「凄い嫌だった、あんたもやってみなよ」タイプの面倒な人への対処法

とても嫌だったり、苦労した経験談を語り、

「嘘だと思ってるでしょ?あんたもやってみなよ」

というタイプの人。

あなたの周りにいませんか?

これぐらいならまだいい方ですよね。

時には、本人がその目で確かめるまで

面倒なことを強要してくることも。

f:id:falchion9:20170923060723p:plain

出典:http://bokete.jp/

全く関係ないのに、そんなことに付き合わされるのは

とても嫌な気分がしますよね。

やってみなよ、と言うだけの人にも

なんと返せばいいのか、返事に迷ってしまいます。

そんな彼らにはどんな対応をとればいいのか?

今回はその対処法を段階別にご紹介します!

ステージ① 苦労話を始める

こういうタイプの人は、「ねぇねぇ聞いてよ」と

初めに苦労話を聞かせます。

相手が話を聞いてくれないと、

「なんで私の話聞かないの?」 

と不機嫌オーラをかもし出すことに。

f:id:falchion9:20170923061456j:plain

出典:http://bokete.jp/

他人に、自分の面倒だったことをやらせようとする人

(以下、やってみなよ系とします)は

なぜそんなことをするのかというと

自分だけが損しているのが嫌で

他人も同じ目にあえばいいのに

いかに苦労しているかを分かってくれない

と思っているからなのです。

つまり、プライドが高かったり、

凄いねー、大変だったねー、と言ってほしいのです。

そんなやってみなよ系に「あなたの話はつまらない」という態度は

火に油を注ぐようなものです。

やってみなよ系が苦労話を切り出した時は

とりあえず話に頷きましょう。

www.youtube.com

しかし、しっかりと話を聞いて、

リアクションを大きくすることはいりません。

半分他のことを考えて、もう半分の意識を向ける

というくらいで大丈夫です。

リアリティを大きくしてしまうと

「この人は話を聞いてくれる!」

「私の話、面白いんだ!」

と更に拍車をかけてしまいますので、

よっぽど仲良くしたい人でなければ

注意しましょう。

ステージ② 「ありえなくない?」と共感を求めてくる

話が進んでいくと、うなずいているだけではすまなくなってきます。

やってみなよ系に意見を求められるようになるのです。

「どう思う?」

「ありえないよね?」

「やばくない?超焦ったんだけど

f:id:falchion9:20170926074932p:plain

出典:http://bokete.jp/

正直「いや知らないし……」という感想しか出てこないことも。

この時の選択が、コミュ力があるかないかの分かれ道といっていいでしょう。

話が上手い人は、ここで合わせるのではありません。

ピンチをチャンスととらえ

「へぇー、どうしてそうなったの?」

「あー、そういや私もそんなことあったかも」

と話題を切り替えます。

イエスともノーとも言わないのですね。

相手は話を聞いてほしいだけなので

こちらが話し始めると、興味がなくなります。

なので、一切語らなくて大丈夫です。

恐らく、そんな暇もなくまたやってみなよ系は

苦労話をまた始めます。

f:id:falchion9:20170923064015p:plain

出典:http://bokete.jp/

では、もしここで「そうだね、大変だったねそれは」と

適当に合わせてしまった時は

どうすればいいのでしょうか。

ステージ③ 「やらせてあげたいわー」苦労を押し付けてくる

いよいよ嫌な予感が的中してきます。

「この苦労、どうやったら伝わるかなー」

「はぁー、あなたもやれば分かるのに」

と、嘆き出すようになります。

「あなたにいっても分かんないもんね」

なんて言われた時には

「じゃあ最初から言わなきゃいいのに」

なんて、イラッときてしまいます。

こういう時は、シンプルに謝りましょう。

「うん、ごめんねー」

と、軽くでいいです。

f:id:falchion9:20170923064244p:plain

出典:http://bokete.jp/

そういう時は、相手は少し機嫌を直します。

この期に、その場を立ち去るか

話題を変えてしまいましょう。

仕事の関係上付き合わなければいけない方には

仕事の話をする

お友達やご親戚の場合には

その人の趣味など、語りそうな話にかえましょう。

なるべく、やってみなよの話に戻らないように

話をころころ変えるのもアリです。

ステージ④ 強制的にやらせる

ここまできてしまったら、かなり危険です。

私はこういうことは嫌だ

ときっぱり言ってしまうか、

その方との関係を絶ってしまった方が

この後の為です。

どうしても付き合わなければ行けない人には

「うわー、ほんとに大変だー!」

と大げさに反応して

途中で断念するという形をとりましょう。

f:id:falchion9:20170923064639j:plain

出典:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/36864022.html

 まとめ

いかがでしたか?

世の中、いろいろな人と付き合っていかなければなりません。

なるべく面倒なことはさけて、

相手の方と楽しい思い出を作り

良い関係を築いていきたいですね!

最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!
よろしければ
B!ブックマークを
お願いしますね!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です