アドラー心理学を利用して人間関係の悩みを消す方法とは?



スポンサーリンク

こんにちは!

皆さん、アドラーという名前に

聞き覚えはあるでしょうか?

前回はアドラーの

承認欲求の否定について

紹介いたしました。

www.falchion9.com

数年前にアドラー心理学の

「嫌われる勇気」という本が

出版されましたが

その中で扱われている内容は、

このアドラーが提唱したものです。

f:id:falchion9:20170823181054j:plain

出典:dragons-official.at.webry.info

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

この本を読んだ方、

内容をご存知の方はご存じかと思いますが、

結構衝撃的なことが

たくさん書かれています。

中でも、印象的なのはこれでしょう!!

「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」

…どう思いましたか??

「そうなのか…」

「そんなわけないだろ」

人によって反応は

それぞれだと思います。

では、アドラーはなぜ

こんな思い切ったことが言えたのか、

ここから一緒に考えてみましょう!!

スポンサーリンク

1 アドラーの発言の真髄

アドラーは

「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」

確かにそう言いました。

でも、悩みって

ホントにいろんな種類のものが

ありますよね??

仕事、勉強、お金…などなど

人によって悩みは様々ですが、

これらの悩みは一見

人間関係とは無縁のように思えます。

しかし、アドラー心理学では

それらに対してこう答えます。

仕事ができないと、周囲に迷惑をかけると悩む

勉強ができないと、親に怒られたりすると悩む

お金がないと、自立できず親の負担になるので悩む

言われてみれば、確かにそうです。

いつも何かに悩んでいるときは

決まって他人のことを気にしています。

f:id:falchion9:20170823180517j:plain

出典:dragons-official.at.webry.info

こんなとき、

その人の心の中は

どうなっているのでしょうか??

スポンサーリンク

2 悩んでいるひとの心の中

結論から言うと、対人関係に悩む人は

「他者は敵である」

認識しているのです。

これに対して、アドラーは

「そういう自分になったのは

 自分が選択した結果なのだから、

 自己責任である」

という主張、

「目的論」と呼ばれる立場を

取っています。

言い換えると、

「どんなことがあっても

 それは自分がそうなりたいからなったので、

 別の自分に変わろうと決意すれば

 そうなれる」

ということなんです。

確かに、私も一理あると思います。

しかし個人的には

その人が「他者は敵である」

認識するにいたった原因は

明らかにあると思っているので、

目的論だけではなく、

原因論も同時に

考慮する必要があると考えます。

例えばその人は、

過去に誰かにいじめられたのかも知れないし、

親にいつも叱られていたのかもしれません。

f:id:falchion9:20170823174401j:plain

出典:dragons-official.at.webry.info

そういった経験が

データとして脳内に蓄積されていくと、

心の防衛機制が

「他者は敵である」という結論を

下すのだと思います。

したがって、

この経験と防衛機制の2つは

人間に必要なものである以上

間違った認識をするのも

致し方ないと私は考えます。

では、もうこの人は

どうすることもできないのでしょうか?

いえ、そんなことはないと思います。

次の章で考えましょう!!

3 原因論

では、「他者は敵である」

間違った認識を持った人は

どうしたらいいのかというと、

見出しにも書いてあるように、

「原因論」を考えます。

どういうことか、具体的に説明します。

いじめられた人を例にとって考えてみましょう。

いじめられた人は、

まず「原因論」にしたがい、

なぜこんなに辛い思いを抱えているのか

探っていきます。

自分自身で、場合によっては他人と一緒に

原因はどこに、何にあるのか、

調べて理解するのです。

それによって、

いじめられたことにある!

と原因に到達します。

f:id:falchion9:20170823174109j:plain

出典:dragons-official.at.webry.info

そして、

そのときの感情を十分に味わい、

自らをいたわるのです。

「あの時、悲しかったんだね…」

「辛かったね…」

などです。

十分気持ちが癒されて、初めて

「では、どうするか??」

を決められると思います。

「他人が怖いままなのか、

 他人は愛すべき仲間なのか??」

十分に気持ちが癒されると、

何をするわけでもなく、

自然と答えが見えてくるでしょう。

f:id:falchion9:20170823180610j:plain

出典:dragons-official.at.webry.info

まとめ

  1. 人間関係の悩みは確かに対人関係の悩みである
  2. 対人関係に悩むひとは心の奥底で「他人は敵である」と思っている
  3. 対人関係の悩みを解決するには「目的論」「原因論」を考える。

この3つを意識して、

問題に向き合っていけば

おのずと

解決に向かうでしょう!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!

よろしければ

B!ブックマークを

お願いしますね!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)