フレーミング効果を具体例を挙げて解説! 詐欺を見抜く力を身に着けましょう!

Aさん

「わぁ!お菓子まだ半分も残ってる!」

Bさん

「あぁ…お菓子もう半分しか残ってない…」

Aさん&Bさん

「「このお菓子、差し上げます!」」

もしこんなことを言われたら…?

そんなときのお話です。(・ω・)ノ

f:id:falchion9:20170705010901j:plain
スポンサーリンク

◆フレーミング効果

フレーミング効果とは、

話し手の

言い方や認識の違いによって、

それが指す内容が同じでも

聞き手の印象が変わり、

違う決定をしてしまうことを

言います。

文字で表すと

小難しい感じがしますが(´・ω・`)

冒頭のお菓子の話に

戻ってみましょうか!

Aさんは、半分「も」残っている

Bさんは、半分「しか」残っていない

と表現しましたね。

どちらかを選ぶとしたら…?

多い方がいい!!!!(゚д゚)クワッ

おそらく、

Aさんのお菓子を選ぶのでは

ないでしょうか?

しかし、表現は違っていても

お菓子が半分であることに

変わりはありません。

このようなとき

【事実】は同じですが、

AさんとBさんの

【認識】の違いによって

話し方が変わり、

こちら側が決定するときに

自分が得をしそうな方を

選んでしまうのです。

話し手が

プラスに捉えた場合

マイナスに捉えた場合

差が発生するとも

言えますね!( ゚д゚ )

f:id:falchion9:20170705011124j:plain
スポンサーリンク

◆例えば…

ガチャガチャを回すときに…。

A機「10%の確率でレアが当たります」

B機「90%の確率でクズ賞が出ます」

どちらの機械を選びますか?

手術することになったら…?

A案「10%の確率で成功します

B案「90%の確率で失敗します

どちらの案を選びますか?

話し手が

[得]に照準を当てる場合、

ポジティブな言い回しを

使います。

「シュークリーム10個あるけど、

 9個は普通の美味しいのだよ!」

と言われたら…?

こちら(聞き手)は

食べたいと思うでしょう。

シュークリームを運んできた相手は

心の中でニヤニヤしている

はずです。(▼∀▼)

逆に、話し手が

[損]に照準を当てる場合、

ネガティブな言い回しを

使います。

「シュークリーム10個あるけど、

 1個はワサビ入りなんだ…」

と言われたら…?

こちら(聞き手)は

警戒するでしょう。

シュークリームを運んできた相手は

間違えてワサビを入れてしまって

申し訳ない気持ちで

いっぱいのはずです。(´・ω・`)

f:id:falchion9:20170705011343j:plain

◆会話に生かすことも可能!

色々例を挙げてみましたが、

いかがでしょう?

なんとなく感覚が掴めてきたのなら

日常会話に織り交ぜて

雰囲気作りをすることも

可能です。(^o^)

例えば…

「デブ!!!!」

ではなく、
「Aさんって何だか癒されるね」

「自己中!空気読め!」

ではなく、
「周り流されず、芯がしっかりしてるんだね」

人付き合いの中では

あまりやりすぎたり

あからさまなのだと

皮肉と取られて

しまうかもしれないので

ほどほどに…!

お仕事の場面でも

フレーミング効果は

活躍します。

特に、

何かを顧客に販売する系の

チラシやセールストークには

よく盛り込まれています。

聞いたことがある言い回しも

あるかもしれません。

例えば…

携帯電話を購入するとき

「この機種は48,000円ですよ」

ではなくて、

「月々2,000円でこの機種が持てますよ」

と言われたこと、

ありませんか?

f:id:falchion9:20170705011427j:plain

「10%割引きします!」

→「10人に1人が無料!!!」

「末賞はポケットティッシュ」

→「はずれくじなし」

「人工物5%」

→「自然由来成分95%」

などなど…。

探せばたくさん

日常に溢れていますね。

良い人間関係を作ったり

落ち込んでいる人を元気付けたりと

フレーミング効果は

職場や日常生活の上で

力を発揮してくれます。

同時に、

上手い言い回しをしているけれど

実はそうでもないと見抜ける

力が身に付き、

詐欺などに対する

防衛としても

役立ってくれるのです!(*^o^*)

最後まで読んで下さり、
ありがとうございます^^
よろしければ
B!ブックマークを
お願いいたします(*’ω’*)



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です