【メンヘラな男への対処法】間違えると大変…



スポンサーリンク

メンヘラとは「心の病気を持っている人」という意味のネットスラングです。

匿名の掲示板で生まれた言葉なのですが、徐々に世間に浸透しつつある言葉です。

以前はメンヘラ=女性と言われていましたが、

今では男性にもこの傾向を持つ人が増えてきています。

自分の彼氏や旦那さんがメンヘラだったら・・・

想像するだけでちょっと怖いものがあります。

もしかして?と思っている方は、以下の項目に該当するか確認をして、

その対処法を覚えておいてください。

スポンサーリンク

1・メンヘラ男の特徴

・自分が大好き。相手が自分の思うとおりにならないと激高する。

・ネガティブな発言が多く、自傷行為等の経験がある。

・嫉妬深い。同性の友人や家族にも嫉妬することがある。

・執着心が強い。凝り性。別れた女性に固執したりする。

・マウンティングを好むが、自分より強い存在には弱い。

・連絡がまめすぎる。しつこいと感じるほど連絡を要求する。

・気分にムラがある。急に感情が変化する。

主にこのような特徴を持つのがメンヘラ男です。

あなたの彼氏や旦那さんは当てはまるものがありますか?

判断の基準としては「~過ぎる」という過度なケースです。

例えば多少の嫉妬や束縛は、カップルならあり得ることですが、

度を超えた要求や必要以上の感情があれば、それはメンヘラの可能性大です。

f:id:falchion9:20171006170910j:plain

出典:http://bokete.jp/

スポンサーリンク

2・メンヘラ彼氏への対処法

付き合った彼氏がもしかしたらメンヘラかも?と思っている人がいたら、

迷わず別れることをおススメします。

理由は、このままの状態がエスカレートすると、

DVやモラハラに発展する可能性が高いからです。

ただ、メンヘラの男性とは方法を間違うと、危険な別れになってしまいます。

安全に別れる方法・・・それは絶対に一人で対処しないことです。

日頃から信頼できる友人や家族に相談をまめに行うことや、

大事な話をする時は一人でしないこと、

ストーキング等の被害に遭うようなら即座に警察に相談すること等が必要です。

自分大好きなメンヘラ男が、

相手から別れを告げられるというのは許しがたい行為なのです。

一人暮らしをしている女性や、同棲していた女性は実家に帰る等の措置も必要です。

少しでも相手を受け入れるような姿勢を見せると、

そこに付け込んでくるのが特徴です。

万が一話がこじれるようなら、NPO法人の相談窓口や警察に相談してください。

3・メンヘラ旦那への対処法

万が一、結婚したパートナーがメンヘラだったら?

・・・これは「彼氏」のように簡単に別れるわけにはいきません。

理由は、結婚している以上、様々な事情が複雑に絡んでくるからです。

例えば子供です。

二人の間に子供がいれば、簡単に離婚する!というわけにはいきません。

親権だの養育費だの面会日だの、事細かに詳細を話し合って、

財産分与とか年金の分割とか・・・もうすごいパワーを使って、

離婚の手続きをしなくてはいけないのです。

また家族の問題もあります。

双方の家族がメンヘラに対する理解があれば良いのですが、

そうでない場合はそこの理解をしてもらうところから始めなくてはいけません。

そこで、とりあえず結論が出るまでの対処法としては、

・意見を否定しない&意見を戦わせない

・小さなことも褒めてあげる

・周囲の人間に協力を依頼する

・嫉妬させるような言動はしない

以上のような態度を取ることが重要です。

とにかく感情的でネガティブ思考なメンヘラさんですから、

心の琴線に触れるようなことをしないようにしなくてはいけません。

一緒に住んでいるというだけで、リスクは高まります。

くれぐれもDVやモラハラの被害者にならないように注意してください。

f:id:falchion9:20171006171248j:plain

出典:http://bokete.jp/

まとめ

メンヘラ男は最近かなりの数で世の中を席巻しています。

ストレス社会と言われる今、なかなかストレスの発散ができず、

身近な人にあたってしまったり、深く落ち込むことは誰にでもあります。

ただし、度を越していると感じた時は要注意です。

知らない間にメンヘラさんのテリトリーに入り込んでしまっているかもしれません。

最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!
よろしければ
B!ブックマークを
お願いしますね!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)