど、ちゃんと起きてるよ。
家でダラダラしてるだけ。
どんだけ俺の事残念な奴だって思ってるわけ?
もう、笑うなよ。
まあ、いいや。
先輩が俺の事迎えに来て。
それでもし俺が寝てたら、ちゃんと俺の部屋まで起こしに来てね。
ああ、これはいい案だね。
先輩が起こしてくれるなら、朝寝坊するのもいいや。
どうやって起こしてくれるの?
布団剥がして無理やり叩き起こす?

こわいなあ、もう!
そんな乱暴な事しないでよ。
キス、してくれたら、ちゃんと起きるから。
ねえ、してくれるでしょ?
どんな風にしてくれてもいいよ。
先輩がしたいようにどうぞ。
はは、先輩はからかい甲斐があるね。
そんなところも、大好きだよ。
ねえ。
先輩、今、抱きしめてもいい?

ーー。
先輩の体は本当に小さいなあ。
優しくする。
俺、先輩のこと、大事にするよ。
これからいっぱい先輩の事を教えて。
ああ、残念。
委員が集まる時間だ。
お昼休み、俺は図書館に来るね。
じゃあ、また後で。
なに?
え、寂しい?
先輩、このあと、お昼休みに会えるだろ。
ねえ、その手離して、行かないと俺、怒られちゃうだろ。

ーーじゃあ、キスしよう。
それなら寂しくないだろ。
離れている間も俺の事ずっと考えてしまう。
目、瞑って。
ああ、先輩のまつ毛ってこんなに長かったんだね。
こんなに先輩の顔が近いのは初めてだよ。
先輩、大好きだよ(リップ音)
目、開けていいよ。
俺、本当に行くね。
キスをねだる先輩の顔、最高に可愛かった。
じゃあ、また後でね!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)