ママカーストは夫の年収で決まる!? ママ友の間で身分制度ができてしまうその心理と対処法とは?

「ママカースト」とは、名前の通り

ママ友の間のカースト制ですw

なぜか人間は、どんな小さなグループでも

暗黙の了解で

ランク付けをしたがる生き物です(-_-;)

今回は、実際に存在するママ友の間の

勝手な身分制度と、その心理や対処法

紹介いたします(#^.^#)

f:id:falchion9:20170706011841j:plain
スポンサーリンク

ママカーストの実態

ママ友の間の勝手なランキング化ですが

一体どんなことが起きているのでしょうか…

実際に起きた例をみてみましょう。。

  • 夫の年収で上か下かが決まりやすいので
    年収が低いと年収が高いグループの
    食事会に呼んでもらえない。
  • 年収が高いグループにいると
    絶対に高いブランド物を
    身につけなければならない
  • ランクが一番上のママには
    気を使わなければならない
  • 夫が公務員であることを伝えると
    「私たちの税金で暮らせていていいわね」
    など嫌味を言われるので隠すようにした。

…などなどこの上なく幼稚な大変なことが

実際に起きているようです。

f:id:falchion9:20170706011953j:plain
スポンサーリンク

ママカーストの心理

さて、上記で説明したママカーストですが

一体どんな心理なのでしょうか?

何も人間のランク付けは、ママ友の間だけで

起こっているわけではありません。

もっと私たちの身近なところの

似たような事例をみてみましょう。

例えば学生時代のクラスでは

大体男女ともに4ずつぐらいのグループに

別れたりしませんでしたか?

  • 真面目な人たちが多いグループ
  • ちょっとヤンチャなグループ
  • 男女混合しているグループ
  • ぼっち(便所飯)

クラス替えしてしばらくたてば

なんとなく自分に合う人が見つかるので

そんな気が合う人たちと一緒にいることは

とても大切なことかと思います。

また、群れるのが嫌で

一人でいることもまた

大切な個性かと思います。

f:id:falchion9:20170706012703j:plain

しかし、誰しも一度は

こんなこと思ったりしませんでしたか?

  • あのグループより私のいるグループの方が
    かわいい子が多いし明るいから上だ。
  • 私は根暗だから
    本当は明るいグループにいたいけど
    この根暗なグループにいよう
  • 運動部グループより
    文科系グループの方が下だ
  • うはww 便所飯だっせwww

または会社内での役職、

顔のかわいさや年収、

性格が明るいか暗いかなど

そんなものでランク付けするなんて

馬鹿げている!

と頭ではわかっていても、

ついつい比べたくなるのが

人間の心理です。

なぜならランクが上のグループの方が

皆から愛されているような気がする

からですね。

そしてそんな上のグループの人間になれば

自分に自信が持てるようになり、

自分のことをもっと

好きになれる気がするからですね。

f:id:falchion9:20170706012422p:plain

ママカーストの対処法

さて、上記でママカーストの

心理を記載しましたが

対処法は何も難しくありません。

そんなママ友と関わらなければいいだけです。

また、関わらなければならないときは

最低限の付き合いにしておき、

上手におだてておけば

あとは似たもの同士で

勝手にやってくれますw

そして、

ママカーストで仮に上の方にいったとしても

常に背伸びし、常に見栄を張り、

常に他人を見下さなければなりません。

そんな見栄を張ったり、他人を見下す心理は

過去の記事でも紹介したように

みんなから認められたいという欲求で

突き動かされています。

www.falchion9.com

つまりママカースト制とは

みんなから認められたいという

強い欲求がぶつかり合っている集団

になります。

f:id:falchion9:20170706012858p:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間の最も強い欲求である

「皆から愛されたい」

という気持ちが作りだした

ママカースト。

しかし、本当に人から愛される為には

相手を愛する必要があります。

www.falchion9.com

「ママカースト」なんてものにこだわらず

自分が一番幸せになれる人生

歩んでいってほしいですね…(;´・ω・)

最後まで読んで下さり、
ありがとうございます^^
よろしければ
B!ブックマークを
お願いいたします(*’ω’*)



スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です