微笑みうつ病チェック 元気なあなたもうつ病かも…?



スポンサーリンク

微笑みうつ病とは

うつ病にかかっているのですが

周りに心配をかけないために

無理して明るくふるまっている症状です。

うつ病の初期症状に

多くみられるのですが

本人が、責任感が強かったり

誰かを支える立場であったりすると

「自分がしっかりしないとダメだ!」

と思っているため

周りにうつ病の気があることを

話そうとしません。

表では明るくふるまっていますが

実際は病気なので

一人でいると一気に暗くなり、

一日中ふさぎ込んでいたりします。

f:id:falchion9:20170725024233j:plain
スポンサーリンク

微笑みうつ病チェック

微笑みうつ病の中には

自分で「うつ病」だと

気付いていない場合もあります。

もしくは、

薄々気づいていながらも

自分を騙し、

元気だと思い込もうと

していることもあります。

下記に微笑みうつ病の

チェックリストがありますので

多く当てはまる人は

専門家の診断を受けることを

お勧めいたします。

f:id:falchion9:20170715142019j:plain
  • どんなことでも、
    とにかく自分が悪いと思う
    どんな些細なことでも
    自分が悪い、自分のせいだ
    と思い込んでしまう。
  • つらくても、自分が悪いと思うので
    他人に助けを求めてはだめだと思う
    つらいことから逃げてはだめだ
    と思い込んでいるので
    助けを求めることや

    弱音を吐くこともダメだと
    おもってしまう。
  • 何もする気になれない
    無気力状態が常に続く。

    そして「何もしないこと」や
    「休むこと」もダメだと
    思ってしまう。

  • 常に自殺を考える
    つらい現実から逃れるために
    「どうやったら楽に死ねるか」
    ばかり考えるようになった。
  • 感情的になれない
    強い怒りや喜びの感情が
    出したくても出せなった。
    虚無感と悲しみばかりが
    続く状態となっている。
  • 眠りたくても眠れない
    睡眠不足状態だとしても

    眠れなくなってしまった。
    そして頭からつらい現実が
    常に付きまとってくる。
  • 常に悪い未来ばかり考える
    まだ起こってもいない未来を

    常に悪い方、悪い方へと
    妄想してしまう。
  • 「自分が悪い」という思考回路を
    変えることができない
    たとえ自分で「自分は悪くない」

    と思ったとしても
    「自分が悪い」
    「自分はいないほうがいい」
    という心の反応を変えることが
    できなくなった。
  • 人と接している時と一人の時の
    差がとても激しい
    人と接しているときは
    自分の調子が悪いことを
    悟られてくないので
    無理して笑顔を作り
    楽しそうにしてしまう。
  • 自分が落ち込むことで
    周りに心配をかけたくない
    調子が悪いのは自分が悪いので

    それが原因で周囲に
    迷惑をかけたくないと
    思ってしまう。
f:id:falchion9:20170704034549j:plain
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

チェックリストの中に

あなたに当てはまる項目は

ありましたか?

微笑みうつ病は、

本人でさえもうつ病であると

自覚できない点

なにより恐ろしい点です。

自分がうつ病だと分かれば

対策や病院の診断を受けることが

できるのですが

自覚がなければ

対策が施されないまま

病気の進行が進み

最悪のケースに至ることがあります。

そのため、まずは周りが

「もしかしてあの人はうつ病では?」

と気付いてあげることが大切です。

表面上は平気そうにしているので

気付くのは難しいと思いますが

よく観察すると「…あれ?」

と思う点が必ず見つかります。

微笑みうつ病は

そんな周りや家族の気づきが

何より一番大切なのです。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)